2018年06月16日

エスタックVC500 疲労回復にも効くうーーーー!!


今週も忙しかったです。
早朝からパソコンに向かい、
いろんな資料づくりでした。

用事も色々あって、外出したり、
研修したり。

で、疲れ切って。
「こりゃあ、栄養ドリンクを飲まなきゃ、耐えられないなあ」と。

先日は、リポビタンファイン。

低カロリーで、そこそこお値打ち。

会社勤務時代は、ときどき飲んでいましたが、
独立後は、まったく飲みませんでした。
疲れても、飲む気になれなかった。
なんとか乗り切れると思っていて、乗り切っていた。
か、そんなに疲れたことはなかった。
なんせ、人間関係のストレスはまったくありませんから・・・フフフ。

でも最近は、飲まなきゃ乗り切れん!と思いはじめ、
数カ月前、飲みました。

結構、効きました。

ちなみに、風邪をひいたなと思った時も、
これを飲んで乗り越えました。

そこで今週、このリポビタンファインを飲んだのです。

でもでも、効かない。
ずーーっと、ハードワーク(私的にですが…)が続くからか、
イマイチの気分でした。

おととい、
こりゃ乗り切れんと思って、コンビニに行く気にもなれずに、
冷蔵庫に何か残っていないかなと見たら、
風邪薬の「エスタックVC500」がありました。

風邪ではないけど、疲労回復に効くんかいなあと
説明を読んでみると。

「エスタック滋養内服液VC500は、
かぜなどの発熱時に消耗しがちなビタミンCを500mg配合し、
さらに栄養補給に有効な5種の生薬
(生姜・大棗・芍薬・桂皮・甘草)を配合したドリンク剤です。 」


そして
「タウリン1000mgとビタミンB群も配合しており、
だるくてつらい体の疲れに効果を発揮します」

とあるではないですか!

ならばと飲んでみました。

すると・・・

効いたのです!!

午前中、10時過ぎに飲みましたが、
飲んだすぐあとから、気分が軽くなったのです。

おお!!って感じ。

で、昨日も乗り越えることができたのです。

もしかしたら、
病みつきになるかも・・・。

あなたは、
栄養ドリンク、飲んでますか?
おすすめはなに?

これからもストックしておいて、
最悪の時代に備えたいです。

でも。
依存しないように気をつけたいですね。



posted by suzumura at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年06月12日

今日、いよいよ米朝、初会談


歴史的な、この日がやってきたのですね。

2018612夜明け.JPG

今日、6月12日の日本時間10時から、
米朝初会談が行われる予定です。

冷戦期を通じて、敵対関係にある米朝の首脳会談は歴史上初!

金委員長、緊張しているだろうな・・・
していないのかな?
いらんお世話?

私としては、
今日は外出仕事がないので、
仕事を早めに切り上げて、
10時前からTVの前に陣取ることにします。

さて、その結果はどうなる?

核は廃棄なるか?
拉致被害者は帰ってこれるのか?

期待半分・・・。

うまくいくといいですね。


posted by suzumura at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月07日

サワコの朝「目標や夢がなくとも」


サワコの朝で阿川佐和子さんが語ったこと

201853山口みどり.JPG

毎週日曜日の朝、7時30分からは、
「サワコの朝」が楽しみです。
観られないときは、録画しています。

そんな昨日(5月6日)、
とても興味深い言葉がありました。

昨日のゲストは、今や報道番組でも活躍する
「ホラン千秋」さん。

彼女はオーディションに落ち続けたという
苦労話をしていました。

ところが、本当にやりたいこと、
「何かを人に伝えたいこと」を明確にしたとたん、
オーディションに合格するようになったようです。
発想を変えたり、間口を広げたりすることで、
可能性がひろがったのですね。
いいお話です。

発想を変えてみること、仕事でも人生でも大切です。

さらに、
佐和子さんは「夢や目標は?」と尋ねました。

ホラン千秋さんは「特に・・・」と回答。
思いつかないようでした。

佐和子さんも同じだというのです。
彼女自身も目標とか夢とか思いつかなくて、
他者から質問されると考えこんでいたようです。

そんなとき、
中国の有名な映画監督である「チャン・イーモウ」さんから、
目標や夢がなくてもいいと言われたそうです。

足元の道を、誠意をもってやっていけばいい。
二者択一を自分で選んでいけば、それが結果的に目標につながる。
というようなお話でした。

納得でした。

ビジネスシーンでは、
目標管理が定着し、目標設定が義務付けられています。
組織の目標を自分の目標に落とし込み、
それを期限までに達成するという流れです。
その結果によって評価もされます。

子供のころからも、目標を持つこと、夢を掲げることが
奨励されています。

確かに、子供のころから明確な目標や夢、理想像を掲げる人も
います。

が、そうでない人もいるでしょう。

最近、私自身、目標があった方がいいのか、
ない方が可能性は広がるのではないか、
そんなことを考えています。

とある本には「目標を設定すると、それ以外の道、
選択肢がなくなる」というようなことが
書いてありました。

人生100年時代。

夢や目標が思いつかなくても、
幸せな暮らしができる。

そのためにも、毎日を精一杯、誠意をもって生きていくことですね。

GWが明け、気分も一新。
新たな気持ちで、目の前のことに取り組みましょう。



posted by suzumura at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月28日

プロジェクターをAmazonで購入したら・・・


機械音痴です。

機械音痴の私がAmazonで購入すると、
大変なことに。


世はGWがスタート、晴天にも恵まれて、
みんなみんな嬉しいですよね。

私事ですが。

先日、ふと思いついて、
プロジェクターが欲しいなあと。

プロジェクターとは、ご存知PPTなど映像を映す機械。

会社なら職場ごとで1台以上お持ちでしょう。

私も研修でPPTを映しております。
もちろん、そのお会社の備品です。

そのプロジェクターを個人でも持ちたい。
理由は?

