2021年06月01日

ストレスに負けない!



実は、大坂なおみ選手も・・・


20210530桂.JPG


今朝の報道で、あのテニスの女王「大坂なおみ選手」が、
うつ病だったという告白をしています。

このごろの彼女の態度や言動について、
そうだったのかと納得する人も多いのではないでしょうか。

悩んでいたんですね。
辛かったでしょうね。
ああ、なんとストレスの多い時代なのでしょう!

私たちも、ストレスイッパイ!
さらにコロナ禍もあり、ストレスフルな状況が続いています。

実は「自分では気づいていないストレス」もあるようです。


■ 自分では気づいていないストレスがある

仕事が忙しく、責任も重く、人間関係でも頭の痛いことの多い毎日です。
更にはコロナ禍で、今まで隠れていた、
あるいはガマンしていた「ストレス要因」が表面化した、
という場合もあるでしょう。

ストレスには、「表面化ストレス」と「気づかないストレス」が
あるというのです。

・表面化ストレス
身体の不調や気持ちが落ち込むなどし、
「ああ、ストレス溜まっているヨ」と、自ら気づく。

・気づかないストレス
目に見えないストレスで、気づかないうちにストレスフルになっている。

また、ちょっとした気分の落ち込みや、やる気が出ないなど、
ポジティブになれないと感じること、日常的にありますよね。
誰にでも。

だから、つい軽く思ってしまうのです。
いつか回復すると・・・。

しかし、そんな軽いストレスも、
放置すると重症になってしまう可能性もあるのです。

ということで、今の自分の「ストレス状態」をチェックして自覚し、
早めに手を打ってみませんか?

「ストレスチェック法」は、厚生労働省をはじめ、
様々な機関から発表されています。

今日、ご紹介するのはとても簡単です。
ぜひ、やってみてください。


■ ストレスチェック
(出典は、わかりません)

あなたの最近の状態を思い起こし、
下記項目で当てはまると感じるものに〇をつけてください。

1.身体がだるくて疲れやすい
2.最近、思い通りにいかないことが多い
3.いくら寝ても寝足りない感じがする
4.ついイライラしてしまう
5.やる気が出ない
6.人と話すのがおっくうである
7.最近、風邪をひきやすい
8.食欲がない
9.お酒の量が増えた
10.何かショックなことがあると一人で抱え込んでしまう
11.考えがうまくまとまらない
12.ちょっとしたことでも腹が立つ
13.すべてを投げ出して逃げたくなる
14.目覚めが悪い
15.怒りの感情をため込んでしまう

〇のついた数を合計してください。


■ ストレスチェックの結果

それぞれの合計数での診断結果です。

・0個〜2個
あなたの心は健康で、気分転換がうまくできているようです。
上手にストレス解消ができているので、
その解消法を大切にしていきましょう!

・3個〜6個
気がつかないかもしれませんが、ストレスを抱えています。
まだ我慢できる程度かもしれませんが、
これ以上無理をすると、心に負担がかかってしまいます。
自分をいたわって、ストレスの原因を取り除くようにしましょう!

・7個〜10個
あなたは、かなりのストレスを抱えています。
これ以上ひどくなる前に、今の生活を見直す必要があります。
心を休めることを第一に考えてください。
一人で悩みを抱えないことも大切です。

・11個以上
このままでは危険です。
心だけでなく身体も辛い状態です。
どのようにストレスに向き合っていけばよいのか、
具体的な方法を真剣に考えていく必要があります。
一人で考えることが難しいようであれば、
カウンセリングなどを利用し、
カウンセラーと協力しながらストレスを向き合う方法を見つけてください。


■ 解説

〇の数が多い場合は、相当のストレスを抱えている可能性があります。
自分自身の生活を見直し、カウンセリングなどを利用しながら、
ストレスを上手に解消していきましょう。

また、
自分ではそんなにストレスを自覚していなかったにもかかわらず、
ストレスが高いことがわかった場合は、
ストレスに「気づきにくい」傾向があります。

ストレスは、心の面だけでなく、身体的にも悪影響を与えます。

身体の不調が出てきてから気づくのでは遅いので、
もう少し自分自身の心の状態や自分をいたわることを意識して
生活するようにしましょう。


■ ストレスチェックは定期的に!

このストレスチェックは、定期的に実施した方がよいとされています。

自分のストレスを意識した生活を送り、
心と身体のバランスを保つことが大切です。


■ おわりに

まったく、ストレスフルの時代になったものです。
私が子供の頃、若者の頃、特段、気にもしなかったことが、
今では、ストレスの原因になっている。

ということで、これまでは良好だった状況も、
あっという間の変化で、
知らず知らずのうちにストレスフルになっているかもしれません。

そんな目に見えないストレスに気づき、早めに手を打つことが大切ですね。

手を打つことの第一歩は、積極的に自分なりのストレス解消法に取り組むことです。

あなたの「ストレス解消法は?」
複数ありますか?

・・・大坂なおみ選手も乗り越えてください!!


posted by suzumura at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188721491

この記事へのトラックバック