2019年07月29日

部下のやる気を引き出すには?


まずは、上司(あなた)の言動を変えてみよう!


2019622朝A.JPG

先日、とある研修で
「部下のやる気を引き出すにはどうしたらいいか」
という質問を受けました。

どうも、やる気のない部下が多いようです。

部下のやる気を引き出すこと、
部下のモチベーションをあげることも、
上司の役割のひとつですね。

実は、部下のやる気が上がらない理由に、
上司である自分に原因がある場合も・・・。

ご自分でも、自分のモチベーションが上がらなかったとき、
自分の上司の言葉や仕事の振り方が原因のこと、
ありましたよね。

ということで、
こんな自問(セルフコーチング?)で、
確認してみませんか?

参考「しつもん仕事術」松田光弘著 日経BP社  


■ 部下のやる気を引き出す確認質問

・どんな時に部下の笑顔が見られますか?
・どんな時に、部下はやる気をなくしていますか?
・その原因は何だと思いますか?
・部下のどんなことを認めてあげることができますか?
・部下のどんなこと、どんなところをほめたいですか?
・部下から学べることは何ですか?
・あなたは、自分の上司がどんな上司であれば、
 やる気が出ますか?
・あなたが変われるところはどこですか?


■ おわりに

いかがですか?

ちょっとグサっときませんか?

たとえば、あなたの部下は今、笑顔でいるか、不機嫌か?
笑顔であっても不機嫌でも、必ずその理由があります。

部下がやる気をなくしている、そんな場面にも遭遇するでしょう。

その原因を考えてみませんか。

それだけでも、打つ手が浮かんでくるでしょう。


部下のやる気を引き出す方法は、
多くのビジネス書で取り上げられています。

その方法を試すこともいいですが、
まずは現状確認からですね。



2014年12月11日

すばらしい顧客対応「OCNサービス」

私事ですが、
私は「OCN」のメールを使っています。
…これ、プロバイダーっていうのかしら?
よくわかんないけど(トホホ)

で、
先日、
OCNさんからこんなメールが入りました。

かいつまんで言うと、
「あなたのメール容量が926.95MBになりました。
最大容量に達すると、新しいメールの受信が
できなくなるため、不要メールの削除をお願いします」

そして、
その手順が丁寧に書かれてありました。

「おお、そりゃイカン!」と
早速、手順に沿って削除してみました。
IT音痴のわたしでも、サクサクできました。

だいぶ削除したと思うのですが、
それ以降も、
同様のメールが届き、
かつ「容量」がちょこっとずつ増えているでは
ありませんか!!

おお、ってこたあ、
あたしのやり方がまずいんじゃないか、
と思って、
早速、その旨「OCNテクニカルサービス」さんへ
メールしました。

すると、
すぐ当日に、
丁寧なアドバイスメールが届いたのです。

その通りにやってみると、
容量は少なくなりました。

そのお礼メールをすると、
すぐさま、そのお礼メールに対する
お礼メールが届いたのです。

すばらしい!
すばらしく速い対応です。

速くて、丁寧で、心がこもっていて。
ああ、第一線で活躍する企業は、
社員教育も徹底してすばらしいなぁ!
と、
感嘆したしだいです。

見習わなくては、
とも思いました。

ところで、
私が間違っていた点とは。
(ご参考までに)

ずばり
「受信箱のメールのみ削除していた」!!

実は、(知らない私がお恥ずかしい)
受信箱以外の迷惑メールフォルダ、ゴミ箱フォルダにある
メールも削除しなければならなかったのです。

自分のメール上で、
迷惑メール、ゴミ箱に移しておいても、
実は、サーバーには残っているのですね。

これは、
いったん移したとしても、
あとから確認できるというメリットでもありますなぁ。

ということで、
ことなきを得ました。

OCNさん、ありがとう!
です。

まったく、
IT音痴、困ったものです。

ところで
以前もアップしましたが、
いまだに「Windows8.1」
使いこなしていません。

というか、
手を付けていない状況です。

「Windows8.1」について、
つい、友人や若者に尋ねてしまいます。

「使いこなしている?」
なんて。

すると「若手(40代)」は、
「ちょっとてこずったけど、使っているよ」
と。

若者(30代)は、
「ファイルが見つからなくなることがあるよ。
自分も音痴な方だから…」と。

私は、
この「vista」君がまだ動いてくれているから、
乗り変えられないのですね。
(大トホホ)
こちらの方は、
年末年始休みに、
トライしなければなりません。
と、思っています。マジで。

今日は、
どーでもいいお話でした。

昨日は、あんなに晴天だったのに、
今日は「曇り」「雨」のようです。

今日も、
あなたにとって、
穏やかな一日となりますように!

