2018年03月28日

本当に得たいもの


あなたの得たいものは?

昨日(3月27日)、ここ名古屋でも桜の満開宣言。

あっという間に、あちこちの桜が満開です。
今年は早いですね。

2018327花拡大.JPG

もうすぐ4月を迎えます。
新年度のスタートですね。
人事異動、組織変更、あるいは転職。

自分も周りも変化する時期です。
人生の節目のひとつ、といってもいいですね。

ということで、今日は時間の空いたとき、
以下の自問してみませんか?

・私が今、望むことはなんだろう?
・私は、なにを手に入れたいと思っているのだろう?
・私が本当に得たいものはなんだろう?


仕事に追われる毎日です。
調整、決定、計画、実行、検証、確認、謝罪、指導・・・。

そんな多忙な毎日、自分を見失っていませんか?

期が変わる今、
自分が本当に得たいものを明確にしてみる。

充実した豊かで幸せな人生を送るために、大切なことです。

そして、得たいものを言葉にする。
太陽に向かって叫んでみてもいいかもしれません。
手帳に記入するのもいいでしょう。

「思考は現実化する」とか
「信念は現実を創造する」などと心理学でもいわれています。

あなたが、
自分の得たいことを具体化する。
まずは明確にすることから始めましょう。

それを明らかにすることで、それが手に入る。
って、信じてもいい。

それがあなたのためになることなら、
必ず実現する。
そう私は信じています。

・・・本当に自分が望むことは今の状態ではない、かもしれません


2018年03月21日

内なる声に耳を傾ける


究極の質問

雨です。たぶん一日中。
雨の祝日となりそうですね。

2018321雨.JPG

ポジティブ心理学の第一人者「タル・ベン・シャハー」先生
の著書「HAPPIER」(幸福の科学出版)

今回で3回繰り返して読んでいます。
昨日今日と雨が続いて、まさに「晴耕雨読」な祝日です。

読書っていいですね。
最近は、ネット情報も役に立ち、
短時間で読み終えることもできるので有効ではあります。

が、じっくりと書籍に向き合うこともいいと、
再確認する今日このごろです。

この「HAPPIER」は、
「どうしたら人間が幸せになれるか」について
あれこれ解説し、エクササイズも載っています。

副タイトルは
「幸福も成功も手にするシークレット・メソッド」
まさに、読者をひきつける文言ですね。

最初に読んだのは2010年5月のこと。
8年前・・・今の私とは異なる環境にいました。
なので、今回読み返してみると、
当時や2回目とは違った感銘を受けます。
再読もまたよし、ですね。

その中で注目の質問をご案内します。

タイトルは「内なる声に耳を傾ける」

■ 内なる声に耳を傾ける

タル先生は、
「人生の質を高める最善の方法は、内なる声に耳を傾けながら、
試行錯誤を繰り返すことです」
と指摘しています。

確かに。
自分の本音、本心を知ること、大事ですね。

さらに
「だというのに、私たちの多くは、
真剣な自問を発して内側からの答えに耳を傾けるための時間を
ほとんど取りません」

理由は
「あまりにも忙しすぎるためです」

さもありなん。
私は毎週日曜日をセルフコーチングDAYとして、
いろんな自問をアップしています。

読んでくださっている方々、自問しておられるかな?
答えを導き出しているかな?
面倒だ、時間がない、わかります。

とはいえ自分への質問は、
都度行うことが、懸命であると思います。


■ アブラハム・マズローの意見

次に、
先日もアップしたマズロー先生の言葉を引用しています。

「人間は、折にふれ内なる声に勇敢に耳を傾けない限り、
人生のための賢い選択は行えない」

ということで、タル先生は、
次の3つの質問を用意しました。

私的には、これはビジネスパーソン、
特にリーダーのあなたにとって究極の質問だと思い(確信し?)、
ご紹介する訳です。

・私が今行っていることは、
私にとって本当に有意義で楽しめることなのだろうか?

・私の心は、私にほかのことを行うべきだ
と言ってはいないだろうか?

・私の内なる声は、
私の人生に変化が必要だと言ってはいないだろうか?


いかがですか?
究極の質問だと思いませんか?

