2019年10月30日

BCS名古屋研究会 於「わらじや」


先日「BCS名古屋研究会」が開催されました。

「BCS名古屋研究会」とは。

東京にある「ビジネスコーチ社」が主催する
「ビジネスコーチ養成講座」を受講した、
愛知県出身者3人で、定期的に勉強会を開催しています。

もう、10年以上も続いているのです。

一時は、転勤などで中断したこともありますが、
今年に入ってから復活し、
現在は2名が加わり、計5人で構成されています。

メンバーは、食品大手メーカー出身役員を筆頭に、
コンサルファームの社長、IT関係の社長、マネジメントなど
そうそうたるメンバー。
有意義な話題がいっぱいの、異業種交流会といえます。

先日開催された場所は、
名古屋めしで有名な「矢場とん」が運営する「レストランわらじや」

ここ、マジで美味しいのです。

名古屋市の矢場町にある「矢場とん」の南を一歩入った路地に、
ひっそりとたたずんでいます。

20191029わらじや.JPG

コンセプトは
「『矢場とん』よりもゆっくりと食事お酒を楽しめる場を」
ということで、納得です。

実は、このお店は、数年前にメンバーが紹介してくださったお店で、
すごく美味しいという記憶が鮮明に残っていて、
今回、ぜひこのお店に行きたいと、決定しました。

お料理はコース料理
•プレミアムコース 5,500円
•プラチナコース 6,900円
•プレジデントコース 8,300円
   
今回は、東京から来ていただく方のために
名古屋めしを楽しんでいただこうと、
幹事の方が「プラチナコース」を選択。

ほんと、美味しかったです。
メニューは・・・

•わらじやのおばんざい
•名物手作りしゅうまい
•どて煮と串揚げ
•季節のグリーンサラダ
•お箸でほぐれるスペアリブ
•おっきな海老ふりゃ〜
•〜南九州産豚肉〜
•豚骨しゃぶしゃぶ 〜黒豚つみれ付〜
•〆の中華麺
•焼きたてエッグタルト

いずれもすんごく美味しくて、ボリュームもあって
大満足です。

圧巻はやはり「豚骨しゃぶしゃぶ」!!
豚骨スープにつみれと薄切りロースをしゃぶしゃぶして
いただきます。
付け合わせの野菜は、なんと白髪ねぎのみ。
最高のマッチングでした。

締めは、細麺のラーメン。

ということで、お腹満足、酔っぱらいました。

おっと、
本題の「研究会」の中身ですが・・・

近況報告や、コーチ、講師としての現状、最新情報、
そしてこれからのキャリアについて話し合いました。

やはり、シニア層(男女とも)の活性化が話題に登りました。

70歳まで働く社員を持つ企業にとって、
シニア層の活性化はまったなしです。

私も、シニア層の活性化に向けたプログラムを企画しようと思いました。

有意義な「BSC名古屋研究会」でした。

みなさまありがございます。幹事の方にも感謝です。


posted by suzumura at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月22日

即位の礼を祝う


今日は即位の礼。

20191021ピラカンサ.JPG

ほとんどの企業がお休みでしょうね。

私も、さきほど仕事がひと段落したので、
これからの今日は、TVにくぎ付けで、
即位の礼を、お祝いしたいと思います。

ところで、
皇室って、大変ですね。
と、つくづく思います。
特に、奥様が。

あんなにバッシングされていた人が、
手のひら返しの報道をするマスコミ。
特に、週刊誌。

ああ、神経、持たないだろうなあ。

けれど、雅子様は困難の時期を経て、
今年、花開きましたよね。

応援しています。

が、いつ、バッシングの流れに変わるかもしれないと思うと、
やはり神経、休まりません。

秋篠宮家も、ああ、大変。

皇室のお話がマスコミ、週刊誌に出るということは、
関係者がリークしているってことですよね。

なんだかなあ。

小市民の私は、安心です。

が、ひとたび、良くないことをしでかすと、
バッシングです。

あの小学校の教師も・・・

話はそれてしまいましたが、
今日は、お酒をいただきながら、
即位の礼をお祝いしたいと思います。

令和の時代も、いい年でありますように!



posted by suzumura at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月17日

TVドラマ「岸辺のアルバム」


台風19号。
その後名古屋は秋晴れが続き、寒くなり。
でも、週末はまた雨?

