2022年06月02日

緊急ではないけど、重要なこと


重要なことを優先する


IMG_1007.JPG


私事ですが、先延ばししていたため、痛い目に遭ったことがあります。

重要だとはわかっていたのですが、ついつい日常にかまけて、
先延ばしにしてしまいました。

その結果、思うような結果は得られず、
というか、慌てて取り組むものだからイマイチ、
という残念な今日この頃です。

そこで考えてみるのが「アイゼンハワーマトリクス」による
タイムマネジメントです。


■アイゼンハワーマトリクス

ビジネスパーソンなら、ご存知方も多いと思うのが、
「アイゼンハワーマトリクス」です。

端的に言うと、業務を緊急度と重要度で分類、整理する方法です。
この分析を用いで、最も重要なタスクを効果的に優先できます。

仕事がイッパイ舞い込んでくる多忙な今日、
それらを整理することによって、
効果的かつ、ゆとりさえ生まれることが可能、かも。

ちなみにこの手法はアメリカの第 34 代大統領、
「ドワイト・D・アイゼンハワー 」氏にちなんで名付けられましたとか。
彼は1954年に行った演説中、無名の大学教授の言葉を引用してこう言ったのです。
「私は緊急なものと重要なもの、2 種類の問題を抱えている。
緊急なものは重要ではなく、重要なものは決して緊急ではない。」

すごいですねえ。
70年近くたった今でも、注目されるフレームです。


■ アイゼンハワーマトリクスの分類のしかた

タスクを緊急性と重要性の両面から評価します。

用紙の中心に十文字を描き、横軸を「緊急性」とし、右にいくほど緊急性が高くなります。
縦軸は「重要性」で、上にいくほど重要性は高くなります。

こうして4つの領域をつくり、自分のタスクを分類していきます。

「第 1 領域」・・・緊急かつ重要なタスク(すぐに完了すべきタスク)
可能な限り早く着手することが大事な「最優先タスク」で、「価値ある仕事」ともいえます。
例 トップからの指示の遂行
  重大な事故やクレームへの対応
  差し迫った問題の解決
  危機や災害への対応

一般に、この種のタスクはすぐに片付けるか、その日のうちには終えておく必要があります。

「第 2 領域」・・・重要だが緊急ではないタスク(スケジュールに入れておくべきタスク)
重要度は高のですが明確な期限が決まっていない(決めていない)タスクです。
重要とはわかっていても緊急ではないので、つい後回しにしがち。けれど、この領域のタスクは「将来への投資」と捉えることもできます。そう考えると、計画に入れておきたいですよね。
例 自分のスキルアップ
  部下指導、部下育成
  チームビルディング
  業務システムの改善
  転職の準備(?)

「第 3 領域」・・・緊急だが重要でないタスク(他の人に委任すべきタスク)
急ぎではあるものの、自分自身が取り組まなければならないほど
重要度が高くないタスクです。
そんな業務は、他のメンバー、部下、後輩に依頼した方がいいでしょう。
「見せかけの仕事」と言えるタスクです。
例 定型的な作業
明確な目的のない対面会議や電話会議
大事ではない頼まれごと
雑務

「第 4 領域」・・・緊急でもなく重要でもないタスク(避けるべきタスク)
ずばり、無駄な業務であり、可能であれば避けた方がよいでしょう。
ほとんどの場合、この種のタスクは無視してしまうか、キャンセルするといいかも。
例 暇つぶしの作業
業務の待ち時間
意味や意義のない無駄話
  無駄なメール
  不必要な習慣


■ おわりに


ということで、すぐにとりかかるべきタスクは分かりました。
重要で緊急なタスクです。

では
「緊急ではないけど、重要なタスク」ってどうでしょう?

誰もが多忙な昨今。
ついつい緊急案件を優先しがちです。
が、緊急ではないけど、重要なことにも着目してみませんか?


posted by suzumura at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2022年05月31日

職場のコミュニケーションをcheck


職場のコミュニケーション、できていますか?


20220504緑草.JPG


日頃の自分のコミュニケーション、ふりかえってみましょう。
下記の事項に対し、できているなら〇、できていないなら×を着けてみましょう。


■ 私の職場では

1.お互いに元気に挨拶し合っている
2.お互いに声をかけ合うことが多い
3.お互いに相手の話をよく聞いている
4.お互いに協力し合い、助け合っている
5.困っている人に声をかけ助ける人は多い
6.仕事に必要な情報は、きちんと全員に伝わっている
7.ミーティングでは、対面でもリモートでも活発に意見を言い合っている
8.人を傷つけるような発言をする人はいない
9.陰口や悪口は少ない方である
10.お互いに「ありがとう」と言い合っている
11.職場内の上司、メンバーと腹を割って話し合う機会がある
12.孤立している社員はいない
13.相談できる人が一人以上いる
14.信頼関係ができている
15.自分のアイデアや提案を受け入れてくれる



■ 私は部下・後輩に対して

16.いつも自分からあいさつをしている
17.忙しい時でも相手の話を聞いている
18.仕事に必要な情報は必ず全員に伝えている
19.部下や後輩に感謝したり期待することは多い
20.部下や後輩を怒るのではなく叱って育てている
21.部下や後輩の良い点、強みは分かっていて伝えている
22.部下に仕事をわかりやすく教えている
23.指示をするときはその目的をわかりやすく伝えている
24.怒鳴ることはない
25.人の悪口をほとんど言わない


■まとめ

いかがでしたか?

異動が激しい季節を経て、
再度職場でのコミュニケーション、チェックして、どうでしたか?

できていなかったら、意識して取り組んでみましょう。



posted by suzumura at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2022年05月30日

ピグマリオン効果


誰でも期待されれば・・・

20220523黄色花.JPG


先日、仕事が立て込んでいたころ、
依頼者から「鈴村さんはコメント力があるからいいですよね」
って言われました。

ほお〜。

で「それってピグマリオン効果ですよねえ」と返した私。
ちょっと嬉しかった。

そうなんですよねえ。

先日、「プラシーボ効果」という、
自分が薬などの効果を信じればその通りの効果が期待できる、
なんてことをアップしました。

一方、他者から期待されることも、とても効果的なんです。
それが「ピグマリオン効果」です。


■ ピグマリオン効果とは?

1964年に
米国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱された
「期待と成果に関する効果」のこと。

ローゼンタール先生は学校における実験を通し、
「人間は期待された通りの成果を出す傾向がある」ことを主張しました。
「ローゼンタール効果」とも呼ばれます。

まあ、世の中にはこの説に反論する人も多いようですが、
知っておいて損はしないでしょう。

こうしたピグマリオン効果は、
企業の人材教育やマネジメントにも当てはまるとされています。

部下は上司から期待されていると感じると、モチベーションが上がる。
その結果、努力をするようになり、自然とより高い能力を身につけるはず。
そうなれば、仕事でも良い結果が出るようになることと考えられている。

逆に、期待されないことで成績が低下する現象を「ゴーレム効果」といいます。

人は、自分が期待されていないと感じたらモチベーションも低下する。
仕事も投げやりになり、知識も増えず、スキルも向上しない。

同じ人材でも期待のかけ方で変わる、というわけです。
確かに・・・


■ まとめ

やはり他者から期待されると、正直嬉しいものです。
がんばろう、と思います。

「期待する」ことは、部下に当てはまるだけでなく、
上司にも当てはまると私は考えます。

たとえば、
「○○課長が上司なら、絶対ついていきます」とか
「○○課長の手腕なら、この難局を乗り越えていくことができると信じています。
私にできることはなんでもしますから、ご指示ください」とか。

4月の人事異動から、2か月。
そろそろ新しい上司の人柄、新しい部下たちの傾向、
組織風土などもつかめてきたころでしょう。

その人に合った期待、伝えてみませんか?

