2021年01月27日

瞑想と深呼吸


不安やイライラを感じたら瞑想する時間をつくる


20201214午後.JPG



不安、焦り、イライラ。
生きていくうえで、そんなネガティブな気分はつきものです。
そんなとき、役に立つのが、深呼吸、あるいは瞑想です。

深呼吸も瞑想も、日常でちょこっと意識するだけで、効果バツグン!

とはいえ、日ごろの忙しさで忘れてしまっていることもあるでしょう。
実は、私自身も、瞑想はすっかり忘れていました。トホホ・・・
深呼吸は、ウォーキングのときに意識することがありますが・・・

ということで、深呼吸や瞑想について改めて考えてみたいと思います。
いずれも諸説ありますが、簡単なものをご紹介します。 


■ まずは呼吸を意識する

ヨガや禅では、呼吸と姿勢を整えることで、
心が整えられ安定するといわれています。

1日15分から20分の瞑想を続けることで、
同じような効果が期待できるようになるというのです。

手軽にできる方法を簡単に紹介します。


■ 深呼吸

呼吸はとても大切です。

普段からできるだけゆっくりとした(1分間に10回以内)呼吸を心掛けると、
精神も落ち着き健康にも効果的です。

一呼吸10秒以上かけ、苦しくない程度に定着すると効果的です。
吐くことに意識を集中することがポイントです。
つまり、吐くときに、心の中で、いーち、にーい、さーんと
ゆっくり10まで数えながら続けるといいですね。

進め方は、次のとおり。

1.姿勢を正して息を吐きます

できるだけゆっくりと、
口を少し開けて息がまっすぐ伸びていくように行います。
お腹(丹田)をへこませながら、
疲れやイヤなことが身体中から出ていくようにイメージします。

なお、吐く部分は口からと鼻からの両方の説があります。
自分にとってやりやすい部分から吐くといいですね。

2.吐き終ったら
お腹を自然にゆるめ、鼻からゆっくりと吸います。
ちなみに、吸う場合は「鼻」が定番のようです。

3.吸うとき
お腹を膨らませながら
イキイキとしたものや新鮮なエネルギーが身体中に入ってくるイメージをします。

4.繰り返す
吸い終わったら、少し止めて、
また口から(または鼻から)吐き出します。
これを数回繰り返します。

深呼吸が終わったら自然の呼吸を行うのですが、
できるだけゆったりと静かな息をします。
今吸い込んだ新しいもの、
イキイキとしたものが身体中に沁み込んで行くようにイメージして、
心を落ち着かせます。

時間は、3分、5分から始めるといい、とか10分続けるといいとか、
諸説あります。
お好きな時間から・・・。


■ 瞑想の進め方

1.静かで、気温も適切で落ち着ける部屋を選び、椅子に腰かけます。
 正座やあぐらという説も多いのですが、
 椅子に腰かける方法が今は一番取り組みやすいですね。
 なお携帯やチャイムは鳴らないようにしておきましょう。
2.そして伸びをしたり、首を回したりして身体を整え、
  背筋を軽く伸ばします。
3.肩の力を抜き、両手は太もものところにそっと置きます。
  手の向きも諸説ありますが、
  手のひらを上に向けて、モノをつかむように少し曲げるといいでしょう。
4.目をつむって数回深呼吸をします。
5.所要時間も、やはり5分、10分、20分と諸説あります。できる時間から。


■ 瞑想の効果

瞑想の音楽を聴いているだけでもリラックス効果はありますが、
音楽を使わない方法もあります。

瞑想をして身体がリラックスしてくると脳波にα波が増え、
皮膚の温度もあがってきます。

完全弛緩ができると、呼吸は静かで深くなります。
身体は眠っているときのような休息感があり、
感覚はなくなったようになりますが、意識はむしろはっきりしてきます。

心が安定し意識が明晰になった状態では、
一つのテーマを熟考していくことや、
イメージの力を借りてより深い気づきを得られるようになります。

また自分の中の良い特性を育み強化していくことも可能になります。

最初のうちは雑念ばかり浮かんできてなかなか集中できません。
そのようなとき、雑念を無理に消そうとしないで、
淡々とそれを眺めている、といった態度が大切です。

雑念にとらわれてしまったら、
「心地よく響く音や言葉をキーワードにして唱え続ける」「
美しい風景や物、心安らぐ場面を思い描く」なども効果的です。
楽な気持で続けましょう。

1日2回(満腹のときや運動の前後を避けて)行うことが理想です。
日々続けていくと単に疲れがとれる、気持ちが言い
といった感じが得られるだけでなく、心が安定してくるはずです。

更に、感情・身体がバランスよく機能し統合された状態がもたらされるでしょう。


■ おわりに

いろいろなやり方があるにせよ、
深呼吸も集中する瞑想も、今の私たちの生活では必要なようです。

不安にかられたり、イラっとしたり、不安定なときもあります。

そんなとき、
まずは「ああ、不安でいるよなあ」とか「イライラしているなあ」と
自分の状態に向き合い、
深呼吸を10回してみるとか、時間を作って瞑想してみること、手ですよね。

なんせ、費用はかからず、どこでもできる方法ですから・・・。

さて、私も、まずは深呼吸10回から・・・



posted by suzumura at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年12月24日

感情の若さを保つコツ



感情も老化するらしい


20201218朝焼け@.JPG


コロナ禍、外出する機会が減り、外食する機会も減り、
会社仲間と雑談する機会も減り、引きこもりのような生活。
まだまだ続きそうです。

やがてストレスもたまり、イライラしたり、落ち込んだり、
やる気も出ないときもあるでしょう。

それは、コロナ禍が理由ばかりではないようです。

年末で、溜まりに溜まった書類や資料の整理をしていると、
興味ぶかい資料を見つけました。

イオングループが発行している月刊雑誌「mom」の切り取り記事です。

タイトルは
「無自覚のうちに進行する“感情の老化”にご注意!」


実は、この記事は以前UPしました。
コロナ禍での改めて確認したいと思います。


■ 感情の老化とは

著名な精神科医「和田秀樹」先生は、
著書「40歳から始める『脳の老化』を防ぐ習慣」で
「老化は感情から始まる」と指摘しています。

「イライラすることが多い。
気持ちの切り替えが遅い。
なかなかやる気が出ない。
以前と比べてこうしたケースが増えてきたら、
それは感情の老化かもしれない」

「原因は、ホルモンバランスの変化に加え、
脳の中で感情や意欲、創造性などをつかさどる『前頭葉』の萎縮」

おお、「前頭葉」って萎縮するのですねえ・・・。

なんと、早い人は「40代」から萎縮が縮め始まるそうな。

ということで、
「筋肉や関節と同じように、
前頭葉も日常的に活性化させることで老化を抑えることができる」


■ 感情の若さを保つ5つの秘訣

・いつもと違うものを選ぶ
「安全」を求めることが感情の老化の原因に。
使ったことのない食材での調理や、
大胆な色の服を着るなどしよう。

・・・コロナ禍で、DIYや料理、洋裁に目覚めた人も多いようです。
 意識的に、いつもと違うもの、選ぶようにしたいですね。

・新たなチャレンジをする
何かを企画して行動することで、前頭葉は刺激される。
入ったことのない店での食事や、初めての観光地巡りなどが効果的。

・・・コロナ禍なら、これまで興味のなかった小説、文学を読んだり、
 今までスルーしていたDVDを観てもいいかもしれません。

・変化を楽しむ
家庭菜園などは、天候の変化に合わせた臨機応変な対応が必要。
判断力や分析力が養われ、興味や好奇心も旺盛になる。

・・・部屋の模様替えもいいですね。
 思い切ってミニマリストに挑戦してみるとか。
 早朝や夜の散歩で、違う道を歩いてもいいですね。
 早朝や夜なら、あまり他者に出会うこともないでしょうから。

・時には自分を優先する
好きなことをしたいという「欲望」は、人間が生きるための原動力。
我慢や遠慮をせずに羽ばたけば、興味の幅も広がる。

・・・多くの時間をステイホームに費やす今。
 家族との時間も必要ですが、
 家族と話し合って自分だけの時間を創出することもいいでしょう。

・ドキドキときめく
恋愛感情により前頭葉は大いに活性化し、ホルモン量も増加する。
芸能人などに夢中になり、恋焦がれる気持ちが、脳を若いままに保つ。

・・・これは、ヒト工夫必要ですね。
好みのアーティストやアイドルもいいかも。


■ まとめ

不自由なコロナ禍でも、できることはあります。
工夫して、感情の若さを保つことを意識してみませんか?

私も、チャレンジします。
老化してしまわないように・・・


posted by suzumura at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年12月04日

自分の人生をデザインできるのは自分だけ



さあ、これからの人生をどうデザインしようか


2020122午後二時➁.JPG


PCの資料を整理していたら、今にピッタリの言葉に出会いました。


自分の人生をデザインできるのは自分だけ



確かに、
どんな状況であったとしても、
自分の人生を創造するのは、創造できるのは自分自身ですよねえ。

どうデザインするのか、どんな人生にしたいのか。

すべては自分しだいという訳です。

来年以降も共存していかなければならない新型コロナウィルス。

ならば、それを前提にして、人生をデザインしてみる。

後悔しない人生にしたいですね。




posted by suzumura at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年11月26日

思い込み



フロントガラスのお話


2020928夕方.JPG


様々なお会社との打ち合わせで、
「この人、思い込み強いなあ」って思うこと多々あります。

研修をしていても、特にグループ討議で、
主張の強い受講者が、自分の考えを押し通すことも目にします。

もちろん、私自身も、
「ああ、これ思い込みだあ」とハタと気づくこと多々あります。
それは、失敗したときですが。

あなたに「思い込み」ってありませんか?
人間には思い込みがつきもの。

年を経て、経験が重なることによって、思い込むことが多くなる。
特に、成功体験での思い込みってありますよね。

いやいや自分は違うよ、というあなた。
こんなお話をご紹介します。


■ フロントガラスのお話

出典:「The Golden rules of Growth」
アレクサンダー・ロックハート著

ある男が妻と自家用車で旅に出かけ、
ガソリンスタンドに立ち寄った。

店員がフロントガラスを拭き終ると、
男は「まだ汚いから、もっときれいに拭いてくれ」と言った。

店員が再びフロントガラスを拭いて料金を請求したところ、
「まだ汚い。キミはフロントガラスの拭き方も知らないのか?」
と腹を立てた。

すると助手席に座っていた妻が夫のメガネを取って、
ティッシュで拭いた。

夫はふたたびメガネをかけると・・・

フロントガラスがきれいになっていることに気づいた。


・・・オチのある笑い話でもありますが、
「あるなあ」と納得された方もいらっしゃるのでは?


■ まとめ

ことほど左様に、我々は思い込みの中で生きている、
といっても過言ではありません。

コロナ禍で思い込みを実感することあるのではないでしょうか?

たとえばこれまで「会社では必ず全員が出勤すべきだ」が正論でした。
誰もが、ほとんどそう思い込んでいた。

ところが今や、
在宅勤務、フレキシブル出勤、短時間勤務、シフト勤務など
勤務形態はさまざまで、それが推奨される時代になりました。
更には「ワークケーション」といった、
仕事とバケーションを楽しむなんてアイデアもあります。

今まで、ほとんど考えられないことでした。
一部で実践されていても、多くの会社では「それは無理」
と考えていましたね。

また、
「自分はやることがいっぱいあって忙しいのが当たりまえ。
自分はできる社員だ」と思い込んでいたビジネスパーソン。

コロナ禍の勤務体制で、
「やる必要のない仕事までやっていた」と気づくことも。

さて。

あなたは、世の中をながめるとき、
自分の生活や人生を見つめるとき、
どんなメガネをかけて見ているのでしょうか?

自分の考えは正しい、正解だと思い込んでいるかも。

思い込みは、私たちの創造力を低下させます。

このコロナ禍で、新しいビジネスチャンスに挑んでいる人々も多いですね。
そう、ピンチはチャンス!!

自分の「思い込み」に気づいて、思い込みを取っ払って、
新しい人生を創造してみようではありませんか!!

コロナ第三波。いい機会です。


posted by suzumura at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年10月27日

自分の理想の老後とは?



老後もイロイロ


202010276時前.JPG


最近、年配社員を対象に「ライフプランセミナー」とか
「キャリアアップセミナー」が注目されており、
私も担当することもあります。

人生100年時代、コロナ禍、70歳定年など、
高齢者、老後をとりまく環境は多種多様でかつ複雑になっています。

そんな中、日経ビジネス(2020.02.17)NO.2029号では、
理想の老後設計にまつわる記事が載っていました。

なんと「長生きという憂鬱」というワードも。

確かに、長生きするってどうかな・・・
なんて思ってしまいますねえ。

さて、記事では理想と現実、プラス面とマイナス面を対比しています。
ご参考までに、かいつまんでご紹介いたします。


■ 人生100年時代の正しい老後設計

・・・ただしい老後って、あんの?

・理想1「生涯現役」 80代90代当たり前 
仕事で輝くスーパーシニアが紹介されています。
人生100年時代の長い老後を幸せに過ごすためには、一番の近道に思える生涯現役。
ただし、生涯現役を目指すすべてのシニアに幸せな老後が待つわけではない。
働かないおじさん など
・・・確かに、定年後の先輩社員への不満、多いこと確かです。

・理想2「シニア起業」 若いころから好きだったことでお店を開く
⇒ 半数が慢性赤字。安直な起業は危険とし、種まきは20年前から
・・・確かに。起業って、結構大変ですよねえ。
 今回のコロナ禍で、さらに厳しい状態かも・・・

・理想3「地域に生きる 地域貢献」
 民生委員、教育協議会会長、ボランティア活動
⇒ 増える見知らぬ隣人。トラブルも
・・・確かに。街によって、すごく親しいご近所さんもあるけど、
 それを嫌う住民もいる。
 ひと昔のように、定年後は地元で活躍、なんてことは、
 難しくなっていると思うのですが・・・

・理想4「趣味三昧」
 キャンプ、旅行、アスリート、
⇒ なんと、カルチャースクールカーストがあるそうな。
  高齢になればなるほど楽しめる趣味が限定されていく、とあります。

・記事の最後には
ある程度の貯えがあって、老後は、仕事はほどほどにして、
好きな趣味でのんびり暮らそうと思っていたのに、
結局肝心の趣味が見つからなかったシニアの末路。

なんて記事も。
これもアルアルですよね。


■ おわりに

コロナ禍も加わり、多種多様な生き方、働き方が生まれている今。

自分にあった老後をイメージしておくことが必要かもしれません。

私的には・・・



posted by suzumura at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年09月25日

老後 なりたい自分


理想の60代以降の自分は?

2020919青あさがお.JPG

先日、PC内資料を整理していたら、
興味深いチェックリスト発見。

というのも、仕事で「シニア向け」のセカンドキャリア研修の発注を
いただいていたので、目に留まったわけです。

人生100年時代。
コロナ禍で、働き方も生き方も一変しましたが、
長生きする時代ではあります。

どう生きるか、どう働くかは、万人のテーマとなっています。

そこで、こんなチェックリストやってみませんか?


■ 60代、70代の理想の人生チェックシート

出展は定かではありません。すみません。

次の問いについて、心に響く生き方に〇をつけてみましょう。
なにか、見えてくるかも・・・

1.広い人脈を活かして豊かな交友関係を保ち、日々楽しく過ごしている
2.豊富な知識と経験に基づき、教養を身につけて貫禄がある
3.多様多彩な世渡りの秘訣を知っており、若い人に伝授し慕われている
4.問題が起きても、自分の知恵と経験で適切な対応へ導いている
5.年齢を重ねた分、偉ぶらず、品位をもって微笑んでいる
6.やりがいのある仕事を持ち、生き生きと働いている
7.自らの専門や趣味の分野を極めつつ、さらに向上の情熱に溢れている
8.身体、外見、心のおしゃれを楽しみ、いつも姿勢を正して歩いている
9.自然(農業、漁業など)に親しみ、田舎暮らしを満喫して
 晴耕雨読の豊かな生活を送っている
10.引き際を心得て若い人に出番を与え、次世代を担う人を指導している
11.自らの義務を果たし、常に自己の尊厳を崩さない生き方を貫いている
12.老いてますます、家族や周り、地域に尊敬され長寿を望まれている
13.人徳があり、周りに恵みと慈しみを与え喜ばれている
14.自分の新たな可能性を見いだし、充実感を味わいながら暮らしている
15.十分に人生を堪能し、惜しまれつつ安らかに長い眠りにつく

ちなみに次の3つの視点でとらえてみるとどうでしょう?
・なりそうな自分
・なりたい自分
・なるべき自分

なにか、見えてきましたか?
次の問いの答えも考えてみませんか?
1.15問の中で、一番大切にしたいことはなんでしょう?
2.その理由は?
3.できたらいいなと思うことは?
4.そのために、今から何をしますか?


■ おわりに

「理想の老後」といっても、
10年先、どんな世の中になっているかわかりません。
5年先だって、1年後だって不確実な時代ですから。

それでも、なにかしら「目標」や「ありたい姿」「理想像」
を確認しておくことも必要ではないでしょうか。
決して、無駄にはならないはず・・・

もちろん、その理想は、
世の中の変化や自分の変化によって変わっていく、
あるいは見直していくのも、ありですね。



posted by suzumura at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年05月18日

今「プロテウス的生き方」がピッタリかも


先が見通せない時代の生き方「プロテウス的人間」

2020511朝青空.JPG

「ビジネス心理学100本ノック」榎本博明著(日経文庫)には、
ビジネスシーンで役立つ心理学が満載です。

先日も読み返していたら(何度も読み返しています)、
今の緊急事態にピッタリの心理学を見つけました。

■ 先が見通せない時代

この本が出版されたのは初版で2018年。

今から2年程前のことですが、その前から不確実性の時代、
そして「VUCAの時代(変動、不確実、複雑、曖昧)」という概念が
日本にも浸透しはじめていました。

著者「榎本氏」は、
「ITの発達により人々のライフスタイルも仕事の形態も
めまぐるしく変化する時代に、
自分のキャリアの可能性を力強く切り開いていくには、
不透明さに不安を感じるのではなく、
不透明だからこそワクワクするといった心構えが求められる」
とし
「そのためには先を読むことにあまりとらわれず、
よくわからないことにエネルギーを注いでも仕方がありません」
と断言しています。

・・・今は、2年前よりも更に世の中は混沌とし、
まさに仕事の形態もライフスタイルも一変する時代に突入しています。
また、緊急事態宣言解除で、
少しはワクワクする気持ちに、なれるでしょうか・・・?

その上で、社会学者リプトンの「プロテウス的人間」を紹介しています。

「世の中が変動社会に突入し始めたころ、
リプトンは、プロテウス的人間こそが変動の時代の適者だとした。
プロテウス的人間とは、自分の姿を恐ろしいヘビ、ライオン、竜、
火、洪水などに変幻自在に変えることができるものの、
自分自身の真の姿を現すことができない
ギリシャ神話のプロテウスにヒントを得て、
リフトンが命名した人間のタイプ」


■ プロテウス的人間の特徴
・環境の変化に応じて自分自身を柔軟に変化させながら
 自己を発展させていく
・今の自分をあくまでも一時的な仮の姿とみなし、
 次々と新しい仕事や生き方に全力でぶつかっていく
・たとえ何かでうまくいっても、そこに自分のアイデンティティを
 縛りつけたりせずに、別の可能性にも自己を開いておく
・新たな自己の可能性を求めて終わりなき実験を繰り返すため、
 特定の生き方に傾倒することができず、
 不条理の感覚を心の奥底に抱えている

・・・ああ、これらの生き方は、まさに今の時代にも有効かもしれません。
特に新型コロナウィルスの拡大により、より取り入れてみるべき
生き方かも・・・

榎本氏は続けます。
「このような人間は、いつまでもフラフラしているとして
否定的に評価しがちだが、
変動の激しい時代には、むしろ適応的とみなすことができる。

経験を糧にして自分自身を変身させ、環境に適応すると同時に、
どこまでも自分の可能性を開発していく姿勢は、
まさに先を見通せない時代にふさわしいといえる」

そのうえで
「決定しないことによって高い適応力を保つ。
あらゆることがらに心を開いておく。
とりあえず今気になることをやってみる。
このような開かれた心の構えが、これからはますます求められるのではないか」
と結んでいます。

・・・この3点、まさにまさに今、必要だと思いませんか?


