2017年01月09日

現状を「手段」と考えてみたら?


今のあなたの状況を「手段」と、捉えてみませんか?

三連休?
でないかもしれませんが。
2017年も一週間を経過し、
そろそろ仕事も本番。

201715光.JPG

そんな先日、
自分の仕事に不満を持っている人がいました。

「こんな仕事、自分には向いていない!」
「今の仕事、嫌で嫌で仕方がない!」
「この仕事は自分にとって何の意味もない!」

そんな声でした。

ああ、私にもありましたヨ。
そんな時期。

でも。

でも、です。

自分は希望してはいないけれど・・・、
与えられた人生の一コマ。
与えられた経験。

そう、たぶん、
必然的に与えられたもの、
と考えたてみたらどうでしょう。

更には。

この(嫌な)経験を自分にとってのメリット、
としてとらえてみたら、
どうなるでしょう?

私は、
こう考えています。

「この仕事は嫌だ!!すごく!
でも、これを自分の目的のための『単なる手段』
とらえてみたらどうなるだろう?」
と。

手段とは、
「ある事を実現させるためにとる方法」

あなたの夢、
あなたの目標、
あなたのありたい姿・・・。

それを獲得するための「手段」であると、
割り切ったら、
どうでしょう?

私にも、
「尊敬できない嫌な上司」
「自分には向いていない仕事」
「意味を感じられない作業」など、
イロイロありましたヨ。

その時、
その嫌なコトが、自分の自己実現の「手段」だと
思えていたら、
展開や結果は違っていたかもしれない、
って、思うのです。

もしかしてあなたが、
今の仕事にどうしょうもない不満を持っているのなら、
ぜひとも、
「これは、自分にとっての単なる手段である」
と、とらえてみませんか?

「自分にとっての手段である」と考えるなら、
見方も、やり方も、変わってくるはずです。

だって、
「手段」であるなら、
これをこれからの自分に役立てよう!
って、思えるからです。

嫌な上司も
嫌な仕事も、
嫌な取引先も、
嫌な人間関係も
すべてすべて「あなたにとっての手段」、
なのです。

そう考えて、
今、このときに向き合ってみませんか?


posted by suzumura at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年12月26日

転職希望がなくても「職務経歴書」を書いてみよう!


1年に1度は「職務経歴書」作成で自分の棚卸を

20161226@.JPG


転職活動に欠かせないのが「履歴書」と「職務経歴書」。

特に「職務経歴書」は
これまでの自分の経歴や実績を記入するので、
転職先へのアピール材料です。

そういった点から、
「職務経歴書」作成は、
転職をする、しないに関わらず、
自分自身のキャリアをふりかえる絶好の材料となります。

あなたも自分の経歴を棚卸するという意味で
「職務経歴書」を作成してみませんか?

■ 「職務経歴書」とは

転職するにあたって「履歴書」とともに
最初に提出するのが「職務経歴書」です。

「職務経歴書」には、
これまで働いてきた経歴や実績を
わかりやすくまとめます。

履歴書と違ってフォーマットはなく、
自分で自由に記入することができます。

項目や書き方については
転職先(業種・職種など)によって
アピールのポイントが異なります。
「職務経歴書」の書き方は、
NETにもイッパイ出ていますので、
詳しく知りたい方はチェックを。


 ■ 転職希望がなくても
「職務経歴書」を作成するメリット


職務経歴書には、
これまでの自分の仕事経験のみならず、
マネジメントやリーダーの経験、実績、保有資格やスキル、
そして自己㏚まで詳しく記入します。

このようにこれまでの自分のキャリアを
細かく棚卸することによって、
自信につながり、かつ改善点も見つかります。
その上で、
今後どのようなキャリアを積んでいったらいいのかも、
イメージできるようになります。

ということで、
自分の仕事キャリアに興味のある人、
仕事を通して成長やキャリアアップしたい人、
あるいは、いつか転職したい人には、
年に1回の職務経歴書の作成が有効なのです。

■ 参考「履歴書と職務経歴書の違い」
中途採用をする企業では、
多くが最初の提出書類として
職務経歴書と履歴書の両方を求めます。
この2つはそれぞれの役割があり、
志望動機や自己PRなど、意識して書き分けるとよいでしょう。

・履歴書
学歴や職歴の概要のみならず、
生年月日や住所、通勤手段、扶養家族、趣味、特技などの
個人情報を記入する。
採用後に人事担当部署が保管し、人事管理に役立てる。

・職務経歴書
どんな仕事、職務、実績を経験してきたかなどを
詳しく記入する。
書類選考の合否を決める場合が多い。
採用面接は、基本的に職務経歴書を参考に進められる。


■「職務経歴書」基本項目

では、一般的な記入項目を押さえておきましょう。
「職務棚卸用」に基本項目のみピックアップしました。

・職務経歴
二か所以上の企業勤務経験があるなら、
それぞれについて記入。
・在籍期間・・・何年何月〜何年何月
・所属部署・・それぞれの期間の在籍部署名
・職務内容・・役職・部下人数・職務内容・実績など

<役職経験の記入ポイント>
たとえ小さなポジションであったとしても、
短期間だとしても、
マネジメント経験、リーダー経験も書き加えましょう。
たとえば
「○○プロジェクトのリーダー(3名チーム)として、
スケジュール管理、関係部門長との折衝など担当。
○○円の効果計上」

何を書いたらいいのかわからない場合は、
まずは入社時から1年ごとにふりかえって、
これまでの業務、経験などを
細かくすべて洗い出してみましょう。

<実績の記入ポイント>
実績は、できるだけ具体的にかつ数値化するといいでしょう。

・営業職・・・「○○売上○%up」、
・生産技術、生産管理職・・・「返品率○割減」
「○%のコストカット」。
・事務職・・・「全社のオンライン化を○○ヵ月で完成」
「通信教育受講率を○○%up」
「お客様満足度を○○%に向上」
・製造・・・「改善提案社長賞受賞」「生産効率○%up」

■ まとめ
「職務経歴書」を今まで書いたことがない人も、
書いたことがある人も、
ぜひ、年に1回は作成してみませんか。

もうすぐ冬休みです。
この空いた時間に自分を棚卸してみましょう。

あなたのキャリアに参考になること、
まちがいないですヨ!!



posted by suzumura at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年11月05日

あなたは仕事、楽しんでいますか?

最近楽しみにしているTVドラマは
「地味にすごい!校閲ガール」
前の「家売るオンナ」も大好きでした。

まあ、色々と批判はあるものの、
結構、希望や勇気を与えてくれますよ。

その最新版で、
ステキな発言がありました。

詳細は省きますがそのフレーズとは、
「仕事を楽しむ」です。

そう。

あなたは仕事を楽しんでいますか?

「仕事を楽しむ」は、私の永遠のテーマ。

「仕事なんか楽しいもんじゃないヨ」
そんな声が聞こえてきそうです。

老いも若きも、大勢の会社員は、
仕事なんて楽しくないと思っているでしょう。

でもでも、
その楽しくない仕事に1日の三分の一以上の時間
費やしているんですヨ。

もちろん、収入を得ることも目的でしょう。
でも、
イヤイヤ、やらされ感で仕事をしていても、
もったいなくないですか?

楽しめる仕事をしているならステキ!

仕事を楽しめないなら、
その仕事を楽しめるようにしてみませんか?

大変だけど楽しい。
そんな仕事にしたいものです。
発想をちょこっと変えることで、
その仕事が自分のためになります。

単純な作業なら、
目標時間前にやり遂げるという達成感!

更に、自分の好きなように工夫改善することで
意欲も高まります。

今までにやったことのない難しい仕事をふられたなら、
確実にあなたの武器が磨けるでしょう。
自分の武器が磨けるって、
嬉しくありませんか?

馬の合わない人との共同作業なら、
どうやったら信頼関係を築けるか、
チャレンジできます。

仕事を楽しもう!

大変だけど楽しい仕事をしよう!

仕事を楽しめる自分になろう!
今を楽しめる自分になろう!

です。
posted by suzumura at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年11月01日

10月を省察してみる あるいはふりかえる

11月となりました。
今日はぜひ、10月を省察してみませんか?
5分間でいいので。

「省察=せいさつ」とは
「自分自身をかえりみて、そのよしあしを考えること」。
簡単にいうと「ふりかえる」ことです。

ではなぜ「ふりかえる」のか?
そして、なぜ「ふりかえり」は必要なのか?

それはふりかえることがあなたの成果、成長に直結するからです。

1.コルブ先生の「経験学習サイクル」
米国の組織行動学者「デービッド・コルブ」先生は
「社会人の能力開発はその70%が日常の仕事経験から生まれている」
としています。

あなたも実感していませんか?

私は若いころからすごく実感していました。
なんせ20代までの私は、まったくの仕事できない人間でしたから。
とあるきっかけで仕事をがんばるようになり、
叱られたりほめられたりしながら、
自分の変化と成長を感じてきました。

ま、今でさえも、仕事経験で成長を実感していますが。
「無茶ぶり」されると特に・・。

さてコルブ先生はその上で、
「人は実際の経験を通し、
それを省察することでより深く学べる」とする
「経験学習サイクル」を提唱しました。

「経験学習サイクル」とは?
「1.まず経験する」⇒「2.その結果を省察する」
⇒「3.概念化する」⇒「4.それを受けて実践する」

この4つのステップの中で、
特に「省察」が重要だというのです。

自分の行動、行為をしっかりふりかえることで、
それが気づきや学びにつながり、
自分の中で概念化されるのです。

概念化とは「持論=自分の考え方、とらえ方」であり、
「そうか、次はこうすればいいんだ」とわかるようになるのです。

2.佐藤可士和氏の自分議事録
ユニクロのロゴなどで超有名なアートディレクター「佐藤可士和」氏。

彼は著書「佐藤可士和の打ち合わせ(ダイヤモンド社)」で、
次のようなステキなことを述べています。
(ちなみにこの本、とっても役にたちます。
あなたも一読してみませんか?)

この本は「打ち合わせ」を有効にするための
彼流のいくつかのテクニックをあげているのですが、
打ち合わせが終わった後の行動を
「自分議事録作成」と称して
効果的なことを語っています。

「打ち合わせが終わると、
多くの人が『終わった〜』とホッとしてしまうのですが、
ホッとするのはまだ早いのです。
打ち合わせ直後が勝負の分かれ目なのです」

「打ち合わせが終わった瞬間に、
ほんの5分でいいのでその打ち合わせについて振り返って考えてみましょう。
まだ打ち合わせの高揚感が残っているうちに、
打ち合わせについて大事なポイントを整理してみる」

「そうすることで、
しっかりと打ち合わせの大事なポイントを
頭に焼き付けておくことができます」

私はこの本を2014年12月に読み、
早速、研修後の夜にふりかえるようにしました。
熱いうちにふりかえることで
正確な事実を確認することができ、
次の研修に活かせます。
実感していますヨ。

本題に戻ります。
ということで、
10月を省察(ふりかえって)してみませんか?

ふりかえりの方法は、
・うまくいったこととその理由
・うまくいかなかったこととその原因と対策
・10月の気づきと学び
などなど。

佐藤可士和氏のように5分間でいいのです。
最初は時間がかかるかもしれませんが、
慣れれば5分ほどでサクサクできるようになるでしょう。

また部下育成においても、
部下が実務を経験した後にふりかえってもらい、
学び(持論)につなげスキルアップさせるといった支援は、
部下の成長にとても効果的です。

特に新入社員は毎日ふりかえる(日報などで)ことで、
習得が加速します。
ふりかえらないより覚えが3倍速いと言われていますよ。

さあ、今日から5分間省察してみましょう!
すべては、あなたの目標達成と成長のために。
posted by suzumura at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年09月24日

立場が人を作る

やっとこさ、雨があがった。
今日は一日もつのかしら。

これは、
昨日の豊川(1号線)付近の夕暮れ。
2016923.JPG

今日のテーマは
「立場が人を作る」

小池都知事の活躍、
すばらしいですね。

次々と明確な発言が出てきます。

英断!
もし小池さんが都知事でなかったら、
豊洲の件も、
表面化しなかったでしょうね。
すごいな。

女性ならではの「正論」も、
本人が責任者の場合は、すごく納得、共感できます。

さあ、
これからどうなるのか?
期待をもって注目しています。

そこで思うのが、
「立場が人を作る」
という言葉。

どういうことかというと、
新たに役職に就任すると、
それまで以上にその役職に相応する人柄になる。

今まで、小池都知事の能力とか活躍とかは、
あんまり存知あげませんでした。

だから
「へえ〜、小池さんて、あんなに優秀だったのかしら?」
みたいな。

だから「立場が人を作る」のかな?
と。

そういえば、
会社勤務時代、
(失礼ながら・・・)
「ええ? あの人が新社長?
信じられない(くらいに社長にはそぐわないヨ)!!」
って、思ったことありました。

ところが、
その人が社長になって数か月後には、
「ああ、さすが社長の風格あるわ」
って、思うのですね。

そう。
「立場が人を作る」のです。

そこで、
あなた。
もしかして10月から新しい立場、役職に
つくかもしれません。

ちょいと不安かもしれないけれど、
大丈夫。
その役職自体が、あなたを相応の実力者にするのです。

あるいは、
役職就任を打診されているあなた。
自信をもってひきうけてくださいね。

さあ、
「立場が人を作る」

あなたもチャレンジしてみませんか?


posted by suzumura at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年09月21日

フィードバックを活用する

昨日は、激しい雨でしたね。
あなたのところ、帰路は、大丈夫でしたか?

昨日の夕方暗くなってから、
親ネコちゃん(野良)のニャー、ニャーという声と、
子猫のミャオミャオという不安げな声が聞こえました。
豪雨の中、
雨宿り場所を探すうちに、はぐれてしまったようです。
(最近、ときどき鳴き声を聞きます・・・)
泣き止んだので、ちらっと見てみると、
親ネコさんが子猫ちゃんを銜えて、
どこかへ走っていきました。
まずは、よかったか。でも、これから???

さて、先日、
コルブ先生の「経験学習サイクル」をUPしました。

コルブ先生は、能力開発は、その70%が
日常の仕事経験から生まれてくる。

仕事を通じて効果的に成長するためには、
まず「経験=実務」して、
それを「ふりかえり」、
そこから得られたものを「教訓化=概念化」し、
それを次の実務に活かす「経験」・・・。
といった、経験学習サイクルを回し続けるとよい。
というものです。

更にです。
その「ふりかえり」をするときに、
他のメンバーから「フィードバック」を受けると、
更に効果的だというのです。
おっと、これは、たぶんNETか書籍からの引用なのですが、
出所はさだかではありません。
すみません。

ところで「フィードバック」というのは、
「相手の行動や発言・考え方に対して、
自分が感じたことを率直に伝えること」です。
「アドバイス」「意見」でもあるでしょう。

つまり、自分の実務について、
他メンバーから、
どう感じているかとか、
意見とか、
あるいはアドバイスを受けることです。

他者がどう見ているか、どう感じているか、
を知ることって、
大切ですよね。

日報や週報がある職場では、
たぶん、上司や先輩からのコメント、
フィードバックがあるでしょう。

四半期ごとの目標管理制度でも、
行われていると思います。

要は、
どんな意見でも、
(ネガティブな批判だとしても)
素直に受け入れ、
自分の糧にすること、
その気持ちが大事だと思います。

だれしも、嫌な意見は聞きたくないものです。
けれど、
他者からの耳の痛いフィードバックほど、
自分のためになることが多いものです。
耳の痛い話の方が、教訓となるものですから。

自分の成長のために、
チーム全体の成長のためにも、
フィードバックが定着されるといいですね。

posted by suzumura at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年09月20日

ソーセージ「早急・性格・時機」

台風が接近してます。
警報も出されました。
子どもたちは、早退したのでしょうか?

帰宅時も影響がありそうなので、
お気をつけて。

「ホウレンソウ」といえば、
仕事をしていくうえで大切なコミュニケーションの心得ですね。

他に「ソーセージ」ってのがあること、
ご存知でしたか?

ソー=早急
セー=正確
ジ=時機
だそうな。

【早急】
早急に対応すること。

・・・まったく、昨今、
「できるだけ速く」とか
「スピード感をもって」など、
早急が求められていますね。
だから「70%の完成でGO!」という訳です。

【正確】
憶測を交えたりせず、
事実を正確に把握すること。

・・・これも大事ですね。
物事を正確に把握すること大切です。
豊洲のことも、ですね。


【時機】
時機を逸しないこと。

・・・タイミングを逃さないことも、大事です。
何事にも、タイミングがある。
それを感じ取ることも大切です。
今、何が大切か。

「ソーセージ」意識したいですね。

・・・
ところで
この「ソーセージ」は
「創意工夫」
「整理整頓」
「時間厳守」の略としても説かれています。

まったく、うまく言い当てられていますね。
こちらのソーセージも、
チームのキャッチフレーズになりそうです。

・・・
ほんと、
帰路、お気をつけください。
posted by suzumura at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年08月18日

最悪の事態を考えてみる

暑い日が続いています。
もう、バテバテ?
とはいえ、早朝ウォーキング、
楽しんでいますヨ。
今朝は、落ち着いた夜明けでした。
つまり、どんよりしていたってこと。
気がついたら、うっすらと青空と白い雲に。
そして、通りすがりのあちこちで、
なんと10匹の猫ちゃんと出会いました。
子猫が多かったな。
暑いのにね。

2016818花.JPG

そろそろ夏休みも終わりのお会社、
多いのではないでしょうか。

そして、10月には組織変更や人事異動などがあるお会社も、
多いですよね。

このお盆前後には、企業の話題はあまり出てきませんが、
連休明けに、何か発表があるかも。

ということで、
今日のテーマは「最悪の事態を考えてみる」
です!

どういうことかというと。

あなたは、お盆休みの前、
会社や部署で、なにやらいつもと違う空気、雰囲気、
あるいは会話、
感じていませんでしたか?

もしそうであるなら、
ちょっと、最悪の事態を考えてみませんか。

つまり、
この経営環境の厳しい昨今。
いつ、どこで、何が起こるかわからない。

組織変更、部署消滅、M&A、
海外からの撤退、
親会社に吸収、子会社化。
そして、リストラ。

あなたにも、これらの変化があるかもしれません。

もしそんな不運といえる事態になったら、
最悪の事態とは、どんな状態だろうか?
と、考えてみる。

あなたにとって、最悪の事態とは
なんでしょう?

それを耐えるには、
あるいは乗り越えるには、
どうしたらいいでしょう?

一番の対策は、
もしかしたら、貯金かもしれません。
特に、昨今の状況では。

貯金があれば、〜〜年はなんとかなる。
と、考えることもできるでしょう。

「別に、今の会社、部署とも安泰だよ」
と思っているあなたも、
「もしかしたら」ということもあるかもしれません。
いろんな切り口で、
最悪の事態を考えてみて、
その対策を練っておきましょう。
準備に勝ることはありませんね。
posted by suzumura at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年08月05日

根回し

今年も天白付近では、
野生の「タカサゴユリ」が咲き始めています。
これは、天白公園のとある場所。
いつのまにか群生していました。
201685.JPG
わかりますか?
そして付近にはこれまた野生の萩が群生。
秋にはそのけなげな花が見られるでしょうか。
それとも、刈り取られてしまうかも。

先日、とある企業の課長さんに、
部下の方から提案された案件への意見を伝えたら
「その話、聞いてないよ!」、
そして「いつもこうなんだから、まったく・・・」、
とややオカンムリ気味。

これは上司への「報連相」ができていない例でしょう。
これでは、上司の信用を失ってしまうかもしれませんね。

「報連相」って、大事ですね。
今日は、同じような意味を持つ「根回し」
テーマです。

「根回し」とは。
NETの「コトバンク」によると。 
会議や交渉を円滑,有利に運ぶために,
非公式の場で合意の形成をはかること。
下工作,下相談ともいう。
元は樹木の植え替え後の活着を容易にするため,
1〜2年前に行なう細根の発生を促す処置をさす園芸用語であったが,
事前に工作するという意味合いから転用されるようになった。

あなたは「根回し」、実践していますか?
えっ「バッチリ!」ですって。
おお、それは素晴らしい。
仕事はサクサク進んでいっていますね。

一方、若手社員なら、あまり知らないかも。
あるいは、
「根回し」なんて「裏でこそこそやるもの」とか、
「汚い手口みたい」なんて思っているかもしれません。

でも、職場で仕事をうまく進めるためや、
自分の意見をうまく通すためには、
必要な「スキル」といえます。

事前に、上司やキーマンに知らせておく。
それも「相談する」形をとるといいでしょう。

たとえば。
「次回の会議で発表する内容、
事前に見ていただけますでしょうか?」
「明日のミーティングの議題の中に、
この件を入れたいのですが、よろしいでしょうか?
理由は・・・」
「後輩の○○さんに、来月からこの仕事を任せてみようと
思いますが、ご意見をいただけますでしょうか?」
などなど。

実は、多くの(ほとんどの)上司、
あるいはキーマン(決定権を持っている人)は、
「関係する案件は、事前にひと言相談してほしい」
という思いをもっているものなのです。
あなたが上司の立場なら、きっとそう思うはず。

だから
聞かされていない件については、
「俺は、聞いてないぞ!」と言い放たれ、
反対されることにもなりかねません。

「根回し」大事ですね。

事前に、こっそり相談されると、
誰しも味方になってくれるものです。
また、改善点も指摘してくれるかもしれませんよ。

事前に伝えること、
事前に相談すること、
意識してみませんか?

今日も、
あなたにとって
充実した一日になりますように!

posted by suzumura at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年07月25日

「40歳で定年した気で」BIG tomorrow

久々の暑い日になりそうです。
これは、とあるお宅の花。
2016724花.JPG
種類はわかりませんが、小花と実がかわいいです。

またまたコンビニで面白い雑誌発見。
月間「BIG tomorrow 9月号」です。
実は、この雑誌、毎月1日発行ということなので
7月1日から店頭に並べられていたようです。

たびたびコンビニの雑誌棚はチェックしているのですが、
気づかずに、やっとこさ今朝、目に留まったのですね。
これって、引き寄せ?

今号のテーマは
「ふつうの会社員がお金を貯めてセミリタイアしたすごい方法」。
なんともありがちな「そんなうまい話があるの?」系テーマですが。

私が手にした理由は、
最近、30代を対象に「キャリアデザイン」系の研修を担当しており、
その参考になるかも、と思ったから。

そう。
今や、自分のキャリアは、自分で考える時代、
自分で切り拓く時代です。


で、この雑誌に面白い指摘がありましたので、
ご紹介します。

「40歳で定年した気で」
おもしろそうでしょ!

これは東京大学の柳川範之先生の説で、
「40歳からの会社に頼らない働き方」
という本も上梓されています。

かいつまんでいうと、
「40歳ぐらいで一度、定年したつもりになって人生設計をしよう」
というもの。

ポイントは、
「いつでもセミリタイアできるぐらいの状況を作る」です。

つまり、投資などでお金を増やす手段など
(このBIG tomorrowには、いろんな方法が紹介されています)、
現状の収入源だけでなく他の選択肢を持つことが不可欠という訳です。

ではなぜ、40歳前後で区切りが重要なのか。

1.給料
どの業種、どの会社で働いていても、
この先ずっと給料が安泰とは限らない。
これまでの10年大丈夫だからといって、
この先10年もいけるとは限らない。
いつ給料がなくなっても困らない準備が必要。

2.老後
30代、40代にとっては、老後はまだ先の話。
しかし仮に65歳まで会社に勤められたとしても、
年金がそこから支給されるかどうかは、不確実。

・・・まったくもってその通りです。

柳川先生は
「40代から準備して過ごす20年と、
50代で焦って始める10年では、その差は歴然。
給料があるうちに、準備を始めるべき。

辞めたくても辞められない、辞めても他にやることがない。
雇ってくれるところがない。
これが人生を不安にし、窮屈にする元凶。

されるかわからないリストラに怯えるのではなく、
稼ぐ力をつけて自立するぐらいの気持ちが必要。
いつでもセミリタイアできるぐらいの状況を作ることができれば、
もっと人生を楽しむ余裕も生まれるかもしれない」
としています。

・・・
たしかに、
余裕があるうちに、何らかの手立てを打っておくこと大事ですね。

更に、2つの視点も紹介しています。
1.意識を社内から社外へ
あなたの能力は、社外でも通用するのか。一度イメージしてみては?

2.能力を一つ加える
今の能力が将来も通用するとは、まったく限らない。
何事も一つしかないのはリスク。
通用しないことを前提に、なにか一つ始めてみよう。

企業に勤めていれば安泰。
という時代ではなくなっていますね。
だからこそ、早目の準備が大事です。

ああ、私自身も、今の仕事が安泰とはいえませぬ。
ではどうするか。
新しい能力を増やす?
今の私にこれは難しいかもしれませんが(トホホ)、
「強み」を発展させるとか、
眠っている「強み」を引っ張り出して磨きをかける、
なんてことなら、可能かも。

あなたも、40代でなくても、
この先食べていける選択肢を増やすこと、
ちょいと考えてみませんか。
おっと「もうやってますヨ」ですって!
それは素晴らしい!!

今日もあなたにとって、
意義ある一日となりますように!
posted by suzumura at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年07月11日

3人のレンガ職人

涼しくて楽ですね。
今朝の日の出もきれいでした。
2016711@.JPG
でも、日中は、35度?
熱中症にご注意を!

今日は、
「3人のレンガ職人の話」です。
何度も、ご紹介していますね。

先日、
仕事になんの意味も感じられない、
生活費のためにしかたなく働いている、
やらされ感イッパイだ、
という人がいました。
そこで、
この「3人の煉瓦職人」を思い出したのです。

再確認しますね。

このお話は
「3人の城壁職人のお話」とか
「教会の大工さんのお話」など、
色々な解釈があります。

要は、
仕事をする上で、
「目的」とか「目標」を持つことの重要性を
説いたものです。

どんな意識で目前の仕事をしているか?
ということ。

もともとの作者はわかりませんが、
有名な経営学者、
「ピーター・ドラッカー」先生も提唱していたようです。

出所は、
堀公俊著「チーム・ファシリテーション」朝日新聞出版

チームの組織力を強化するための深い話し合いと
それを進めるファシリテーション役のための
指南書です。
ご興味のある方は、どうぞ。
とても役にたちますヨ。

この中で、
「3人のレンガ職人の話」
が引用されています。

色々な解釈の中で、
堀先生が気に入っているというバーションです。

・・・
旅人がある町を訪れたところ、
教会の工事現場で働いている職人たちと出会いました。

そこで1人目の職人に
「あなたは何をしているのですか?」
と尋ねたところ、
「煉瓦を積んでいるのだ」と答えました。

2人目の職人に同じ質問をしたところ、
「これで家族を養っているんだ」
と答えました。

3人目の職人に尋ねたところ
「みんなの心安らぐ癒しの場所をつくっています」
と答えたというのです。


そこで、堀先生は次のように考えます。

「誰が一番良い仕事をするか、
 誰が一番やりがいを感じているか、
 もはや説明の必要はないと思います」

「もちろん利益や給料のために働くのが
 悪いわけではありませんが、
 それでは仕事をこなすという手段が
 目的化してしまいます。
 本来なすべきことを見失いがちになります」

「人は自分のためにがんばるよりも、
 誰かのためにがんばった時にこそ生きがいを感じ、
 本当の力を発揮できます」

と説いています。

更に、この3人のレンガ職人のその後を
紹介しています。

「20年後に同じ場所を訪れたところ、
 1人目の職人は相変わらず煉瓦を積んでおり、
 2人目の職人はもっと給料のよい危険な仕事で命を落とし、
 3人目の職人は大勢の職人を束ねる立派な棟梁になっていた」

そうな。

う〜〜ん。
このオチ、納得できますね。

ということで、
あなたは今、この3人の中のどの職人さん的に、
自分の仕事をとらえていますか?

指示されたことを指示されたように黙々とこなしているのか、
お給料のためにしかたなく働いているのか、
仕事の意義と自分の役割を自覚して仕事に当たっているのか・・・?

どのような仕事にでも意義はあり、
求められている自分の役割というものがあります。
それを意識して仕事に当たる方が、
楽しいでしょうし、自分の成長にもつながりますね。

今のあなたの仕事。
目的や意義は何でしょう?
それを自分の成長に結びつけるにはどうしたらいいでしょう?

今日も
あなたにとって、
働きがいを感じる一日となりますように!
posted by suzumura at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年06月20日

忘却曲線

曇りの一日となるのでしょうか?

これは、ご近所のお花?葉っぱ?

2016615花A.JPG
きれいでした。

さて。
すぐに忘れてしまう、最近の私です。
もしかして、認知症?

とはいえ、
人間って、忘れる動物、のようです。

有名なのが
「エビングハウスの忘却曲線」

ドイツの心理学者、
ヘルマン・エビングハウス先生が、
調べたようです。

ある実験をしたところ、
20分後に42%、
1時間後に56%、
1日後に74%、
1週間後77%、
1ケ月後79%、
忘れてしまうという結果が出たとさ。

ああ、20分後に42%、
つまり半分程度忘れてしまうんですね。

で、この結果から、
定期的に復習すると記憶に残るという訳ですね。

復習、これは、「ふりかえり」ともいえるでしょう。

覚えたいことは、
1時間後に再度見直す、
ふりかえるってこと、
大事ですね。

今日も、
あなたにとって、
充実した一日となりますように!
posted by suzumura at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年05月25日

自己肯定感

今日は曇り、のち雨でしょうか。
なんだか落ち着いた一日になりそうです。
そして、ビワ君が豊作?

2015525ビワ.JPG


最近、「自己肯定感」という言葉を
よく目にする機会があります。

自己肯定とは、
「長所も短所も含めたありのままの自分を
肯定できる感覚のこと」。

「ありのまま」って、
昨年ヒットした、
「アナと雪の女王」の挿入歌にも
ありましたよね。

この「自己肯定感」が高い人は、
「幸福感」を感じる度合いも
高いといいます。

あなたは、「自己肯定感」、
高いですか?

「自己肯定感」を高める方法があります。

それは、
「できた」「やれた」感覚を意識すること。

どんな小さなことでも、
「やったあ!」「やりとげたよ」
って感じると、嬉しくなりますよね。

そのためには、
たとえば、
その日のやるべきコトリスト、
「TODOリスト」を毎日作成します。

そして、そのやるべきことをやりとげたら、
赤線で消していく。
私の場合はピンクで二重丸を書くこともあります。

「やれた感」とは、
ずばり「達成感」なのですね。

どんな人間でも、
「やれた感=達成感」を味わうと、
とても嬉しくなり、
モチベーションアップの源にもなります。

だから、幸せを感じる度合いも高くなる、
という訳です。

まずは「やれた感」を毎日感じてみませんか?

そして、あなたの部下にも「達成感」を味わうような
仕事の任せ方、ほめ方をしてみませんか?
成長の効果、バツグンですよ!

今日も、
あなたにとって、
幸せな一日となりますように!
posted by suzumura at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年05月18日

4つの「じんざい」

昨日は、お昼前から晴れましたね。
2016517空.JPG
ステキな青空でした。

今朝も、ピッカーンと晴れ。
今朝は雲一つありません。
が、御嶽山は見えないんですね。

今日のテーマは、
「じんざい」
一般的には、
「人材」と書きますね。

「社員」や「従業員」とは違った意味で、
組織の役に立つメンバーということで、
使われています。

そして、
20年以上前からこの「人材」を「人財」と称し、
会社の財産となるよう育成しようといった動きが
出てきました。
私が人事部のとき、
この「人財」が流行りだし、
「人材開発課」ではなく「人財開発課」
と称する部門も多くの企業で生まれました。

ところが、
この2つの「じんざい」以外のじんざいが
存在しているのですね。
ご存知でしたか?

1.人罪
ずばり!
組織にいてほしくない社員。

2.人在
居るだけの社員。
組織への貢献度が低い社員ですね。
「ぶらさがり」の社員といってもいいかもしれません。
・・・周りにこの「人在」の人、いませんか?

最近は、
本来の「人材」については、
「指示されたことはやるが、
自分から率先して新しいことをやろうとしない社員」
と解釈されているようです。

最近は「自主性」「自発性」「リーダーシップを発揮する社員」
が求められています。

それが、会社になくてはならない存在、
会社の財産となる存在の「人財」なのですね。

あなたは今、
「人財」ですか?
「人材」ですか?

あるいは
「人在」になっていませんか?

今日もあなたにとって、
有意義な一日となりますように!
posted by suzumura at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年05月11日

水槽理論

とうとうオバマ大統領は、
広島を訪問しますね。
歴史的なことですね。
一方で、「三菱自動車」の全車種が対象、
との報道も。
私、三菱ギャランに過去に乗っていました。
う〜〜ン。
三菱自動車、どうなるのでしょう?

昨日からの深夜は大雨でした。
雨音で目が覚めたり。
今朝も曇り空で、ウォーキングを躊躇。
でも、資源ごみを出しに行ったら、
空がドラマ的でした。
2016511.JPG
今にも雨の空模様でも、
傘を片手にウォーキングの人、いましたよ。

さて。

「水槽理論」あるいは「水槽テスト」
または「カマス理論」と、
いろいろな呼び名、考え方がありますが、
ご存知ですか?

私の理解は次の通り。

水槽に大きな魚(カマス理論ではカマスとなる)と、
小魚を数匹入れる。
すると、大きな魚は小魚を食べようとする。
そこで、大きな魚と小さな魚の間に、
透明なガラスをはめ込む。
すると、
大きな魚は小魚を食べようとし、
ガラス板に衝突して痛い思いをし、
かつ失敗に終わる。

この痛い思いと失敗を繰り返すと、
やがて、大きな魚は小魚を獲ることを
あきらめてしまう。

次に、水槽の中のガラス板を取り除く。
しかし大きな魚は、小魚を食べようとしない。
目の前に小魚が泳いでいるのに、
大きな魚はアタックしないのである。

これは、「学習性無力感」といわれるそうな。

挑戦して失敗に終わる経験が繰り返されると、
挑戦そのものをあきらめて無気力状態に陥ってしまう。

大きな魚はもともと小魚を獲る能力を持っている。
しかし、その能力を自ら発揮することができない。
環境にある条件が加わったことで、
餌を獲ることが無理だと思い込んでしまうのだ。

「これは人間にも当てはまる」のです!

つまり、過去に何らかの失敗を経験したり、
失敗するかもしれないと強く思い込んでいると、
本当は可能なのに、挑戦しようとしない。

人間の防衛本能ともいえるのですね。
チャレンジしても失敗したり、叱責されたりしたら、
誰でももうやらないと思いますよね。

ありませんか?
あなたに「ガラスの板」。

そこで、
リーダーとしては、
職場環境に阻害要因がないかをよく観察して、
部下に自由に能力を発揮できる機会を与えること、
重要でっせ、
という理論です。
おっと、リーダーあなた自身が、
「ネック=ガラスの板」になっているかもしれない、
という説もありますよ。
大丈夫ですか?

そして、自分自身なら。
いつのまにか「ガラスの板」を
イメージしてしまっているかもしれません。

1.自分にはできないという思い込み。
2.長年同じやり方で続けているから大丈夫
  という安住感。
3.自分の責任ではないという言い訳。
4.失敗したらひどい目に合うという防衛本能。
5.面倒くさいという怠惰感。

これらの「ガラスの板」は、
あなたの能力発揮と成長を妨げます。

今日は、自分にガラスの板がないか、
あるいは、部下にガラスの板を与えていないか、
確認してみませんか?

私の「ガラスの板」は・・・?

今日も、
あなたにとって、
意義ある一日となりますように!
posted by suzumura at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年04月29日

今年の新入社員

おお!GW突入ですね!

晴天!
でも、風が強くて冷たい感じ、です。
久々に早朝ノルディックウォーキングへ行ってきました。
外にでると、青空と雲とそしてお月様が。
2016429空.JPG
・・・お月様、わかりますか?

4月も明日で終わり。

今年の新入社員のみなさんも、
このゴールデンウィークというお休みをむかえ、
ホッとしていることでしょう。

私は今年も、中堅企業様、大手メーカー様で、
新入社員研修を一部担当しました。

いやぁ〜。
今年の新入社員さんは、
どなたもまじめ、熱心ですね。
そして、事務局さんや講師が言ったことは、
必ず行動に移します。
まあ、最近言われているのは(もっと前から?)、
「言われたことしかしない」ってもの。

でも、
先輩や上司がきちんと伝えれば、必ず行動してくれるってことでも
あります。
これを有効に使うべきですね。
先輩のあなた、上司のあなた、よろしくお願いいたします。

新入社員っていいですね。
講師としては、すごくやりやすいです。
ホントにアイコンタクトやメモをとるなど、とても熱心。
ひとつも逃さないようにしよう!
と、勉強熱心なのです。
そして、素直なんですね。
この辺も進めやすいところです。
おっと、中堅、管理監督者の方々も、
進めやすいですよ。

グループワークなどで、
おのずとリーダーシップを発揮する人がいます。
それは、大卒、院卒に限らず、
高卒の人の中にも、積極的にリーダーシップを発揮する人もいます。
すばらしい!

また、ビジネスマナーといった点では、
まず、体育会系の人は、挨拶がきっちりできます。
また、飲食、ショップなどの接客バイトをした人は、
敬語、電話応対がバッチリです。
教えることがないくらい。
すばらしい!
ということは、接客バイトもいいということかしら。

さらに、今年は女性がすごく積極的なのです。
自発的に挙手して発言したり、
グループワークで率先してリーダーシップを発揮したり、
模造紙にドンドン記入していったり。
優秀な女性が多いですね。
感心しました。
将来が楽しみです。
うまく職場に、仕事に慣れていって、
その力を発揮し、成長していくことを祈っています。

一方で、
無反応、口下手な新入社員も一部で見られます。
この人たちも、うまく職場生活になじんでいって欲しいと
祈っています。
そんな口下手な人も、
数か月、数年で見違えるように変わるもの。
ぜひ、人生の転機の一つとして、
この入社をとらえていただきたいですね。

そして、
この10日間にもなるゴールデンウィークで、
気力が抜けてしまわないように。
そう、例の「5月病」。
リフレッシュして連休明け、
元気に出社してほしいです。

今日も、
あなたにとって、
ステキな一日となりますように!
私は、完OFFDAYです。
な〜〜んもしたくない。
posted by suzumura at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年04月22日

プレジデントMOOK「テンパリ度診断テスト」

夜明け前は雨?
今は晴天です。
熱くなりそうですね。
これは、天白消防署の「四季桜」。(たぶん)
2016412E.JPG
当時、満開でした。
白とピンクがとってもきれいでした。

さて。
今日は「テンパリ度診断テスト」
出典は
「プレジデントMOOK ラクチン!時間術 ◯得講座」2016.3.28初版発行 
セブンイレブンで見つけました。

テンパること、ありますよね。

記事には
「突発的なトラブル、予想外の仕事・・・。
余裕がないと些細なことでテンパってしまい、
取り返しのつかない事態を引き起こすこともある。
今の自分の『心の余裕』具合をチェックしてみよう」

あなたもやってみませんか!

あなたのテンパリ度診断テスト
あてはまる項目、すべてにを入れてください。
1.(  )高カロリー、高脂肪なものを好んで食べる
2.(  )仕事など、やるべきことに常に追われている
3.(  )食欲がない
4.(  )周囲にどう思われているか、気にしすぎる
5.(  )親がテンパリやすい
6.(  )運動不足
7.(  )友人との時間など、プライベートの時間がとれない
8.(  )就寝・起床時間がまちまち
9.(  )人の話を聞くより自分の話をするのが好き
10.(  )早口だと思う
11.(  )朝食は取らない
12.(  )デスクが散らかりがち
13.(  )スケジュール帳はあまり見ない
14.(  )ランチはコンビニ弁当が多い
15.(  )カバンがいつも重い
16.(  )財布は領収書でパンパン
17.(  )気づくといつもケータイを手にしている
18.(  )誘いを断れない、断り下手である
19.(  )毎晩、寝酒が習慣になっている
20.(  )夜眠れない

そして、
結果分析
1.「16〜20の人」 
要注意!キレないうちに習慣を変えよう

テンパリ度は極限に近づいている。
このままでは、仕事中の大事な局面でキレてしまい、
せっかく築き上げてきた努力が台なし、
なんて可能性もある。
まずはリラックスして習慣を見直し、
できることから始めよう。

2.「11〜15の人」
追い詰められ気味?上手に発散してコントロールを

テンパリ度は危険ゾーン。
ハードワークが続くとキレたり、
パニックになる可能性が高いので要注意を。
食事の内容や生活習慣を改善しながら、
仕事の量についても見直したほうがいいだろう。
時には断る勇気を持とう。

3.「6〜10の人」
平均的な現代のビジネスマンです

日々、仕事に追われるビジネスマンとしては、
一般的なテンパリ度。
ただし、ハードワークが続くと、
テンパリレベルが上がる可能性もあるので注意したい。
生活習慣については、チェックした項目について改善を。

4.「0〜5の人」現代人には珍しくテンパっていません
ストレスに取り巻かれて生活する現代人は、
多少なりともテンパっているのがふつう。
その中で当てはまる項目がこの数字なら、
かなり優秀といえるだろう。
周りからは「器の大きい人」と見られているはずだ。
今の状態を維持しよう。

いかがでしたか?
私は・・・内緒です。

金曜日ですね。
もうすぐGWです。

今日もあなたにとって、
元気ハツラツな一日となりますように!
posted by suzumura at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年04月06日

人の成長の8割は、仕事を通して得られる。

最近の満開の夜桜です。
20145.JPG
きれいでした。

さて。

あなたは、成長したいですか?

多くの人は「成長したい」と
思っていることでしょう。

では、
成長するためには、
どうしたらいいでしょう?

ずばり!
がんばって仕事に取り組むことです。

そう
人間の成長のうち8割もが、
仕事を通して得られるのです。

8割も、なのですね。

プライベートの経験でも成長がありますが、
それは2割程度。
人によって異なるでしょうが、
一般的には、仕事が方が大きな割合となるのです。

私も、本当に、
仕事を通して、
あるいは、職場で、成長してきたなあと、
実感しています。

そう、今でも。
今は、研修講師業ですが、
そのお仕事を通して、
成長を実感する毎日です。
新入社員研修でも、
新人さんから学ぶこと、
多いですよ!
ありがとうございます。感謝です。


仕事を通しての成長が、
8割もたらされる。

とならば、
今の仕事にもっと興味を持ったり、
質を高めたりすることを
意識してもいいかもしれません。

あなたは、
仕事を通しての成長、
実感していますか?

仕事を楽しんでいますか?

今日も、
あなたにとって、
すてきな一日となりますように!

posted by suzumura at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年03月29日

プラシーボ効果

天白公園の桜さんもチラホラ
咲き始めました。
これは、今朝。
2016329B.JPG
樹によって、咲き方が違いますね。
週末は、ここ天白公園はお花見日和でしょう。
いいですね。桜って。

さて。
今日のテーマは「プラシーボ効果」
です。

以前もアップしたことがあります。

簡単に言うと
「良く効くと思い込んで薬を飲むと、良く効くようになる」
というもの。
だから、「偽薬」と訳されているそうです。

ウィキペディアによると、「placēbō」はラテン語で「私は喜ばせる」の意、
だそうな。

よくあるお話は、
お医者さんが
「あなたにはこの薬が効きますよ」と言って、
薬としての成分の入っていないものを患者さんに渡すと、
患者さんはそれを信じ、飲み続ける。
すると「病気は改善する」というものです。

先日、
知人が高血圧の薬を処方されたけれど、
「これって、プラシーボかも」
と言っていました。
医師がそう言っていたそうです。
つまり、
身体に影響のないモノを、効く薬と信じて飲むことで、
血圧が改善され、
かつ、身体への影響もない、
ということを狙ったようです。
いいですねえ。

薬が苦手な(ほどんど嫌いな)私には、
できるだけ影響の少ないものが
望ましいです。

ところで、
実は、
私事ですが、
私、自分自身に、この「プラシーボ効果」をかけています。

「この〜〜は、絶対に私の〜〜に効く!」
と、思い込むのですね。

例えば。
ノルディックウォーキング。
絶対、私のダイエットに効く!
と思い込んで、12月から4か月間続いています。
楽しいんですよ。
私に合っています。
姿勢がよくなって、
背中がスッキリしたような感じも、
あります。
ま、ダイエットの方は???ですが。

つまり、
私は、
「いいなぁ!」と思ったことは、
思い込んで、なんでもやってみるって、訳ですね。

最近は
(以前アップしましたが)、
ノルディックウォーキングの
歩幅を広く取るようにしています。
大股歩きです。
これで、
体力もついて、ダイエットにも効いて、
姿勢もよくなって、
ポッコリお腹もへこむ!
と、思い込んでね!

PCに向かうときは、
できるだけ背筋を伸ばすようにしています。

人間。
21日間続けると、
習慣になるそうですよ。

そこで、
あなたも、
あなたのためになる何かを、
「プラシーボ効果」を見込んで、
思い込んで(念じて)、
トライしてみませんか!

3月もあと、3日ですね。
年度末、お忙しいと思います。

今日も、
あなたにとって、
ステキな一日となりますように!
posted by suzumura at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2016年03月28日

クッション言葉

今は晴天ですが(7時55分)、
夜明け前は小雨。
桜さんたちにも嬉しいお湿りですね。
これは、
もうすでに満開の桜さん。2016324満開.JPG
ソメイヨシノとは違う種類のようです。

さて。

またまた、人事異動ネタ、新年度ネタですみません。
テーマは「クッション言葉」です。

あなたもご存知でしょう。
頼みごとをする場合や、
お断りする場合、
やわらかい表現にするために、
また、印象を良くするために、
最初に入れるフレーズのことです。

これ、本当に便利ですヨ。
ちょいと最初に言うだけで、
イメージが好転するのです。

覚えておきたいフレーズとしては、
(スムーズに出てくるといいですね)
1.恐れ入りますが
2.申し訳ありませんが=申し訳ございませんが
(この2つは、MUSTです!)
3.よろしければ
4.お手数ですが
5.お忙しいところ申し訳ありませんが
6.お差し支えなければ
7.ご面倒をおかけしますが
8.失礼ですが
9.せっかくですが
10.あいにくですが

すぐに出てきますか?

私は、ビジネスモードに入ると、
出てきます。

新しい職場、
新しい上司、
新しい部下。
色々な出会いの多い4月を迎えます。
ぜひ、このクッション言葉を使って、
よりよい関係づくりに
お役立てください。

今日も、
あなたにとって、
意義ある一日となりますように!
posted by suzumura at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる