2017年09月06日

世代交代?65歳まで働く?


いつまで、どのように働き続けるか?

20179八重芙蓉.JPG


サッカーWカップ、オートラリア戦で快勝した日本。
活躍したのは20代前半の浅野選手、井手口選手。
かっこよかったですね。

昨日のサウジアラビア戦では、惜しくも・・・。

やはり「世代交代」なのかしら。

「世代交代」という言葉は、
スポーツ界などでは常に報道されていますよね。
アスリートにはどうしても体力的な壁があるようです。
レジェンドと呼ばれ、がんばっている選手もいますが。

世代交代と言われた方のアスリートは、
どんな気持ちでいるのでしょう。
悔しい?
サバサバしている?
織り込み済み?


一方、ビジネス界での「世代交代」といえば、
長年勤めてきた社長、会長が交代する場合や、
役員がごっそり入れ替わるときに使われます。

役職定年制度のある企業では、
50歳や55歳などで役職を降りるときが、
世代交代なんでしょうね。
こっそり喜んでいる部下がいるかもしれません。

とはいえ企業には定年制度がありますから、
基本的に60歳の定年までもめ事をおこさなければ、
働き続けられる、って訳。
安泰といえるでしょう。

そんな中、定年を65歳に引き上げるという企業も
出ています。

定年後も働き続けるという「雇用延長制度」とか「継続雇用制度」は、
2004年頃から厚労省が通達しているので、
60歳以降も働き続けるという意識は、
誰もが持っているでしょう。

60歳以降、その企業で働き続けるかどうかは、
本人が決めることができます。

しかし定年が65歳に定められるとなると、
嬉しいやらうんざりやらが、正直なところではないでしょうか。
と、私は思ってしまいます。

65歳まで半強制的に何年も働かなければならない。
60歳を過ぎての5年間は、長いと思いませんか?

加えて・・・。
賃金が下がる企業も多く、
これまでより、安い給料に甘んじなければならない。
これはちょいと酷かもしれません。

部下が上司になって、指示されなければならない。
これまで指示していた年下の部下に、
使われるという気分。

とある雑誌には、
役職定年後、とても困る、つまり使えない社員もいるようです。
それまで役職者として、細かな作業、雑用、
身の回りのことまで、すべて部下がやっていたので、
自分ではできなくなっている。
態度は、偉そう・・・だし。

周囲にうとまれながら働き続けることも、なんだかなあ。


「世代交代」と言われてしまうと、
ちょっと悔しい気持ちもするけれど、
次のステージを目指すこともできます。

65歳まで同じ企業で働き続けることもいいけれど、
転職でも起業でも独立でも留学でも、
自分が納得できる働き方をしたいですね。


posted by suzumura at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月23日

一番知られたくなかった・・・


少し前、8月9日のこと、
研修講師としては衝撃的なニュースがありました。

201783.JPG


■ ゼリア新薬の新入社員

「ゼリア新薬工業に勤めていた男性社員が自殺したのは、
新入社員研修で受けた強い心理的負荷が原因だった」
とう記事です。

2013年5月のことだそうです。

2015年には労災認定を受け、
今回、両親が勤務先の「ゼリア新薬」と
該当研修(他社が担当する研修もあったようです)を
担当したコンサルタント会社「ビジネスグランドワークス」、
そして、担当講師を訴えたのです。

かいつまんでいうと。
(ネットでは詳細に書かれているものがあります)

その男性(Aさん)は、2013年4月1日に入社し、
その日から8月9日まで新入社員研修を受けるはずでした。
研修は会社の指定した宿泊施設で行われ、
どうも缶詰状態だったようです。

新入社員研修は、3日間のところもあれば
半年、1年というケースもあり、
この4ヵ月間は一般的でしょう。
しかしその間「宿泊施設に缶詰」とは、
色々な面で特異かなと感じます。

同期といえども、あるいは同期だからこそ、
四六時中一緒なのは、息が詰まるでしょう。
私だったら、嫌だなあと思います。

Aさんは、5月ころ異常行動があったとして、
18日に帰宅を命じられたそうです。
報道によると、この異常行動とは幻聴や妄想だそうです。
そして、その途中で不幸なことに。

ホント辛かったのでしょうね。
胸が痛みます。


■ 問題視された研修とは

労災認定をした中央労基署が注目したのは、
4月10日〜12日の3日間、ビジネスグランドワークス社が
請け負って実施した「意識行動改革研修」です。

ここ10年ほど、
社員の意識改革、行動変革が叫ばれていますので、
テーマとしては納得できます。

今回は、その方法、進め方が指摘されているのです。

講師から過去の悩みを吐露するよう強く求められ、
Aさんの「吃音」や「過去のいじめ」が
話題になったというのです。

Aさんは報告書に
「一番知られたくなかった同期の人々にまで
知られてしまい、ショックは数倍増しだった」
と記述しています。

この研修は「追い詰めて本人を変えさせる」という、
圧迫型自己啓発セミナーのようですね。

自分の弱みや悩み、過去の罪などにとことん向き合い、
それらを参加者の前で開示する。
そんな追い込められた状況を経て、
本人は強くなっていく、という考え方です。

昔は、注目され流行りましたが、
時代に合わない指摘もあります。

今でも、こうした手法を実施している研修会社もあるようです。
追い詰めて自分を変える方法を好む会社側、参加者も
いるのですね。

とはいえ、
自分の弱み、うまくいかなかったことなど
自身のマイナス点に向き合うというのは、
自分を改善、向上させるための手法として、
今でも広く実施されています。
私もワークに入れています。