2014年10月01日

「次は自分?」PRESIDENT―online

10月スタート。
人事異動、組織変更の区切りの月ですね。

最近NETで、ちょいと興味深い記事を発見。
出所は、
プレジデント社「PRESIDENT−Online」です。
http://president.jp/articles/-/13511

「次は自分?黒字なのに2割クビ
納得できるか?」

衝撃的な見出し…
…かいつまんで述べますネ。

業績好調でもリストラする大企業が増えているとのこと。

例えば、
東芝、日立化成、エーザイ、パイオニアなどなど。

赤字のソニーは別にしても、
他社は、黒字決算。

「その背景には、
会社が儲かっている今こそ将来を見据えて
不採算事業などの贅肉をそぎ落とそう
というもの」


「好業績企業であってもリストラに躊躇しなくなっている」
としています。

厳しいですね。

「こうした構造改革型のリストラが増えれば、
景気の動向に関係なく、リストラが恒常化する」

こりゃ大変だぁ。社員としては。

とはいうものの
企業にとって、
日本型のリストラには負の面も。

「希望退職募集では、優秀な人材の流出も
発生しやすい」し
「大量のリストラにより、残った社員の仕事の負担が増し、
次は自分の番かもしれないという疑心暗鬼が生まれるなど、
社員のモチベーションも下がりやすい」

そうです。
残った社員も大変。
2人分、3人分の仕事を
こなさなきゃならないんです。
ホント、リストラが続くと
社員のやる気はダダ下がりです。

そこで
「企業にとっては、その都度希望退職募集を行うよりは、
リストラを状態化して毎年一定数の社員に辞めてもらう方が
はるかに効率的である。
その手法をこの文の著者(だれ?)は、
『常態のリストラ』と呼んでいて、
欧米企業が導入し、
一部日本企業でも導入が進んでいる」
というではありませんか!!

どういうことかというと
「一般的にはPIP
(パフォーマンス・インプルーブメント・プラン=業績改善計画)
という手法で、定期的なリストラを実施」

その中身は
「基本的には、
人事評価が低い社員に改善目標を設定し、
達成できなければ退職してもらうという仕組み」
だそうな。

「タテ軸に業績評価、ヨコ軸に行動評価結果を示す
マトリックスを作成する。
業績、行動評価とも高い社員はAランク、
業績が高いが行動評価が平均より低い社員はBランク、
業績は平均より低いが、行動評価が高い人がCランク、
業績・行動評価とも低い人がDランクに分布される。

このPIPの対象となるのがDランクの社員だ」

なるほど。
企業にとっては、業績も行動も平均以下となれば、
いてほしくない社員、ということになるのでしょうねぇ。
たまったもんではありませんが。

そして、
そんな厳しい中で
社員に納得感を抱いてもらうための手法も
掲載されています。

「四半期ごとに業績評価をチェックし、
その都度、本人に改善努力を促す。
会社のバリューに基づく行動評価は、
年2回の360度サーベイによって、
部下、同僚、上司が本人の行動を評価する。
その結果を本人に通知し、危機感を持たせる」

なるほどね。
上司だけでなく、部下や同僚も自分のことを
評価する、お互いに評価し合う
ということになると、
納得するしかないか…。

いくら大企業、超有名企業、優良企業に勤めている
からといって、
安心、安定があるわけでない、
というのが、現実なのですなぁ。

この記事にもありましたが、
社員の企業への貢献度合いを示す2:6:2の法則。
優秀な社員が2割、普通の社員が6割、貢献度の低い社員が2割、
というもので、
昔から言われています。
どのような組織であっても、
必ず2割の貢献度の低い社員が
出現するとも言われています。
ああ、あの「働かないアリ」でも言われていたかも知れません。

企業間競争の激しい昨今、
経営トップなら、
この貢献度の低い2割の人には、
辞めてもらいたいし、
貢献度の高い2割の人には、辞めてもらいたくない
と思うのが、心情でしょうね。

ところで、
あなたは、今、
この業績評価と行動評価のマトリックスの
どの象限にいますか?