色々ありますが、
これからも個人で使用する機会が増えるだろうと
ぼんやりと考えております。

さて、
そんなPC周辺機器を購入するなら、
かならず「ヤマダ電機」へ行っていました。
そこで、相談しながら、
というかすべてスタッフさんお任せで購入しています。

ところが今回は、なぜかAmazonで買おうと思ったのでした。

お店へ行かなくてもいい、
自宅まで運んでくれる、
加えて、日程を設定できる、
お値打ち品がある、
などの理由です。

Amazonには多くの機種が掲載されていました。
当然、どれがいいのかわかりません。
そこで、知人に尋ねてみると、
(もちろんメールで)
エプソンのとある機種を紹介してくれました。

そしてAmazonに発注した訳です。

ちなみに、
Amazonの価格とヤマダ電機の価格を
くらべてはおりません。
・・・面倒なので・・・

そして。

ふと、そういえば「ケーブル」が必要だよな、
と。

Amazonの商品紹介をチェックすると
ケーブルが梱包している情報がありません。
というか、見当たりません。
というか、私の確認の不備?というか悪い?
のですが。

ということは、
ケーブルもAmazonで購入しなければならんなあ。

そこでふとふと、今使っているPCのケーブル接続部分を
確認したところ。

あのプロジェクターをつなぐ台形の穴の開いている接続口が、
ないではないですか!!

おかしい!変だ!

びっくりです。
ということは、プロジェクター使えない?
そんなはずはない。

そこで、これまでまったくチェックしていなかった取説を調べてみると、
「映像機器との接続には、市販のHDMIの表示がある
HCMIケーブルをご使用ください。

対応機器すべての動作を保証するものではありません」
とあるのではないですか!

ほお〜。

HCMI、知らんかった!

そこでネットで調べてみると、
わかりました。

最近のPCは薄くするため?軽くするため、
台形の接続部分、つまりVGAではなく、
HCMIを搭載している。
とのこと。

えっ、じゃあこの「HCMI」用のケーブルを
買わなくちゃいけないってこと。

で、またまたAmazonで調べてみると、
ありました。

これも即発注。

でもほんとにうまく映るのだろうか?
不安でした。

翌々日、プロジェクターとケーブルが
やってきまた。
これは便利ですねえ。

恐る恐る接続の準備をしました。
すると、プロジェクターの箱の中には、
VGAケーブルが入っていました。
なあ〜んだ。

ということで、
電源コードをつなぎ、
HCMIのケーブルをつなぎ、
プロジェクターとPCの電源を入れて、
レンズカバーを開けたら・・。

映りました!

よかった。

ということで、
大変でしたけど、なんとかPPTを映すことができました。

2018425プロジェクター.JPG


<教訓>

機械音痴の私は、
多少価格が高くても「ヤマダ電機」で説明してもらいながら、
お任せして購入することがいいかも。
Amazonは、便利なのですがね。





posted by suzumura at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月21日

最近のデジタル用語、知ってる?


最近、目にすることが多いデジタル用語をチェック

土曜日は、日経新聞の付録紙(?)「NIKKEIプラス1」が楽しみ。
役に立つ情報満載!
ナンプレも楽しんでやってます。

2038420梅.JPG

先週の土曜日(4月14日)にもためになる「何でもランキング」
が掲載されていました。

テーマは最近の「デジタル用語」


■ デジタル用語 これどういう意味?

次々と出てくるデジタル用語。
そこで日経は
「最近よく聞くデジタル用語を84語リストアップ」し、
20代〜60代の男女約1,000人にアンケート。
「説明できる」とか「意味は知らない」などの回答を
得たようです。

<説明できると答えた人が少ない順番>

さあ、あなたは知ってる?説明できる?

1位「シンギュラリティ」
AI(人口知能)が人間の能力を超える転換点を意味する。

・・・ああ、最近よく目にしますね。
新聞とかビジネス雑誌とか、書籍の広告とかで。
ビジネスパーソンとしては、
この言葉は、覚えておいて説明できることが求められるでしょうね。

2位「フィンテック」
「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を
組み合わせた造語。
テクノロジーで進化させて新型の金融サービスを指す。

・・・この言葉も最近よく目にしますよね。
更には、このところの金融機関の採用数減少の原因の一つとも。
安泰?と思われていた金融業界もテクノロジーの嵐で
大変革に突入かあ。

3位キュレーション
特定のテーマについて、ネット上で情報を収集して
まとめること。

・・・そうそうこれ、数年前に誤った情報がネットに載っていると
騒動になりましたよね。
だから、覚えています。

4位「データサイエンティスト」
ネット時代に対応した、新しいタイプのデータ専門家

・・・この言葉は知りませんでした。
でも、そういえばどこかのビジネス雑誌に、
「今後いる社員、いらない社員)」の特集があって、
このデータサイエンティストが上位に挙げられていたことを
思い出しました。
いまやもう、IT関係の技術者が引っ張りだこですねえ。

5位「ペアレンタルコントロール」
親が子供の情報機器利用を制限、監視すること。

・・・これも知りませんでした。まったく。
確かに、わが子を守るためには必要になってきましたね。

以下、参考までに
6位「ライフハック」
7位「ディープラーニング」
8位「ホワイトハッカー」
8位「eスポーツ」
10位「オープンソース」
11位「AR」
12位「ページビュー」
13位「スマートホーム」
14位「ローミング」
15位「IOT」
16位「サムネイル」
17位「ビッグデータ」
18位「クッキー
19位「ウエアラブル」
20位「MVNO」


・・・これらご存知?