■ 自戒

講師としては、
当たり前、普通、平気、と思っている手法でも、
ストレスに感じる参加者はいる。

私も気をつけなければならないと痛感しました。

今回の件で、
世の研修講師、研修会社は、
研修テーマや進め方など再確認する必要がありますね。
講師の資質も・・・。


posted by suzumura at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月22日

マックスバリュ天白原店は考え抜かれている


最近の新聞、週刊誌はもとより報道番組、報道系バラエティー番組で、
安倍内閣の支持率急落、不祥事が毎日毎日、取り上げられています。

ああ、こんなに急に人気って落ちるものですね。
マスコミの取り上げ方もあるかもしれませんが。
今、安倍首相がどこかの会合にいらっしゃるとしても、
今までのような歓迎ムードではないかも。

内閣改造?
それで、支持率って上がるのでしょうか?
信頼は回復するのでしょうか?
正直、ギモン・・。
どうするのだろう?

今回の一連の出来事から
「傲慢」「信頼関係構築」「油断」
などキーワードが、教訓になります。


それはさておき。

今日は日記です。
ちょっと長くなってしまいました。

私のもう一つのブログ「今日も新しいコト発見」
http://suzunao.sblo.jp/
には、すでにアップしたことです。

近くに、イオングループのスーパーマーケット、
マックスバリュ天白原店」がオープンしました。

マックスバリュ天白原店A (2).JPG

場所は、天白公園東南のマンションの1階。

遠い昔「栄電社」(現 エディオン)が入っていました。
当時は、集客力ありました。
便利でしたヨ。

とつぜん閉店し、衣料品店「ライトオン」が入り、
数年後、これまた閉店。
徐々に集客力が落ち、プライスダウン商品だらけでした。
私的には便利でしたが。

そして、昨年末(確か)、
ドラッグストア「セイムス」がオープン。
が、ほどなく閉店。
確かに、お客様いなかった。
セイムスといえば、富山の薬「富士薬品」系列で、
全国に展開しており、ノウハウ満載だと思うのですが。

1度訪れました。
私はドラッグストアでは「B&D原店」の大ファンですから。
商品は結構置いてありましたが、
値段はそんなにお値打ち感がない。
なんだか、暗い。活気ない。楽しさを感じない。
だから、再来店したいと思わない・・・

次にどこが入るのか、どうなるのか興味津々でした。
ここを選んだのは、イオングループの
スーパーマーケット「マックスバリュ(天白原店)」でした。
この場所を選んだのには、勝算があったのかしら?

オープンは、先日7月20日。
営業時間は、なんと朝の7時から夜の23時30分。
これは便利!
しかし、スーパーとしては広さが大きい方ではなく、
駐車場も30台のみ。
前店舗の閑古鳥を考えると、どうかな?と思いました。

で、今朝(7月22)、やっと行ってきました。
朝の7時30分過ぎです。

駐車場には5台の車。
店舗裏には、品を運ぶワゴンがあちこちに。
では、店舗内は?

これが!!いい感じ!

通路は狭い感じがするものの、すごい量の品数です。
だから、なんだか楽しい。

7時40分なのにフライ、てんぷら、焼き鳥が
そろっていました。
「行楽用弁当」も。
近くの天白公園を訪れる人、対策かしら。
天白公園にはBBQ施設もあるので、
7時オープンなら、ここで食材を購入するという手もある。
もちろん、お酒、飲物も揃っています。

イートインコーナー、キャッシュコーナーもあり便利。

お客様は、男性客中心に5〜6人発見。

聞きたがり、知りたがりおばはんの私は、
商品チェックしている男性スタッフさんに
声をかけずにはいられませんでした。

「7時からオープンしているのですね。
ありがたいです」

「はい。
ただ、7時台は並んでない商品もあるので、
ご迷惑をおかけします」

・・・そりゃそうだろうね。

さらに、レジではレジスタッフさんにも声掛け。

「朝、7時開店ですね」

「おかげさまで、お客様がいらしゃってくださいます」

「この時間でもお弁当やお惣菜が揃っているのですね」

「はい、朝5時から準備していますので」

「それは、大変ですね。
それにしてもたくさんの商品がありますね」

「はい、場所が広くはないのですが、
できるだけご要望にお応えする品揃えを心掛けています。
まだまだ十分ではありませんが、がんばりますので、
よろしくお願いします」

ああ、なんと的確対応の女性スタッフさん。
パートさんでなく正社員、あるいはリーダーはかも。

いずれも感じの良い対応でした。

そこで、結論。
さすが流通王、イオンさん。
販売戦略、店舗経営、店舗運営、社員教育は、すばらしい!
と、思いました。
「勝つ」ための戦略が垣間見られました。

他にも、平針西口の店舗。
松坂屋ストアが昔からあり、
それが大丸との合併で、ピーコックストアに名称変更。
その後、マックスバリュが吸収。
すると最近、確実にお客様が増えているのです。
ハッキリ、ピーコック時代は、閑古鳥でしたが。
いつ行っても満車に近く、多くの人が入っています。

1Kほど離れた場所には、「マックスバリュ土原店」。
近くには昔からの「コノミヤ」がありますが、
マックスバリュにもお客様多いです。
公団住宅、市営住宅があり、
中高年の人が多いと見受けました。

そして、今回オープンした「マックスバリュ天白原店」
もしかして店舗戦略は「ワクワク感」かも?