業績結果も行動結果も、
第三者から見て高い、と評価されているでしょうか?
あなた自身の自己評価ではなくて。

業績、行動とも周囲から高い評価が得られる、
そんな働きぶりが求められますネ。

そして、
このような厳しい世の中だからこそ、
今の職場で精一杯、力を磨いて、
どこへ行っても評価されるような
いわゆるキャリア(能力)、武器を
身につける時代ということを
痛感します。

今日も
あなたにとって、
あなたの武器が磨かれる一日となりますように!

2014年09月26日

「君はどう生きるのか」古森会長「叱る」

最近も、
うまく「叱る」ことができない、
といった声をよく耳にします。

「怒鳴ることはするが、叱ることはちょっと」
とか、
「どうしても、叱ることができなくて、
見過ごしてしまう」
などです。

このブログでもUPしていますが、
上手く叱れない背景には、
「叱ると相手を傷つけてしまう」
とか
「部下との関係を悪くしてしまう」
「雰囲気を悪くしてしまう」
というような、気持ちがあるようです。

最近、
富士フイルムの会長、
古森重隆さんの
「君はどう生きるのか(2014)」三笠書房
を手にしました。

面白いですよ。

富士フイルムといえば、
「フイルム」事業から見事に事業転換して、
成功している企業ですね。
あの化粧品「アスタリスク」も、
好評のようです。

海外のビジネス書にも、
事業転換の成功企業として、
取り上げられていました。

すごいですね。

そんな古森会長が、
「部下を叱ることの大切さ」
を、述べておられます。
書籍からピックアップします。

「『優しい』という言葉と混同されがちな概念に
『甘い』という言葉がある。
これは全く違うものだ。
部下を厳しく叱ることのできない上司の元では、
部下の心の中にも甘えが生まれ、
物事に徹底して取り組むことを怠るようになり、
成長がストップする」

「優しさとは、その人のことを思う気持ちである。
『育ってほしい』
『いい仕事ができるようになってほしい』
『やがて会社を支えるような人材になってほしい』
と願うのが上司の本当の優しさである。

『育ってほしい』という気持ちがあれば、
上司は部下に対して、
褒めるべきときには褒め、
励ますときには励ましの言葉が自然と出てくるはずだ。

そして、叱るべきときにはしっかり叱る。
それが優しさである」

「部下が失敗すれば激しく叱る。
これは当たり前のことだ。
部下をやっつけるために叱るわけではない。
その壁を乗り越えなければ、成長しないからだ」

「部下を叱るときは、部下に伸びてほしいと思う時だ。
部下を指導する際には、
『君はこう言うところが足りない』
『こういうことをやらないと今後伸びない』
と正しく導いてやる必要がある」

なるほど。
たぶん、古森会長は、
それは厳しく部下に対応してきたのでしょうね。
でも、
その背景には
「部下に成長してほしい!」という
「愛」があるのだと思います。

間違ったときには、厳しく叱ってほしい。
自分の成長のために、叱ってほしい。

そう思うのが、部下の気持ちでしょう。

そして、
「あのとき、上司から叱られたから
今の自分がある」
なんて、振り返ることでしょう。

私も若いころ、
上司に厳しく叱られたことがあります。
いい加減な気持ちで、
仕事を流していて、失敗したときです。
叱られたときは、へこみましたが、
教訓にもなりました。

一方、
叱られて当然というときに、
叱られなかったこともあります。

そのときは、
「私を成長させようとは思っていないな」
と感じたものでした。

叱ることのできないというあなた。
ぜひ、
部下の成長のために、
部下の誤った行動を訂正するために、
心から愛情を持って、
叱ってください。

おっと、
この古森会長の本。
他にも、役立つこと多いですヨ。
分かりやすいので、スラスラ読めますし、
ぜひ、ご一読を。

金曜日ですね。
今日も、
あなたにとって、
充実した一日となりますように!

2014年09月16日

御殿場プレミアムアウトレット

昨日から、山梨です。

昨日は、
少し早く出発して、
はじめて
「御殿場」の
「プレミアムアウトレット」を訪れました。

2014915.JPG

すごく広くて、
お値打ちで、
いい買い物もできました。

今日は、これだけ。

三連休後で
お疲れでしょうか?

今日も、
あなたにとって、
ステキな出来事が起こる一日と
なりますように!

2014年08月21日

この人のチームはすばらしいに違いないと思わせるリーダー

(いつもですが)暑いです!
夜も、夜明けも。

そんな今朝。
すばらしい朝焼け(胸焼けでなく)
に出会いました。

2014821@.JPG

時は5時15分。
5時ころからグングン焼けていって、
この時がピーク。
今(7時40分)は、ドよーーんと
雲が広がっています。

ところで、
仕事上、
いろんなお会社を
訪問することが多い私です。

講師業といい、ビジネスコーチ業といい、
多くの人と出会う回数も多く、
その結果、
その人、その場の印象でピン!とくるものを
感じる力が、結構ついていると
思っています。(勝手に)

営業、販売のあなたなら、
同感でしょうね。

先日も、
「ああ、この人のチームはきっと
 働きやすい職場だろうな。
 いい職場に違いないワ!」

つくづく感じる人と出会いました。

その人は、
第一に、笑顔がステキ!
心からの笑顔があります。

第二に、落ち着いている。
堂々としているともいえます。
物おじしません。

第三に、物腰がおだやか。
とはいっても、
決して居丈高(いたけだか=怖い顔つきで
脅かすような態度をとるようす)
ではなく、
優しい物腰です。

第四に、本物の自信がうかがえる。
空ではなく、
芯からの自信とでもいいましょうか。
安心して頼れるという印象です。

そして
第五に、「愛情」が感じられるのです。

ちょっと言い過ぎでしょうか?

説明しますね。
この年になると、
いろいろなモノや、コトに、
それを制作した人や、
その人自身に、
「愛情」をヒシヒシと感じることが
あるのです。

例えば、
TVで「カラス」の特集をしていました。
その映像は、
悪さをしているかもしれないけど
明らかに「カラス」に愛情をもって、
撮影していることがうかがえました。

書籍でもそうです。
ビジネス書でも、エッセイでも、
ああなんて、愛情あふれる人なんだろう!
と読み終えて、感じることがあります。

もちろん、いずれも私見。ですがね。
あなたも「愛情」を感じること、ありますよね。

ということで、
そんなすばらしい印象を受ける人と
出会えて、幸せでした。

この人のチームはすばらしいだろう!
と思える第一は、
やはり笑顔ではないかと
思います。

その人の部下の人たちも、
みんなステキな笑顔でしたから。

つまり、
リーダーが優しい心からの笑顔のあるチームは、
きっと、
働きやすい職場であろう。

しかし、
リーダーが偉そうで、無愛想で、上から目線で、
てなチームはギスギスしていて、
もちろんメンバーも働きにくさを
感じている職場であろう。

と、
推測できるわけです。

「ああ、この人の部下には
 絶対なりたくないなぁ」と。

ところが、
組織において、
そう思っていると、
あら不思議。

その人が上司に異動してくるのですねェ。

私、経験ありますから。
大人の態度をとりましたが。しかたなく。

もとにもどります。

「そのチームは、
 リーダーが扱ったようなチームになる」
という言葉があります。

リーダーがメンバーを大切に思い、尊重し、
期待すれば、そのようなチームになります。
その逆もあり、ですね。

ということで、
リーダーのあなたはいかがでしょう?
傍から、どう見えているでしょう?

今日も、
あなたにとって、
笑顔の一日になりますように!

2014年08月10日

この一週間をふりかえってうまくいったことは?

台風11号。

長い時間、
雨や風が続いています。

三重県では「特別警報」と、
「避難指示」が出ていますね。
どうぞ、
お気をつけくださいますように。

今8時19分ですが、
これからが本番のようです。

さて、
そんな日曜日、
恒例「この一週間をふりかえって」
です。

1.うまくいったことは
  何ですか?

2.うまくいった理由は、
  何だと思いますか?

3.うまくいかなかったことは
  何でしょう?

4.うまくいかなかった原因は、
  何でしょう?

今日はここまで。

夏休み、真っ只中。
この一週間も
元気で楽しい日々で
ありますように!

2014年08月07日

8月の富士山

昨夜?は、
大雨で目が覚めました。
雨が私の中に入ってくるような感覚。
夢うつつで感じていました。

不安定な大気の日が
続いていますね。

そんな昨日。
早朝ウォーキングをしていて、
ふと思うことあり、
途中で戻って…。

(今日は、私事日記です)

というか、直感。
なにか、魅かれるように…。

山梨県の富士吉田市にGO!!

出発時間は、
早起きの私ならではの
5時45分。

6時前に出発したいと思った、
執念のなせる技です。
(まったく、年をとったものです)

さて、
そして、なんだかんだあって、
渋滞も少なく、
9時30頃に無事到着。

これは、
とある場所からの富士山。
201486@.JPG

まだ、雪が残っていました。

途中の東名からも
きれいに見えていました。
ありがとう。

富士山は、まっとこいいですね。

実は私事ですが、
ここ数年、
9月に研修のために富士吉田市を訪れています。
普段は、担当者の車に相乗りして。

ところが、
今年は、とあることから、
私が車を運転していく事態になったのです。

なので、
下見する必要があると思っていました。
(何事にも、慎重なあたし)

で、
昨日の朝、GO!を決行したのです。

ちなみに、
いつも車の後部座席に
座っていたので、
イマイチ、景色の流れがはっきりしません。

なので、
方向を
2回ほど間違えました。
(トホホ…)

とはいうものの、
無事にその研修会場に到着。
およそ4時間かかりましたが。

そして、いつもの
北口本宮冨士浅間神社さんと、
はじめて
富士山日東口本宮冨士浅間神社さんを
お参りすることできました。
感謝。

北口本宮冨士浅間神社も
すごくステキですが、
この東口本宮の浅間神社さんも
イイ感じです。

その東口本宮さんでは、
パワーをいただく人もいました。

いずれも、
富士登山をするだろうと思われる
多くの人がいました。
人気ですね。

その後、
富士川SAで「富士宮やきそば」
浜名湖SAで「浜松ギョーザ」を購入。

午後4時前の到着と、
ちょーハードではありましたが、
楽しい夏休みとなりました。

もうすぐ、
大型夏休みですね。

今日を入れて2日間後?

今日も、
あなたにとって
健康的な一日となりますように!

2014年08月01日

理想の8月の過ごし方とは?

暑い。
朝から暑い。

これは、
そんな今朝、5時過ぎ。

鳥さんたちが、西に向かっていました。
2014.8.1.JPG

どこへ、行くのでしょうね?

さて、
いよいよ8月です。

ということで、
こんな質問はいかがでしょう。

「あなたにとっての、
 理想の8月の過ごし方とは?」

夏ですものね。
夏休みもあります。

夏を楽しみませんか?
そして、
仕事も。

金曜日です。

ビアガーデンも
賑わいそう。

今日も、
あなたにとって
充実した一日となりますように!

2014年07月18日

ルートイン知立

仕事で知立方面に来ています。

お宿は、
「ホテルルートイン知立」

実は、先週も安城方面の利便性の良い、
ホテルに泊まりました。

利便性はいいものの・・・。
居住性にやや・・。
つまり、古い、狭い。

なので、
今回は一号線沿いの
「ホテルルートイン知立」
に挑戦してみました。

ネット予約しました。
すると、
これが、新しくて、広いんですよ。
先週のホテルと比べると、
ですが。

広くて新しいホテルは、
いいですね。

というか、
古い、狭いホテルは、
利便性が良くても、
リーズナブルでも
私的には、
遠慮したいな
って、思った次第です。

今日も
研修です。

金曜日ですね。

そして、
明日からも三連休の方も、
多いでしょう。

今日もあなたにとって、
充実した一日と
なりますように!

2014年06月19日

プラス・ストロークの人になろう!

「笑顔」っていいな!って
思います。

あなたは、そう思いませんか?

笑顔に出会うと、
自分も笑顔になります。

相手に笑顔で接すると、
あら不思議。
相手も笑顔で応えてくれます。

そこで、
例の「プラス・ストローク」
を思い出すのですね。

ストロークの法則(ストロークのブーメラン効果)
です。

ここでも何度もUPしています。
おさらいです。

ストロークとは、
「私はあなたがそこにいるのを
 気がついていますよ」
という
相手の存在や価値を認める
働きかけのことです。

心理学のTA(交流分析)では、
コミュニケーションとストロークの関係を
次のように説明しています。

「人間はなぜ人を求め、
 コミュニケーションをしたがるのか?
 それはストロークを交換したいからである」

なるほど。

確かに、
相手からの嬉しい働きかけ、声かけは
ほしいものです。

さて、
「ストローク」には
「プラス」「マイナス」があります。

「プラス(肯定的)・ストローク」とは、
それをもらうと嬉しく、楽しくもなる
働きかけを言います。

具体的には、
笑顔・明るいあいさつ・ほめる・励ます・感謝する
などです。

加えて「叱る」も含まれますね。
愛を持って叱るのですから。

特に、上司から「プラス・ストローク」を
タイミングよくもらえれば、
精神的な満足を得られ、
モチベーションも上がるというものです。

「私は大事にされている」
「私は価値ある人間と認められている」
そんなふうに思える、
自分の成長にも役立つストローク
といえますね。

一方、
「マイナス(否定的)・ストローク」とは
それをもらうとイヤな感じになるものです。
嬉しくない働きかけ、声かけです。

「私は嫌われている」
「私の価値は認められていない」
「私を否定している」
などと気分が落ち込み、
自信喪失をもたらすストロークです。
暴言や体罰なども
このストロークの一種といえるでしょう。
メンタル系疾病の原因のひとつに
これがあるかもしれません。

具体的には
視線をそらす・悪口を言う・否定する・責める・にらむ・怒る
などです。
「無視する」も、入るでしょう。
もちろん、パワハラ・セクハラも入りますね。
嫌な気分になるのですから。

あなたは、こうしたマイナス・ストロークを
常日頃、発信していないでしょうねぇ。

ストロークには
「ストロークの法則」
があるのです。
「ストロークのブーメラン効果」とも
言うようですよ。

つまり
「ストロークは自分が発信すればするほど、
 周りからも同じストローク
が返ってくる」

というものです。

例えば、
あなたがプラス・ストロークを周りに発信し続けると、
周りからもプラス・ストロークが
返ってくる。

プラス・ストロークの代表「笑顔」で
周りの人に接することを続けると、
自然と周りからも「笑顔」などの
プラス・ストロークが返ってくるというものです。

あなたも経験したことありませんか?

「自分が笑顔で接すると
 相手も笑顔になってくれる」

有名な言葉ですね。

では
「マイナスのストローク」を発信すると
どうなるか?

いつも不機嫌で、イライラしていて、
当たり散らしたり、無視したりしていると
いつのまにか
周囲からもそうした態度をとられてしまう。
イメージできますよね!

また、
相手を非難する言葉や態度を
続けていると、
相手からも
あるいは周りからも
同じような対応をされるでしょう。

マイナス・ストロークは
マイナス・ストロークを呼ぶ。

そんなときは
なんとか自分からプラス・ストロークを
発信するという心掛けをしてもいいでしょう。

難しいとは思いますが、
この「ストローク」を意識するだけで
冷静になれるというものです。

さあ、
あなたも今日から
「プラス・ストロークの人」
になりませんか?

周りの人のために、
あなた自身のために。

今日も、
あなたにとって
「プラス・ストローク」あふれる一日と
なりますように。

ここまで。