■ おわりに

まさに先が見えない時代。
日本も、固定的な生き方、働き方が幸せとは限らない時代に
突入しています。

このコロナ期を経て、一変する暮らしや働き方。
コロナとの共存する生き方が安定したとしても、
その後どうなるかわかりません。

これを機に「プロテウス的人間の特徴」の中で、
自分に取り入れられることを意識してもいいかもしれませんね。

私は、どのような変化があろうと、必ず可能性があることを示唆している点に
励まされました。



posted by suzumura at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年04月01日

新年度 今こそこの大転換期、新たな生き方を模索する


大変な新年度がスタートしました。

20200323中山神社.JPG


人事異動、組織改編、新しい上司、そして転職、退職など、
さまざまな組織の変化のみならず、
世界中の社会秩序も大転換の中にあります。

まったく予測できない時代の到来です。
まさに「VUCA(ブーカ)」の時代。
「Volatility(激動)」「Uncertainty(不確実性)」
「Complexity(複雑性)」「Ambiguity(不透明性)」
の頭文字をつなげた言葉。

そんな渦中にある、新年度の4月1日。

色々不安はつきませんが、
今こそ、現実と向き合い、自分に向き合うときだと思うのです。

その上で、「自分にとって本当に大切なこと」を再確認してみませんか?

生き方しかり、
働き方しかり・・・

自分にとって大切なこととは、価値観ともいえます。

価値観が定まっていれば、ブレることはないでしょう。

あるいは、新しい自分の価値観を再構築するときかも
しれません。

新年度スタートで、お忙しいとは思いますが、
時間をつくって、
現実と自分に向き合い、
自分にとって真に大切なことを問い、
新たな生き方、働き方を模索してみませんか?

私も、取り組みます。



posted by suzumura at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年03月30日

幸せを構成する5つの要素


こんな時だからこそ、幸福を考えてみる

20200323参道.JPG


世の中、ますます大変な状況に陥っています。
欧米も大変です。
特に、米国、イタリア、スペイン。
そして東京も。

どうなるか?いつまで続くのか・・・?

そんな今だからこそ、幸福を実感してみませんか?

ということで、
ポジティブ心理学の第一人者「マーティン・セリグマン」の提唱した
幸福を構成する5つの要素を紹介します。


■ 幸せを構成する5つの要素

セリグマン先生は5つの要素として
「PERMA(パーマ)」としして提唱しました。
最近、ここにバイアリティを加えた方がいいという議論があるようです。

P=Positive Emotion (ポジティブ感情)
E=Engagement (熱中)
R=Relationship (人間関係)
M=Meaning (意義)
A=Achievement (達成感)
+X=Vitality (身体的活力・健康・生命力)

詳しく見ていきます。

・ポジティブ感情
文字通り、前向きで明るい感情をもつこと。
出来事に対してポジティブ感情を持つことは幸せにつながります。

・熱中
時がたつことを忘れるほど、何かに没頭すること。
熱中することがあると幸せですね。
ちなみに、没頭する状態をフローといいます。

・人間関係(他者との関わり合い)
人は誰かとの結びつきを感じられるとき、幸福感が増大します。
職場に尊敬できる上司や先輩、頼もしい同僚がいてくれれば、勇気づけられます。
親しい友達とおしゃべりをしたり、
恋人と過ごしたりするときは楽しい気分を味わえます。
また、つらい経験をしたときや悩んでいるときは
心の支えとなってくれることでしょう。
大切な家族との結びつきが感じられた時は、安心感に包まれます。

・意義(意義を見い出すこと)
人は嫌なことや何の意味も感じられないことをやり続けていると
ストレスがたまり、
体調を崩してしまうこともあります。
しかしどれほど大変でも、苦しいことでも、
それを上回る意味や意義があれば、幸せを感じることができます。

・達成感
仕事でも趣味でも、目標をもって取り組み、
それをやりとげたとき、大きな達成感が得られます。
やり遂げたことが自信になり、新たなことに挑戦する勇気が湧いてきます。
そして次なる目標に向かって、また挑戦し続けます。
このサイクルを繰り返すことで、
私たちは少しずつ成長することができ、そして幸せを感じることができます。

・身体的活力
健康な状態であり、活力ある生活を送れること。
幸せを感じる基本ですね。


■ おわりに

6つの幸福の要素、どれぐらい満たされていますか?

大変なご時世ですが、そんな中でも幸福を感じられるよう、
6つの要素に意識を向けて見てもいいのではないでしょうか。




posted by suzumura at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年03月05日

今の状況から、今後のライフキャリアを再構築する


なんだか緊急事態のような雰囲気が漂い始めています

2020113夜明け.JPG


学校も休校になり、
在宅勤務が奨励され、
不要不急の外出は避ける。

ライブハウス、スポーツクラブ、ヨガスタジオ、サウナ、
そして
マックとか、
名古屋ではスタジオアリスなどでクラスター発生。

イベントもセミナーも講演会も中止。
街には人が少なくなり、
飲み会も中止。

人が集まることがはばかられ、
家に居ることが増えてきている昨今。

今後、様々なデメリットが生じることが予想されます。

だからこそ、
この苦境を逆手にとって考えてみたいことがあります。

自分の今後のライフキャリア、
つまり「働き方」と「生き方」の再構築です。

・働き方として
想定されるのが「経営難」です。
今の勤務先で定年まで安心して働ける保障はないといえます。
最悪、「コロナ」の影響で、経営破綻も・・・
そこまでいかなくても「事業縮小」は考えられ、
その結果「リストラ」になるかもしれません。

となると、新しい働き方を考えておく方がいい。

なんでも有りの時代だからこそ、
確実なキャリアアップの方法や
自分らしい働き方、
自分の環境に合った働き方など、
改めて考えてみませんか?

・生き方として
まずは「家族との関係」です。
配偶者、子供、そして両親、親族。
つながり、助け合いなどを含め、
関係を再構築するときではないでしょうか?

「生活の見直し」も必須ですね。
ライフスタイル、健康、趣味、自宅学習など。
収入減を想定して、見直すべきかもしれません。
年金受給についても暗雲が立ち込めていますから。

そんなこんなをじっくり考え、
家族とトコトン話し合ってもいいのではないでしょうか。


■ おわりに

今の状況が、
「働き方」にしろ「生き方」にしろ、
これまでの価値観を一変させる契機になるような気がするのは、
私だけでしょうか?

これまでの「働き方」、そして「生き方」を
再構築する良い機会かもしれません。

最悪の事態を想定しておくこと、
そして準備がなによりですから。


posted by suzumura at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年02月11日

すべてに意味がある


池江璃花子さんに学ぶ

202023.JPG


先日のTVで、水泳選手「池江璃花子」さんが、
トレーニングを始めたとの報道がありました。

その中で
池江選手のインスタグラムも紹介されていました。

私が、胸を打たれたフレーズがありました。

「あれからちょうど1年、色々あったなあと振り返りながらも、
全てに意味があると思って、次は前に向かって突き進んでいきます!」


なんと前向きな人なのだろう!
きっと、様々なメンタル面のトレーニングも積み重ねておられるのでしょう。

生き方にポリシーをもって生きておられる。

だからこそ「すべてに意味がある」との言葉が
出てくるのだろうと思います。

心理学などで多くの人々が提唱している
「起こることすべてに意味がある」というフレーズ。
目にされた方も多いと思います。

私自身も、「自分に起こる出来事はすべて自分にとって『意味がある』」
と考えるようにして
生きています。

すると、
毎日のように報道され、時間の経過ごとに新情報が発信される
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」のことを
思わざるを得ません。

関連するすべての人々にとって、
今回のことが、どんな意味があるのだろうと。

理不尽で、辛くて、不安いっぱいな状況に出会ったときでも、
意味は必ずあるのでしょう。




自分に起こる様々な出来事。
良いこともよくないことも、自分にとって意味がある。

その意味を見つけたとき、新しい一歩が踏み出せると思います。

池井選手、がんばって!!

そして、政府も早く手を打って!
がんばっておられると思いますが。

さあ、今あなたの身に起こっている出来事に
どんな意味があると思いますか?




posted by suzumura at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年01月31日

「マインドフルネス」私流思考法


今の自分を受け容れると・・・?

20201冬マーガレット.JPG


マインドフルネスを昨年から学んでいます。

マインドフルネス的生き方、
あるいはマインドフルネス思考によって、
最近になってやっと、随分、心が整ってきました。

「心が落ち着いてきた」「少しは穏やかになってきた」
そんなことを実感することが多くなってきました。
・・・いつもではありませんが。

さらに、今まで苦手だった人、苦手だった出来事も、
受け容れることができることも増えてきました。
・・・すべてではありませんが。
まだまだです。

と、
試行錯誤して、私なりのシンプルな
「マインドフルネス思考法」に到達しました。
ご紹介します。


■ マインドフルネスとは

Wikipediaなどによると
「今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、
評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること」
とか
「今現在において起こっている経験に注意を向ける心理的な過程」
とか
「今この瞬間に注意を留めること、それによって生まれてくる
明晰な気づきの状態」
とか
「今、この瞬間を大切にする生き方」
などと言われています。

また、
「マインドフルネスとは心の状態」という説もあります。
つまり「ただ目の前のことに集中している状態」。

「ただ目の前のことに集中する状態する状態でいられるようになると、
脳の疲労が減って、集中力や創造力、幸福感などが高まる」
といわれています。
これは、近年の科学的な研究で明らかになってきたと。

ストレスフルな現代人にとって、
良いことづくめですね!!

私が今、一番、ピッタリくるのが
「今の自分を受け容れ、大切にする生き方」
という考え方です。


■ マインドフルネス実践法

「瞑想」が基本です。

呼吸瞑想、歩行瞑想など、さまざまな瞑想法があります。
詳しくは、後日。


■ 私のマインドフルネスな思考法

「今の自分を受け容れ、大切にする生き方」を実践するために、
私が到達した思考方法です。

一番簡単で、効果的。
私が実践して心が落ち着く、3つのステップです。

ステップ1「気づく」・・・今の自分の状態、気持ちに気づく
ステップ2「認める」・・・自分のネガティブな気持ちを認める
ステップ3「受け容れる」・・・今の自分のネガティブ気分を受け容れる


たとえば
(最近の私の例で恐縮ですが・・・)

・気づく・・・少し前のネガティブな出来事を思い出し
「クッソ!やっちまったなあ!」
「ああ、(私)とても悔しい」

・認める・・・「私、あのことすごく悔しいと思っているんだ」

・受け容れる・・・「(すごく悔しい思いをしたこと)しかたないよね。
私、あのとき自信過剰だったから。そういうときもあるよね。
しゃあないなあ・・・ま、いっか」

と、なって、思い出した瞬間は、
ひどく悔しかったり恥ずかしかったりしましたが、
そんな自分を受け容れることで落ち着いてきたのでした。

他にも

・気づく・・・「ああ、腹立つ!!」
・認める・・・「私、今、腹を立てているんだ」
・受け容れる・・・「まあこれじゃあ腹も立つわなあ。当然だよ」

・気づく・・・「ああ、なんか落ち込む・・・」
・認める・・・「あのことで落ち込んでいるんだ」
・受け容れる・・・「そりゃ落ち込むよね。そういうときもある。いいんじゃない」


■ おわりに

要は、「今の自分の状態を評価なく受け容れる」ことです。

自分の今のネガティブ感情に気づき、認め、受け容れることで
ホッとできます。

もし、最近、イライラしていたり、ムカついていたり、
落ち込んでいるとしたら、
その状態を、まずは全面的に認め、
そんな自分もアリだ!と受け入れてみませんか?

きっと、落ち着いてくるでしょう・・・

熱い時間も必要ですが、穏やかな気持ちも必要な現代です。



posted by suzumura at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年01月21日

給料アップは嬉しいけど・・・


お給料だけが幸せ!とはいえないらしい

2020121夜明け前.JPG

そのキャッチ―なタイトル「科学的な適職」と、
帯の「天職、独立、副業を考えているあなたへ」や
「もう迷わない!後悔しない!」などのフレーズに興味を持ち、
購入しました。

サイエンスライター鈴木祐著『科学的な適職』
(クロスメディア・パブリッシング)

人生100年時代、70歳まで働かなければならない時代、
自分の職業をどうデザインしていくのか?
定年後を見据え、どんな職業に就いたらいいのか?、
など、働き方が、最近の私のテーマの一つです。

様々な興味深いテーマが掲載されています。
ご紹介は、またいずれ・・・。

で、一番納得したのがこれです。


■ 給料の効果

職業を選ぶとき、やはり「給料」の額もポイントですね。

書籍には、年収と満足感についての内閣府の調査結果が引用され
「年収が400万〜430万円を超えた場合、
そこからさらに幸福度を5%高めるには
追加で年に400万〜430万円が必要になる」
と紹介されています。

更に、給料アップと幸福度についても言及されています。

「年収に限って言えば、給料アップによる幸福度の上昇は
平均して1年しか続きません。
3万3500件の年収データを分析したバーゼル大学の調査によれば、
たいていの人は給料がアップした直後に大きく幸福度が上がり、
その感覚は1年まで上昇を続けます。

しかし、給料アップの効果が得られるのはそこまでで、
1年が過ぎた後から幸福度は急降下を始め、
それから3年もすればほぼもとのレベルまでもどっていくようです。
給料から得られる喜びは実に短命です」


・・・確かにそうですね。

ただ、毎年の昇給はビジネスパーソンにとって楽しみの一つですね。
こんなに頑張っているので、もっと給料を上げてほしい、
と、誰しも思っています。

が、今年、昇給して喜んでいても、
来年も、絶対もっともっと給料をアップしてほしい、
って思ってしまいます。

これは、
有名な「ハーズバーグ」の二要因理論(動機付け要因・衛生理論要因)
が思い出されます。

簡単に説明すると。

仕事の満足に関わるのは、「動機づけ要因」である。
「達成すること」「承認されること」「仕事そのもの」
「責任」「昇進」などが満たされると満足感を覚えるが、
欠けていても職務不満足を引き起こすわけではない。

一方、「給料・作業条件」などは「衛生要因」とされ、
不足すると不満を感じるが、
満たしたからと言って満足感につながるわけではない。
単に不満足を予防する意味しかもたない。

ということで、給料アップの効果は限定的という訳ですね。

 
■ おわりに

書籍では、給料と幸福について次のように結んでいます。

「数パーセントの幸福度を上げるためにあくせく働くのをやめて、
最低限の衣食住を満たしたあとは
空き時間を趣味に費やすというのもひとつの生き方でしょう。
すべてはあなたの選択次第です。」
と。

確かに確かに。

ここで考えたいのは、
「自分にとって幸福とはなにか?」
「どんな状態であれば、幸福を十分感じることができるか?」

働き方、生き方も、ますます多様化していますね。
要は、自分の選択次第、ですねえ!



posted by suzumura at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2019年12月18日

うまくいかないとき、どうする?


うまくいかない日もあった方がいい

20191211お昼.JPG

またまたPCを整理していたら、
ふとこんなタイトルのテキストを発見!

「読むだけで運がよくなる77の方法」
リチャード・カールソン著 三笠書房


なんだか今の私にピッタリよねえ〜、
と思いながら読み進めると。

本当に、今の私にピッタリのフレーズがありました。

以下、引用です。

■ うまくいかない日もあった方がいい

幸運とは、突然降って湧いてくるものではない。
幸運も自然の一部、「流れ」の中で発生する。

何をやってもうまくいかないときは、
そういう運気の流れのときなのだ。

季節だったら冬の時期である。
雪が降り積もる中、春を待ち望む時期なのだ。

そういうときは「運の充電期間」だと思って、
新しい知識を備えたり、
健康状態を整えたりしておこう。

いわば自分とじっくり向き合うチャンスの時期なのだ。

「最近ついてないなあ」と感じたら、
これは自分と向き合ったほうがいい時なんだなと
気持ちを切り換えよう。
ノートに気持ちや夢をつらつら書き出してみよう。


■ 私はこう考えた

確かに。

いつもいつも、毎日毎日「うまくいく」ことが永遠に続く、
なんてこと、
ありません。

うまくいかない日、うまくいかないとき、
あります。
それもときどき。

そんなときは、
自分に向き合う時間、つまり「運の充電期間」と
いえるのかもしれません。

うまくいかなかったことをふりかえって、
その理由や原因を考えたり。

何も考えないで、時の過ぎゆくまま過ごしたり。

気をとりなおして、
別のことをやってみたり。

そう、「うまくいかない日」とは、
自分の成長や向上のためにある。

だから、「うまくいかない日もあった方がいい。
うまくいかない日がまったくないよりも、
うまくいかない日があった方がいい」

と、やっと、考えられるようになりました。


■ おわりに

もし、いま、うまくいかないなあ、ついていないなあ、
と感じている人がいたら、
それは、自分の成長や向上のためにある。

そんなふうに考えてみませんか?

あるいは、うまくいかない日は、
あなたに休養や方向転換を暗示しているかもしれません。

私も、今日は休養したり、
まったく関係のない本でも、読むことにします。



posted by suzumura at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2019年11月27日

人生はその人の考えをそのまま映し出している


自分が本当に望んでいることは?

20191115朝日.JPG


先日「健康で長生きする人の特性」をアップしました。

これは「潜在意識をとことん使いこなす」
C・ジェームス・ジェンセン著 サンマーク出版
からの引用です。

この書籍には他にも、
色々と気づかされるテーマがあります。

今日は、特に今の私の心に刺さったテーマをご紹介します。


■ 人の人生はその人の考えをそのまま映し出している

私たちは何に特別に注目し、関心を持つかを自分で決めている。
人が人生で経験することは、
その人が何に注目し、どんな考えを持ち、何を期待し、
どうしたいたいかと思うかによって決まる。



・・・つまり、
今の自分というものは、これまでの自分の選択の結果である。

これまで自分は何を得たいと思って生きてきたのか。

もし今の自分に満足していなければ、それは誰のせいでもない、
これまでの自分の一つひとつの判断や選択の結果なのだ。

あなたは、今の自分に満足していますか?

実は私は、今の自分に満足していません。
「何か足りない」とか「何か違う」「できていない」と考える
今日この頃です。

ということは、
結局、今の自分を創ったのは、自分自身なのですねえ。
ああ・・・確かに・・・そうだ

例えば
・「力を発揮して上司から認められ地位を確保したい」
と思ってきたのではなく
本当は「忙しいからとにかく目の前の仕事をこなせばいい」と
思ってきた。

・「部下のモチベーションをあげ活性化したチームにしたい」
と思ってきたのではなく
本当は「めんどくさいことはしたくない。煩わしい」と
思ってきた。


■ 自分は本当に何を望んでいるのか?

もし今の自分に満足していないのなら、
「自分が何を望むか、どうありたいか」を明確することが必要なのです。

もっというと「自分は、本当は何を望んでいるのか」
を再構築する必要があります。

自分が本当に望んでいることを常にしっかりと意識することで、
自分の得たい情報や経験を得ることができるようになる、
ということですね。

そしてその結果、望んでいることを得られる。
望んでいる自分になることができる。
と。


■ おわりに

今の自分の人生は、自分そのものである。

今の自分に納得していないなら、
自分が本当に望んでいる姿を明確にしてみませんか?

私も、再構築の時期のようです。



posted by suzumura at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2019年10月24日

幸せの体験を思い出す


過去の幸せ体験を調査し、今とこれからに役立てる

実は。
ブログのネタを探していたら、ちょっとおもしろいワークを発見しました。

201493夜明け.JPG


■ 幸せ診断

出典は「HAPPIER」タル・ベン・シャハー著(2007)幸福の科学出版

タル先生は
「過去の幸せな体験を詳しく調査、診断することによって、
私たちは貴重なことを学び、
学んだことを現在と未来のために役立てることができる」
と述べています。

ではそのワークとは。

1.これまでの人生の中で、自分を幸せにした体験を思い出す。
2.具体的に、その体験の何があなたを幸せにしたのかを考える。
3.そのことによって、学んだことを考える。、
4.学んだことについて、どのようにしたらよりよい未来創りに
 役立てるべきか考える。


その結果「あなたをより幸せにしてくれそうな、いくつかの活動が
浮かび上がるはず」とタル先生。

自分を幸せにした体験の例
・配偶者と出会ったこと。結婚できたこと
・子供が授かったこと
・仲間や部下など他者に心から喜んでもらえたこと
・何かを手に入れられたこと(地位、収入など)
・何かを成し遂げられたこと

ちなみに
幸せ体験は、10年前のことでも、1か月前、
あるいは最近の朝のことでも構わないそうです。
内容にも制限がありません。

そして、これらを紙に書き記したり、仲間の前で発表するなどして、
「それらの行動を固く心に誓ってください」と、結んでいます。

さあ、いかがですか?

「幸せ体験」とその中身、そして、それから学んだこと、更にそれを、どう未来に役立てるか?

学んだことの例
・家族と幸せな日々が幸せ
・他者に喜んでもらえることが嬉しい
・何かを得られたり、目標を成し遂げたことが幸せ


■ おわりに

幸せを感じる瞬間は、人それぞれです。
今、ちょいと凹んでいる人、ネガティブな気持ちになっている人、
ちょっと時間を作って、「幸せの体験」を思い出してみませんか?



posted by suzumura at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2019年10月21日

自分の人生という家を建てているのは自分自身



自分の人生という家、どう建てている?

20191017ナンジャモンジャ実@.JPG

PCの資料をチェックしてたら面白い話を見つけました。

出典:「読むだけで運がよくなる77の方法」
リチャード・カールソン著浅見帆帆子訳 三笠書房

高齢の大工さんのお話です。


■ 高齢の大工の話

その高齢の大工は、もうそろそろ家を立てる仕事を辞めて、
妻と一緒にのんびり暮らそうと思った。

雇い主は、個人的な願いとして
「もう一軒だけ立ててくれないか」と頼んだ。

大工は承諾したが、真剣な仕事をする気はなかった。

粗悪な材料を使い、手を抜いた。
キャリアを積んだ優秀な職人の幕引きにしては、残念な仕事だった。

家は完成した。

点検にやってきた雇い主は、玄関のカギを大工に渡して言った。

「この家はあなたの家です。私からのプレゼントです」
大工は大ショックを受け、ひどく恥ずかしかった。

自分の家を建てているとわかっていたら・・・
たぶんもっとガンバッタだろうと。


■ 解説

わたしたちもこの大工と同じだ。
毎日毎日、人生という家を建てている。
だが、建てていることに全力を尽くしていない人が多い。

そしてずっと後になって、自分が作り上げた人生(建てた家)に
一生住みつづけなくてはならないことを知ってショックを受ける。

もう一度、やりなおすことができたら、
まったく違うことをするだろう。

だが、その時には、もう後戻りはできないのだ。
あなたには後悔してほしくない。

あなたも私も、大工のことを笑えない。

私たちは人生という一生住みつづける家をつくっているが、
果たして最善を尽くしているか?

いま、取り組んでいることに全力を尽くすと、
思いがけないところから幸運がもたらされることが多いことを
いつも思い出してほしい。


■ おわりに

いろいろなことを考えさせてくれるお話です。

たとえば、
私たちは仕事上、お客様の家は一生懸命建てる。
仕事に対しては一生懸命、努力する、注力する。

しかし、自分の生活、人生に対して、
しっかりと対峙しているのだろうか?
いつも努力しているだろうか?

そして、高齢者という点も気になります。

高齢になって、定年になって、のんびりしたいと考える人、
多いですよね。
そんなときに、仕事を任されたとしても、
手を抜く気持ちになるのではないでしょうか。

つまり、
もうすぐ定年だし、
定年後も働かなきゃならないし、
給料は下がるし、
モチベーションもあがらない。
まあ、適当に仕事しとくか、
って、なりがちです。

しかし、そうした仕事でも
実は、自分のための仕事なのである。
ってことか。

いずれにしても、

どんな状況であろうと
与えられた仕事、
与えられた役割・・・などなど。

まっとうする気持ちが大切だなあと、
思いました。



posted by suzumura at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2019年10月08日

大人の発達課題 クリアして生き抜こう!


今の発達課題を確認し、乗り越えて成長しよう!

20191015時半.JPG

人生に悩みはつきもの。
子供の頃も学生時代も、社会人のときも、
そして老人になっても・・・。
その時々に、さまざまな悩みが沸き上がってきます。

そんな悩みの中に、「発達課題」といわれる
成長に必要な課題が含まれているのです。

子供の特有な課題だと思っていたら、
大人にも発達課題があるのですね。


■ 人間には8つの発達段階がある

米国の発達心理学の権威「エリク・H・エリクソン」は
人間には8つの発達段階あることを提唱しました。

そして、人間の発達は前段階の「発達課題」を達成することで
次の段階に進むと考えたのです。

8つの発達段階は、次のように分けられています。

1.乳児期(0歳〜1歳半頃)
2.幼児期前期(1歳半〜3歳頃)
3.幼児期後期(3歳〜6歳頃)
4.学童期(6歳〜13歳頃)
5.思春期・青年期(13歳〜22歳頃)
6.成人期(22歳〜40歳頃)
7.壮年期(40歳〜60歳頃)
8.老年期(60歳以降)


■発達課題

それぞれの段階に応じた課題は諸説ありますが簡単に説明します。

「乳児期・幼児期(0歳〜6歳ごろ)」
・好奇心の制限
 子供の道徳的な心を育てること
・仲間との遊び
 仲間との遊びを通して生活能力を習得していくこと
・愛着関係の形成
 親との安定した愛着関係を築くこと

「学童期(6歳〜13歳頃)」
・劣等感との戦い
 友達と自分を比較したり、喧嘩をしながら社会に適応する検索する
 (親が劣等感を植え付けていないか注意!)

