2020年02月10日

コロナウィルス、でなくてmailウイルスが来たーーーー!


世の中、新型コロナウィルスの脅威で心配なこのごろ。

だって、
自覚症状のない人も感染しているかもしれないし、
自覚症状のない人から感染するかもしれない、
というパニック状態です。

人ごみの多い場所には行かない方がいいかな、
と思っていた矢先。

昨日(2月9日)のこと。
なんと、PCメールに「ウイルス」が!
朝の2時過ぎから夕方の6時過ぎまで、7件です。

「ウイルス検知機能」が知らせてくれています。

こういうとき、「ウィルスバスター」に入っていてよかった!
と思うのでした。

あっちもこっちも、ウイルス怖い、
世の中ですねえ。

あなたのPC、大丈夫ですか?


posted by suzumura at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

アウトサイドイン「笑顔になってみる」


無理にでも笑顔になってみると?

2020124御嶽山.JPG

私事ですが、
いつの頃からか、
「笑顔になる」ことを心掛けています。
無理くりにでも。

そして、無理にでも笑顔になると、なんとなく楽しい気持ちになります。
あるいは、心が晴れてくる、といった感覚でもあります。

この「無理笑顔」は、心理学系の書籍で目にしたことが多々あり、
実践している訳です。

また、髪型がうまくいったり、
お気に入りの洋服などを身につけたりすると、
なんだか嬉しい気持ちになります。

これは「アウトサイドイン」という手法です。


■ インサイドアウト

精神科医の「大野裕」氏が、
以前、日経新聞に載せていたコラムです。

インサイドアウトとは、心の内面(インサイド)が
外見(アウトサイド)に影響するという関係。

楽しい気持ちになるから笑うし、悲しい気持ちになるから泣く。

一方、アウトサイドインというのはその逆で、
笑顔になれば楽しい気持ちになるし、
背筋を伸ばしてしっかりした姿勢をとれば気持ちにも張りが出るという関係。


これは科学的にも証明されているとのことです。

ちなみに、
Wikipediaによると「インサイドアウト」とは衣服などの裏返しの意味。
また、あの有名な「7つの習慣」でも
「周囲を変えるより、まず自分の内面を変える」との概念があります。


■ アウトサイドインを実践してみると

ここ何年か私が実践している方法です。
ポイントは「目覚めたときから笑顔で一日をスタートさせる!」

ベッドで目が覚めたとき、「ああ、なんだか楽しい!幸せいっぱい!」
と感じるときと
「気分よくないなあ」と感じるときがあります。
この年になるとこの「イマイチ気分」の時が方が多いのですが。

私の場合、「気分よくないなあ」「なんだかイマイチ」と感じるときは、
前日に良くないことが起こった朝や、当日、緊張する行事があるとき、
あるいは夢がネガティブで終わるときです。

そんなときは、無理にでも口角をあげて、笑顔になるようにしています。
すると、アラ不思議!なんだか気持ちが楽になってきます。
そして「なんとかなる」とか「大丈夫」と声に出して言っています。

まさに、外側から自分の気持ちを高揚させるワザですね。


■ おわりに

新型コロナウィルスの影響で、世の中、停滞、減速傾向に陥りそうです。
冬型うつ、春型うつの影響もあって、気持ちも冷え込みがち?
そんなときこそ「アウトサイドイン」です。

笑顔になったり、ステキな服を着たり、
お気に入りの時計をはめたりして、気分をあげていきましょう!!

「大丈夫、なんとかなる」とつぶやくのも効果的ですよ!
なんせ、自分の発したポジティブな言葉が、自分の耳に聞こえてきて、
脳に働きかける、まさに「アウトサイドイン」効果ですから。


posted by suzumura at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーション

2020年02月09日

セルフコーチング「この一週間をふりかえって」


2月も半ばです。
朝晩は、結構冷えますねえ。
日中は暖かい日もありますが。

202022霜.JPG


新型コロナウィルスの脅威はどうなるのか?
早く治まってほしいですね。

さて、そんな日曜日。
恒例「セルフコーチング」の日です。

今日は定番です。

この一週間をふりかえって
1.うまくいったことはなんですか?

2.うまくいった理由はなんだと思いますか?

・・・努力は裏切りませんね。

3.では、うまくいかなかったことはなんでしょう?

4.うまくいかなかった原因はなんだと思いますか?

5.次回、うまくいくようにするためには、
どうしたらいいでしょう?