201918夕方.JPG

それにしても、なんと広範囲の被害なのでしょう。
寒くなるし、大変です。

最近は平屋建てがブームのようですが、川付近では・・・
そして、東京って、災害に脆弱な街かもしれない、
と思ってしまいます。

東京五輪のマラソンを北海道で、というアイデアも、
うなずけますし。

そんな中、あの多摩川の決壊の被害も甚大ですね。

そこで思い出すのが、
TVドラマ「岸辺のアルバム」です。

とあるTVで、インタビューに答えていた人も、
この「岸辺のアルバムを思い出す」とおっしゃっていました。


■ 岸辺のアルバムとは
(つい、Wikipediaで調べてしまいました)

山田太一脚本のテレビドラマ史に残る名作。

淡い水彩画のような、おっとりしたタイトルとは裏腹に、
このドラマはあえて「衝撃の家庭ドラマ」と銘打っている。
激情的な人間模様、生臭い話、どろどろした性の問題を内包した作品だ。

私の記憶では、
良妻賢母的な母親が(あの上品で慎ましやかそうな、八千草薫さんが
演じています。きれいだった)
声をかけられた男性(今は亡き、イケメン「竹脇無我」さん)と
今でいう不倫に陥り・・・。

最初は断っていたけれど、だんだんと惹かれていく、
その様が記憶に残っています。
ちなみに、1977年の作品です。
古いですねえ。
えっ!生まれる前ですって!・・・

その妻と、父親、娘、息子という4人家族です。
それぞれ色々な問題を抱えいるという設定です。
幸せそうに見える家庭でも、どこでも起こりうるような問題が
見事に描かれています。
さすが、山田太一さんですねえ。

そして、極め付き。
最終回、台風で多摩川沿いにある家が、
川に飲み込まれていくのです。

その様を茫然と見つめる家族4人。

ということは、昔から多摩川って、氾濫しやすい川?

ハザードマップ通り、という報道もあります。

再度、自宅や会社のハザードマップ、点検する必要が
ありますね。

でも、もし「氾濫」や「土砂崩れ」などの危険地帯だったら
どうしたらいいのか?

自助努力で・・・引っ越すしかないかなあ・・・


posted by suzumura at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月15日

富山ではスーパーのお刺身も美味しい!!


先日、富山に出張してきました。

最近、食べ物の話題をアップしていませんが、
あまりにも美味しかったので、
ご紹介します。

富山と言えば、寒ブリ、シロエビ、ホタルイカなどのお刺身や、
ます寿司、最近は富山ブラックラーメンなど
美味しい食べ物がいっぱい!
日本酒も美味しいですよね。

遠方出張の場合は、当然前日に入ります。
普通なら、ホテル近くの居酒屋とかお寿司屋さんで
美味しい物、そして名産の日本酒を堪能するはず。

クライアント一緒なら、接待したり、接待を受けたり。

ですが、私一人の場合、
もう、なんとなく面倒だし、お金もかかるし
ということで、
ホテルで食事を済ませます。

これまで富山出張の場合、
富山駅の中にある名産品売店で、
いろいろ見繕ってホテルでいただいていました。

先日ブラブラしていたら、スーパーがあることに
気づいたのでした。

そこは「アルビス」という
富山県射水市に本社を置く大手小売業者、卸売業者
が展開しているスーパーマーケット「アルビス エスタ店」。

なんと、富山駅沿い東側のビル、
電鉄駅ビル地下一階という、好立地です。

入ってみると、
夕方ということもあり、多くの買い物客の姿がありました。

入り口左に、富山名産品コーナーがあり、
日本酒が並んでいます。
で、すぐさま「立山」のカップを購入。

鮮魚売り場を覗いてみると、
なんと「氷見港、朝とれ」のシールのあるお刺身のパック売りがあるではありませんか!!

おお! あの有名な「氷見港」の「朝とれ」
ということは、美味しいだろうなあ!
と、迷うことなく2つも購入しました。

銘酒「立山」とお刺身のパックです。

201910富山朝とれ.JPG

・真アジ刺身
・つかい鯛刺身

いずれも398円(税込み430円)

それが、
すんごく美味しかった!
ペロッと、2皿いただきました。
「立山」も美味しくて。

病みつきになりそう!!