「青年期(13歳〜22歳頃)」
・同一性の確立
 自分を孤立した一人の人間として確認すること
 不安定な時期で周りの環境に振り回され、感情の起伏も
 激しくなりがち。
 この時期や不安や苦しみを受け止める姿勢が重要。


■大人の発達課題

では、私たちの発達課題を見てみましょう。

「成人期(22歳〜40歳頃)」
・自分の幸せの基盤を見つけて安定を求める時期
安心できる環境、安心できる自分の居場所を
自分で努力して作ることが、成人期の最も大きな課題。
親密な関係を求める傾向が強く見られる時期であり、
それがうまくいかない場合もある。
そんな時は、傷つくことを怖れない勇気が大切。

「壮年期(40歳〜60歳頃)」
社会の中に自分の安心できる居場所が見つけることが可能になる時期。
例えば、新しい家族を持ち、子供を育てるなど、
未来の世代への関心も高まる時期で、充実した時期といえる。

その一方、将来の不安も生まれる。
これまで自分が生きてきた道のりを、ふと振り返るときがやってくる。
これの不安を乗り切るには、
これまでの人生を振り返った後、ただ落ち込むだけではなく、
また新たな一歩を踏み出す気持ちを抱くことが非常に重要。

「老年期(60歳以降) 」
多くの人が仕事を定年退職し、子育てからも解放され、
自分のためだけに生きようとする時期。
現代は高齢化社会を迎え、60歳といっても若々しい人も多く、
生き生きと仕事を続けている人も増えている。

しかし、
老年期になると「死」という人生の重大なテーマから逃れることができなくなる。

老年期は壮年期よりももっと深く、自分の人生を振り返る時期だといえる。

そんなときに役に立つのが、
幸せだった昔の記憶や、自分がイキイキと過ごしていた記憶を
思い出すことである。

昔の幸せや充実感がよみがえると、自分の人生に肯定的な意味を見出し、
精神的な元気を取り戻せることがある。


 まとめ

俗に言われるのが
「私たちは生まれ落ちた瞬間から、死に向かって生きている」

この事実をきちんと受け止め、
自分の人生をどのように生きるかを考えなければならない。

大人の発達段階には「これから自分らしくどのように生きるのか?」
という重大なテーマが課せられている。
なりたい自分になるために、将来を真剣に考えてみよう。


■ おわりに

最近、私も「死」というものを、強く考えるようになりました。

有名人の逝去を耳にするたびに、
「ああ、いつかは自分も・・・」
とか
「今も、向かっているんだなあ・・・」とか。

それでも、与えられた寿命は全うしなければならない。
とすると、やはり最期まで、
充実し、幸せを感じる生き方をするしかない。
そんな生き方でありたい。

って、思うのです。

有名人のように、大きなことはできなくても、
自分なりにって。

これから自分らしく、どう生きますか?




posted by suzumura at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2019年07月17日

プラシーボ効果を上手に使って目標達成!


思い込みが自分を成功に導く

2019622ハト.JPG

「プラシーボ効果」ってご存知ですか?
プラシーボとは偽薬(にせ薬)のこと。
これ、とっても効果があるようですよ。


■ プラシーボ効果

プラシーボとは偽薬のことで、
薬効はないが患者の気休めに与える薬のこと。

「プラシーボ」はラテン語のプラケーボーという
「私は喜ばせる」という意味や、
フランス語の「プラセボ」という「気に入るようにしましょう」
という意味もあるようです。

プラシーボ効果とは偽薬効果と訳され、
「思い込み」が体にも影響を及ぼすことをいいます。

偽薬効果とは、薬効のない成分を使ったものを
本物の薬と信じ込ませて服用することで症状が良くなったり、
治ったりすることです。

プラシーボ効果には脳が強く関係しており、
研究者の発表によると、「期待や快楽によって、免疫力が高まる」
ということが立証されました。

プラシーボ効果はオカルトなどではなく、
思い込みによって起こる科学的な現象なのです。


■ ノーシーボ効果もある

プラシーボ効果は、「良い思い込み」によって
良い方向への効果がありますが、
逆に「薬による副作用がある」と思い込むと、
何の作用もない薬を飲んでも吐き気などの副作用が起こる場合が
あるようです。

このようにマイナスな「思い込み」によって
人間の体に影響を及ぼすマイナス効果を
「ノーシーボ効果」と呼びます。

プラスやマイナスにかかわらず、
人間の思い込みの心の力は、
体にも大きな影響をもたらすのですね。

【病は気から】ということわざがありますが、
プラシーボ効果やノーシーボ効果は
気の持ちようによって病気は良くも悪くもなる
ということわざを裏付けているともいえるでしょう。

つまり、「プラス思考」や「マイナス思考」によって、
「プラシーボ効果」にも「ノーシーポ効果」にもなる
ということです。

どうせなら「プラス思考」で使いたいですね。


■ プラシーボ効果は暗示の効果

プラシーボ効果は「暗示的効果」ともいわれ、
自己暗示もプラシーボ効果を高めるために
大きく関係しています。

スポーツ選手や実業家の成功理由として
「絶対に勝てる」と思い込むことや、
「具体的な目標を書く」などの方法で、
具体的なビジョンが頭の中にあり自分に暗示をかけています。

目標に近づくために自分ができることを懸命に行うことで、
以前の自分との違いを前向きにとらえる
プラス思考を持っているのです。

この効果は、有名な「思考は実現する」に繋がりますね。

自分の夢を強く思い込むことや、
他者に宣言すること、
紙に書いて常に目につくところに貼っておいたり、
手帳に書き込んでおくこと。

どれも効果がありそうです。


■ おわりに

「プラシーボ効果」は「思い込み」であり
「自己暗示」でもある。

自分はできる、
自分はなれる、
自分は得られる、
自分は成功する・・・

無理やりにでもそう思い込んで、
手帳に書き留めたり、待ち受けにしたり、
鏡の自分の目を見て自己暗示する。

あるいは、思いきって宣言してもいいかもしれません

きっと自分がゲットしたいモノやコトが
手に入るでしょう!

この「プラシーボ効果」、
または「プラスの自己暗示」
早速、やってみませんか!

さしずめ私なら・・・
「私は絶対・・・になる!!」
・・・はちっぽけなことです。内緒ですが。




posted by suzumura at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2019年07月13日

今週の教訓「誰にも最期はやってくる」


今週、7月9日にジャニー喜多川が逝去されました。


2019622朝.JPG

で、つくづく思うのです。

地位も、名誉も、権力も、巨万の富も得たとしても、
いつかは、死んでしまう。
誰でも。

と、
「スティーブ・ジョブズ」の言葉が
浮かんできます。

彼は、病気を患ったからこそ、
生や死への覚醒があったのでしょう。

たとえば、
「もし今日が人生最後の日だとしたら、
今やろうとしていることは本当に自分のやりたいことだろうか?」

とか

「あなたの時間は限られている。
だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない」

とか。

誰にでも死は訪れる。
もしかしたら、
生まれたときから、死に向かっているのが
人間かもしれませんね。

とすると、
私は、どう生きるか。

そんな問いへの答えを改めて考えたいと思います。

あなたは、どう生きますか?
その最後まで・・・。



posted by suzumura at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方