2014年05月07日

それネグっといて

長いと思っていたGWも
あっというまに終わって、
今日から仕事の方も多いでしょう。

えっ、
昨日からですって?
それはお疲れさまです。

連休明けといったこともあって、
軽いテーマはいかが?
ちょっと長いのですが。

山崎将志著「残念な人の口ぐせ」
KKベストセラーズ2013.3.21

紹介するのは、これで2回目。

この本には、残念な人の口ぐせがイロイロと
載っています。

今回注目したのは、
「それ、ネグっといて」です。

この意味がわかる人は、
相当・・・ナウい人?(古い・・・)

意味は
「無視していい、ってこと」
だそうです。

Neglect(無視する)のネグなのですね。

知りませんでしたよ。

本には
「会社や専門家の集まりなど、
 一部の集団でしか使われていない
 独特の表現がある。
 業界用語や業界名をとって『○○用語』
 などと呼ばれる」

たとえば、外資系では・・・
(原文のまま載せますネ。
 あなたは、理解できるでしょうか?)

「あなたがサマってくれた
 このプランニングシートなんだけどさ、
 ヘッドカウントないんだよね。
 サブコン使いすぎじゃない?

 これ、
 アプルーブちゃんともらってんの?」

「PMにオーソライズもらったはずですけど、
 明日のテレカンでフォローアップします」

「このクオーターはバジェットが厳しいから、
 今のリソースに対しては
 バイネームでタスク割り振っておいてね」

「わかりました」

「それから、明日のランチョン、
 来週でリスケしてほしんだけど、
 オーガナイズしてくれる?」

英語がわかれば、
だいたい見当はつくでしょうか?

わかんねぇよ!!
という人のために
著者の山崎氏は、
親切に解説をつけてくれています。
(長くなりますが)

サマる…summarize(要約する)の略
プランニングシート…計画書
ヘッドカウント・・・人員数
サブコン・・・sub‐contractor(外注先、協力会社)の略
アプルーブ…承認
PM・・・project‐managerの頭文字
オーソライズ…正式な承認
テレカン…電話会議の略
クオーター…四半期
バジェット…予算
リソース…資源、ここでは人員の意
バイネーム…一人ひとり個別で
タスク…細分化された仕事
ランチョン…昼食を交えた会議
リスケ…scheduleの再設定
オーガナイズ…計画などを準備する

なるほどね。

そういえば、
先日、とある中年男性が会議のとき
「リスケ中です」と発言してましたね。

他社のひとたちは、
「ああ」という感じだったので、
みんなご存知だったのでしょうかねぇ?

私は知りませんでした。
まったく、
ただ「スケジュールを見直している」
ということかなあ、
と、想像しました。

さて、
著者の山崎氏は、
「業界用語が使われるには、理由がある。
 その仕事で必要とされる微妙なニュアンスが 
 含まれていることもあり
 これを使うとコミュニケーションが早い」

「こうした言葉を使う者同士という仲間意識が醸成されるため、
 新参者にとっては、
 早く覚えて使うことで
 その一員として認められたいという意図を
 示すことにもなる」
とメリットを紹介しています。

その上で、
こうした用語を使って、
相手からその意味を質問された場合、

「もともとの意味を知らなかったりすると、
 この人は上っ面だけの人間だ、
 軽い、
 などと受け取られることになり、
 かえって危険である」
と指摘しています。

なるほどね。

いますよね。
専門用語や英語をやたら使っている人…。

会社勤務時代、
こ難しいことばかりを並び立てて、
質問しようものなら
「こんなことも、知らないのか」
みたいな顔をしていた上司。

当時も、
そして
研修講師となった今でも、
「相手にわかりやすく伝えることが一番」

ポリシーにしている私です。

専門用語、
業界用語、
そして流行語。

知っていることにこしたことはないと
思います。

また、
お互いのスムーズなコミュニケーションに
つながることも多いでしょう。

ただやはり、
相手に応じて
使い分けることも必要だと思います。

そう、
相手に応じて、
わかりやすい言葉を使うことです。


連休明けの今日、
あなたにとって、
元気な一日となりますように!
posted by suzumura at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 働きやすい職場づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95807857

この記事へのトラックバック