2017年11月29日

勝か負けるではなく、生きるか死ぬかの戦い


異例「トヨタ自動車の人事異動」

20171111.JPG

昨日(11月28日)の夕刊を見て、
ビックリしました。
トヨタの人事異動です。

記者発表は、当日11月28日。
その前、
11月20日にトヨタ本社で行われた、
労使懇談会で豊田章男社長から突然発表があったとの報道です。
驚きの声が上がった。
そうでしょうね。

主な人事は・・・。
・副社長を6人にする
・外国人役員を拡大する
・女性役員を起用する
・外部からも登用する
などなど。

中には、私がお世話になっている「アイシン精機」さんの
社長交代記事も。

伊原社長は数年前(2015年6月)に、
トヨタ自動車から来られた方。
それが3年もしないうちに・・・?
その後は相談役になるということです。
何があるのだろう?と不思議。

今日(11月29日)の朝刊には、詳しく書かれています。
どの新聞社も総力を挙げて取材しているのでは?

地元紙「中日新聞」も負けてはいられません。
地域密着型の内容です。

見出しのみ挙げると
・激流生き抜く 異例人事
・豊田章男社長の口癖「適材適所」に「適時」も重視
・社外人材広く起用
・瀬戸際の戦い

その中日新聞には、私の疑問だった「アイシン精機 伊原社長交代」の
理由がありました。

「剛腕の伊原氏(66才)に託されたのはグループ事業再編成。
2年半のかじ取りで、
子会社間の垣根をなくす仮想カンパニー制を導入するなどして(中略)
グループの一体感を向上させた」
「足固めが終わり『攻め』に転じるアイシンの社長に選ばれたのが
(中略)伊勢清貴氏(62才)」


そうか。
足固めが終わったので攻めに向かうのか。
伊原氏は66才だから相談役なのかしら。
ほぼ、引退みたいですが・・・?

などと思っていたら。
新たにトヨタ副社長に起用されるのは、
デンソーの副会長「小林耕士」で69才だとか・・・。

一方、今朝の日経には
「トヨタ、焦燥の前倒し人事」という見出しです。

「焦燥」とは、
思うように事が運ばなくていらいらすること。あせること。

「背景には前例にとらわれていては
クルマの激変期を生き抜けないという豊田章男社長の
『攻めの姿勢と焦燥』がある」

と、トヨタの幹部さんがおっしゃったようです。

焦りもあったのでしょうか?

「これまでのトヨタは1月に部長以下、
4月に役員の人事を行ってきた」


そう、アイシンさんもそのようでした。

「経営環境がどんどん変わる時代に
人事は1年に1度、4月という保守的な考えは合わない」

とトヨタのある役員さん。

さらに
今回の
「来年1月に就任した後も
実績や環境の変化で交代がいつおきてもおかしくない」

「そうした緊張感を社内外に浸透させる狙いもある」


トヨタさんはいつも緊張感を鼓舞されていますね。
報道を見る限りですが。

確かに、今回のトヨタさんの人事を目にすると、
トヨタのグループ会社、系列会社、
取引先会社、川下会社も、
危機感を覚えざるをえないでしょう。

関係会社はどんな手を打つのか?
あなたのお会社にも影響があるかもしれません。

「勝か負けるかではなく、
生きるか死ぬかの瀬戸際の戦いが始まっている」

豊田章男社長のこの言葉、
改めて経営環境の厳しさを実感します。

東レも・・・。

生きることも働くことも厳しい時代です。

どう生き残るか、
どうやって生き残るか、
誰しも考えざるをえない時代です。


posted by suzumura at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の新聞

2017年10月20日

またもや日産が


どうなってるの?日産さん

2017102曇り.JPG

今朝(10月20日)の日経と中日の一面。
(朝日、毎日、読売、産経はどうなのだろう?)