このような究極の自問は、
折に触れ行ってみることも必要ではないでしょうか。

この変化の激しい世の中。
自分を取り巻く環境も変わっています。
さらには、自分の価値観も変わってきているのではないでしょうか。

それを確認するうえでも有効だと思います。


■ おわりに

タル先生の幸福論は、端的に言えば
「今も将来的にも、喜びにあふれ意義ある活動を続けること」
としています。

そして
「私たちは、自分の内なる声に、しっかりと、
本当にしっかりと耳を傾けるべきである」
と、この項を締めくくっています。

最高の人生とは、
「自己実現」できる場で活躍することである、ともいえます。

それを追求するためにも、
まずは雨の祝日、
「究極の質問」に回答してみませんか。




2018年03月14日

他者受容


相手を受け容れよう

2018224太陽.JPG

受容
受容とはありのままを受け容れること。
心理学では「自己受容」の大切さを説いています。
ありのままの自分自身を受け容れることは
今の時代を生ききるためには大切ですね。

「自己受容」についてはまた別の機会に。
今回は「他者受容」についてです。

私の経験談です。

研修講師になって10年余り。
幾多の経験を積んできたこともあり、
研修講師という職業に自信もついてきました。
ありがたいことであります。

が、反面、マイナスな面もあるようです。
たとえば、
自分のやり方が一番いい、自分の考え方は正しいというおごり。
自信をつけた半面、おごりも付随してくるのも当然といえば当然でしょう。
さらにはやっかいな「メンツ」です。
「自分はプロの講師だから、他者からとやかく言われる筋合いはない」
「他者から指摘をされるなんて、メンツがたたない」
・・・なんてね。

先日のこと。
私が自信をもって作成した研修企画とプログラムに対し、
担当者たちがダメ出しをしました。

「ここでこのワークを入れる意味はなんですか?流れがわからなくて」
から始まり、
「やはり最初は、別のエクササイズを入れた方がいいですよね」
などなど・・・。

その時の私は「なんで私の企画を否定するの?」と思ってしまいました。
でも担当者の意見に沿う立場である私は、
「はい、わかりました」と言い、その場を去りました。

が、お腹の中では「なんで?なんで否定されるの?」
というイライラ感があったのです。
否定されることに弱い私です。

イライラしながらの翌朝、ふと受け容れてみようと思ったのです。
よくよく考えてみると、担当者たちは私自身を否定している訳ではない。
研修がより効果的な内容になり、
参加者に満足していただけるものにすることがダメ出しの理由であると。

「ああ、だったらそのダメ出しを受け容れよう」
そう考えることができたのです。

すると気持ちが切り替わり、
ダメ出しを参考にしてプログラムを修正しました。
ダメ出しに沿うように、
かつ自分自身が納得できるようにうまく修正することも
プロ講師としては当然ですから。

結果、研修はうまくいきました。
私自身も大満足でしたし、参加の皆様も満足というアンケート結果でした。

他者を受け容れる
他者の言葉や行動の背景や理由を理解する。
大切なことだと再確認したのでした。

「同意せずとも理解せよ」という言葉があります。
相手の考えや行動に同意はしなくても、
その気持ちを理解しようという意味です。
「他者受容」ですね。

相手の言動を受け容れようとすることで、
自分自身も納得、安心できるようになる。

ビジネスシーンでも活用できるのではないでしょうか。
あなたもあの人に対し「他者受容」をしてみませんか?
相手の気持ちを受け容れ、理解する。
すると視界が変わってきます。

そうそう、会社勤務時代の私も、
他者受容で
なんとか気持ちを切り替えたことを今思い出しました。


2018年03月07日

「不平不満日記」という手もある


不平不満日記に吐き出そう!

201836六時.JPG

以前、「感謝日記」についてブログをアップしました。
感謝日記をつけることで、心穏やかになり、喜びにあふれ、
前向きになり、モチベーションもあがり、周囲に感謝するようになれる、
てなお話でした。
感謝日記、つけてみましたか?

「感謝日記」、そして昨日の「意味を考える」は、
うまくいかないとき、落ち込んだときなどに効果を発揮します。

とはいえ、それでも気持ちが上がらないとき、
フツフツとわだかまりが消えないときも、あります。

そんなときは「不平不満日記」が効果的です。

つまり、今、自分が感じている、不満、不平、怒り、いら立ち、
そしてどうしょうもない不安など、
ネガティブものすべてをとにかく書き出すのです。
手順もルールもありません。
ただただ書き続けるのです。これでもか!と。

するとどうなるでしょう?

しばらく書き続けると、あら不思議!
ふっと、扉が開かれるのです。心の扉が。

書き続けることによって、
「な〜〜んだ」とか、「なんとかなる」「しかたがない・・・」
「なるようになるさ」のような気持ちになります。

つまり、なんとなくスッキリしたり、
考え方や捉え方が変わってきたり、納得できたり。
場合によっては「居直り」的な発想になったりもするのです。

心のわだかまりが消えることは、問題解決の第一歩です。

このようなスッキリ感は、「吐き出し効果」のひとつです。

何かに悩んだとき、自分のそんな気持ちを誰かにトコトン話すことで
スッキリした経験、誰にもあるのではないでしょうか。
これは「浄化作用」といいます。カタルシスですね。

不平不満や不安な気持ちは、安心できる人に聞いてもらうことが一番ですが、
そうもいかないのが現状。

そんな時は、ノートにとことん書きなぐってみませんか?
うまくいかないこと、人の悪口、理不尽なこと、
あらゆるネガティブな気持ちを、とにかく書き続けるのです。

効果絶大!ですよ!!