ちなみに、
私は、高速バスで行きました。
名古屋から富山へ行く場合、今、電車では乗り換えが多いので、
面倒です。
なもんで、高速バスを利用しています。
お値打ちだし。

所要時間は4時間30分程度。
乗車客は少なくて(行きは7人、帰りは12人)、
ゆったり過ごせます。

で、
その行きのバスに同乗していた、高齢ご夫婦と、
ハイキング(?)装備の中年男性、
カジュアル服装の中年男性も
そのスーパー「アルビス」でお買い物していました。

ああ、みんな節約ムードなのですねえ。

富山出張、良かったです!!


posted by suzumura at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月23日

三菱UFJ銀行と三井住友銀行のATMが


三菱UFJ銀と三井住友銀のATMが共通化/span>

あの三菱UFJ銀行と三井住友銀行のATMが
共通化するとは・・・。

報道によると、合計2800カ所が対象だそうです。

世の中変わりましたね。

電子マネーの広がりもあり、
ATMの利用件数は10年間で2割減少した。
顧客からの手数料では、維持費をカバーできないのが実情となっている。

だそうです。

私たちにとっては、便利になりますが。
というか、この東海地方は三菱UFJが主流です。

報道によれば、
計600〜700カ所のATMは近接しているため
順次廃止する方向で、年数十億円の経費節減を見込む。
とあります。

ああ、ご近所のATMが廃止になると不便です。

消費税アップで、電子マネーの優遇措置もあるとか。
いまだ、電子マネーを使っていない私です。

どうなることやら・・・。

銀行員さんも大変です。



posted by suzumura at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月19日

新聞は、軽減税率対象?


いよいよ10月から、消費税が10%。

あちこちで駆け込み需要もある?とかないとか。

私自身は、ほとんど、まったく意識していません。
駆け込んで買うこと自体が、浪費につながる、
なんて考えますから。

さて。
そんな先日、
宅配新聞にこんなチラシが。

20199新聞軽減税率.JPG

ああ、定期購読の新聞は
軽便税率の対象なんですね。

ネットによると

「消費税の増税とともに導入されるのが軽減税率制度です。
消費税が上がったことで家計への経済的な負担が増加します。
そこで、日常の中で必要になるものは消費税の税率を軽減することで、
消費者の経済的な負担を抑えるように設けられました。

現在日本で軽減税率の対象となるのは、飲食料品と新聞です。
このうち新聞には、次のような条件が設けられています。

・定期購読契約が締結されていること
・週に2回以上発行されること
・政治や経済などの一般社会的事実を掲載されていること

・・・

スポーツ紙の定期購読はどうなるのかな?

とはいえ、新聞購読料って、結構お高い。
特に、日経新聞は・・・。

消費税アップで、家計費にも響きますが、
バランスをとった節約で乗り切りたいです。

あなたのお会社、業務にはどんな影響がありますか?




posted by suzumura at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月06日

男性と女性は違う


男と女は、考え方、行動が違う訳は?/span>

2019813.JPG


男性と女性。
世の中にはこの二種類の人間しかいなくて、
惹かれ合ったり、すれ違ったりします。

職場でも、どうしても理解できない異性の言動、
ありますよね。
もちろん、プライベートでも。

男性と女性は、脳やホルモンの特徴が異なるため、
すれ違ったり、腹が立ったりするようです。

(何度も言っていますが)学んでいるアンガーコントロールでは、
男女の脳やホルモンの差による怒りも紹介されています。

最近の科学は進んでいますね。
いろんなことがわかって来ています。


■ 男性脳と女性脳の差

・男性脳
男性は胎児の頃に
コミュニケーション中枢や、
情動を観察して処理する中枢が、
テストステロンによって縮小することにより、
「相手の声のトーンや表情から気持ちを読み取る」
ことが苦手である。

「言わなくても察する」ことは男性にとって難しい。

また、男性は恐怖を感じ攻撃を始める原始的な回路(扁桃)が
女性より大きいため、男性の中には急に暴力的になる人もいる。

・女性脳
女性は、言語中枢と聴覚野のニューロン(神経細胞)が、
男性より多い。
記憶形成の中心部の「海馬」も、
男性より女性のほうが大きいことがわかっている。

男女間の諍いのとき、相手の男性の昔のアラを一つ一つ並べて
責め立てる女性がいるが、
これは女性が
感情の表現と、
感情が絡む出来事を詳しく記憶する能力にたけているため
である。