風邪に気をつけて、2月、乗り切りましょう!




posted by suzumura at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2020年02月08日

今週の教訓「非常時はいつやってくるかわからない」


新型コロナウィルスの脅威がまだまだ治まりません。

202001冬生きている.JPG

今週はクルーズ船問題。

ああ・・・
定年後は妻と「クルーズ船」に乗って、
のんびりと世界一周を楽しむ・・・
そんなことが自分や妻へのご褒美、なんて言われています。

そんな夫妻もおられたと思いますが、
それが思わぬ非常事態の発生。

さらに、
日本の観光が一国に頼り切っていたこと、
その弊害も露呈。

もしかしたら、今が京都旅行に行くべきかも
なんて思ったりして。

ということで今週の教訓、
「非常事態は、いつやってくるかわからない」
です。
ベタですねえ。




posted by suzumura at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2020年02月07日

部下の自発性を引き出す


部下を動かすコツとは?

202025夜明け.JPG

いつの時代でも、自発的、率先して動く部下は、
ありがたいものです。

そんな自発的に動く部下を育てるためのコツです。


■ 部下を自発性に引き出すポイント

1.引き出すための第一歩
日常の「通りがかりの一言」を大切にする。
部下のシャッターを上げる一言。
「おはよう」「ありがとう」
「そうなんだね」「そんなふうに考えていたんだよね」
「それで」「それから」「もっと聞かせてよ」

2.「なぜ」の代わりに「なに」を使う
「なぜ」で始まる質問をされると、問い詰められている感じになる。
部下も責められているように感じ防御態勢に入る。
なので「なぜ」の代わりに「なに」を使おう。
「なぜ目標を達成できなかったんだ」ではなく
「何が目標達成の障害になっていたのかな?」と問う。

3.沈黙を活用する
部下が黙ったとしてもあせらない。
「ゆっくり考えて。だまって待っていますから」
という気持ちで待つ。

4.「どうしたらいいかわからないんです」と言われたら?
「では、その答えを見つけるためにどんな行動がとれる?」
と聞いてみよう。

5.不満を提案に変える
「あんな報告書、意味がないです」と不満を言われたら
上司「どんなところが意味がないと思うの?」
部下「書く時間がないし、だいたい読んでいるんですか?」
上司「実は、読んでいるんだよ。どうしたら書く時間を短縮できるだろう?」
と問う。

6.部下の立場に立つ
部下の立場になって、上司(自分)に向かって不平不満を
ぶちまけてみる。

7.ラポール
部下を信頼し、部下から信頼される上司になる。


■ おわりに

まずは、信頼関係を築くことが大事ですね。

ところで、
あなた自身は、部下を信頼していますか?
尊重していますか?

もちろん、すべての部下に対して、です。



posted by suzumura at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 働きやすい職場づくり

2020年02月05日

ボス・マネジメント(余談)


上司の顔をつぶしていた?私・・・

2020122朝.JPG


先日、「ボス・マネジメント」について紹介しました。

どんな上司であろうと、
上司が持っている良い機能を目いっぱい活用するために、
戦略的に上司と良い関係を築こう!
というものです。

加えて、上司の立場から見て、
「上司が考える良い部下」
についても述べました。

その中に
「自分(上司)の顔をつぶさない部下」
があります。

確かに。

上司にとって、自分の顔をつぶすような部下、
嫌ですよね。

たとえば、
数年前のことです。

友人の研修講師のお話。

研修講師であるAさんは、営業担当者であるB氏からとある企業様の
研修を依頼されたのでした。
その研修は、成功裡に終わったようです。

すると、その企業の研修担当者から
Aさんに、直に別の研修依頼があったのでした。
(講師冥利につきますが・・・)
つまり営業担当のBさんを通さずに。
結局、その研修は実施されなかったようですが、
Bさんを通さずに打ち合わせを進めていたことにBさんは腹を立てた・・・
というお話です。

確かに。

そもそも窓口のBさんを通さない、
もっというとBさんを無視したような行動は、
Bさん、腹もたつわなあ。

これが、「Bさんの顔をつぶす」ということでしょう。
もっというと「メンツをつぶす」とか。

同様に、上司も、
自分をないがしろにして物事を進める部下って、
嫌なものですよね。

上司の顔をつぶさない、これは組織ではとても重要です。
ビジネスをうまく進めるために、
もっというと自分の成功のために、上司への報告は、欠かせません!!

ところが、
私自身、直属の上司を無視することありました・・・

具体的に言うと、
・直属の上司に伝えても、らちが明かない案件
・他の部長に伝えた方が絶対、有効と思える案件
などは、
直の上司ではなく、
直の上司を飛び越えて、他の影響力のある人に伝えていました。

まさに、「上司の顔をつぶす行為」でしょうか?

そのときは、
その理由を直後に、直属の上司に伝えていました。
ほぼ、上司は納得していました。
・・・と思いますが

いろんな事が発生する組織です。

戦略的に、
直属の上司にまずは伝えるべきこと、

望む結果のために、他の影響力のある人に
伝えた方がいいと思えること
を瞬時に判断する力が必要です。

もちろん、他の人に伝えたとは、
すぐに直属の上司をフォローしておくことも
忘れずに・・・

ちなみに、
私の最大の「上司の顔つぶし行為」は
「転勤を含めた人事異動のお願い」でした・・・
直の上司には一言もいわずに、
副社長に直訴しました・・・
その理由は・・・わかりますよね。




posted by suzumura at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 働きやすい職場づくり

2020年02月04日

2020年「立春大吉」描く


昨日は節分。
「恵方巻」食べましたか?
私は、もちろんいただきました。
豆まきもしました。

そして今日は「立春」です。
今年も「立春大吉」をしたためました。

202002立春大吉.jpg

ちなみに、暦の上ではこの立春が新しい年の始まりという
説があります。

いわゆる「運勢」というものも、
この立春から変わる、と言われています。


■ 立春大吉とは
NETによると・・・

「立春大吉」とは、暦の上での春であり、古来は新年の始まりであった立春に、
人々や社会の幸せを祈る言葉とされています。

また、
立春大吉は除災招福の意味を持ち、とても縁起のよい言葉とも
言われています。


■ 立春大吉のお札

立春大吉のお札は、鎮防火燭のお札と共に立春の日に掲げて、
家の敷地に魔が入ってこないようにする意味がある。

・立春大吉のお札の説話
ある時、鬼が悪さをしようと家に入りこもうとした。
その時、「立春大吉」のお札が貼られた門をくぐったとき、
鬼がふと後ろを振り返ると全く同じ「立春大吉」の文字が見える。

立春大吉という文字は左右が対象で、
縦書きにすると表からも裏からも同じように見えるからだ。

鬼は「くぐったつもりがまだ門をくぐってなかったのか」と勘違いして、
門の外へと出ていった、とさ。


■ 立春大吉のお札を貼る場所
•玄関や門
•家の中の鬼門に当たる位置(鬼門は艮の方角:北東)
•神棚
•仏壇
この他、普通の部屋やキッチンでも特に問題はない
とする寺院さんもある。

・・・確かに、住宅事情によりますよね
むしろ、貼り方の方が大切だとか

■ 立春大吉のお札の貼り方
どこの場所に貼るにしても、注意点があるそうな。
•大人の目線よりも上
•のりやテープなどで貼る
※ピンなどでお札に穴をあけるのは避ける。
•のりやテープは台紙の上に貼って台紙をピンに止めたりは良い


■ おわりに

新しい年が始まります。
ということで、
あなたも、紙に「立春大吉」描いてみませんか?

今年も良いことがありますように!



posted by suzumura at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月03日

目的を明確にする


その行動の目的は、なんなの?

2020121夜明け.JPG


新型コロナウィルスの脅威。
TVもほとんどこの話題です。
状況が刻々と変化しています。
早く収まってほしいものですね。

そんな昨日、TVでとある専門家の方が苦言を呈していました。
簡単にいうと、
「武漢の日本人を帰国させるために政府はチャーター機を用意した。
その目的はなんだったのか?」
という指摘です。

つまり、目的が明確でなかったのでイロイロ不手際が起こったのでは
ないか?
ということ。

確かに。
相部屋とか・・・

事程左様に「目的」を明確にすることと、
その「目的」を全員で共有することって大切ですよね。

さて、私の失敗談も聞いてください。

先日、久々に恩師にあたるような人、Aさんと会いました。
20年以上前に受講したセミナーの講師の方で、その後も交流を続けていました。
尊敬する人物の一人です。

先の年末、年賀状を書いていたら、
ふとどうしても会いたいなと思い、
5年以上ぶりに電話をしたのでした。

喫茶店で、お話をしました。
今どうしているの?などなど。

私の現状の話になり、あれこれ最近の状況を話すと、
アドバイスをしてくださいます。

私が
「そのことはもう前のことで、今はなんとも思っていません」
と伝えても、
なぜかそのテーマにそってあれこれアドバイスをしてくださるのです。
Aさんは私の参考になればと、色々考えてくださっていました。

2時間弱でお暇しました。

帰路、考えたのでした。

「私は、どうしてAさんに会いたかったのだろう?」と。

つらつら考えてみるに
「Aさんに突然お電話したのは、
人生の先輩であるAさんの生き様を聞きたかったから。
年を重ねていく過程で、どのように考えて生きているのかを」

つまり、Aさんと話をしたかった目的とは、
アドバイスをいただくことではなく、
ずばりAさんの生き方、人生の楽しみ方を知りたかったのです。

でも私は、はじめにその「目的」を伝えることなく、
背景や状況の説明から始めたのでした。

従って講師でもあるAさんは、それを受け取って、
良かれと思って「アドバイス」をしてくださったのでした。

やっちまった!
です。

特に、今回のような恩師にあたるような人、
昔の上司の人と久々にお目にかかるときは、
まず自分自身の中に、「目的」を明確にしておくべきでした。

ただ楽しいおしゃべりをして楽しむ「雑談」が目的なのか、
自分の悩みを聞いてほしいのか、
アドバイスがほしいのか、
相手のことを知りたいのか・・・。

自分の中で目的が明確になっていないと、
ついつい状況説明から入ってしまいます。
すると相手は、それを受け取り、役に立つ話をしようとする。

ビジネスシーンでも、話す目的を明確にしてから話すべしです。
・・・私自身、研修の中で伝えているのですが。

ということで、考えさせられる時間でした。

特にビジネスシーンでは、
すべてのことがらに「目的」、
簡単に言うと「なんのために」を明確にして臨んだ方がいいですね。

もちろん、部下、後輩たちとも、目的を共有しておくことも必要です。

目標も大切ですが、目的も大切。
「目的を明確にして話をするべし」
「目的を明確にしてことに当たるべし」
という教訓でした。



posted by suzumura at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2020年02月02日

セルフコーチング「あなたにとって理想の2月とは?」


2月が始まりました。

2020121ご来光.JPG

今年はうるう年で1日多いですね。
そんな2月、充実した日々を送りたい、実績を残したい、成長、向上を実感したい・・・
との思いで、
今日のセルフコーチングはこんなテーマはいかがでしょう。

「自分にとって理想の2月とは?」

1.これからの2月、あなたにとって理想と思える2月とは、
どんな2月でしょう?

2.自分にとって理想の2月にするためには、
どんな課題がありますか?
他には?

3.それらの課題をクリアーするために、
助けてもらったり相談にのってくれる人は、誰でしょう?
強いていえば?

4.今、あなたができることは何でしょう?

5.それを実行しますか?

いまや、すごくすごく、変化が激しく、
何が起こるか分からない時代ですね。

月初の目標が、そのまま月末まで継続できるかどうか
あやうい時代でもあります。

それでも、目標を設定しておいて、
状況変化に応じて修正する、
そんなことも必要です。

その根底には、目的、つまり「何のために」をいつも明確にし、
チーム全体で共有しておくことも
すごくすごく大切な時代であります。


posted by suzumura at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2020年02月01日

教訓「わかりやすい解説」


新型コロナウィルスどうなるか?
やはり、「わかりやすい解説」がいいよねえ

2020113朝.JPG

先々週の1月20日前後から、
中国での新型コロナウィルス感染者の増加が報道され、
でも、対岸の火事と静観状態。

で、先週の土曜日、日曜日は、
木曜日の文春砲で某イケメン俳優さんの不倫が
情報番組を席巻していました。

ところが、そのころから事態は深刻になっていって、
「新型ウィルス」の報道が主役状態になったのでした。

そこで、私も(興味津々です)できるかぎりTVの放送番組をチェック。

するとあることに気づきました。

各番組とも、各界の「感染病専門家」を招聘し解説されていました。

が、専門家によって見解が異なる。
それは当然なのですが。

さらに、わかりやすい解説と、なんだかわかりにくい解説があるなあと。

いずれの方も、専門家でかつトップクラスの方(だと思うのですが)なので、
人前で解説することは慣れておられると思います。

知識、経験とも抱負でしょうし、自論もある。

でもわかりにくい人とそうでない人がいる。

だから、わかりやすい解説をする人の番組を選んで観ることになりました。

知識、経験などが豊富な専門家でも、
わかりやすい、わかりにくいがあるのはなぜだろう?と、
思う訳です。

やっぱり、わかりやすい話の方がいい、ですよね。

ということで
今週の教訓「知識と経験も必要だが、わかりやすい話し方の訓練も必要」

もちろん、朴訥とした話し方も好感が持てます。

とはいえ、できるだけ「わかりやすい話し方」の方がいい
と思いませんか?


posted by suzumura at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2020年01月31日

「マインドフルネス」私流思考法


今の自分を受け容れると・・・?

20201冬マーガレット.JPG


マインドフルネスを昨年から学んでいます。

マインドフルネス的生き方、
あるいはマインドフルネス思考によって、
最近になってやっと、随分、心が整ってきました。

「心が落ち着いてきた」「少しは穏やかになってきた」
そんなことを実感することが多くなってきました。
・・・いつもではありませんが。

さらに、今まで苦手だった人、苦手だった出来事も、
受け容れることができることも増えてきました。
・・・すべてではありませんが。
まだまだです。

と、
試行錯誤して、私なりのシンプルな
「マインドフルネス思考法」に到達しました。
ご紹介します。


■ マインドフルネスとは

Wikipediaなどによると
「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、
評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」
とか
「今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程」
とか
「今この瞬間に注意を留めること、それによって生まれてくる
明晰な気づきの状態」
とか
「今、この瞬間を大切にする生き方」
などと言われています。

また、
「マインドフルネスとは心の状態」という説もあります。
つまり「ただ目の前のことに集中している状態」。

「ただ目の前のことに集中する状態する状態でいられるようになると、
脳の疲労が減って、集中力や創造力、幸福感などが高まる」
といわれています。
これは、近年の科学的な研究で明らかになってきたと。

ストレスフルな現代人にとって、
良いことづくめですね!!

私が今、一番、ピッタリくるのが
「今の自分を受け容れ、大切にする生き方」
という考え方です。


■ マインドフルネス実践法

「瞑想」が基本です。

呼吸瞑想、歩行瞑想など、さまざまな瞑想法があります。
詳しくは、後日。


■ 私のマインドフルネスな思考法

「今の自分を受け容れ、大切にする生き方」を実践するために、
私が到達した思考方法です。

一番簡単で、効果的。
私が実践して心が落ち着く、3つのステップです。

ステップ1「気づく」・・・今の自分の状態、気持ちに気づく
ステップ2「認める」・・・自分のネガティブな気持ちを認める
ステップ3「受け容れる」・・・今の自分のネガティブ気分を受け容れる


たとえば
(最近の私の例で恐縮ですが・・・)

・気づく・・・少し前のネガティブな出来事を思い出し
「クッソ!やっちまったなあ!」
「ああ、(私)とても悔しい」

・認める・・・「私、あのことすごく悔しいと思っているんだ」

・受け容れる・・・「(すごく悔しい思いをしたこと)しかたないよね。
私、あのとき自信過剰だったから。そういうときもあるよね。
しゃあないなあ・・・ま、いっか」

と、なって、思い出した瞬間は、
ひどく悔しかったり恥ずかしかったりしましたが、
そんな自分を受け容れることで落ち着いてきたのでした。

他にも

・気づく・・・「ああ、腹立つ!!」
・認める・・・「私、今、腹を立てているんだ」
・受け容れる・・・「まあこれじゃあ腹も立つわなあ。当然だよ」

・気づく・・・「ああ、なんか落ち込む・・・」
・認める・・・「あのことで落ち込んでいるんだ」
・受け容れる・・・「そりゃ落ち込むよね。そういうときもある。いいんじゃない」


■ おわりに

要は、「今の自分の状態を評価なく受け容れる」ことです。

自分の今のネガティブ感情に気づき、認め、受け容れることで
ホッとできます。

もし、最近、イライラしていたり、ムカついていたり、
落ち込んでいるとしたら、
その状態を、まずは全面的に認め、
そんな自分もアリだ!と受け入れてみませんか?

きっと、落ち着いてくるでしょう・・・

熱い時間も必要ですが、穏やかな気持ちも必要な現代です。



posted by suzumura at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年01月30日

上司が信頼する部下とは?


あなたは上司に頼りにされている?

2020124冬参道.JPG

先日、上司との良い関係を戦略的に取り組むことを提案しました。
これはいわゆる「ボス・マネジメント」と呼ばれる考え方です。
上司から管理されるばかりでなく、
部下の自分も上司を管理しよう、なんていう考え方です。

では、あなたは上司に頼りにされているでしょうか?
もちろん、あなたは一生懸命がんばって、
仕事に取り組んでいますよねえ。

でも、上司から見たらどうでしょうか?

ということで、上司が信頼する部下についてご紹介します。


■ 「使える部下」か「使えない部下」

上司から見て「こいつ使えるな」と思えると、頼りにするし、
信頼もする、というもの。

信頼する部下の基本は「使える部下かどうか」といえるでしょう。

そこで「使える部下」の代表格を5つ挙げてみました。

1.安定した結果を出すことができる部下
優秀なんだけど、結果にバラツキがある。
あるいは、仕事によって好き嫌いが激しい。

このような部下には、安心して仕事を任せることはできないでしょう。

変化の激しい事業環境ではありますが、
どんな状況においても、
できるだけ安定した結果を出している部下は、使える部下といえます。

2.期待以上の仕事をする部下
上司の期待する以上の仕事をする部下。
いいですねえ。
常にとは言いませんが、
できるだけ「期待以上の仕事」をしようと心掛けている部下も
「使える部下」といえるでしょう。

3.色々なことに気がつき、率先して動く部下
上司から指示されなくても、率先して動く部下。
仕事はもとより、仕事以外の職場内の雑事についても
率先して動いてくれる部下は、使える部下です。

4.上司の考え方の流れや次の行動をイメージでき、それをフォローする部下
上司の思考や行動の傾向を把握し、
自ら次の手を打ってくる部下っていますよね。
ずばり「使える部下」です。信頼感も増します。

5.報連相がきちんとできる部下
ことあるごとに簡潔に「報連相」をしてくる部下は、
使える部下です。

逆に「何をしているかわからない部下」
あるいは「何を考えているかわからない部下」・・・
そんな部下には困ってしまいます。

あるいは、積極的に上司にコミュニケーションをとってくる部下も、
使える部下といえるでしょう。

以上の5項目は、仕事の基本といえます。
とはいえ、一つでも当てはまらない場合もあります。
たとえば「報連相」。
上司を苦手と思うと、
「報連相」や「コミュニケーション」がおろそかになってしまう場合が
ありますから。

気をつけたいですね。


■ その他「上司が考える良い部下」
1.自分の顔をつぶさない部下
2.手が回らないところを補ってくれる部下
3.反応力が高い部下
4.自分を信頼しようとしている部下
5.自己開示をしてくる部下


■ おわりに

どんな良い上司といえども、上司への不満はつきもの。

では、自分自身は上司にとって「使える部下」か「良い部下か」?

ときどき、そんなことを考えてみてもいいのではないでしょうか。


posted by suzumura at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2020年01月29日

新型肺炎「最悪の事態を想定する」


新型肺炎「新型コロナウィルス」の脅威が拡大しています。

2020124樹と鳩.JPG


最初は、「対岸の火事(離れた向こうで起きていることで、
自分側には被害が出る心配はない)」
と、高をくくっていました。

ところが、患者数が増え、ドンドン拡大し、
さらには日本でも、それも愛知でも感染者が発生しています。
今朝の情報では、武漢からの観光客2人、
そして武漢バスツアーのバス運転手さんも。

ということは?

いろいろ想像してしまいます。
デモも飛び交っているようですし。

もちろん、あなたのお会社でも早々に対策を立てて、
おられるでしょう。

まさに「最悪の事態を想定しておく」ことが求められる事態です。

企業としてもリーダーとしても「危機管理」は
重要な事業運営のひとつです。

たとえば
・もし、武漢市の取引先を受け容れるとしたら
・もし、自社に感染者が発生したら
・もし、生産拠点に感染者が大量発生したら
・もし、関連業者に感染者が大量発生し、ストップしたら
・もし、生産拠点の都市が封鎖されたら
・もし、本社勤務の社員に感染者が発生したら
・もし、本社勤務の社員の感染者が大量発生したら

更には、死亡者が発生したら・・・

もちろん、自分や自分の家族、住居の近辺での感染発症も
想定しておいてもいいでしょう。

非常事態では、
経営トップ、リーダーの判断と早期決断、
あるいは、状況変化に合わせて素早い方針転換が
求められます。

他人事ではなく自分事として考える時期に入ってきている
ようです。


posted by suzumura at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月28日

どんな上司にも良い機能がある


上司の持っている良い機能を確認してみよう

2020121スイセン満開.JPG

先日。
とある企業様での研修で、
「上司と合わない」「上司と言い合いになる」
「上司が嫌いだ。もうやめたい!」
といった発言を耳にしました。

「仕事はやりがいがあって好きでも、上司が嫌!」
と語るビジネスパーソンは、多いものです。

いつの時代でも。

まあ、自分にとっての理想の上司っていないかもしれません。
上司も人間ですから。

とはいっても、自分にとって上司はとても大切な存在です。

ということで、
これまで何度もアップしてきましたが、
上司の機能について考えてみたいと思います。


■ 上司の役割とは?

・自分に仕事を指示、命令する人
・仕事の承認(GOサイン)を出してくれる人
・自分の評価をする人(人事査定)
・自分に成長、向上をもたらす人(業務上でも人間的にも)
・自分の人事異動や昇格、昇進に直接影響する人

以下は、人によってはやや疑問ですが・・・
・助けてくれる人
・責任を取ってくれる人
・トラブルを解決してくれる人
・上の上司や関連部署に掛け合ってくれる人
・問題を解決してくれる人

ということで、上司って自分に一番影響をもたらす人なのです。

ということは、そんな上司とはできるだけ良い関係を
築いていた方がいいですよね。

もちろん、上司自身も部下とは良い関係でいたい、
と、思っているハズです。

そこで。


■ 上司に対する基本的な考え方

どのような上司であっても、できるだけ良い関係をつくっておくために、
次のように考えてみてはいかがでしょう。

・上司の人間性がどうであろうと、自分で冷静に上司を分析し、
自分から上司との良い関係を作ることを戦略的に考える。
・「好き・嫌い」という個人的感情は、意識的に考えない。
・上司という「人間」ではなく、ただ「役職」に仕えるという発想を持つ。
・上司への過度の期待は捨て去る。
 「上司は、〜〜べき、〜〜のはず」論でとらえない。
・上司は変わるかもしれない。が変わらない場合が多い。
ならば自分が変わるという考え方を持つ。
・上司もいつか人事異動か定年退職をする。
・上司も人知れず「悩み」を持っているかもしれない。

では、そんな上司とうまくやる戦略的な考え方とは?


■ 戦略的に上司と良い関係を築く方法

・上司は、その上の上司から何を期待されているかを知る。
自分に無理難題を言ってくる上司も、実はその上の上司から命令され、
しかたなく命令しているのかもしれません。
そのことが理解できると、納得できるでしょう。

・自分の仕事が上司の仕事の中でどういう位置づけになっているかを知る。
組織全体の中で、あるいは会社全体の中での
自分の仕事の位置づけを俯瞰してみることで、視野が広がります。

・上司に自分のことを知ってもらう。
最近は、目標管理面談、コーチング、1ONミーティングなど、
上司と1対1で話し合う機会も増えてきているでしょう。

1対1でじっくり話す機会を作ってもらい、
自分の仕事の状態を知ってもらうことで、上司としても安心します。

また、自分の気持ちやキャリア展望についても
聞いてもらうといいでしょう。
さらにはプライベート、家庭の事情も話しておくと
困った時に助けてもらえます。

まあ、相手によって、話す内容を調整することも必要ですが・・・

・良い意味で適度に「目立つ」ことも大事。
自分の努力、成果、取り組んでいることなどを知ってもらう。
上司としても部下の動きを知ることで指示が出しやすくなります。

・常に自分なりの提案を付加する
「どうしましょう?」ではなくて、自分なりのアイデア、提案をすることが
求められています。
常に提案、対策を考えることで、思考力も高まります。
却下されても大丈夫。
いつも提案してくる部下に対して、悪い思いをする上司はいません。
「あいつは、いつも考えているな。一生懸命、仕事に取り組んでいるな」
と思うでしょう。

・上司にとって自分はどんな存在なのかを改めて考えてみる。
「自分が自分の上司だったら、自分のことをどう思うか?」
考えてみませんか?
「上司にとって理想の部下とは?」も考えてみてもいいでしょう。


■ おわりに

私自身、上司には泣かされました。のは一人だけ。
その人以外の上司に、本当に育てていただきました。

もちろん泣かされた(イラついた)上司にも、育てていただいたのですが。

「上司は選べない」組織が多いですね。

そんな中、少しでも戦略的に上司と良い関係を作り、
仕事を進めやすくし、自分の成長やキャリアに繋がるといいですね。

「戦略的に」と考えるだけで、視野が広がります!!

posted by suzumura at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2020年01月27日

新型肺炎。まさに「VUCA」の時代



「手洗い、うがい、ヤ・・・」

2020122朝A.JPG

本日(2020.1.27)の日経新聞一面には
「新型肺炎 世界経済に影」の見出し。
新型コロナウィルスの影響です。
心配ですね。
あなたのお会社は、もう手を打っておられますか?

確か少し前「中国で新型肺炎を訴えた人が当局に拘束された」、
という報道がありました。
その後、あっという間に患者が増えて、
ここ日本にも。

新聞にあるように、経済にも影響が出てくるでしょう。

ことに、春節での来日を期待していた日本の行楽地の影響、
計り知れないでしょう。
来て欲しい。だけど肺炎は困る。
まさにジレンマですね。

今後、どのような影響が出てくるのか?
早く治まってほしいですね。

と、ここで思うのは、
この数年で取り上げられている「VUCA」(ブーカ)というキーワード。

Wikipediaによると

■ VUCAとは

VUCA(ブーカ)はビジネス用語。
Volatility(変動性)、
Uncertainty(不確実性)、
Complexity(複雑性)、
Ambiguity(曖昧性)の頭文字を並べた言葉。

1990年代後半にアメリカ合衆国で軍事用語として発生したが
2010年代になってビジネスの業界でも使われるようになった。

現代の経営環境や個人のキャリアを取り巻く状況を表現する
キーワードとして使われている。

そんなVUCAの時代に求められるリーダーシップについても
あちらこちらのNETにアップされています。

総合してみると4点に絞られそうです。

■ VUCA時代のリーダーシップに求められる4つのポイント

・ビジョンの設定
不透明性が高い時代には、自らが立つべき座標軸を確認し、
どこへ向かうべきかの方向感覚を持つことが必要となる。
視界不良な時代にこそ、未来の青写真を描くことが重要だ。

具体的には「どんな成果を出すか」という方針を固め、
企業として何を果たすべきかというビジョンやミッション、
そして個人(会社の一員)として自分の立ち位置での成果や目標を明確化することも必要。

不確実性の高い未来に対して、優れた洞察力や構想力を持ち、
自分たちにしかできない形で提供価値を作り出す力が求められる。

・・・このような不透明、不確実な時代だからこそ、
ビジョンやミッションの設定が必要ということですね。
会社のみならず、個人としてもキャリアを考えるときに必要です。

・育成
リーダーは部下が当事者意識を持ち、
目標を達成できる環境を構築することも求められる。

部下・メンバーひとり一人の価値観や強み、能力、現在の状態を
考慮した上でモチベーションを向上させるコミュニケーションとり、
相手の力量を正しく評価し、最高のパフォーマンスを発揮できるように
支援していくことが求められる。

さらに、自らを教育し続けることも必要。
日々アンテナを張って様々なニュースに触れ、データを自分なりに解釈し、
知恵を持った人と議論を重ね、新しいテクノロジーや経営手法を学ぶ。
常に自らを向上させないと、時代から取り残されていく。

・・・確かに、部下を育成することも必要ですが、
自分自身の成長や向上も意識的に取り組む必要がありますね。

・対話
激動をもたらす社会の断絶は、対話が不足していたことが大きな要因である。
意識的に自分と対極にある様々な職業や
地域の人と対話を重ねることがますます重要になる。
対話を欠くと、断絶を生み、社会が不安定になり、激動が生じる。

・決断
時代の変化が激しい現在、リーダーには強い決断力が必要。
複雑性が増している状況ではついつい立ちすくみがちになる。
だが、動かないと何ら問題解決ができないどころか、
さらに状況が悪化していく。
動くことで、複雑なものをひもとくヒントを得て、構造化することでき、
解決策を見いだせて、苦境を打破する端緒を開ける。
確実な行動が重要だ。


■ おわりに

この「新型肺炎」問題はもとより、
いつなんどき、どんな問題が発生してくるかわからない時代です。
自国のみならず、地球の裏側で起こったいることが、
あっという間に広がって影響を受けることになる「VUCA」の時代。

企業として、リーダーとして、そして個人として、
日頃から心構え、対策、準備がかかせませんね。

まずは「手洗い、うがい、マスク」(ヤクルト?)でしょうか。



posted by suzumura at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記