私の第一印象は上々で、今後も利用したいと思います。
特に、朝7時開店は、チョー便利です。

では、今後の展開はいかに。

また、近くにある競合店。
コンビニ王「セブン・イレブン」、
成長著しいドラッグストア、「B&D」。
彼らはどういう戦略を出してくるのか、
これまた興味津々です。

イチ消費者としても。


posted by suzumura at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月17日

松本人志さん「仕事に飽きたところから・・・」


三連休の最後の今日。
自営業の私も、三連休気分で過ごしています。
今日はな〜〜んもせず、TVやネットで過ごそうかと
思っております。

20177月イネ.JPG


中日の昨日(7月16日)も、TV三昧でした。

朝10時からは、「サンデージャポン」を観ています。
裏の「ワイドナショー」は、録画しています。
両方とも好きな番組です。

録画を昨日中に再生して観たのですが、
松本さんの、ある発言は見落としたよう。

今日のネットで、アップされていました。
出所は、RBBTODAY

内容は・・・

16日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)では、
「仕事に飽きた時」について松本人志が持論を展開。
仕事に飽きたところから「どう楽しむかが本当のプロなのかもしれない」
と熱弁した
・・・

この記事は、違う点に注目してアップされたようですが、
興味にある方はチェックしてみてください。

私的には「仕事に飽きた時」からのフレーズが、
まさに「目からうろこ」でした。

私、結構「飽き性」です。
今から思えば、会社勤務時代も、この飽き性が出没していた。
仕事内容の変更を求めたり、人事異動を申し出たり、
途中退職したり ・・・ 
まったく、わがままでした。すみません。

でも、本当のプロなら、
「仕事に飽きたところからどう楽しむか」を
考えるのですねえ。

お笑い芸人さんも、タレントさんも、俳優さんも、
自分の今の仕事に飽きるときもあるでしょうけど、
それを楽しみに変えて続ける。
それがプロ。

陶芸家も音楽家も画家さんなども、
飽きることがあるかもしれません。
ずーーーっと好きで熱中している、追求し続ける
という作家さんもおられるでしょうが、
ときには飽きることもあるでしょう。

スランプという言い方もあるかもしれません。
でも、そんな飽きた時を楽しむ。
それがプロ。

と考えると、
私の「飽き性」も、それをどう楽しみに変えるかを
考えるべきだと、
納得しました。

さらには、違う仕事をしたい!と思ったとき、
飽きたから違う仕事を求めるのか、
新しい刺激や成長、キャリアアップを目指して、
違う仕事を求めるのか。

そんな点にも注目すべきというのも、
教訓になりました。

さすがお笑い界の大御所、いいこというなあ、
と改めて尊敬したしだいです。


posted by suzumura at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月03日

負けた。これからが勝負! だけど・・・


昨日は、夕方からTVに釘付けでした。

201771.JPG

すると、午後9時31分(時間が細かいのは、何度もTVで観たから)、
とうとう、藤井聡太四段が投了。

ああ、残念。
涙が出そうになりました。

よくがんばったね。
で、
これからが勝負だと、
ヒフミンも師匠の杉本七段もおっしゃっていました。

そうですね。
まだまだこれからです。
今回の失敗を糧に、彼ならさらに成長するでしょう。
応援しています。


ところで。

そのTVでは、東京都議選についても報道していました。
こちらの方も、興味津々の私です。

それにしても、大敗ですね。

TVでは、
7月1日の「辞めろコール」が席巻した立会演説の風景と、
2012年、2014年の大歓声の映像が何度も流れていました。

3年で何が変わった?
熱が冷めたというより、運営の仕方や最近の噴出する問題に、
さじを投げたのではないか?
根が深いと感じます。

まさに、他山の石ですね。
おごりは禁物ですなあ。

その自民党の受け皿が都民ファーストの会であったのは、
明らかです。
新人さん、大丈夫かな?とも思いますが。

一方、民進党は、議席を少なくしている。
今の国政での自民党の受け皿が、民進党ではないよね。

さあ、安倍さん、自民党、これからどうする?

ああ、もしかして、
小池都知事の都民ファーストの会が国政に出る?
それも可能だと、今朝のTVで記者の発言がありました。

どうなる?


posted by suzumura at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月01日

元企業への関心


独立して10年。

2017628花 (2).JPG


10年も経過しました。

ところが、
それでも、元企業への関心は強いものです。

たとえば、
新聞の人事異動欄は、毎日必ずチェック。

私が人事採用担当だったころの新入社員が、
部長になったり、事業部長になったり、
役員になったり・・・。

ああ、あの人がねェ、がんばってるんだねェ、
と、懐かしく思うのです。

特に、役員昇進は注目です。
今日、株主総会の決議通知が届きました。

あの人が、副社長に。
ということは?
次は、社長に?

夢を叶えましたね!

ところで、
今の会長も社長も、私の上司です。

後輩(と言ってもいいかしら?)の活躍、
陰ながら応援しています。

今回、副社長になったあなたは、
次回、社長に?
そして、あの有望の若手社員は?
その次の社長になるのかな?