■ おわりに

企業で大活躍のあなたなら、
知っていて当然?
説明できて当然?
と思われているかも。

まあ、プレゼンテーションや営業の場で、
これらの言葉がスラスラと口に出すことができれば、
相手も「おお、すごいな」と
信用するのでしょうね。

私も、がんばって身につけようと思ったしだいです。



posted by suzumura at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月17日

TVドラマ「ヘッドハンター」を観た


転職事情に注目する今日この頃

201848花.JPG

先日(4月16日)、テレビ愛知で
「ヘッドハンター」というドラマがスタートしました。

放映時間は23時〜。
いつもの私なら眠くなっている時間帯。
でも昨日は、なぜか観たくなって。
録画してもよかったのですが。

観ていて、考えされられたり、
突っ込みを入れたくなったりと、
興味深い内容でした。


■ TVドラマ「ヘッドハンター」とは

以下は番組のネット情報です。

「ヘッドハンター」とは、企業の要望に応え、
必要な人材の転職を斡旋する者をいう。

この物語はヘッドハンターを生業とするひとりの男・
黒澤和樹(江口洋介)を通じ、
転職にまつわる様々な人間模様を描く新しいヒューマンドラマ。

対象者の心の奥深くまで入り込み、選択を迫ってゆく強引なやり方に、
ある者は“救われた”といい、ある者は“酷い目にあった”という。
はたして黒澤は、人生の転機に現れた救世主か?それとも悪魔か?


・・・面白そうでしょ。

初回の昨日は・・・

大手家電メーカーのマルヨシ製作所の社長・横河は大勢のマスコミを前に、
大幅な構造改革を発表する。
その様子を会議室のモニターで見ていた技術者の谷口は、
消極的な経営方針にうんざり顔。
その時、彼の脳裏にある言葉がフラッシュバックする。


・・・つまり、谷口はヘッドハンターに転職の誘いを受けていたというお話。

そこで谷口は、
あれこれ迷い、家族からは安定志向を告げられ、
慕っている先輩からは「いっしょに起業しよう」と誘われる。
結局、そのベンチャー企業に転職するというお話。

余談ですが、新会社に出社すると、
そこにはなんと慕っていて起業しようと誘っていた先輩が
すでに働いていた。
というオチも。


■ 私が感じた点(突っ込みたい点)

ストーリーを観ていて、単に感じたことですが。

・「谷口氏」は、優秀な技術者ということだが、
技術革新の激しい今の、これからの時代に通用する「技術」を
持っているのか?
ストーリーでは過去に特許をいくつか取ったとあるが、
ベンシャー企業で生かせるのか?
過去の技術ではないか?

・今いる企業は大手企業ということなので、
その風土や仕事の取り回し方がしっかり身についている。
ベンチャーなど中小企業での風土やモノサシに
合わせていくことができるのか?
・・・大企業出身者が失敗するというケース、多々あるようですから。

・転職すると安定ではなくなるというが、
ストーリーを見る限り、
今いる企業がいつまでも安泰とは限らず、
いつリストラされるかもわからない。

・リストラの話も転職の話も、
職場内ではあまり口外しないもの。
つまり、みな黙って動いている時代。
だから、信頼していた先輩、上司、後輩、部下が、
いつなんどき「転職します」と言ってくるかもわからない。
なんとなくピリピリ感を感じます。
そんな時代なんだ〜〜、と改めて思いました。


■ おわりに

ということで、TVを見ながら、
現実はもっと厳しいよなあ〜〜、と思っておりました。

まあ、TVドラマですから、ドラマティックな展開に
脚本を描くのでしょうが。


最近のビジネス雑誌には、
「いる社員、いらない社員」PRESIDENT
「職場でいらない人にならないために」日経Associé付録
などなど、
現実的な?
危機感をあおる?
背中を押す?
そんな記事が満載です。

独立している私には、あまり関係のないお話ではありますが、
このブログでも情報提供したいな、
と、「転職事情」に興味津々の今日この頃です。

・・・江口洋介のライバルを「小池栄子」ちゃんがきちんと演じています。
いいなあ。


posted by suzumura at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月21日

大杉連さんが・・・


先ほど(9時過ぎ)ネットをチェックしたら、
大杉連さんの訃報。

驚きです。

結構、ファンでした。

今夜もバイプレーヤーズが放映されます。
好きな番組です。

66才だとか。

人の命ってわかりません。


ご冥福をお祈り申し上げます。



posted by suzumura at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月05日

冬型うつにご注意


私、冬型うつでした

2018205 二時.JPG

この1月、全体を通して体調が悪かった私。

やる気になったり、まったくやる気がなくなったり、
よく眠れたり、
そして、よく食べて太った(更に)・・・。

で、ふと思い出したのが
「季節性感情障害」
つまり「季節型うつ」ではないかということ。

1月なので、冬型うつということになるでしょうか。

ということで、冬型うつをおさらいしてみます。
(ネットにも満載ですので、興味ある方はどうぞ)

あなたも、あなたの身近な人にも
当てはまるかもしれません。


■ 季節性感情障害(SAD)とは

季節性感情障害はうつ病の一種で、
秋または冬に抑うつが始まり、
春や夏になると治まるという特有のサイクルを繰り返す。

とある記事には、一度でも季節性感情障害を発症すると、
毎年繰り返すとか。
やっかいですなぁ。

そういえば、昨年、一昨年もそうだった私です・・・トホホ。


■ 「冬型うつ」の特徴

うつ病と同じように
「無気力感」や「自己否定的」などの症状が出る。

ところが、正反対の症状もあるのです。

・過食
うつ病では食欲不振に陥るが、
冬型うつは「過食」になる。
甘いものや炭水化物を食べたくなる。
結果、体重増に。

・過眠
うつ病では不眠になりやすいが、
冬型うつは睡眠時間が長くなる。
10時間を超えて眠ることもある。

・・・これら私にドンピシャです。


■ 「冬型うつ」の予防・改善方法

まずは「冬型うつ」であると気づくことです。
そのうえで改善すると同時に予防も大切ですね。

・生活リズムを正す
毎日、できるだけ同じ時間に起きて朝日を浴び、
生活リズムや体内時計を正す。
どうしても起きることができない場合は、
部屋の照明をつけ、明かりを浴びるだけでも効果的。

