2021年03月20日

今週の教訓「過ぎたるは猶及ばざるが如し」


教訓「過ぎたるはなお及ばざるが如し」

20210309モクレン.JPG


またまた発覚したスキャンダル!
それも1年前の発言を、またまた文春砲が明らかにしました。

報道によると、当人は剛腕クリエイティブディレクター。
そして、さっそく辞任。

最近は、文春砲で、やめることが通例になっているような。
どうも、文春さんは、二の矢、三の矢を持っているようです。
だから、その前に辞めてしまったほうが、得策ということでしょうか。

まあ、私が当事者で、さらに後ろめたい事案があるなら、
さっさと辞めた方がいい、と思うかも。

その当事者は、CMなどの演出で注目されていたようです。
剛腕、プロデューサーとか。


そこで思うのが「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。

意味は、
「何事も度が過ぎることは、足りないことと同じくらい良くない」
ということ。

たとえば。
創造的、画期的、斬新、最新鋭な企画
 ⇔ ハラスメントや差別行為になる可能性がある

いじり ⇔ いじめ 

自律社員 ⇔ 忠誠心がない

ことほどさように、度が過ぎるとあっという間に評価は反転するのが世の中です。

とはいっても、
従順、イエスマン、目立たない、影が薄い、貢献していない、
面白くない、使えない・・・
では、評価はダダ下がり。

ではどうする? 
調子に乗ってやり過ぎないことが肝要なのかなと。

ということで、
今週の教訓は「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。

まあ、波に乗っているとき、つまり順風満帆のときは、
イケイケどんどんでやってしまうのが人間なのですが。

それでも、「他山の石」として、自戒したいですね。


それにしても、東京オリパラ、
弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂、一難去ってまた一難・・・
どうなる?


posted by suzumura at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188504769

この記事へのトラックバック