興味津々であります。

posted by suzumura at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月29日

潮目が変わったか?


終わりの始まり?

2017628空A.JPG

最近の政局、
ちょっと潮目が変わってきたか、と思えます。
私の気、なのですが。

次々に出てくるマイナス要因。
あまりにも、多すぎますよね。
女性系が多いのも、気になります。

さらに、今日の文春にも・・・。

安倍首相、官邸はどう乗り切っていくのでしょうか?
それとも?

すると後任は誰?
石破さん?岸田さんとか?
TVで、橋下さんという発言も?

とまれ、野党もがんばれ!

東京都議選の行方に、目が離せません。



それはさておき、
「潮目が変わった」と感じることありませんか?

たとえば、
タレントのヒロミさん。
有吉さんなど毒舌家がTVで活躍し始めたのを観て、
自分もいけると思ったと、発言されていました。

それまでは、非難されていたコト(毒舌)も、
なんらかのきっかけで受入れられるようになる。
これ「潮目が変わった」の事例だと思います。

企業にもありますよね。

企業では、人と人のパワーゲームはつきもの。
誰が力を持っているのか、
誰の発言が通るのか、
誰が昇進するのか、などなど。

そんな中、外部環境の変化など、もちろん当人の失策もあって、
一変することがあります。

変化のスピードがとてつもなく速い昨今。

潮目が変わったことをいち早く感じとり、
どう対応していくのかを準備しておくことも、
必要かもしれません。

私自身は、敏感な方です。

あなたは、どうですか?

posted by suzumura at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月01日

就活解禁だけど・・・


今日から6月スタート。

2017527花.JPG

就活している人たちにとっては、
就活解禁ですね。

その本人も、親御さんも、
企業の採用担当者も、緊張して臨んでいることでしょう。

とはいえ、すでに内定を出している企業もあると。
今日の日経には「ルール形骸化懸念」とあります。

まあ、そうですよね。
人手不足の昨今、いい人材を確保するために
解禁日の6月前に「内々定」を出す企業、あるでしょうね。

企業の採用担当者は、ホント大変です。
会社から「〇〇人採用せよ!」とお達しが出て、
何が何でも、その人数は採用しなくてはならない。

しかも、組織に合わない新人だったら猛批判され、
しかもしかも、内定後の辞退もアリアリで。
やってられないよ。
新人採用に関わる労力は、そりゃ大きなものです。

ま、その苦労も、その人の糧にはなりますが。

さて、そんな就活真っ最中の昨今。
昨日の日経新聞には就活エージェントの「DISCO」の広告が。

「キャリタス就活2018」と称し、
「就活生意識調査」結果が出ていました。

その中で注目したのが、
「将来の展望」コーナー。

「将来はどうしたいの?」の質問に対し、
転職は考えていない・・・73.7%
転職も考えたい・・・26.3%

ほお〜〜。
この調査の対象は「大学3年生+修士1年生」3,491人。

ほんとに、転職を考えていないのかな?
と、思ってしまいました。

まあできれば、大手企業に入社し、定年まで無事に働ければいい、
と、とりあえずは思うことも納得できますね。

が、その大手がどうなるかわからない。
定年まで雇用が確保されるなんて、
まったくまったくわからない昨今です。

私としては、
リストラを含め、キャリアアップ、自分のやりたいことなど、
転職の可能性を想定しておいた方がいいと、
アドバイスしたいですね。

すべては、自分のために。
すべては自分の家族のために。

この波乱の人生を楽しみながら乗り越えていきましょう!


posted by suzumura at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月18日

名古屋市長選 知っている人が出馬した


名古屋市長選挙が迫っていますね。

今回は、三つ巴?

ところが、
私が知っている人が、出馬したのです。

えっ〜と、選挙管理委員会に確認したところ、
選挙日前に、ブログに特定の人を紹介するのは、
選挙違反ではないそうです。
選挙日当日に紹介するのはNGだそうですが。

■ その人との出会いの顛末

確か今年の1月か2月のこと。
ご近所の「原幼稚園」のそばを歩いていたら、
幼稚園の中にある鳥小屋を掃除する人が。

この鳥小屋には、ニワトリが10羽程度飼育されています。
昔は、アヒルもいたような。

ご近所の人が、野菜や魚の残り物を与えることもできます。
だから、人が近づくと、ニワトリさん、
ドーーっと鳴きながら寄ってきます。
かわいいやら、ちょいと怖いやら。

ところで、その鳥小屋に、時々スズメ君が入っているのです。

私的には、このスズメ君たちが
どこからどうして入ってくるのかしら、
自分で出入りができるのかしらと、
前々から疑問でした。

で、掃除をするおじさんに、ここぞとばかり、
質問したのでした。

「すみません。
あの、スズメって・・・」

するとそのおじさんは、スズメが自分で出入りして、
ニワトリの餌を食べに来ているというのです。
小屋は網で囲まれていますが、
その上のちょっとした部分を開けて、入ってくるようです。
ふう〜〜ん。

そして、その話の後・・・。
原学区の道路整備のこと、
天白公園の整備のこと、
相生山緑地のことなどなど、
自分があれやこれやを行政に訴えて、
やっとこさ今の状態になっている、
てなことをお話ししてくださいました。