ちなみに今朝の私、この「不平不満日記」でスッキリ、前向きになれました。
「ならばもう楽しむしかない!」と。


2018年03月06日

意味を考えてみる


意味を考えてみませんか?

201836.JPG

「意味」を考える作業

まずは、自分の担当している業務、仕事の意味。

意味とは「ある表現、作品、行為にこめられた、
あるいは隠された内容、意図、理由」のことです。

自分の担当業務の意味。
なぜこの仕事をしなければならないのか?
この業務をする目的は何なのか?
あるいは、この業務をすることでどんなメリットがあるのか?
このメリットは、自分自身にとってのもののみならず、
チーム、会社、そして社会的な視点でとらえておくといいでしょう。

担当業務の意味を明確にしておくと、
やりがいをもって取り組むことができます。
あなたの部下や後輩にもきちんと指導できるでしょう。

ここでは何回も取り上げていますが、
最近の若者は担当する業務の意味や目的を知りたがります。
そして納得しなければ動かないとされています。

まずは自分自身の担当業務やチームの仕事の意味を
明らかにしておきましょう。
あなたの担当業務にはどんな意味がありますか?

この作業が終わったら、次は、
最近自分に起こった出来事、今の自分の環境、状態の意味を考えてみます。
喜ばしいことでも、うまくいかないことであっても、
それぞれに意味があります。

たとえば、昇格試験に合格したとか、マネジャーへの打診を受けたという出来事。
多くのビジネスパーソンにとっては喜ばしいことですね。
(でない人もいますが・・・)

ただ喜んでいるだけではなくて、このことの意味を考えます。
この出来事、状況は自分にとってどんな意味があるのだろう、と。

先の例では、
「今までの努力が評価された。努力は無駄ではなかった。自信を持とう」。
「これからが正念場だ。意識をしっかりもって取り組もう」など。

一方、うまくいかないことはどうでしょう。
うまくいかなかったこと、失敗したこと、嬉しくないこと、喜べないこと。

さらには耐えられない環境、逃げ出したい状況。
人生、イロイロありますね。

それらの中にも、必ず意味があります。
この環境、この状況、この出来事の自分にとっての意味。
それを客観的に、冷静に考えてみるのです。

たとえば「新しい上司とそりが合わない」という状態。
その意味は、
「人事へ異動を掛け合う時期だ」
「そりが合わない上司とうまくやる方法を考え、人間的に成長する」
「転職するいい機会だ」。などなど。
さあ、どんな意味が自分にピッタリくるでしょう。

意味を考える作業は、いつでもどんなときでも使えます。
いいときもよくないときも、意味を考えてみることで、
風景は変わってきます。見方が変わるのです。

意味を考えてみる作業を習慣化してみませんか?

ところで、あなたの生きている意味は?


2018年02月28日

「感謝日記」をつけてみよう


感謝すること、いくつある?

2018223梅.JPG

感謝する。
とても大事なことですね。
他者に、出来事に、関係する人々に・・・。

2月最後のテーマは、
「感謝日記をつけてみよう」
です。

日々のふりかえりは「PDCA」を回すうえでも、
成長するためにも、有効です。

その中に、「感謝したこと」「感謝したいこと」
を加えてみませんか?

手始めに、今日は2月の「感謝すること」「感謝したこと」
をあなたの手帳に記してみましょう。

どんな小さなことでも、
日々の当たり前と思えることでも。

さらには、失敗や不運な出来事でも、
考えようによっては自分のに学びや成長につながる
感謝したいことになります。

これからは、日々の「感謝日記」をつけてみませんか。

感謝すると不思議なことに、
嬉しい気持ち、喜びが自然と生まれてきます。
感謝することで謙虚になります。
自分の人生が喜びにあふれたものであることを
実感できるでしょう。
なんだか前向きになりませんか?

「感謝」の気持ちは、プラスのエネルギーをもたらすと
いわれています。

感謝して自分が喜びにあふれると、
それが周りの人やモノにもよい影響を与え、
すると、周りから喜びにあふれたエネルギーが
もたらされます。

いい感じでしょ!

たとえ
ひどく落ち込んでいたとしても、
辛いと思っていたとしても、
ぜひ、感謝の気持ちを持ちませんか。
感謝することを考えてみませんか。
すると道が開けてきます。

感謝することはイッパイあります。

ぜひ、今日から感謝日記、つけてみましょう!!
あなたの人生が喜びにあふれたものになりますように。