また、女性が「誕生日」や「記念日」を重要視するのは、
その記憶が感情と密接に結びついているからである。


■ 男性ホルモンと女性ホルモン

・男性ホルモン
男性は、攻撃ホルモンと呼ばれる「テストステロン」の量が、
女性の10倍から100倍ある。

テストステロンは、会話や社交への関心を低下させる。

男性は人間関係の葛藤よりも、
自分の権威や地位を脅かす対象に強いストレスと感じる。

・女性ホルモン
女性が持っている、子宮の発達を促すエストロゲンが、
社会的なつながりやコミュニケーションを求める。

エストロゲンは、母性行動に不可欠なオキシトシンと相性がよく、
「誰かと絆を結びたい」「理解されたい」「共感したい」
という欲求が湧く。

女性の強いストレスのもとになるのは、
人間関係の葛藤や社会的に拒絶されること。


ああ、そうなんですねえ。
女性は、相手の声のトーンや表情から
相手のその時の気持ちを読み取ることが得意で、
共感力も高い。

そして、男性よりも女性がコミュニケーションやチームワーク
が得意で、重視する傾向もあります。

リーダーシップ傾向として、
「成果重視」よりも「人間関係」を重視することが高いのも
女性特有です。

まあ、一概には言えませんが。

ちなみに、私は「誕生日」とか「記念日」は、
ほとんど重要には思っていない・・・
やや男性脳傾向にあるのでしょうかねえ。


■ おわりに

男性と女性の差を理解しておくことは、
仕事の場面でもプライベートでも「良い関係づくり」には
役立ちます。

相手を決めつけないで、
客観的に見るコト、大切ですね。





posted by suzumura at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月03日

ソリタリーか?スキゾイドか?


孤独が好き、一人でも寂しくない・・・

201993朝焼け.JPG

今朝の朝焼けです。
すごくきれいでした。一瞬でした。

さて、
人格、性格、あるいは精神医学、心理学など
数多くの理論が出ていて、いろんなことが明らかになっていますね。

実は私、自己開示しちゃいますけど、
一人でも全然寂しくないし、
今や、人と群れることもあまりしたくない。
外出は楽しいけれど、家で一人で過ごすことも好き。
つまり「家ガール」です。

「そりゃ、おかしいよ!」
って言われることも多々。

けれどそんな性格にあてはまる心理用語があったのです。

それも2つも。

「ソリタリー」と「スキゾイド」です。


■ 「ソリタリー」とは

基本的には一人を楽しんだり、
一人の方が、心が落ち着いたりする人のこと。


■ ソリタリーの特徴

ネットに出ていることをかいつまんで言うと
次のようになります。
興味のある方は、ネットチェックを。

・孤独であり、他人と関わろうとしない
一人でいる状態でも十分満足しているため、
友だちを必要としない。
禁欲的。

・自立している
ソリタリーは自己完結型。
自分だけで行動したり、考えたりすることで満足する。

・他人の意見や感情に左右されにくい
落ち着きがあり常に冷静。他人の批判や賞賛があっても、
ある程度自分を保つことができる。
他人から干渉されることを嫌う。

あてはまりますか?
私にはあてはまりますが。


■「スキゾイド」とは?

スキゾイド・パーソナリティ障害とは、
社会的関係への関心の薄さ、感情の平板化、孤独を選ぶ傾向を
特徴とする人格障害。

社会的に孤立していて、対人接触を好まず、
感情の表出が乏しく、何事にも興味や関心が無いように見える
という性格特徴を表す言葉である。

スキゾイドの人は外力がないとほぼ一生独身で、
結婚も結婚願望の強い異性と受動的にする。


■ スキゾイドの特徴

1.家族を含めて、親密な関係をもちたいとは思わない。
あるいはそれを楽しく感じない。

2.一貫して孤立した行動を好む。

3.他人と性体験をもつことに対する興味が、
もしあったとしても、少ししかない

4.喜びを感じられるような活動が、
もしあったとしても、少ししかない

5.第一度親族以外には、親しい友人、信頼できる友人がいない

6.賞賛にも批判に対しても無関心にみえる

7.情緒的な冷たさ、超然とした態度あるいは平板な感情

上記から4つ当てはまればスキゾイド・パーソナリティー障害らしい。

私、これにも当てはまります。


■ おわりに

自分はちょっと変わっている、
と思うこともあったのですが、
このような傾向を持つ人間もいる。
となると、ちょっとホットします。
いや、実は、なんとも思っていません。
私は私ですから・・・。
自律している??