ま、正直、自慢話的な。
でも、楽しいお話でしたヨ。

そして、ご自身のブログを紹介してくださいました。

■ 太田敏光氏

その方が、今回名古屋市長選に立候補された
「太田敏光氏」なのでした。

ビックリです。
ちなみに、市会議員にも立候補し2度落選経験も。
以前に出会ったときにもそのことをおっしゃっていました。

一家言(いっかげん=その人独特の意見や主張。
また、ひとかどの見識のある意見)のある人なのですね。

ちなみに、名古屋市の選挙公報がこれ。
手書きが人柄を表していますね。

2017418太田氏.JPG


■ おわりに

立会演説はまだ聞いていませんが、
憎めないおじさんです。

志を持って挑戦する姿には、脱帽ですね。


posted by suzumura at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月27日

優先順位を決めて、豊かな人生を!


仕事や生活に優先順位をつけて時間管理をし、
豊かな人生を送ろう!


いつまでたっても減らない仕事量。
計画を立てても、飛び込んでくる別業務。

人が少なく、かつ仕事量が増えている昨今、
あなたも職場では、多忙を極めていることでしょう。
もちろん私生活でも?

2017116@.JPG

そんなあなたに、再度(もうご存知でしょうから)、
仕事の優先順位の決め方をご紹介します。

■ 正しく時間管理をするための優先順位

あの有名な「7つの習慣(キングベアー出版)」
著者のスティーブン・.コヴィー氏は、
豊かな人生を送るために「時間管理」の大切さを説いておられます。

ちなみに、私は、この「7つの習慣」が日本でベストセラーに
輝いていた20年前の1997年に読み、セミナーにも参加しました。
(自費ですよ。偉いでしょ!!なんてね)
20年を経た今でも、書籍もセミナーも人気ですね。
すばらしい!!

さて。
その「時間管理の仕方」こそが、
仕事(+人生)の優先順位の決め方なのです。 

■ 時間管理のマトリックス

縦軸に「重要である」と「重要でない」の上下2つの領域に分け、
横軸は「緊急である」と「緊急でない」の2つの領域に分けます。

これを4つの領域に対し、
各々の中に業務を記入していきます。

これはもう明白で、
最優先業務は「緊急かつ重要な仕事」

次に優先すべきは「緊急ではないが重要である仕事」。
ただし、この2番目に取り組むべき仕事については、
「重要ではないが緊急な仕事」が優先される場合もあります。
この説を強調している専門家もおられます。
私的には、
業務内容や置かれた状況によって決めるべきであると考えます。

だから、2番目としては
「緊急ではないが重要な仕事」か
「重要ではないが緊急を要する仕事」になるでしょう。

そして、最後は「緊急でも重要でもない仕事」。
これは「即刻やめるべき」ですね。
と、思いませんか?

■ 4つの領域具体例

「7つの習慣」には、人生を豊かにすごすために、
仕事以外のプライベートについても言及されています。
それではそれぞれの具体例を紹介しましょう。
(書籍「7つの習慣」から引用しています)

・「緊急かつ重要な活動」(第一領域としています)
締め切りのある仕事
クレーム対応
せっぱつまった問題
病気や事故
危機や災害

・「重要であるが緊急ではない活動」(第二領域)
人間関係づくり
健康維持
準備や計画
リーダーシップ
真のリクレーション
勉強や自己啓発
品質の改善
エンパワーメント(=権限委譲・能力開発など)

・「緊急だが重要ではない活動」(第三領域)
突然の来訪
多くの電話(メール)
多くの会議や報告書
無意味な冠婚葬祭
無意味な接待や付き合い
雑事

最後が
・「緊急でも重要でもない仕事」(第四領域)
ヒマつぶし
単なる遊び
ダラダラ電話
待ち時間
多くのテレビ
その他意味のない活動
・・・現在なら意味のないメールやnetのチェックも入りますね。

■ 緊急度ではなく重要度に注目しよう!

上記の具体例をから、
あなた自身の日頃の活動が明確になってくるのでは
ないでしょうか。

では、あなたも仕事やプライベートなど
自分が関わっている活動について、
4つの領域に分けて記入してみてください。

第一領域の「重要かつ緊急な活動」は、
もちろん日々、優先的に取り組んでおられることでしょう。
えっ?
「先送りしている活動もあるヨ」ですって?
それは取り組み方の改善の余地、アルアルですね。

また、第四領域に入ってくる活動もあるはず。
それらは、やめるべきではないでしょうか。
周囲に支障があるなら、やめることとその理由を伝えましょう。

結論として、コヴィー氏も説いているように、
「重要度に着目すべき」なのです。

人間、どうしても「緊急度」を優先して
活動に取り組んでしまいがち。

仕事中毒といわれる人間は、第一領域のみならず、
第三領域にばかり集中しているといわれています。

自分にとって重要だとはわかっていても、
先延ばしにしていたり、
ずーーと手を付けていない仕事や生活、活動
ありませんか?