・日光に当たる
早起きをして日照時間を増やすなど、
日光に当たる生活を心がける。
ランチに外食したり外でお弁当を食べるなど、
積極的に外出して日光を浴びるようにする。

・食生活に気をつける
うつ病の原因とされているのはセロトニン不足。
食生活でセロトニン不足を改善することができる。
バランスよく摂取すること。

•たんぱく質・・・肉や魚、豆など
•炭水化物・・・米やそば、いも類など
•ビタミンB6・・・バナナやさつまいも、青魚など

他にもプロセスチーズや豆乳も効果的とか。

炭水化物を求めるのも、
身体がセロトニンを欲しているからのようです。

他にも
・毎日目標を持つ
・掃除や片づけをする
・料理をする
・できるだけ外出する


■ 身近な人に症状が見られたら

「冬型うつ」など「非定型うつ」は
20〜30代、とくに女性に多いのが特徴とされています。

もしあなたの身近な人の症状に気づいたら、
上記のような「改善策」をアドバイスするとともに、
以下のように接してみませんか。


うつ病のタイプによって接し方が違う。
普通のうつ病(定型うつ病)では、
とにかくゆっくりと身体を休め、休養をとることが必要。
周囲の人が「がんばれ」と言葉をかけたり、励ますと、
本人が自分自身を追い込んでしまうため、よくないとされる。

逆に「冬型うつ」のような非定型うつ病の場合は、
少し励ますことがかえって本人のためになる。

こんなアドバイスも効果的
・決まった時間に起きて会社に行く。
・その日の課題をやり遂げる。
・かける言葉はやさしく、
 かつ本人の気力を奮い立たせるように接する。
・不安や焦燥感が強いときは、しっかり見守ることが大事。


■ おわりに

私事ですが
そんなこんなで、1月を総括すると低調な一か月でした。
がんばったこともありましたが。

2月は「冬型うつ」を乗り越えて、
がんばりたいと思います。
下手すると「春型うつ」にも移行しそうなので、
今のうちから予防します!

普通に暮らしていてもストレスの多い日常です。
ストレスに押しつぶされ気が滅入ったとしても
「季節性」のうつだと気づくだけで楽になるのではないでしょうか。

あなた自身もあなたの部下も、
おだやかな日々であるといいですね。



posted by suzumura at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月04日

お正月明け。今年大切にしたいことは?


お正月もあっという間に過ぎましたね。

2017129夜明.JPG

私は、12月31日まで結構がんばって、
1月1日〜3日まで、「な〜〜んにもしたくない状態」。

で、昨日の夕方から、やっとこさ動き出しました。

とはいえ、まだ冬休みの方も多いでしょう。

そんな、今年初めてのブログ。
こんな確認(セルフコーチング?)はいかがでしょう。

2018年、生きていくうえで、仕事をするうえで
あなたが大切にしたいことは?

それは、「価値観」といってもいいでしょう。
「座右の銘」といってもいいかもしれません。

ちなみに、2017年12月27日の中日新聞には、
トヨタ自動車豊田章男社長のインタビュー記事があり、
豊田社長は座右の銘として「謙虚・感謝・信念」をあげていました。

私も同感。
謙虚・感謝・そして楽しむです。
大切なことだと思います。

ということで、あなたが今年1年、
大切にしたいこと。
考えてみませんか?



posted by suzumura at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月14日

内定辞退 最多64%(中日新聞11月13日夕刊)


ひゃ〜。60%以上が内定辞退とは!


20171111空.JPG

昨日(11月13日)の中日新聞の夕刊。

一面には「内定辞退 最多64%」と。

こりゃあ企業の採用担当者さん、大変です。
学生さんも必死でしょうが。

これは「リクルートキャリア」が10月2日〜16日、
インターネットで実施し、
1,529人が回答したそうです。

「内定辞退率(内定を得た学生のうち、企業に辞退を申し出た割合)」
が10月時点で64.6%。
集計を始めた6年間で最も高いそうですよ。

景気が良くて人手不足、超売り手市場が続いているので、
しかたないか。

リクルートキャリアは
「企業が例年より内定を多めに出した結果、
二社以上から内定を得た学生が増え、
辞退率が上がった」
と分析。

ああ、あり得ますね。

一方、苦戦を強いられるのは中小企業。
記事には
「特に中小企業は、学生に根強い大手志向のあおりを受け、
自体を見越して多めに内定を出しても
採用の見通しが立たない。

来年4月の入社式直前まで学生からの返事を待つ企業もあり、
採用活動は厳しさを増している」
とあります。

知名度ってのが問題で、
内定した企業名を喜んで親に伝えても、
「えっ?知らない会社だね。なにやってんの?」とか
「聞いたことないね。大丈夫?」なんて言われたら、
子供さんもがっくりですよね。

大変だ。

こんな例も。
「50人の採用を目指すとある会社では130人ほどに内定を出したが、
7割以上が辞退した」

まったく、採用担当者、やってられないよね。

採用担当者は、部署から要求のあった人物と人数を確保するため
必死。

就活エージェントに高額の広告代などを出し、
会社説明会でも手間と費用がかかり、
何度も実施する面接でも手間と費用がかかり、
次のステップに進む場合もこれで終わる場合も、
連絡をするのに手間がかかり、
入社試験も就活エージェントに依頼して費用がかかり、
やっとこさ内定者を絞る。
「ヒト、モノ、カネ、トキ」がかかるのが
採用です。

採用担当者は、残業や休出もザラだと思いますよ。

で、やっとこさ採用しても、
入社式前に辞退と言われたり、
入社後に退職されたり、
配属後の職場から合わないと言われたり。
踏んだり蹴ったり。

一方、学生さんとしても、
一つの企業内定で満足するわけにはいかず、
今後のキャリアを考えてアレコレ担保がほしいところ。

大変な世の中です。

それでも生き抜いていかなければならない。
ということは、強い人間に育つのかな?

採用担当者も学生さんもまだまだ活発な動きが続くようですね。


posted by suzumura at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月13日

労働協会「面接対策セミナー」と自分の強み


去る2017年11月8日、
愛知県労働協会さん主催の「面接対策セミナー」の講師を
担当しました。

20171110夜明.JPG

雇用保険求職活動認定事業の一環で、
再就職支援セミナーのひとつです。

時間は、14:00〜16:00の2時間。
やや短いのですが、それだけ集中できますし、
気軽に参加できるというものです。

内容は「採用面接を成功させるための基本とスキル」

時間が限られているため、
Net等で方法が満載されている
「応募書類の書き方」にはふれず、
「採用面接時のビジネスマナー」などはさっとおさらい。

なによりも、見ず知らずの人々が集まることを絶好のチャンスとし、
採用面接のロールプレイングに時間を割きました。
つまり、参加者が「応募者役」と「面接官役」になって、
模擬面接を体験するのです。
部屋の2つのドアを利用して、
外からノックして入り、面接を受け、退室するという流れです。

私の説明不足で最初はやや混乱。
申し訳ありませんでした。

とはいえ、参加者のみなさんの機転の利いた動きで、
模擬面接はうまく進みました。
(と思っていますが)

お互いの印象の交換や、反省会を自主的に行って、
気づきや学びもあったようです。
就活が成功しますように!


ところで、セミナー講師として、
自分の思い込みを再発見しました。

スタート時、アイスブレイクと自己紹介を目的に、
「自分の強み」もしくは「自分の特技」を紹介する
ワークを実施しました。

その後も「自分の強みと前職でのエピソード」など
採用面接での定番質問に答えるロープレを行いました。

すると、参加者からこんな声が。

「自分の強みを言うなんて、自慢しているみたい。
(で、なんだか嫌だなあ・・・という心の声)」
「自分の強みなんて、今まで考えたことないし。
(ピンとこない。必要あるのかなという心の声・・・)」

ああ、そうか。

私は、その日参加している人々は、
「採用面接で『自分の強み』を尋ねられることは、
当たり前だとわかっているはず」、
と思い込んでいたのです。

でも、そうでない人もいる。

一般の履歴書には「自己PR」欄があるものが多く、
そこには自分の強みや応募会社に貢献できるポイントを書きます。

採用面接でも、
経歴、退職理由、志望動機などに加えて、
「自分の強み」を質問されることは定番。

それを知っているのは、
就活の準備を進めている人、
あるいは何度も採用面接を経験している人。

一方、就活を始めたばかりの人や、
就活しようかどうかを考えている人は、
知らないかもしれない。

確かに、就活を考えていない人にとっては、
「自分の強み」を考えることもないだろうし、
自分の強みを口に出すことは自慢話のようで気が進まないと
思うでしょう。

最近はやりのキャリアデザイン系のセミナーでも
「強みと弱み」を考えますが、
その機会のない人は、考えることもない。

そこで思い出したのです。
私が担当するコーチングの研修では、
「自分の強み」を語り合う場を設定しているのですが、
同様の意見が出ることを。

教訓。
どんなときでも、自分の思い込みを外すべし。
反省です。

ところで、この再就職のための「面接対策セミナー」、
来年の2月26日(月)午後2時間から、
ウィンク愛知17階で開催します。
ご興味があったら、ご参加を。
無料ですし。




posted by suzumura at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月07日

青学が3位で


先日の全日本大学駅伝でも1位になれなかった青山学院大学。

先の出雲駅伝も2位でしたね。

20171018➁.JPG

東海大学はよく頑張りました。

が、毎年選手が入れ替わるのが大学駅伝なので、
勝敗はわからないのかも。
他校も優勝を狙うために必死に努力するでしょうから。

まあ、こうなると世間は冷たい?

先の小池都知事ではありませんが、
おごりなどと言われてしまうのではないでしょうか。

現に、報道によると、
今回優勝した神奈川大学の大後栄治監督は
選手からの胴上げの申し出を断ったというのです。

その理由として
「ここで(選手を)褒めると天狗になってしまうので
しっかり準備したい」とのこと。

まるで。
原監督の「ほめて育てる」方法を否定するかのよう。

TVなどでは報道されていませんが、
関係者は、陰口を言っているかも。

あれだけテレビに出て、あれだけ本を出し、
あれだけ講演会に登場していれば、
いろんなことを言う人がいてもおかしくありませんね。

また報道によると、
青学の選手たちへのマスコミのインタビューは
シャットアウトだったとか。

優勝とそうでない場合の差って、大きいですね。

一般人として思うのは、
箱根駅伝で初優勝した3年前は、
選手たちがとてもニコニコして「楽しかった」などと
発言していました。
いいなあ。こういう育成方法もあるのだなと
感じました。

でも今年は・・・。

試合を楽しんでいるとは思えないような、
厳しい表情が印象的でした。

やはり優勝を続けたことで何かが変わったのか・・・?

私は専門家ではないのでよくわかりません。

でも選手たちはどう思っているのかなあと、
ブレーキになった選手のことも
ちょっと心配。

今回の件をバネに、気持ちを切り替えてほしいと思います。


そして、お正月の箱根駅伝はいかに。

ワクワクドキドキしながらの観戦です。



posted by suzumura at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月01日

朝の来ない夜はない


雨が降っていなければ、
ほぼ毎日、早朝ウォーキングをしています。
早起きが得意な私なので、まったく苦になりません。
朝の夜明けを感じながら歩くのは、とっても気持ちがよくて、
夜明けのパワーもいただいています。

11月に入って、出発するときあたりは真っ暗。
そのうち徐々に明るくなってきます。

気がつくと空が白み始めている、というように、
静かに静かに夜明けの時間がやってきます。

そんな今朝も、荘厳な夜明けでした。
東の空に濃い灰色の雲のとオレンジ色。
そして、帰り際の6時30分ころ、素晴らしい光景に出会いました。

2017111夜明け.JPG

なんだかパワーを感じませんか?

歩いているので、いつどんなタイミングで、どんな場所で、
素晴らしい景色に出会うのかは、まったくの偶然。
今朝も偶然でした。
歩いている場所によって、見える光景もまったく別物ですから。

今朝は特に太陽が私を見守ってくれているような・・・。

こうした夜明けに接すると、
いつもこの言葉を思い出します。

朝の来ない夜はない

調べてみると、あの有名な歴史作家「吉川英治」の言葉だとか。

複数の作品に出ているようです。
そのフレーズは。

「たとえ、いかなる逆境、悲運にあおうとも、
希望だけは失ってはならぬ。『朝の来ない夜はない』のだから」

「『朝のこない夜はない』
永遠の夜はなく、永遠の昼はないように、
苦労の後には必ず喜びの日も来るだろう。」

貧しい家の出身で相当苦労した吉川英治さん。

がんばっていれば、いつかは必ずよい方へ変わると信じて、
努力されたのでしょうね。
夜明けは必ずくると・・・。

いい言葉です。

苦境にあるとき、
万事休すと思ったとき、
出口が見えないとき、
思い出したい言葉です。



posted by suzumura at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月13日

サークルKが・・・


セブン・イレブンが一人勝ちの中で

先日早朝ウォーキングで、久々に通った道。
すると、
時々利用している「サークルK」が・・・閉店?

2017サークルK閉店.JPG

ビックリしました。
なんか、もの悲しいたたずまいです。

近くでゴミ出しをしている人がいたので、
「あのサークルK、閉店ですか?」と尋ねると。
「ええ、半月くらい前から」
(そんな前から?)
「ファミマになるのかしら?」
「いいえ、完全撤退のようよ」

ユニーがファミマに合併されて、
近くの「サークルK」がどんどん「ファミマ」になっています。
「開店!+特売」のチラシも入ってきます。

「そうか、がんばってるな。品揃えも期待できるかも」
と思っていたら、
昨日(10月12日)、664店閉店の記事。

例えば中日新聞。
「ユニー・ファミリーマートホールディングス」は、
2018年2月期にコンビニのサークルKとサンクスの
計664店を閉店する。


日経には、
「ユニファミマ、8%増益」との見出しで、
「看板一本化が効果」としています。

サークルKの看板をファミマに一本化して、
集客力が高まっているため、
だそうです。
さもありなん。

その一方で、
「サークルKとサンクスの不採算店舗の閉店規模は
期初に予定していた369店から295積み増し、
計664店にすると発表した」


そりゃそうかも。
不採算店は閉店するしかないものね。

私の近くではコンビニが出店して20年以上たちます。
多くのコンビニが閉店し、デンタルクリニックになったり、
工務店になったり、コインランドリーになっていますから。

だからちょっと不便に。

一方で、
小売業の雄、「セブン&ホールディングス」は、
コンビニの好調が報道されています。
今日(10月13日)の日経には、
「おにぎりや麺類を刷新し、独自企画商品の
『セブン・プレミアム』は野菜や精肉といった生鮮食料品を充実させた」

などで、2年ぶりに過去最高益を更新したそうですよ。

すごいなあ。

一消費者としてみると、
正直、セブン・イレブンはいい。
おにぎりもサンドウィッチも独自のお菓子もおいしいし、
品揃えもいいですね。
ドーナッツはイマイチのようですが。

商品企画力がなんといってもすごいと感嘆しています。

コンビニは、ご夫婦で運営されている場合が多いようですが、
お客様が入らないと大変ですね。
脱サラしてオーナーに!などのフレーズで、
参加を募集しています。
実態は厳しいと思えるのですが。

そういえば、やや遠くの駐車場だったところが整地され、
ローソンになるとの看板がありましたが。
先日通ったら、店舗や駐車場は整備されていても、
看板もなにもない。
ま、いろいろ事情があるのでしょうが。

その通り沿いにはセブン・イレブンがあり、
さらに行くと、ローソンがあり、
さらに行くと、ファミマがある。

競争の激しさが想像できます。
その道を通るドライバーは、
やはり自分のお気に入りのコンビニしか利用しないでしょうから。
大変でしょうが、がんばりどころですね。

近くには、歴史ある「サークルK」がありますが、
ファミマになるのかしら?

消費者としては、
コンビニ生活を楽しみながら、
各店の品揃えや接客対応に注目していきたいと思います。


posted by suzumura at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月09日

神鋼も・・・


世は、三連休の最後、体育の日でお休みですがぁ。

2017109夜明け.JPG


あの重厚長大の大企業「神戸製鋼所」がデータ改ざんと。

・・・神戸製鋼の社員、関係者は、
休んではいられないでしょうね。
大騒動で、対応に追われておられることと思います。
大変です。

日経新聞によると
「生産するアルミ製部材について
強度など顧客が求める品質基準を満たしていなかったと発表した」

最近、日産自動車の不正が報道されたばかりで、
大企業の不祥事が続きますね。
大丈夫か、日本の製造業・・・。

さらに
「10年前から組織的に」
「改ざんには管理職を含む数獣人が関与。
組織ぐるみの不正」

中日新聞には、
記者会見した梅原副社長(なぜ、社長が出ない???)が、
「納期や生産目標のプレッシャーがあったと説明した」とあります。

ああ。
そうしたプレッシャーって、どの企業、どの業界でもあるはず。
なんでかなあ。
その10年間、関係する人々はどんな気持ちだったのか。
ことに若手の思いを考えると・・・。

「顧客が求めるデータ書き換えの多面法令やJIS違反ではない」
と日経にありますが、
じゃあ、顧客に対してどうなの?約束をやぶっているよね、
って思います。

上司から不正を暗に指示されたら、
どうしますか?

それが、今の課題です。


posted by suzumura at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月03日

元気の前借りと過緊張


疲れ。ストレスをため込まない

2016913.JPG

私事ですが、昨日の10月2日。
とうとうダウンです。
体調悪い。だるい。元気出ない。顔が笑えない。
やがて胃が痛い、胃が重いとなって、
せっかくの約束をキャンセル。
申し訳ありませんでした。

私、こういうこと結構あるのです。
原因は、頑張り過ぎによるもの。
そして暴飲暴食もあるかもしれません。

あなたも、ぜひ気をつけてください。


■ 体調不良の原因1「元気の前借り」

世に「元気の前借り」という症状があるそうです。

根を詰めて仕事を乗り切ったあと、
ドット疲れて体調を崩すという状態。

最近、
疲れを感じていても、
こなさなければならない仕事を乗り切るため、
エナジードリンクに頼りすぎることも、
「元気の前借り」であるといわれています。

ビジネスパーソンなら、アルアルですよね。

私は余程でない限りエナジードリンクは飲んでいません。
会社勤務の時代は、ほんとよく飲んでいました。
仕事もでしたが、人間関係にもストレスを
感じていたのでしょう。

独立した今は、人間関係のストレス、
ほとんど、まったくありません。

それでも、仕事など根を詰めてしまうタイプです。
いつか体調不良になることが想定できるので
元気なうちにできるだけやっておこうと
思っています。
その習慣が良いのか、悪いのか、
改めるべきなのか、正解が出ません。


■ 体調不良原因2「過緊張」

今、ビジネスパーソンに「過緊張」が多いようです。
ネットによると、
過緊張とは
「自律神経の交感神経が過剰に緊張した状態」

産業医さんが、社員から相談される過緊張状態を挙げています。

「家に帰っても頭の中で、
仕事や職場のことをずっと考えてしまって落ち着かない」

「日中に上司(または同僚、クライアント)から言われた言葉が、
寝る前になっても頭から離れない」

「明日すべきことが山積みで常に時間に追われ、
夢の中でも仕事のことを考えている感じ」

これ、アルアルですよね。

私の若いころ優秀な先輩から、
朝イチで「昨日のあの件、考えたんだけどこうしたらいいんじゃない」
と指導されました。

当時の私は
「えっ!先輩、会社以外でも仕事のこと考えているの?」
と驚きました。

やがて私も、
通勤時間も
お風呂でも、
寝る前にも、仕事のことを考えるようになりました。
そして先輩のように朝イチで、
みんなに提案できるようになったのです。
当時の私は
「ああ、ちょこっと一人前になれたかな」
なんて満足感を感じていましたが。
まあ当時は、今のようにストレスフルな状況ではありませんから、
というか「ストレス」という言葉さえ聞きませんでした。
幸せというか、のどかな時代でしたね。


■ 過緊張になるとどうなるか

「寝床に入っても何時間も寝つけない」
「寝ついても、仕事の夢ばかり見て夜中に何度も目が覚める」
「数時間しか寝ていないのに、明け方に目が覚めてしまって眠れない」
などに不眠症状に発展。

これらは
うつ病の一歩手前である「抑うつ状態」だそうです。

誰もが経験しているのではないでしょうか。


■ 過緊張予防には「瞑想」が効果的

最近「瞑想」だけでなく「マインドフルネス」という言葉も
よく耳にします。
「マインドフルネス」とは、「瞑想」による脳の休息方法で、
米国で流行っているそうです。

ただ休むだけ、ボーっとしているだけでは、
脳の疲れは回復しないのです。

確かに、ボーっとTVを観ていても、
イマイチの時ありますよね。

そこで「瞑想」の出番です。

丹田(おへその下)を意識して
深い腹式呼吸をゆっくりとすることは、
脳がリフレッシュされるとか、
心が穏やかになるとか、
昔から提案されています。
「座禅」もその一つですよね。

瞑想にはいろいろなやり方が提唱されていますが、
型にとらわれず、10分でも5分でいいから腹式呼吸をする習慣を
つけるといいとされています。

さらに、歩いたり、食べたり、オフィスの椅子に座ったり、
ストレッチしたりしながらでもマインドフルネス瞑想ができる
と言われています。

自分にあった方法で、5分から始めてみるといいですね。

詳しくお知りになりたい方は、
ネットで。


■ おわりに

そういえば私、最近「瞑想」していませんでした。
・・・飽き性、かつ忘れっぽい私です。
脳が疲れた状態が、続いていたのですね。

今日から「瞑想」再開しよう!
と思う今日この頃。

あなたも、
ひどくならないうちに、
休養と瞑想を!



posted by suzumura at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月30日

日産が・・・


まったく、いつ、何が起こるかわからない日々。
めまぐるしい変化の一週間でしたねえ。

2017930空.JPG

「さらさらありません」
かっこいい!
ですよね。
リベラル派の方は、新党を立ち上げた方がいいと、
素人の私は思ってます。

安倍か小池か・・・
ってのもなんかねエ。

そして。
昨日は日産の、
いわゆる不祥事か。

完成車検査に不備があったと。
法令違反の状態で工場から出荷された可能性があるとも。

法律では、自社が認定した検査員が完成車検査を行う必要がある、
とされているのに、
認定された検査員による検査ではなかったそうです。

それは、国土交通省の指摘で分かったようです。

ということは、
日産の検査担当の社員さんたちは、
わかっていたけれどスルーしてた?
あるいは、
わかっていなかった?

ゴーンさん、どんな手を打つ?

ああ〜〜。
「これはルール違反」とわかっていても、
上司の指示に従わなければならないときのつらさ。

そんなことのない組織で働きたいですねえ。


posted by suzumura at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月29日

アンテナを張り巡らし、風を読む


最近、驚きの報道が続きます。

2017916.JPG

例えば、
小池さんが
これまでをリセットして「希望の党」を立ち上げ、
代表になるというお話。
若狭さん、細野さん、ちょっと可哀そう。

さらに、
低迷している民進が希望に合流するというお話。
前原さんは全員が希望に合流すると発言しています。
だから、全会一致で承認したようですね。
が、
小池さんは選ぶ、つまり選別したいと。
TVでは、10人くらいは選ばれないという報道も。

わが地元の古川さん、近藤さん、赤松さん、
そして三重の岡田さん、
どうするんだろ?
小池さんの方針とは違う人もいるでしょうに。

また、昨日の日経夕刊。
トヨタがマツダ・デンソーと新会社設立するそうな。
EV、つまり電気自動車の基幹技術を共同開発するようです。
新会社名は「EVシー、エー、スピリット」。
世界で勝ちにいくためには、いろんな選択しがありますから。

ほんとに、いつどうなるかわからない時代。
会社勤務のあなた、
アンテナを張り巡らし、
風を読むこと、してますか?

営業員なら顧客の動向、
競合他社の動向、
自社の経営トップの動向。
そして部下たちの動向。
転職や退職、メンタル系疾病も注意深く
観ておく必要がありますね。

あるいは、
自社や自社のある部署が他社と合併する可能性も
ないわけではありません。
自分が知らないうちに・・・
なんてことにならないように。

うかうかしていられない時代です。

あなたのアンテナ、錆びついていませんか?


posted by suzumura at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月16日

自動車が、自動車産業が変わっていく


自動車は大変革時代に突入。乗り遅れると大変。

2017921夕焼け.JPG

最近、自動車の変化にまつわる記事が
頻繁に報道されていますね。

今日(2017.9.16)の日経新聞。
一面は「クルマ 異次元競争突入」の記みだし。

ルノー・日産自動車連合が昨日、
パリで中期経営計画を発表しました。
アライアンス(企業連合)として初めての
中期経営計画を策定したようです。

内容としては、
2022年までに人が運転に関与しない完全自動運転車を
実用化。
販売台数に占める電動車の割合を3倍高める。


自動車は「全自動」と「電気自動車」の時代に入るのですね。

ゴーン社長は
「自動車産業はこの先10年、過去50年よりも多くの変革を
経験する」と説明。


トヨタも全自動車の開発に取り組んでいたり、
英仏や中国がガソリン車を排除すると発表したり、
グーグルなどが自動車業界に進出したりと、
まさに「T型フォード発明以来の大変革」
突入するのですね。

各自動車産業はそれらを見据えて、
着々と開発に取り組んでいるのでしょう。
乗り遅れると大変ですもの。

一方、働く社員にとっても、
長年携わっていた業務がいつなくなるかわからない、
そんな時代でもあります。

自動車産業以外の業界でも…。

変化のスピードがますます速くなっている昨今、
私たちは、
自分は自分で守るという意識がさらに必要になってきますね。

逆にいうと、チャンスもあるということです。

さあ、研修講師の私、どうする??
どうなる?


posted by suzumura at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月06日

世代交代?65歳まで働く?


いつまで、どのように働き続けるか?

20179八重芙蓉.JPG


サッカーWカップ、オートラリア戦で快勝した日本。
活躍したのは20代前半の浅野選手、井手口選手。
かっこよかったですね。

昨日のサウジアラビア戦では、惜しくも・・・。

やはり「世代交代」なのかしら。

「世代交代」という言葉は、
スポーツ界などでは常に報道されていますよね。
アスリートにはどうしても体力的な壁があるようです。
レジェンドと呼ばれ、がんばっている選手もいますが。

世代交代と言われた方のアスリートは、
どんな気持ちでいるのでしょう。
悔しい?
サバサバしている?
織り込み済み?


一方、ビジネス界での「世代交代」といえば、
長年勤めてきた社長、会長が交代する場合や、
役員がごっそり入れ替わるときに使われます。

役職定年制度のある企業では、
50歳や55歳などで役職を降りるときが、
世代交代なんでしょうね。
こっそり喜んでいる部下がいるかもしれません。

とはいえ企業には定年制度がありますから、
基本的に60歳の定年までもめ事をおこさなければ、
働き続けられる、って訳。
安泰といえるでしょう。

そんな中、定年を65歳に引き上げるという企業も
出ています。

定年後も働き続けるという「雇用延長制度」とか「継続雇用制度」は、
2004年頃から厚労省が通達しているので、
60歳以降も働き続けるという意識は、
誰もが持っているでしょう。

60歳以降、その企業で働き続けるかどうかは、
本人が決めることができます。

しかし定年が65歳に定められるとなると、
嬉しいやらうんざりやらが、正直なところではないでしょうか。
と、私は思ってしまいます。

65歳まで半強制的に何年も働かなければならない。
60歳を過ぎての5年間は、長いと思いませんか?

加えて・・・。
賃金が下がる企業も多く、
これまでより、安い給料に甘んじなければならない。
これはちょいと酷かもしれません。

部下が上司になって、指示されなければならない。
これまで指示していた年下の部下に、
使われるという気分。

とある雑誌には、
役職定年後、とても困る、つまり使えない社員もいるようです。
それまで役職者として、細かな作業、雑用、
身の回りのことまで、すべて部下がやっていたので、
自分ではできなくなっている。
態度は、偉そう・・・だし。

周囲にうとまれながら働き続けることも、なんだかなあ。


「世代交代」と言われてしまうと、
ちょっと悔しい気持ちもするけれど、
次のステージを目指すこともできます。

65歳まで同じ企業で働き続けることもいいけれど、
転職でも起業でも独立でも留学でも、
自分が納得できる働き方をしたいですね。


posted by suzumura at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記