ネットでは、それぞれの良い面もあげられています。

ちなみに、
ソリタリーの人の会社での働きぶりとして、
・無言で黙々と仕事をする
・すべきことは何かを分かっていて仕事が早い
・発想力がありいいアイデアを出す
(いいことばかり!かも)
でも
・飲み会や社員旅行には基本参加しない
・休日出勤や残業はしない

仕事には熱心だが、人づきあいはよくない。
ってことでしょうか。
ちなみに、私は飲み会は参加派でしたが。

誰にでもある性格傾向。
自分の良い点を活かしていきたいですね。
欠点を武器にするのも手です。



posted by suzumura at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月26日

もしも採用責任者だったら


もし自分が採用責任者だとしたら・・・。

201981五時前.JPG


今、大きな費用と人材をかけた採用活動は必須の時代です。

名古屋だけでなく、東京や大阪で会社説明会を開いて、
会場探しやチラシづくり、
OBに声をかけ。

インターンシップの準備をして、
関係部署に頭を下げ。

二次面接、三次面接、そして役員面接を
開催して。

もちろん、
超有名就職情報企業と契約をし、
やっと内々定、内定を出したと思ったら。

メールで内定辞退が続出。

なんてことになったら、
ガックリですね。

だから、もしかして「R社」から
「内定辞退率の予測データ」の営業があったら、
飛びついてしまうかも。

「R社」だから、安心だし。

最近、この件が新聞を賑わしています。
私が購読している「日経新聞」だけですが・・・。

先日(8月24日)にも、
特集されていました。

なぜ「R社」は、このような事業を始めたのか・・・。

記事には、
「この事業『リクナビDMPフォロー事業』
(リクナビで集まったデータを企業に販売する事業)
が生まれた16年は
14年に就職情報サイト「マイナビ」に
掲載企業数で抜かれ、
巻き返しに躍起になっていた時期だ」

とあります。

ああ、そうか。
今、マイナビの勢い、すごいですよねえ。

で、

「競争激化でリクナビの存在感が低下し、
新規事業も生まれないなか、
リクルートキャリアへの風当たりは
グループ内でも強まっていた。

苦境の中で手を出したのが予測データだった。
親会社のリクルートホールディングス(HD)が
掲げる人工知能(AI)ビジネスにも合致する。
倫理上の問題を指摘する警鐘は競争に敗れる焦りから、
いつしかかき消されていった」

と続きます。

このアイデアを創出した人、すごい!!
さすが「R社」」の社員さんだ。
でも、いけないデータですねえ。

そして、
「問題発覚後の対応にも、
コーポレートガバナンス上の批判が出ている。
外部へのデータ販売にとどまらず、
自らも内定辞退率の予測データを使っていたと公表したのは
問題発覚から約2週間以上が経過した8月19日だ。
経営陣が公の場に出ての説明はいまだに実施していない」

こうしたデータを売ってしまう企業も企業だし、
それを購入する企業も批判されるでしょう。

就活生やその親御さんも、
発表された購入企業への不信感も
生まれるでしょう。

とある企業の採用担当者は、
いまや、内定辞退も、入社後の即退職も、
すべて織り込み済みでやっていると、
言っていました。

でなきゃ、やってられないと。

いろいろ考えさせられます。
この事件(?)これからどうなっていくのでしょうか・・・?


posted by suzumura at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月22日

研修の意味


なぜ研修に参加した方がいいのか?

2019714緑.JPG

世の中、さまざまな情報にあふれています。

ビジネスパーソンが身につけたい知識やスキル、
最新情報など、ネットにイッパイ出ていますね。

もちろん、関連書籍もいろいろあります。

情報収集にはことかかない今日です。

だから、書籍やネットで調べれば事足りる!
と考える人も多いかもしれません。

そこで思い出すのが、
私の経験談です。
このブログに何度も載せています。

私が人事部時代、研修の事務局を担当していました。
とある階層別研修(昇格前後にその資格要件を満たす
知識やスキルを身につける)での出来事です。

一日目の最後に講師から、
「なにか質問はありませんか」と問いかけがありました。

すると、受講者の一人が
「今日の研修内容は、本にも載っていることばかりなので、
こうした研修を開く意味はありますか?」
というような発言をしたのでした。

えっ!!

そんな質問が出るとは夢にも思わない私は
(当時、若輩でしたので…)
うろたえました。

ああ、そういえばそうだなあ。
こうした集合研修をする意味ってなんだろう?
わからん・・・
と思いました。

講師は、なにやら説明をしていたと思いますが、
覚えていません。

今の私なら、たとえ知っている知識、
あるいは実践しているスキルの研修だとしても、
参加した方がいい!と断言できます。

その理由とは?


■ 集合研修参加の意味

講師をしているからですが、
集合研修には収穫できるものが満載です!
・・・大げさかしら?

1.基本の再確認
既知の知識やスキルでも、
もしかしたら自己流になっているかもしれません。
あるいは、会社や職場ごとの独自のものも
あるかもしれません。
一般的な基本を再確認するので、
既知のスキル、知識がブラッシュアップできます。

2.グループワークの意義
グループワークは有益です。

・日頃の自分の考え方や思い、行動をふりかえることができる。
・他者の考え方、思い、行動を知ることができる。
・自分の考えや思いを深めることができる。
・新たな改善点、行動策が生まれる。
・他者との仲間関係が構築できる。

つまり、「気づきや学び」につながり、
それが自己変革、ひいては組織改革につながるのです。


■ おわりに

いかがでしょう?

研修案内を受け取ると、
「ああ、めんどくさい」
「いやだな」
「この忙しいのに」
と、嫌だなぁと思っているあなた。

研修は、受けるべきだと思います。
あなた自身のためにも。

自分自身のふりかえりと、
他メンバーからの刺激、
仲間づくり。
いいことずくめです。

研修に参加するときは、
講師からの話(情報)だけでなく、
他の参加者からもドンドン情報をいただくことを
心がけてみてはいかがでしょう。

そのためには、
あなた自身の「自己開示」も
必要ですね。



posted by suzumura at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月13日

旅先で、ご近所でリトリートはいかが?


夏休み真っただ中。
というか、はや中盤です。
で、あっという間に終わってしまいます。

私事ですが、
お盆の棚経(お寺様がお盆にお参りくる行事)が終わり、
お墓参りも終わり(ほんと久々でした)、
ゆったりと後半を楽しんでいます。

どこにも行かずにね。

とはいえ、
早朝のウォーキングへはGO!

休祝日は、できるだけお宮参りに行っています。

先日は、氏神様の針名神社へ行きました。

この針名神社には、針名稲荷社があります。

竹林が広がって、すごく神秘的。

2019812針名神社.JPG

で、ここで瞑想をしました。
リトリート気分です。

以下は、私の別ブログからの引用です。


■ リトリート (Retreat)とは?

リトリートとは、退却や後退という意味や
隠れ家、避難所という意味があります。

それが転じて
「非日常の空間で自分と向き合い、心身をリフレッシュさせる」
という意味で使われるようになりました。

仕事場や都会から離れて、
自然豊かな環境で「非日常」を体験する。
山や高原、海岸などに宿泊して過ごす。

リゾートに似ていますが、
こうした場所で瞑想やヨガを行い、
より積極的に、
疲れた心身を養生するのがリトリートです。

最近は、神社やお寺などリトリートを
行う施設が増えているようです。


■ 応用

何日も宿泊するような時間がとれない場合は、
少し遠出をして山登りやハイキングもよいようです。
森の緑や、爽やかな空気を感じながら歩きます。

小鳥のさえずりや風の音、川のせせらぎなどの
音を聞くと、人の神経は休まります。

こうした自然が奏でる音には「ゆらぎ」があり、
ヒーリング効果があるそうです。

海の風や波の音もいいですね。

ということで、
竹林に囲まれた針名稲荷社の一角で、しばし、瞑想。

クマゼミの鳴き声と、
少しの風に癒されました。


ぜひあなたも、
旅先で、
あるいはご近所の静かな場所で、
瞑想、してみませんか?

日頃の疲れた心、癒しましょう!


posted by suzumura at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月08日

今日はあの話題で持ちきりだろうなあ・・・


今週は、夏休みの私です。
ま、色々とあって、
不摂生な日々を送っています。

201987青雲.JPG


で、昨日
お昼過ぎにTVの報道番組を観たら、
なんとなんと、
画面には
小泉進次郎さんと滝川クリステルさんが
官邸とおぼしき場所で、会見している。

ええ?って感じ。

で、
お二人のご結婚とおめでたが
報じられているではありませんか!

ああ、びっくり!

そして、おめでとうございます。

ああ、こういう手があったのかって。

将来のファーストレディかって、
外国人と対応するお二人の姿が浮かんできました。

今日の新聞やTV、ネットでは、
このお二人の話題でもちきりだろうなあ。

夏休み中の私も、もちろんTVのハシゴ。

今後、お二人ご一緒の映像を観るの、
なんだか楽しみです。

それにしても、
昨日の進次郎氏。
饒舌だったなあ。
スタッフが切り上げようと、少し口をはさんでいたいたようですが、
喋り続けていましたし。

嬉しかったのだろうなあ・・・。
余程。

おめでとうございます!

小泉孝太郎さんは、どうする?



posted by suzumura at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月22日

テープ回してないやろな


いろいろな事件が、次々と発生していますね。
選挙もなんだか・・・

それにしても、
お二人の会見。

私も泣けてきちゃいました。

その中で、
このフレーズに注目してしまいました。

「テープまわしてないやろな」

ま、今やテープというより録音というフレーズでしょうが。

企業側としては、
録音の有無を確認することが、
今や通例となっているのでしょうかね・・。

しかし・・・


いろいろと考えさせられる事案が次々と発生しています。

松本人志、どう動いたのかなあ。
すごいなあ。

どうなるのかなあ・・・




posted by suzumura at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月05日

感謝の手紙を書いてみよう


幸せを感じる「感謝の手紙」


2019623参道.JPG

ポジティブ心理学の第一人者、
ハーバード大の「タル・ベン・シャハ―教授」

著書「人生を変える授業」(だいわ文庫)には、
いわば幸福感を高めるための多くのワーク(演習)
が記載されています。

今日はその中で「感謝」に関するワークを
ご紹介しましょう。


■ 「ありがとう」を言う

書籍では、
「相手に感謝の気持ちを表すことは、充実した人生を送るために
大切なことです」

そして、ポジティブ心理学の産みの親、
「マーティン・セリグマン教授」の結果報告を
紹介しています。

大学の講義の中で、学生たちに
「お世話になった人の感謝の気持ちを表す手紙を書き、
その人を訪問して手紙を読み上げる」
という課題を与えたのでした。

その結果、
「感謝をささげる側、受けとる側、
双方の関係に大いなる恩恵をもたらした」
ようです。

「1通の感謝の手紙で幸福感は増す」
そうです。

確かに、人への感謝の気持ちを実感することは、
自分が恵まれていることや幸せを感じ、
すごくホットな気持ちになります。

ちなみに、この本以外にも
いろいろな書籍で「感謝」することの大切さが
提唱されています。

では、具体的な感謝の方法をみていきましょう。


■ 「感謝の手紙」ワーク

・感謝している人の名前をリストアップする
(最低5人)

・手紙にその人が自分にしてくれたことを書く

・その時の気持ちや、今どう感じているのかも書く

・手紙を出す(もしくは自分で届ける)

*感謝の手紙は毎週1回、
すくなくとも1か月に1回書く


■ おわりに

まずもって、
感謝している人の名前、5人以上書けますか?

スラスラと出てくるなら、
素晴らしい!
日頃から、感謝を感じているのでしょうから。

なかなか出てこなかったとしたら?

その人に手渡すかどうかは別にして、
まずは、手紙を書いてみませんか?

それだけでも、気持ちが平和になってくるでしょう。



posted by suzumura at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月28日

仕事で成果を出し、武器も磨く働き方


武器磨きも、今の仕事で成果を出すことも両方大切な時代に

2019612夕方太陽.JPG

巷では、
副業を容認する企業が増えていると、
報道されています。

本業に役立つとの理由もあるでしょうが、
雇用を保証できないという裏事情もあるかも・・・。

一方、
ここ、製造業の多い愛知県では、
副業を認める企業は少ないようです。

保守的?
かもしれません。

定年まで雇用が保証されているってことも
あるでしょう。

従業員の雇用を保証することが、
ポリシーとなっている企業も多いようです。

ところが。

この副業や、独立、転職といった風潮、報道に対し、
そうではない自社に対し、
上司に対し、
自社は古い、
わかっていない、
と嘆く若手社員もいます。

最近は、若手社員が自己啓発で、
大学院に通ったり、
資格をとったりしています。

が、それらを容認、評価することなく、
目の前の仕事で成果を出すことのみを求める上司も
多いのです。

ではどうするか。

自分の努力を認めない上司に対し、
どうするか。

一つの方法は、
転職でしょう。

今や転職は、ビジネスパーソンにとって、
当たり前で、キャリア開発の一つの手段ですから。

転職のエージェントも多く、
中堅クラスでもある程度容易に転職できます。

今の仕事、会社の先が見えてしまうことや、
自分の本当にやりたいことが見つかって、
「この会社にいても、自分の将来はないな」
と感じたら、
転職もありでしょう。

でも、
そうでもないときもあるでしょう。
この会社に、当分いたい、
けれど資格もほしいし、
上司にも認められない、
と思う場合もあるでしょう。

そんなときは、
自分を認めてくれない上司の下にいることを嘆くのではなく、
上司に認められるように努力する。

そう、
会社にいるときは、
上司に認められるような働きをする、
結果をだす。

けれど、
プライベートでは、
自分の武器を磨く。

そんな意識が必要だと思うのです。

いつかのために、
自分の武器を磨き続ける。

一方で、
今の仕事でも成果を出す。

いかがでしょう?