日経「日産、国内向け出荷停止
   不正検査 公表後も4工場で」

中日「日産 国内全出荷を停止
   無資格検査 4工場継続」

そうなんです。
9月29日に国土交通省の指摘により、
完成検査工程において無資格者が検査していることが判明。
西川社長(「さいかわ」さんっていうのですね)が記者会見で
発表、お詫びしました。

ネットでは、その発表の仕方が従来のお詫び会見とは
一線を画しているとの指摘も。
全面謝罪ではなく新しい謝罪のやり方との意見です。
内容は忘れてしまいましたが。
さすがゴーン会長、なんて思ってました。

・・・前回も今回も、ゴーン会長は記者会見に
出てこないけど???

ちなみに、国土交通省が9月18日に立ち入り検査をして、
発覚したようですよ。
それから10日かけて調査をし、記者会見となったのか。
ちょっと時間かかりすぎって声もあるけれど、
原因と対策を明確にするためには必要なのでしょうね。
トヨタならどうかな?

その日のプレスリリースには
「現在は、問題の工程につきましては規定通りに是正され、
通常通り生産及び登録手続きが行われております」
とあります。

つまり記者発表時には「すべて是正されていて心配ないですよ」
と宣言したわけ。
資格を持った従業員(人手不足のようです)が検査をすることを、
対象の4工場で徹底させるために、発表まで時間がかかったのですね。

ところが!!
今朝の報道です。

日産のプレスリリースには
「9月18日の国土交通省による日産車体湘南工場への
立入検査で指摘された完成検査工程の不適切な取扱いについて、
9月20日までに再発防止策を講じましたが、
その後も当社国内工場(追浜工場、栃木工場、日産自動車九州)で
完成検査員に任命されていない作業員によって
完成検査の一部が行われていたことが
10月18日までに分かりました」


すごく不思議です。
日産の不正検査については、
新聞でもTVでも、もちろんネットでも大々的に報道されている。
だから、現場の従業員さんも知っているはず。

なのに、その後も不正検査をやり続けているなんて。

不思議。
おかしい。
変だ。

結果には必ず原因があります。

日産のこの問題の原因は・・・?

指示の不徹底というのでなくて、
もっと根深い問題があるのかもしれません。

TVでは、
日産の不正検査のニュースのあとで、
日産のはれやかなCMが流れる。
なんとも不思議な光景です。

さあ、この件。
他山の石として、わが社、わが部門は大丈夫かを
再点検するときですね。

あなたのお会社、大丈夫?


posted by suzumura at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の新聞

2017年06月23日

2回生の不祥事続き、あれやこれやでどうなる?


まったくぅ・・・。

20176ユリ (2).JPG

最近、出るは、出るはの、安倍政権をめぐる不祥事。
森友問題、加計問題、ジャーナリストのセクハラ?

さらに今回も、おどろきですねェ。
頭がいいからと言って、人格者とは限らないってこと。

それにしても、2回生議員の不祥事が続きます。

新聞には、日経にも中日にも、歴代の案件が載っています。

2015年8月 金銭トラブル
2016年2月 育休宣言するも不倫
2017年3月 おんぶされて、長靴失言
     4月 不倫、結婚
     5月 がん患者をめぐる失言

そして、今回です。
続きますね。

今回の件は、TVの報道によると、秘書さんが長続きせず、
評判の議員だそうですよ。
ほお〜〜。
だとしたら、
もし、その秘書の方が新潮さんにリークしなければ、
ずーーと、表面化しなかった?
国会の発言は、しおらしい声でしたが。

そういえば、最近のAKBの結婚宣言も、
フライデーが報道しなかったら、そのまま続いている?

ということは。

表面化していないけど、政治家先生、有名人の不祥事って、
あれこれあるかも。

ああ。
日頃の行動、言動には気をつけるべきですなあ。

さて、
最近の支持率低下の中、
この不祥事。

安倍政権のこれからはいかに?
野党、がんばって!
批判ばかりしていないでね・・・。
なんて。



posted by suzumura at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の新聞

2017年05月11日

三越伊勢丹 希望退職検討


実は、景気は悪いのか?
結局、社員にシワ寄せ。


今日(2017年5月11日)の中日新聞(6面)で、
「三越伊勢丹が希望退職検討」の記事発見。
びっくりしました。

一方、日経新聞には載っていなかったようですが?
(私の見落としかも?)

三越伊勢丹といえば、今年の3月頃、突然の社長交代が
発表されました。
業績低迷、戦略の不発という報道がありましたね。
その後、会長から印籠を渡されたとか?
結局、経営戦略がうまくいかなかった。
いや、元社長の経営戦略はよくなかったという報道も。

そして今度は、「希望退職」か。
人件費削減ですね。

中日新聞には、
「記者会見した杉江俊彦社長は
『人件費が同業他社と比べて高く、大きな課題』と説明した」
とあります。

私が会社勤務時代、百貨店にお世話になる仕事もしていました。
百貨店の低迷が叫ばれていた10年以上前の当時でも、
伊勢丹も三越も、そりゃあ自負心、誇りを持っていました。
社員も社屋も。
お給料がいいとの話も耳にしました。

賃金が高いから優秀な社員が集まり、
優秀な社員によって会社のQCD(品質、コスト、流通)などが高まる。
そんな好循環によって、ブランドが築かれていると感じました。

でも、今回の業績低迷下、お給料は下げられないから、
希望退職を募るということでしょうか?

もちろん、「希望退職」「早期退職」は、
バブル崩壊後は、日常茶飯事になっていますね。
記者発表しないとか、報道されていなくても、
実施している企業は多いでしょう。

今回、決算発表の場で発表するとは、
大掛かりなものになるのかもしれません。
あるいは、収益改善の戦略として人件費削減を大々的に発表し、
市場への好印象を残すためなのでしょうか?

いずれにしても、三越伊勢丹の社員の方やそのご家族、
相当不安になられているでしょうね。
パートさんも派遣さんも、契約社員さんも。
もしかしたら、新聞報道で初めて希望退職を知った方も
おられるかもしれません。
今日の職場は大変なことになっているでしょう。
誰に声がかけられるのか?
誰から対象になるのか?

まあここは、「退職」をキャリアアップの一環と考えて、
転職や独立、起業など前向きに考える方がいいですね。
すべては自分と家族のために。

一方、一面には「トヨタ2年連続減収減益へ」
とあります。
「円高 米減速が重荷」のようです。
トヨタさんといえば、すぐに頭に浮かぶのは「コストダウン」。
「乾いた雑巾を絞る」が有名ですね。

そういえば、業績が良いと発表された頃でも、
さらなるコストダウンが指示されているといった声を耳にしました。
トヨタ本体のみならず、関係先へ、大幅なコストダウンが
要求されることでしょう。
またまたグループ会社、傘下の会社も大変です。


社員たちは必死で働いています。
人手不足もあって、過重労働になっている場合もあるでしょう。
一方、会社のかじ取りをするのは、社長以下経営陣。
経営がとても大変な時代です。
彼らも必死で経営に取り組んでおられると思いますが、
好ましくない影響を受けるのはいつも社員、とつくづく思う、
今日この頃です。

ピンチはチャンスに!!
で乗り越えましょう。



posted by suzumura at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の新聞

2016年04月08日

流通のカリスマ引退「鈴木敏文会長 退任へ」

まあ、世間ではいろんなコトが
次々起こりますね。

バドミントンの選手。
若いのに、なんで?って思うのですが。
悪いことって、感じなかったのかな?

それにしても、
一番驚いたのは、
セブン&アイホールディングスの最高経営者、
鈴木敏文会長の退任。

昨日、記者会見してましたね。
突然で、びっくりです。

セブンイレブンの品揃え、
とっても気に入っているのですが、
それもこれも、
鈴木会長のリーダーシップによるものだと、
思いますが。
佐藤可士和さんは、どう思っているのかな。

最近は、クックパッドのお家騒動もありましたね。

経営の継続って難しいですねェ。

ユニクロは、後継者を決めているのでしょうか?
トヨタは?

社員が知らないうちに、
トップ交代。
ありますよね。

そんなことを考える金曜日です。

今日もあなたにとって、
意義ある一日となりますように!
posted by suzumura at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の新聞