おっと、
「期待しすぎる」ことは、逆効果でプレッシャーとなってしまいますので、ご注意を。

ああ、私、期待されること、大好き!


posted by suzumura at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーション

2022年05月29日

セルフコーチング「この一週間をふりかえって」


この一週間をふりかえって

20220525青空.JPG


5月も、今日を入れて、なんと3日間限り。
ゴールデンウィークがすごく遠い過去のように思えます。

さて。
今日のセルフコーチングは、定番で行きます。

この一週間をふりかえって
@うまくいったことはなんでしょう?

➁うまくいった理由はなんだと思いますか?

Bうまくいかなかったことはなんですか?

Cうまくいかなかった原因はなんでしょう?

D5月をふりかえって、
 一番印象に残っている出来事はなんですか?

Eそのことからの気づきや学びはなんですか?

F教訓として考えてみるとどうなるでしょう?



もちろん、私自身、このセルフコーチングは毎回回答しています。
教訓は、「努力すれば報われる」ですが・・・






posted by suzumura at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2022年05月28日

今週の教訓「トラブル相手が会社に来たら」


今週もイロイロありました。

2022052718時.JPG



ウクライナ侵攻は収まらず。
・・・本当にロシア軍は疲弊しているの?
東部の報道を見ているとなんだかなあ・・・。
早く、平和が訪れますように!

やっぱり、コロナワクチン4回目接種あるんだ。
確か、そうそうにイスラエルが4回目を実施したという
報道がありましたが。
すでに日本でも、4回目接種が始まっているようです。
私は?
もちろん接種します。
仕事柄、コロナに感染する訳にはいきませんから・・・
夏以降かな?

そして、あのKAZU1は、2回目の沈没をしてしまった。
その後知床に到着しましたが。
対応、早かったですねえ。
すごい技術をお持ちですねえ。
今回の件で、就職したいと思った人、いるかも。


そんな中、
急展開したのはあの誤送金問題。

そこで思うのです。

もし、トラブルの相手が勤務先会社に来たら。
というか、会社にのりこんできたら、どう感じるでしょうか?
想像しただけで・・・。

ところで、全額ちかく返金されたようですが、その理由は?
TVでは色々報道され、専門家?が、アレコレ論じていますが。
今後真相が解明されるでしょう。

ということで、
今週の教訓は、「
トラブル相手が会社に乗り込んでこないように、気をつけよう」。

トラブルは誰にもいつでもつきものです。
気をつけたいですね。


posted by suzumura at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2022年05月26日

セルフコーチング「今の自分にとって大切なことは?」


自分をふりかえり、自分と向き合う

20220505マーガレット.JPG


私事ですが、
仕事に追われる日々が続き、ブログも手につきませんでした。
まったく余裕のない私。
トホホですねえ。

それでもついさっき、一応目途がたったので、ブログに取り組みます。

とはいえ、簡単なセルフコーチング。
つまり、今の私に必要な質問ってことです。

では。
質問「今の自分にとって大切なことは?」

自分にとって大切なこと・・・
このことは常に確認する必要があると思っています。

昨今のように環境変化の激しい中、
これまでの価値観が覆されたり、否定されたり、
これまでの常識が通らなくなったり、などなど。
そんなこと日常茶飯事ですね。

そんな激動の時代を生きる私たちにとって、
常に自分を見つめ直すこと、必要ですね。

「今の自分にとって大切なこと」、
加えて「これからの自分にとって大切なこと」を確認してみませんか?



posted by suzumura at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2022年05月22日

セルフコーチング「この一週間をふりかえって」


5月もあと10日足らず。GWも昔のことのよう。
はやいですねえ。

20220505天白公園新緑➁.JPG


さて、日曜日はセルフコーチングの日。
今日も定番で一週間をふりかえってみましょう。

この一週間をふりかえって
@うまくいったことはなんですか?
➁うまくいった理由はなんだと思いますか?
Bうまくいかなかったことはなんでしょう?
Cうまくいかなかった原因はなんだと思いますか?
D残りの5月中にやりとげたいことはなんでしょう?

2022年。
あっという間に半年が過ぎていきます。
第一四半期も。
そんな6月にむけて、準備を整えませんか?


posted by suzumura at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2022年05月21日

今週の教訓「魔が差す」



教訓 「人間だれしも『魔が差す』ことがある」

20220430桃花?.JPG



今週もイロイロありました。

私は、仕事関係でイッパイイッパイで、
ブログをアップする余裕すらありませんでした。
やっとこさ、今日土曜日は、平常に戻りつつあります。
なんせ、昨日(金曜日)、歯を食いしばってがんばりましたから・・・

さて。

今週、注目の出来事は、やはり、「誤送金」「誤給付」。

報道されてびっくりですが、顔や素性がnetに出るのは時間の問題。
案の定、すぐにnetに出ていました。
すると、逮捕。

これ、まさしく「魔が差した」出来事といえるのではないでしょうか。

「魔が差す」とは元々仏教用語で、
「心に悪魔が入り込んだかのように、間違った言動をとってしまう」こと。

「自分の本来の意志ではない、ほんの気の迷い」という意味で使うことが多く、
その気の迷いを招いてしまった原因が、
自分の中に一瞬でも悪魔が入り込んだ為だという訳です。

いわゆる「出来心」を起こしてしまったとき、
「魔が差した」と言い訳をすることもありますよね。

それにしてもオオゴトです。
最近の顔写真もTVでも流され・・・ほんの出来心が。

それにしても、4000万円もギャンブルにつぎ込めるんですね。
ギャンブルをやらない私には、わけわかめ。

普通の人でも「魔がさす」経験、多いといいます。
私も・・・ありました。
「ま、いっか」と判断して、やっちまう。
反省です。

人間誰しも「魔が差す」ことがある。
そのとき、我に返って冷静な判断が必要ですね。
いくつになっても・・・


そして、明治用水は?
ウクライナは?
知床沈没は?



posted by suzumura at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2022年05月15日

セルフコーチング「この一週間をふりかえる」

5月も中盤。
折り返し地点です。


20200505桂➁.JPG


日曜日はセルフコーチングの日。
今日は定番でこの一週間をふりかえってみましょう。

この一週間をふりかえって
@うまくいったことはなんですか?

➁うまくいった理由はなんだと思いますか?
・・・がんばりましたね

Bうまくいかなかったことはなんでしょう?

Cうまくいかなかった原因はなんですか?
・・・次回はうまくいくように工夫したいですね。

D明日からの一週間、成し遂げたいことはなんでしょう?


うまくいくといいですね。




posted by suzumura at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2022年05月14日

今週の教訓「ウクライナ危機から学ぶ」


ロシアがウクライナへ侵攻した2月24日から、2か月半。
現代の日本に生きる私にとって、信じられないことばかり起こっています。
イロイロ、考えさせられます。

20220430双子池から.JPG


1.信じてはいけない。約束は守られない。
はじめから、約束を守る気はない国や人がいる。

2.危険人物はどこにもいる。
国のトップであろうと、通りすがりの市民であろうと。
日本でも、無差別殺人や、あおり運転、公共交通機関での暴力などが発生しています。

3.グローバル化が進んだけれど、こうなると、見直す必要がある。

そして、
ウクライナと同じ状況になったら、
日本は戦うのか?戦うことができるのか?それとも、違う選択をするのか?

今回のウクライナ侵攻について、有識者が都度、イロイロ語っています。

今日(5月14日)の日経新聞、読書欄には、
青山学院大学袴田名誉教授の書評が載っています。

その冒頭で
「今年2月ロシアによるウクライナ軍事侵攻は、
第二次世界大戦後の世界認識のパラダイムを根底から変えた」
とあります。
「欧米諸国だけでなく日本人の国際認識に衝撃を与えた。
日本周辺での緊張も絡み、戦後の楽観的な、あるいは現実無視の
平和主義が問われている」

確かに、私たちは平和ボケしていたのかもしれません。
そのため、実は危険であろう国に、イロイロ頼っていたりもします。

ちなみに
先日(5月2日)の日経新聞には、
論説フェロー芹沢洋一氏の「ウクライナ危機から学ぶ」
という記事が掲載されていました。

同様に、「国と国は協調できると考えるリベラリズム」の見直しが記述されます。
その上で、今回のウクライナ侵攻から4つの学びを上げています。
@自分の国は自分で守らなければいけない
Aとはいえ、助け合う国も必要
B核兵器を持った国が周辺にある場合、核で抑止をきかせるしかないという現実。
C情報戦・宣伝戦で負けない。
 つまり軍事だけでなく情報をめぐる「ハイブリッド戦」の重要性。

確かに、その通りです。
イロイロ考えさせられます。

ちなみにちなみに、
今の段階で、解説を聞き逃したくないロシア専門家は
「小泉悠」氏と、「高橋杉雄」氏。

イロイロな専門家、大学教授のお話は、それはそれで参考になりますが、
このお二人は「別格」という感じ。
・・・ましてや、一般評論家のお話は・・・

先日のBSフジプライムニュースは、お二方が出演されていて、
すごくわかりやすい解説でした。
ビデオにとって、観ました。

日本も、ウクライナ危機から学ぶことは多いですね。

令和になって、
コロナ禍があり、ウクライナ侵攻がありと、
これまでのパラダイムを変更せざるを得ない時代を痛感する、
今日この頃です。



posted by suzumura at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2022年05月13日

プラシーボ効果


プラシーボ効果を活用する


202220505桂.JPG


治まったと思えた「コロナ感染」。
連休明けから、またまた、増加傾向のようです。
やはり、連休が原因???? 
検査数も増えているからだとか。
ワクチン三回目の未接種の人が多いという報道もあります。
ちょいと心配。
あたしは三回接種しましたが、気が抜けない日々が続きます。


さて、
先日のこと、知人と話題になったのが「プラシーボ効果」です。
とある化粧品について
「『美肌に効く』と信じればたぶん効くよね。プラシーボ効果で」
というもの。
そうそう、
「信じればそうなる」というプラシーボ効果は、自分を向上させる魔法といえます。


■ プラシーボ効果とは

Wikipediaによると
プラシーボ効果とは偽薬効果(ぎやくこうか)、
プラシーボ効果(placebo effect)、プラセボ効果。

偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって
何らかの改善がみられるという医学用語。

あるものを「本物」だと信じ込ませることで、
精神的・身体的に効果が見られる現象のことをいう。


■ ブラシ―ボ効果をビジネスシーンで活用

「信じ込む」ことで、自分を向上させる。
あるいは「信じ込ませる」ことで部下を育成する。
これは、活用しない手はありません。

たとえば、自分を信じ込ませるとしたら・・・
・自分は仕事ができると思い込む
・自分はリーダーシップがとれ、チームをまとめることができると思い込む
・自分は顧客に頼られる営業パーソンだと思い込む
・自分は絶対成功する!と思い込む

部下を信じ込ませるとして、かける言葉は?
・君ならできる!!
・君の○○力を期待している!!
・君の潜在能力は○○だ!!
・君は、〜〜だね!!


プラシーボ効果をうまく活用すれば、
自分や部下のモチベーションアップにつなげられますね。
ビジネスを成功に導くために、プラシーボ効果を活用してみましょう。


■ おわりに

ちなみに、今の私にとっての「プラシーボ効果」活用とは・・・

「初めての3日間研修。私なら今までの経験で絶対うまくいく!」
です。
もちろん、うまくいくためには完璧な準備が必要です。
例の「うまくいく方法を考える」ですから。

さあ、あなたも「プラシーボ効果」をめいっぱい活用してみませんか?




posted by suzumura at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ポジティブシンキング

2022年05月12日

powercard「楽しむ」


今日、5月12日。

今日は、これしかありません。

「楽しむ」
つまり、人生を楽しもう!ということです。

20220121楽しむ.JPG

あなたは、仕事を楽しんでいますか?
人生を楽しめているでしょうか?
楽しくないとしたら、自分なりの楽しみ方、考えてみませんか?

どうせ、人生、うまくいかないことばかり。
ならば、自分にとっての楽しみ方、探してみましょう。
どんな困難で、つらい状態でも、
それを楽しめる気持ちがあれば、乗り越えられます。
きっと、それは、将来の糧となるでしょうから!



posted by suzumura at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | powercard

2022年05月11日

できない理由を探すより



できない理由を探すより、できる方法を探してみよう

20220504朝露.JPG

最近、私が自分自身に投げかけている言葉です。
というか、自分に言い聞かせている言葉です。

「できない理由を探すより、できる方法を探してみよう」
もっというと、
「できない理屈を並べたてるより、できる方法をトコトン考えてみなさい!」
です。

この言葉は、昔からあります。

ここ数年で注目されたのは、
コロナ禍での東京五輪開催について、五輪懐疑論が取りざたされていたころ。

体操の内村航平選手がこう訴えたのでした。
「五輪はできないじゃなく、どうやったらできるのか。
そう考えを変えてほしい。
国民とアスリートが同じ気持ちでなければ五輪はできない」。

立派な言葉ですね。
さすが、内村選手。

確かに・・・と納得できます。

イロイロな制約のなかで目標達成をしなければならなのが世の常。

その中で私たちは、
できない理由や言い訳を考えたり、口走ってしまうことがあります。

でも、やはり、自分に与えられた仕事に対して、
「どうしたらできるか?」「どうやったらうまくいくか?」を
常に自問する必要があると思うのです。

こんな言葉もあります。
「できないのか、やらないのか」

これらの言葉を戒めに、今日もがんばります!!



posted by suzumura at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2022年05月09日

powercard「新鮮」


華のゴールデンウィークが終わりました。

私事ですが、なんだか気が抜けた感じです。
仕事は残っていますが・・

そんな昨夜、ふとある言葉が閃いて、powercard制作。

20220508新鮮.JPG

自戒をこめて、
「新鮮」な気持ちでゴールデンウィーク明けを迎えたいなあ・・・
と。

一夜明けが今朝は、「新鮮」というより、
なんだか不調です・・・
今日は、絶対がんばらねば・・・
仕事の期限ですから・・・


posted by suzumura at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | powercard

2022年05月08日

セルフコーチング「GWをふりかえって」


久々の連休「GWををふりかえってみよう」


20220502ジャガイモ花.JPG

・・これ、ジャガイモの花です

長い人で10日間もあったゴールデンウイークも、
今日でおしまい。

最後のGWを楽しむべく、デイキャンプに行く人、近場のドライブに向かう人、
ちょっとしたランチを楽しむ人、デリバリーを奮発する人。
あるいは、明日からの仕事に向けて体調を整える人、さまざまな様子です。

いずれにしても、連休最後の日は、明日に向けての身体と心の準備の日ですね。

そんな日曜日の今日もセルフコーチングです。
今日はゴールデンウイークを総括する定番で行きます。

ゴールデンウイークをふりかえって、(10日の人もそうでない人も)

1.うまくいったことはなんですか?
2.うまくいった理由はなんだと思いますか?
3.そこで気づいたことはなんですか?
4.うまくいかなかったことはなんですか?
5.うまくいかなかった原因はなんでしょう?
6.気づいたことはなんでしょう?
7.明日からの平常勤務、心掛けたいことは?

イロイロあったゴールデンウィークです。

連休最後の今日を、楽しみましょう!


posted by suzumura at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング