2019年10月31日

ネガティブ感情も大切


ポジティブ感情だけでなく、ネガティブ感情も必要だった

20191017ナンジャモンジャ実A.JPG

世の中、嫌なことばかり。
だから、ついついネガティブな気分になりがち。

それを払拭するために「ポジティブ心理学」を学ぶ人も多い
という今ですね。

ちなみに私も「ポジティブ心理学」を学んでいます。

その中に、こんな画期的な理論がありました。

いわく「ネガティブ感情も人間にとっては大切」という説です。


■ 人生で大切な4つのネガティブ感情

実は「ネガティブ感情」には、
人間にとって大切な4つの機能があるのです。

・後悔(Regret) 
<反省や成長のきっかけになる機能>
例:大事な仕事に遅れて恥ずかしい思いをしたが、
その後、大事な仕事の前日は早く寝るようになり、
そのうち朝型生活が身についた。

例:ついかっとなって、相手を怒鳴ってしまった。
その後反省し、感情的にならずに冷静な対応を心掛け、
怒りの感情をコントロールするスキルを勉強した。

つまり、「後悔」というネガティブな感情を実感することで、
自分をふりかえるきっかけになり、そこから気づきが生まれ
やがて学び、成長、向上につながるのです。
「後悔のない人生に、自己成長はない」という訳です。


・不安(anxiety)
<自制や警戒によって身を守る機能>
例:大事な交渉を前に不安が募ったので、先輩に相談して入念な準備を行い、
無事に乗り切ることができた。

例:母親が体調を崩し入院した。
これからの介護などを考えると不安になった。
が、もしかの場合を想定して、病院や介護施設のHPをチェックしたり、
資料を取り寄せるなどして、心とお金の準備ができた。

つまりどんな人生にも、日々の生活においても「不安」はつきもの。
「不安」を感じることによって、
警戒心を持つことができたり、自分を自制したりすることもできる、
という訳です。

ちなみにビジネスシーンでは、
この不安を「防衛的悲観主義」と呼び、
仕事のできる人ほど不安を感じるとされています。

不安を感じることで入念な準備に力を注ぎ、
その結果、成功を手に入れることができるという訳です。
確かに・・・

ああ、「不安」も役に立つネガティブ感情ですね。


・悲嘆(ひたん)グリーフ(grief)
悲嘆とは死別などによる深い悲しみ。悲嘆。苦悩。嘆きのこと。
<自分の人生をふりかえり、人生の深みを知る機能>

例:幼い頃に祖母が亡くなったことで、
死別することへの悲しみと共に、命の大切さを知った。

例:親の死に深い悲しみが続いたが、親への感謝の気持ちがこみあげてきた。
残された者が精いっぱい生きることを自覚した。

たしかに、家族や身近な大切な人、ペットなどと死別することは
深い悲しみに包まれるものです。
でもそのことに向き合うことで、
生きていることの有り難さや、
今を生きることの大切さに気づくことができます。

自分自身のこれからの人生への向き合い方を考えるようになり、
精一杯生きよう!など、前向きな気持ちになっていきます。
他者への尊敬や愛情にもつながりますね。

・憂鬱(depression)
<自分が無理していることに気づく機能>

例:ママ友とのランチがいつも憂鬱だったので、
一度欠席したところ、自分が無理をしていたことに気づき、
気持ちが楽になった。

例:仕事を任され、頑張ったものの、
どうしてもうまくやることができずに憂鬱になった。
任された仕事に対して自分が無理をしていることに気づいたので、
上司に正直に話したところ楽になり、
更に担当を替えてくれたのでよかった。

確かに、自分が無理をしていることに気づくことは、
今の時代、本当に大切なことです。

仕事に対し、「大変な仕事だけど、おもしろくてやりがいがある」
と思えるうちはいいのですが、
どうにもこうにも憂鬱な気持ちになることもあります。

「憂鬱だな」と感じたら、
それは無理をしていることにほかならず、
何らかの手を打つサインだと心得ることが大事ですね。

今、憂鬱ではありませんか?
・・・ちなみに、会社勤務時代、「憂鬱な時」が
多々ありました・・・トホホ


■ おわりに

こうしてみてみると、
イヤだなあと感じていた「ネガティブ感情」も
自分にとって必要な気持ちであることに気づかされますね。

大切なことは、
今の自分が感じている「ネガティブ感情」を
素直にキャッチすることです。

自分を見つめる、
自分に向き合うことが、
大切な時代です。

おっと、今の私の「ネガティブ感情」は
「後悔」と「不安」かも・・・

で、どうする?




posted by suzumura at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーション

2017年07月14日

自分のモチベーションを上げるには


今、あなたのモチベーションは、上がってる?下がってる?

2017624@.JPG

モチベーション、つまりやる気があるかないか。
やる気になっているのか、やる気にならないか、
モチベーションの高低は、
仕事においても日常生活においても様々な影響がありますよね。
やる気が高い方が、いいに決まっています。

が、いつもいつもやる気になっている人は、少ないでしょう。
だって、人間だもの。

自分のため、周囲の人のためにも、
自分のモチベーションが高い方が楽しく人生を過ごせます。
仕事にも張り切って取り組め、充実した日々を送れるでしょう。

では、どうしたら自分のモチベーションを上げられるか?
考えてみましょう。


■ 内的要因と外的要因


自分のモチベーションを上げるには、
内的要因と外的要因があります。

内的要因とは、自分で自分の考え方やとらえ方、取り組み方を
前向きに変えること。

外部要因とは、外部からの良い刺激を受けること。


■ 内的要因でモチベーションを上げる

自分のモチベーションを上げる5つのポイントを紹介します。

1.心からワクワクする目標を設定する
目標は小さくてOK。
最近のベストセラー「小さな習慣(スティーヴン・ガイズ著)ダイヤモンド社」
にも、「目標はばかばかしいぐらい小さくしろ!」とあります。
壮大な目標もいいのですが(藤井聡太さんのように天才なら)、
変化のスピードが激しい昨今、
一般人にとっては小さな目標設定の方が、現実的だと思います。

2.仕事の細かなやりたいことを拡げる
これも現実的ですね。
細かなことでいいので、少しずつやりたいことを拡げていく。
それらが積み重なって、やがて大きな知識やスキル、能力につながります。
日々の改善や挑戦が宝ですね。

3.現状を楽しむ方法を見つける
良いことより、良くないことの方が多いのが日常です。
そんな現状を自分なりに楽しむ方が、得策です。
あなたは、現状を楽しんでいますか?

4.なりたい自分をイメージする
これも小さなこと、手近なことでいいので、
なりたい自分をイメージしてみてください。
たとえば、朝礼で気の利いたことを発表できる自分、
顧客に心から信頼されている自分、
嫌な上司に堂々と反論できる自分・・・などなど。
いいでしょ!

5.楽しい気分になる言葉を書き出す
あなたにとって、自分が楽しい気分になる言葉はなんですか?
たとえば、
家族?休日?旅行?昼寝?つり?
あるいは、チョコレート?イチゴ?ケーキ?石窯焼きピザ?
ペットのネコ?犬?
好きなアイドルも。
なんでもいいのです。
その言葉を思い出すと、フッと笑顔になるような言葉を
複数見つけておくといいですね。


■ 外的要因でモチベーションを上げる

外的要因とは、自分以外もの。
自分でコントロールできることとできないことがあります。
では、自分でコントロールできることから紹介しましょう。

1.環境をよくする
自分の仕事をはじめ、机まわり、ロッカー、自宅など、
自分が接する物的環境を自分にとって心地よいものにします。

整理整頓されたシンプルな環境が好きな人も、
雑然とモノがあふれた状態が好きな人もいるでしょう。
一般的には、きちんと整理整頓された環境の方が快適で良いエネルギーも生まれる
とされていますが、
要は自分が心地よいと思える環境かどうかです。
自分が快適に感じられる環境にしましょう。

人間関係においても、良い環境は大事ですね。
たとえ、気の合わない人、気にくわない人であっても、
平穏に対峙するように心がけるといいでしょう。
余分なストレスはためたくないですから。

2.協力しあう
仲間としてチームメンバーと協力し合うことは一体感を
醸成させます。
いっしょにやり遂げる、いっしょに困難を乗り越えることは、
モチベーションアップに欠かせません。

とはいえ、協力し合うことは他力(他人の思いが関わる)です。
なので、まずは自分から他者に協力する、助けるという行動を
起こしませんか?
協力し合うチームは強固です。

3.信頼しあう
信頼関係のないチームでは、気が休まることはないでしょう。
これも他力的なのでまずは自分から信頼し、信頼しあえるチームづくりを
めざすことが大事です。

とはいえ、現実的には信頼できないメンバーがいるかもしれません。
チーム内、あるいは関係部署で、信頼できるメンバーを持つことから
始めましょう。

4.認められる
他者から認められることも、モチベーションアップにつながります。
とはいえ、「私を認めてください」と訴えたところで、
相手や周囲が認めてくれるとは限りません。

だから、まずは自分が周囲の人を認めることから始めます。
また、周囲に認められるには、それなりの行動や発言が不可欠です。
約束やルールを守る、誠実である、責任感がある、努力している
などなど、日頃の真摯な行動、言動も必要ですね。