この第二領域の「緊急ではないが重要な活動」は
これからの仕事や人生にとって
とても大切なものなのです。

ここで見直してみませんか?
第三領域の中にも、あるいは第一領域の中にも、
実は、それほど重要でない仕事もあるかもしれません。


■ おわりに

とはいえ、優先させたり、やめたりすることが
難しいのが現状です。
わかります。

ですが、
仕事でもプライベートでも、
限られた時間のなかで、どのように有効に使うのか、
これは人生の課題ではないでしょうか。

ぜひ、人生や仕事を4つの領域で分析してみてください。
それだけで、見えてくるものがあるはずです。



posted by suzumura at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月07日

「書に出会う」展 ワークショップ


今日からスタート「書に出会う」展。

いよいよ今日から、
緑区の家具屋さん「Bo Style」さんにて、
「書に出会う」展が始まります。

昨日1月6日は、作品を搬入。

小さな作品ですが、
展示されている家具、雑貨の中に
あれこれ陳列することは、
とても楽しいひと時でした。

ところで、
今回初めて「ワークショップ(墨を楽しむ)」を開きます。

お客様がハガキや名刺に、
好きな字を自由に描いていただくのです。
もちろん、筆で。

昨日は「Bo Style」の親会社「コスモホーム」さんの
スタッフさんに、
ワークショップを体験していただきました。

それが、これ。
201716書に出会う.JPG

自分の好きな字を、好きなように描くって、
楽しいですよ。

更にその作品に、
チョークで自分の名前(ひらがな)を掘った篆刻を押すと・・・。
ステキな作品ができあがり!!

大いに盛り上がりました。

もしよろしかったら、
参加しませんか?



posted by suzumura at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月31日

2016年の感謝


いよいよ大晦日ですね。

201612天地社.JPG

・・・これは日進市の「天地社」です。
神社巡りは、私の趣味となっています。
何かを願うのではなく、ただただ感謝しています。
鳥居をくぐり、社殿と樹々につつまれると、
なんだかpowerをいただけます。


さて、2016年。
あなたにとって、どんな年でしたか?
どんな「感謝」したいことがありましたか?

いろんなことがあったと思います。
きっと、多くの成功がもたらされ、
いろいろと向上、成長されたことでしょう。


そして、
このブログを日々ご覧になっていただき、
ありがとうございます。
感謝

11月からは、思い切って2本立てにしました。
この「ビジネスコーチ日記」は、
ビジネスシーンを中心としたテーマに絞りました。

新たに立ち上げた「今日も新しいこと発見!」は、
ライフシーンを中心に書いています。

毎日2本を書き綴ることは、
やや難しいことではありますが、
なにか役に立つ情報をご提供できればと
思っています。

お役に立っているでしょうか?

この2016年のあなたに感謝し、
2017年があなたにとって素晴らしい年になることを、
心から祈念いたしております。

ありがとうございました。

よいお年を!!



posted by suzumura at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月29日

ヤマトの長尾社長、早急な改善策をぜひともお願いします!!


昨夜、通販で購入した商品が、
予定の1週間遅れで、配達されました。

あの・・・「佐川急便」です。
ちなみに、netでは佐川急便の遅延についても、
あれこれ書かれていますね。
社員、スタッフさんの思いはいかばかりかと・・・。

私的には、別に急いでいた商品でもなく、
かつ着払い(これも問題のようですが)なので、
ま、キャンセルになってもいいか、
ぐらいに思っていました。

配達の数分前に、
ドライバーさんから電話がありました。

それが、
「本当に申し訳ない。今からでもいいですか?」
と悲痛な声でした。

そして。
配達にきたときも、
丁寧なお詫びと、
今「佐川急便」にふりかかっている
いくつかの問題についてもお詫びするのです。

辛そうでした。
ホントに。

そういえば、
3日前の「ヤマト運輸」さん。
これは予定通りの配達でしたが、
(さすが!)
やはりドライバーさんは、辛そうでした。


「駐車違反の身代わり」は論外ですが、
「荷物、台車のたたきつけ」からして、
ドライバーさんは今、
本当に疲弊しているのではないでしょうか?

もちろん、12月は超忙しい時期で、
遅延もやむなしということもあります。

が、せっかくの便利なシステムが、
過剰なサービスによって(客先の)、
事件や事故につながることはとても哀しいです。


ヤマト運輸の長尾裕社長、
ぜひとも、良き改善策を早急に考えてください!!
ヤマトさんなら、必ず出てきますよね!!

ヤマトファンから、お願いします。


posted by suzumura at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月23日

中高年ストーカーにご注意


親切心がアダに・・・

20161214@.JPG

先日、友人の40代女性からこんなお話が。

近くのコミセンで趣味の絵画教室に通っていた彼女。
同じ教室に60代の男性がいた。
寂しそうにしていたので、親切心で声をかけた。
やがて会話が弾むようになったのだけれど、
相手の男性が勘違いしているのか、
食事などに誘ってきた。
ややしつこく。
結局、その絵画教室はやめることに。

他にも同じようなお話が。
20代の女性スタッフが働くお店。
よく買い物にくる50代男性に、笑顔で対応。
販売員なので笑顔で親切な対応は
当たり前と思っていたが。
そのうちにしつこく居座るようになり困った。

あなたにも(女性も男性も)アルアルではないでしょうか?

最近、中高年のストーカーも問題になっているようです。

私も、必要以上に親切にすることは、
控えるようにしました。
ま、私は「寄せ付けないタイプ」のようですが。

■ 中高年ストーカーには傾向がある

男性も女性も注意が必要です。

私が保管している資料に(出所はわかりません)、
「中高年ストーカーが持っている資質」
が挙げられていました。

セルフチェックしてみませんか?

・恋愛経験があまりない
・仕事や趣味など打ち込めるものが何もない
・ヒマで時間を持て余している
・心の通じる家族や友人がいない
・交友関係が狭い
・1日に誰とも話さないことがある
・嫉妬深い
・自己愛が強い(自分が一番大切)


いかがでしょう。
当てはまるものが多いなら、
気をつけましょうね。
相手の単なる親切心を「好意」と思い込まないように。

■ 女性も気をつけよう

ストーカーにあいやすい女性の特徴も
あるようです。

・優しい
・同情心が強い
・面倒見がいい
・よく気がつく
・めったに怒らない
・何でも受け入れられる
・我慢強い
・誰とでも分け隔てなくつき合う
・優柔不断
・かわいい、きれいなどの魅力がある


一番いけないのは、そのやさしさから
「あいまいな態度」をとってしまうこと。

相手は、勘違いしてしまいます。


■ おわりに

夜回り先生の「水谷氏」がTV番組で、
街でいいがかりをつけられない方法を
語っていました。

要は「弱みやスキを見せない」ことだとか。

とはいっても、
肩ひじを張った毎日では、
仕事も趣味もうまくいきませんね。

親切にする、ほめる、認める、リスペクトする。
しかし、一線は引いている。
適度な距離感を保つということでしょうか。

嫌な思いをする前に、
気をつけておくことが得策ですね。



posted by suzumura at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月22日

2017年「書に出会う」


2008年からスタートした「書に出会う」展。

今年も、名古屋市緑区の家具屋さん「Bo STYLE」
で開催いたします。

2015121 (2).JPG


更に今回は、ワークショップ「墨を楽しむ」
併設いたします。
自分の好きな文字を葉書や名刺に描いてみませんか。

■ 開催内容
・日程 2017年1月7日(土)〜22日(土)
・時間 13:00〜18:00(水曜定休)
・場所
〒458-0801  名古屋市緑区鳴海町字母呂後75
TEL : 052-613-7587 / FAX : 052-613-8071
HP : www.bo-style.net

・鈴村在店日 
1月7日(土)、8日(日)、9日(月、祝)、
10日(火)、13日(金)、14日(土)、
21日(金)、22日(土)


■ ワークショップ「墨を楽しむ」
自分の好きな文字を葉書や名刺に描いてみませんか。
「鈴村」が指導いたします。
前もってどんな字を描きたいかを考えておくといいですね。

・日時 
1月7日(土)13:00〜15:00
1月8日(日)同上
1月10日(火)同上

・料金
<はがきサイズ>
1枚・・・300円 以後1枚当たり200円プラス

<名刺サイズ>
 1枚…200円 以後1枚当たり150円プラス
*いずれも下書き用紙は準備してあります。

・篆刻(印章)
作品に篆刻(自分の名前の赤字刻印)も欠かせません。
あなたの篆刻を簡単に作成してみませんか。

チョークに鉄筆で自分の名前など一字彫って押印します。
料金は「+30円」
 
赤鉛筆で自分の名前などを描くこともいいですね。
こちらは無料。


ぜひ、お誘いあわせのうえお越しくださいね。

posted by suzumura at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月08日

今日のニュース「南場会長、乗り越えてください!」


最近「キュレーション」が問題になっていますね。

キュレーションとはNETなどの情報を収集しまとめること。

ところが、
根拠が不明確な記載やずさんな記事、
画像の無断使用などが明らかになり問題になっているのです。

発端はディー・エヌ・エー(DeNA)の健康関連サイト「WELQ」。
同様の問題は他のサイトでも指摘されています。

「DeNA」には注目していたので驚きでした。

そんな昨日(12月7日)、
DeNAの守安社長以下役員が記者会見を開き、
謝罪をしていました。
関係するサイトはすべて閉鎖したとのことです。

その場にはあの「南場智子」会長の姿も。

南場会長といえば
著書「不格好経営」がベストセラーになりました。
私も興味深く読ませていただき、
素晴らしい女性だなと思いました。

その南場会長には更なる不運もあったのです。

南場会長の旦那様「紺屋勝成」氏が
12月5日に53歳で死去されました。

南場会長は旦那様の看病のために
DeNA社長を退任したのでした。

旦那様が大変な時期に、
このキュレーション問題が発生。
重なるものなのでしょうか。

経営的には法令違反ともいえる問題があるようですが、
プライベートでの不運も重なったということで、
個人的には、
とても大変だったのだろうと推察いたします。

こういったとき自分だったらどう考え、
どうするのだろうと。

とにかく気持ちを切り替えて、
事態収拾や問題解決に取り組む、
そして経営責任もとる、ということですね。

南場智子会長には、
この困難を乗り越えていただきたいと思いますし、
どう乗り越えるのかも注目しています。

小池知事にもがんばってほしいし、
これからが大変ですね。
こちらにも注目です。

posted by suzumura at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月13日

自戒をこめて・・・今回の大統領選、一連の報道の真贋?


昨日の土曜日、そして今日の日曜日、
それまの平日の報道TV、報道バラエティTVを
いつものように好んで観ている私です。

とはいえ。

今回の米国大統領選


私たちは、
マスコミ、TV・新聞などのメディアから、
まっとうな情報を得られていたのか?
疑問が残ります。

もちろん。

報道する側の人達の恣意、意図が
反映されることはあるでしょう。

彼らが良かれと判断したことが報道される。
あるいは、視聴者に受けると判断されることが
報道される。
それが常套だとわかってはいるつもり。

それでも、
一般的にはTVの専門家の声、
新聞の説など、
「ああ、そうなのか」と信じざるを得ないのが、
私たち一般大衆ではないでしょうか。

トランプ氏は泡沫候補。
無茶苦茶なことを発言するとんでもないヤツ。
大統領になるはずはない。

ところが、
大統領に当選した後の報道はどうなんでしょう?

「見誤ったよ」という正直な発言がほとんどでした。

がその上に、
「でも、ヒラリーでなくてよかった」
なんていう報道もあって。

トランプ氏のいいところが報道されるようになって。

ああ、どっちなん?

米国の報道も、
それらを受けた日本の報道も、
まっとうに信じてはいけないかもしれない。

そんなことを痛切に感じる今日です。

ではどうする?
私たち一般市民は。

SNSなどで、生の情報を得るしかないか。
それらを見て、自分で判断するしかないか。

米国と日本の関係などを再考せざるを得ない
段階にきていることを痛感するとともに、
メディアに対する見解も改めるべきだと、
痛切に感じる今日この頃です。

あなたはどうでしょう?
posted by suzumura at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今年のあなたの十大ニュースは?


11月も半ば。
今年も11か月が過ぎようとしています。
はやいですね。

20161110@.JPG

そこで。

あなたの今年「2016年の十大ニュース」
考えてみませんか?

この11か月間をふりかえってみましょう。

今年もいろいろありましたよね。
うまくいったこと、
うまくいかなかったこと、
想定外のこと、
感激したこと、
成長したこと、
得られたもの、
手放したもの、
などなど。

ところで多くの方が
1月や2月、3月のことなんか、
忘れてしまっていることも事実。

そうですよね。

物事の動きが非常に激しい昨今、
1月は遠い昔のことのように思います。

とはいえ、
来年2017年を迎えるにあたって、
今年1月からふりかえってみることも大事です。

さあ、
あなたの2016年の十大ニュースはなに?


そこから何に気づき、何を学びましたか?

私の2016年の学びは、
「必要なときに必要なモノが与えられる」
です。
posted by suzumura at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月09日

安倍首相の祝辞が速っ!


トランプ氏勝利に対する安倍首相の祝辞が速っ!!
と思うのですが。
(素人考え・・・)

今日(11月9日)。
すごい接戦を制し、やっとこさトランプ氏が次期大統領に選出。
なんとなくドキドキしました。
他国の一市民の私ですが。

選挙の最終結果は、18時前に報道されていました。

すると!
早速、我が国の安倍晋三首相が祝辞を。

早っ!
というか、
トランプ氏になろうと、
クリントン氏になろうと、
官邸は、祝辞をそれぞれ準備していたのでしょうね。
たぶん。
私でも、2通準備しておきます。

その内容が、
首相官邸のHPに載っています。
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/discource/20161109message.html

そこからちょいとピックアップしてみました。

「日米両国は、自由、民主主義、基本的人権、
法の支配といった普遍的価値の絆で固く結ばれた、
揺るぎない同盟国です」

この「ゆるぎない同盟国」。
これはまあ、そうでしょう。
そう言わざるをえない。

その他に
「トランプ次期大統領は、その類い希なる能力により、
ビジネスで大きな成功を収められ、
米国経済に多大な貢献をされただけでなく、
強いリーダーとして米国を導こうとされています」

これ。
なんだか「社交辞令」って感じが。私は。

そして
「トランプ次期大統領と緊密に協力し、
日米同盟の絆を一層強固にするとともに、
アジア太平洋地域の平和と繁栄を確保するために、
日米両国で主導的役割を果たしていくことを、
心から楽しみにしています」
とか

「21世紀においては、日米同盟は、
国際社会が直面する課題に互いに協力して
貢献していく『希望の同盟』であり、
トランプ次期大統領と手を携えて、
世界の直面する諸課題に共に
取り組んでいきたいと思います」

これらは、そうなるのかな?
トランプ氏はどう思っているのかな?
と、思います。

トランプ次期大統領が、
世界への影響についてどう考えているのかが、
今の報道だけでは不透明ですものね。

そして、安倍首相はどうとらえているのか?
官邸は?
わからん・・・。

とまれ。
決まったことは決まったこと。

では、どうしたらうまく米国とやっていけるか。
日本の利益を考えながら。

その意味でも、
早々の安倍首相の祝辞はありですよね。

今後のトランプ氏の動向、
日本の対応、
目が離せませんね。
企業活動においても。
posted by suzumura at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月02日

お知らせ「ブログをもう一本立ち上げました」

このブログをご覧になっていただいている方へ。
いつもありがとうございます。
感謝。

そのブログについて「お知らせ」があります。

この「Office鈴村 研修講師・ビジネスコーチの日記」は、
2016年11月1日から、
「ビジネスシーンでのお役立ち情報」
特化しました。

一方、
「ライフスタイルにお役立ち情報」
「今日も新しいこと発見!」
http://suzunao.sblo.jp/
で、ご紹介します。

ご興味のある方は、こちらもご覧ください。

よろしくお願いいたします。
posted by suzumura at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記