posted by suzumura at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月25日

日曜日のセルフコーチングを間違えてUP


毎週日曜日は、セルフコーチングの日。

ということで、
毎回、この「ビジネスコーチの日記」にアップしているの
ですが。

先の6月23日は、
私が運営している、別のサイトにアップしてしまいました・・・

タイトルは「今日も新しいこと発見!」
http://suzunao.sblo.jp/

日々出会ったコトやモノ。
特に、自然系が多いブログです。

ま、どうでもいいお話も多いのですが。

で、ほぼ毎日、両方のブログをアップしているのですが、
先日は、
何を血迷ったのか、間違えてしもた。

次回は、間違えないようにします。

おっと、
その「今日も新しい発見」の方も、
気が向いたら、チェックしていただければ、
幸いです。


posted by suzumura at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

やっぱ、ウソついたらあかん


人間って、「ウソ」をついてしまうもの。
ですよね。

201963夕方.JPG

それには、その人なりの理由があって、
組織を守りたいから、
家族を守りたいから、
仲間を守りたいから、
部下を守りたいから、
そして、
自分自身を守りたいから・・・。

もしかして、ウソはついていないという理解であったとしても、
事実を照合してみると、
自分はウソを言っているかもしれない、
って、わかる。

古今東西、ウソはばれてしまう。
ことが多い。

すると、
状況はどんどん悪くなっていく。

とすると、
自分や自分に関係する組織に不祥事やミスがあった場合は、
素直に素直に認め、心から謝罪をすることが肝要
ということですね。
それも、素早く・・・。

こじれる前に。
小室さんとこ、どうなるのかなあ。
日本国民の一人として、心配です。

で、
今回、「金銭はもらっていない」と言ったのは、
誰を守りたかったのでしょうか?

繰り返します。
やっぱ、ウソついたらあかん。
肝に銘じたいと思います。




posted by suzumura at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月22日

余談「漫才四天王」だって


金曜日深夜のTV、鶴瓶さんの「Aスタジオ」。

毎回、注目のタレントさん、アスリートなどを迎えて、
本音トークや、ブライベートの話が楽しみです。

で、昨日(6月21日)は、漫才師「ナイツ」がターゲット。

・・・ちなみに、録画したのですがね・・・

そこで、最後に鶴瓶さんが、
こう言い放った!

今の漫才師の四天王は・・・!
その「ナイツ」と「サンドウィッチマン」「華丸大吉」
そして「中川家」だと・・・

ああ、そうです!!

私も、この4組は大好き!

一番は、やはり今超人気でいい人という「サンドウィッチマン」、
ナイツも、
華大も、
中川家も大好きです。

みんな、下積み時代を経て、
今、花開いていますね。

熟練の技が光ります。

このことから学ぶこととは?

今は下積みでも、
一生懸命取り組んでいると、
いつか必ず花開く・・・
つまり、認められるってこと?

あなたは、今、懸命に取り組んでいますか・・・?






posted by suzumura at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月04日

8050問題とか高齢ドライバー問題とか


痛ましい事故、事件が続いています。

身につまされることもシバシバ。

年配者のひきこもり。
「8050問題」というとか。

高齢の親(80代)と高齢の子供(50代)が
同居するという問題。

子供が年を経て、独立せずに親と同居して、
働かなくて、親の年金で暮らす。

なんだか世の中、
価値観の多様化で、
選択肢が多いから困る。
その上、バブル崩壊やリーマンショックという
就職に厳しい時期が続いて。
働きたくても働けない。

その上、子供の暴力?
親の暴力で苦しむ子供もいる一方、
子供の暴力で苦しむ親もいる。

その上その上、
高齢ドライバーが
「アクセルとブレーキ」の間違い?
身につまされます。

まずは企業で正社員で働き続けられる人は、
そのことに感謝ですね。
定年後はどうなるか???

今日の新聞には、
金融庁は定年夫婦に2千万円の貯蓄が必要という
記事が。

そんな・・・

本当に、生きづらい世の中です。

が、
自分なりに楽しむしかない・・・ですね。
そして、準備、
ですね。



posted by suzumura at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月29日

痛ましい事件が続きます・・・


大津の交通事故といい、
昨日の川崎の事件といい。

無垢な、なんの落ち度もない
将来ある子供たち。

最近は、車を運転しているときはもちろん、
歩いていてもどこからどんな事故に巻き込まれるかも
わからない、
という不安もよぎります。

どう防げばいいのか。

あるいは、それが運命なのか・・・。

心の整理がつかない人も多いでしょう。

子どもたちのご冥福をお祈りいたします。


posted by suzumura at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記