5.ほめられる
他者からほめられることは、モチベーションアップに直結します。
まあ、年配者の中には、そうでもない人もまだ多いようですが。

これも「私をほめてください」と伝えても、
心からほめてくれる人は少ないかもしれません。
「わかった」と言って「すごいねえ・さすが」などと連発されても、
良い気持ちはしませんね。

最近は、「ほめて育てる」が浸透したせいか、ほめることが注目されています。
ところが、うまくほめることができない上司は、
とにかく「すごいねえ」「すばらしい」「いいね」「さすが」などの
言葉をむやみに使って、逆に部下からシラッとされていることを目にします。

これもやはり、まずは自分から周囲のひとを心からほめることが
スタートです。
あなたが周囲を認め、ほめることを続けると、
自然と周りもそんな雰囲気になるでしょう。
気持は伝染するものですから。


■ おわりに

自分のモチベーションは高い方がいい。
とはいえ、そうでもないときもあります。

要は「今、自分のモチベーションは低いな。このままではまずい」
と感じたとき、どうやって自分のモチベーションを上げるか
その技を身につけているかです。

モチベーションが低い自分を、楽しみながら受け入れる手も
ありますから。



posted by suzumura at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーション

2016年07月27日

モチベーショングラフ

それにしても、凄惨な事件ですね。
護送時、笑っている、なんて・・・??
最近の映像は、高校時代の写真と
ずいぶん表情が違うという感じを受けるのですが。
何があったのでしょう?

昨日は悲しみの雨。
今日は涼しい朝です。
これは、先日のとあるお宅の芙蓉。
2016724芙蓉.JPG
夏の花、芙蓉やムクゲさんがあちこちで満開。
和ませてくれます。

さて、
今日は「モチベーショングラフ」
書いてみませんか?

このブログでも、何度もUPしていますが、
再度、描いてみると、
新しい発見があるかも!

作り方は、チョー簡単。

縦軸と横軸を書きます。
縦軸はモチベーションの高低を表します。
一番上が「モチベーションが高い」、
下は「モチベーションが低い」となります。

真ん中に横線を引いておくと、より書きやすくなりますヨ。

そして、
横軸は、今までの年代です。
一番右端は、「今」「現在」。
一番左は、「生まれてから」でも「20歳」でも、
「働き始めたとき」でもいいですよ。

そして、20代、30代などと、10年刻み、
あるいは5年刻みで、印をつけておきます。

次に、
各年代ごとの、モチベーションの高かったとき、
低かったときを思い出して、
曲線を書いていきます。
更に、
高かったときの出来事や思い、
低かったときの出来事や思い
などを吹き出しの感じで、書いていきます。
高くなる前の思い、高くなってからの思い、
低くなるときの思い、
でもいいでしょう。

すると!!
「ああ、あのときはつらかったけど、
がんばっていた」
「あのときは最高の瞬間だった」
「気持ちを切り替えたのがよかった」
など、いままでの自分を振り返ることができます。

どんな人にも、人生、山あり谷あり。

行き詰っているとき、
つらいとき、
迷っているとき、
将来を考えたいとき、
自分の今までの様々な経験、思いが役立ちます。

ぜひ、今日は「モチベーショングラク」
描いてみませんか。

ちなみに、
同様に「ライフチャート」などともいわれ、
キャリアデザインに使用することもあります。

また縦軸は、この「モチベーションの高低」以外にも、
「充実度の高低」「満足度の高低」
などの切り口があります。
お好きな切り口で、どうぞ。

私も、何度も描いていますが、
同じ出来事でも、
その時の自分の状況によって、
捉え方が変わってくるのです。
いいでしょ!

できれば、
同僚などと、共有しあうことを
お薦めします。
言葉に出すと、より深い気づきがもたらされます。

今日も、
あなたにとって、
素晴らしい一日となりますように!
posted by suzumura at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーション

2016年07月19日

モチベーションが上がる瞬間とは?

暑いです。
東海地方も梅雨明けのようですね。
今朝も、ピッカーンですが、
空気が乾燥しているのか、心地よい夜明けでした。
が、日焼けが心配。

これは、昨日の相生山緑地のとある畑のお花。
2016718花.JPG
すごく、かわいいでしょ!!

さて。
働く人にとって、
いや働く人だけでなくほとんどの人にとって、
「コミュニケーション力アップ」と「モチベーションアップ」は、
生きていくうえで大切な要素になっていますね。

今日は、そのひとつ「モチベーション」についてです。

今、あなたのモチベーション、高いですか?
モチベーションが高く維持できていて、
仕事していますか?
会社に行っていますか?

あるいは。
モチベーション高く、生きていますか?

もし「最近ちょっと、モチベーションが上がらなくて」
という人なら、
こんなワークはいかがでしょう。

まず、
「自分のモチベーションが上がる瞬間」
あれこれ考えてみるのです。

例えば、研修などでの意見は次のようなものでした。
(ビジネスシーンの場合です)
1.上司や周りの人からよい評価(認められる・ほめられる)
  を受けたとき。
2.上司や先輩から叱られたとき。
3.上司や周りの人から感謝されたとき。
4.上司や周りの人から励まされたとき。
5.給料があがったとき。
6.昇進できたとき。
7.仲間と楽しい時間を過ごすとき。
8.イヤなことのあとで、楽しいコトが待っているとき。
9.自分が達成感を感じられたとき。
10.自分が成長しているなと思えるとき。
11.明確な目標が見つかったとき。
12.問題解決の方法が見つかったとき。
13.希望が感じられるとき。
14.良い予感がするとき。
15.困難な出来事が起こったとき。

これでわかるように、
モチベーションが上がる要因は、
他者からの反応の場合(他者要因・外部要因)と、
自分自身の内面の思いの場合(自分要因)がありますね。

嬉しい他者要因、外部要因があると、
モチベーションは非常に高くなります。
しかしながら、それを期待して行動したとしても、
希望通りの反応があるとは限らないものです。
なんせ、他者、外部しだいなものですから。

そこで、
やはり「自分要因」を軸に考えてみることが得策ですね。

つまり、自分の「モチベーションアップ要因」を意識して、
仕事をしたり、生活をしたりするのです。

ということで、
今日は時間をつくって、
まずは、自分自身のモチベーションが上がる瞬間
あれこれ考えてみませんか?
ほんの2〜3分。5分程度でいいでしょう。

それだけで、「新たな発見」「気づき」があるものです。

そして、できるだけ「自分要因」を満たすための行動をとるのです。
あるいは、いやなことでも
「自分要因」を満たすようにとらえてみるのもいいでしょう。

たとえば、「いやな仕事をふられた」なら
「自分の『キャリアアップ』につながると考える」とか
「どうせやらなきゃならない仕事なら喜んで引き受けることで、
自分の『人としての成長=人格向上』につながる」
などと考えてみるのです。

更に、
最近、元気のない、モチベーションが低い部下や後輩、同僚がいたら、
尋ねてみませんか?
自分のことを心配している上司や先輩がいることだけても、
ちょっぴり幸せな気分=モチベーションが上がるもの。
そして、
自分で考えるだけで、何かしらの気づきにつながります。

人間、気持ちの浮き沈みはつきものですね。

でも、できるものなら、
モチベーションが高い状態で
会社に行ったり、仕事をしたり、生活したいものです。

今日もあなたにとって、
モチベーションが上がる一日となりますように!
posted by suzumura at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーション

2016年07月07日

伸びしろがあるってこと

昨夜?早朝?
突然の雨に飛び起きて、
あわてて窓を閉めました。
で、今朝は、
晴れて、風もあって、温度もやや低くて、
気持の良い夜明けでした。

これは、とあるケーキ屋さんのお庭。
ラズベリー?
201675ラズベリー.JPG
すごく可愛く、実っていました。

ところで、
あなたには、
やめたくてもどうしても、やめられないコト、
ありますか?
いわゆる「悪いクセ」とでも
いいましょうか。

あるんですよ、私には。
イロイロ・・・。

特に、ある行為は、
もう10年以上もやめられないでいて、
現在に至っています。
で、やめようとすると、
これが、ストレスになっちゃうんですねェ。

まったく、
セルフコントロールができない私です。
トホホ・・。

と、ちょっと凹んでいたら、
昨夜、ふと、目覚めました!

なあ〜〜んだ。
これって「伸びしろがある」ってことなんだ。
と。

伸びしろとは
一般的には
「能力を出し切ってはいず、まだ成長する余地があること」
とされています。

これを私流に勝手に解釈するのですね。

「やめられないことがある。
できないことがある。
ということは、
まだまだ成長できるということ。
いつか。
自然にそれを止められるときが来るはず。
それまで、
それをやることを楽しもう!」
と。

ま、もちろん、人様に迷惑をかけたり、
強烈なダメージにつながるというコトでは
ありませんが。

あなたも、
もしかして
どうしてもやめられないコトがあるとしたら、
できないコトがあるとしたら、
ぜひ、それを、前向きに解釈し、
「伸びしろがある」と
置き換えてみませんか?

イヤなストレスになることなく、
穏やかに楽しめる、
ハズです。


今日は、七夕ですね。

今日も、
あなたにとって、
意義のある一日となりますように!
posted by suzumura at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーション