2014年05月19日

おとなのびじねすマナー「立ち居振る舞い」

毎週月曜曜日は、
「大人のビジネスマナー」を
特集しています。

すでにUPした
「身だしなみ」や「態度」。

2014年4月12日の「NIKKEI プラス1」
に参考になる記述があったので、
再度、載せますネ。

「オフィスでの美しい立ち居振る舞い」

「仕事で成果を上げていても、
 普段の立ち居振る舞いに問題があると
 リーダーや管理職への登用をためらうことがある。
 というのが企業側の本音です」
と、インソースの川端久美子常務。

なるほど。
確かに、気になる行動が目立つ人は、
印象も悪くなりがち。
で、昇進にも影響がある
ということなのですね。

そこで、
良い印象を与える「身だしなみ」
を挙げています。
おっと、対象は「女性」のようです。

1.身だしなみ編
1)髪は、長い場合は、束ねる。色は明るすぎず。
2)クールビズでも肌の露出の多い服はダメ。
  スカートはひざ丈。
3)夏でもストッキングをはく。
  素足はNG。
4)3〜5pのヒール。8pは高すぎる。
5)靴は親指の見えるオープントゥ、サンダル、ミュールは
 NG。冬のブーツも基本的にだめ。

…なるほど。
 これから、本格的に暑くなる季節です。
 クールビズもスタートしているお会社も
 多いことでしょう。
 ただし、女性の行きすぎたクールビズは
 NGってことですね。

次は、
オフィスでの態度です。
参考になりますヨ。
×はNGなので、○を心掛けましょう。

2.オフィスでの立ち居振る舞い
 1)上司に突然話しかけられたら

  ×首だけ上司の方に向ける。
  ○上半身全体を向けて笑顔で返事。
   基本は立って対応するのが礼儀。
   腰を浮かせて立とうとすることが大切。

 2)少し遠くにいる上司に書類を渡すとき
  ×片手で放るように渡す。
  ○両手で渡す。
   片手になってしまう場合も「片手で失礼します」
   とひと言添える。

 3)エレベーターを待つとき
  ×片足に体重をかけ、肩のラインが下がっている。
  ○足先をそろえ、背筋をまっすぐ伸ばす。

 4)相手の話を聞くとき
  ×背筋を丸めた姿勢。
  ○セル時を伸ばし、約20度前傾すると、
   関心があるように見える。

 5)ストローやペンなどを持つ時
  ×親指と人さし指の2本でつまむ。
  ○親指、中指、薬指の3本で優雅に。

3.その他のNG
 1)髪をいじる姿
   仕事に集中していない印象を与える。
・・・私も、髪が長かった若いころ、
   いじっていました。反省

 2)電話などをしながら、指先でペンを回す動作
   落ち着きがないと、とらえられる。
・・・私はペン回しができなくて、
   すごいなぁと感心していました。
   が、電話やミーティングの最中、
   ペン回しをしている姿は、
   いただけませんね。

 3)椅子に座っているとき、足を組んだり、靴を脱ぐ
  上品ではない。
・・・腰かけているとき、靴を脱いでいる男子
   多いですね。
   女性にもいるのでしょうか?

 4)爪が長すぎる
  パソコンで入力作業をしているとき、
  カチカチと音が鳴り響き、耳障りと感じる人がいる。
・・・いるいる。
   カチカチという音を立ててタイプしている人。

 5)バタバタと音を立てて歩く
・・・騒がしい印象を与えますネ。
   実は、会社勤務時代、
   私、急いでバタバタと走っていたこと
   あります。反省

 6)電話の受話器を置くとき、直接ガシャンと置く。
   いったん指で通話ボタンを切ってからそっともどす。
・・・アルアル、ではないでしょうか?
   特に、電話で言い争いになったときに、
   ガっシャンと叩きつけるような人。
   ビックリしますよね。

   というか、
   電話で声を荒げる人に対して、
   みんな「耳」をそばだてていて、
   「ああ、またやってるな」
   なんて思っているもの。

 7)机の上に資料を置くときも、丁寧にあつかう。
・・・これもそうですね。


このモノに当たるのは、
ささやかな抵抗かもしれませんが。


いかがでしょう?

以上のような態度は、
傍から見ると、
いかがなものか
ですね。

気をつけたいものです。

月曜日です。

今日も
あなたにとって
元気な一日となりますように!
posted by suzumura at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96906701

この記事へのトラックバック