2020年07月17日

エピセンター?


不安、ふたたび?

20200602萱?.JPG


昨日の、児玉龍彦・東京大名誉教授の国会での発言。
今朝のネットで知りました。

東京では「エピセンター」が形成されている?

児玉教授は声を震わせて訴えていました。
確かに、7月に入ってから東京での感染者が増加しています。
東京のみならず、大阪でも、ここ愛知でも増加しています。

■ エピセンターとは(ネットによると)

発生源、中心地、震源地などという意味で、
児玉氏の訴えは、
「東京型」「埼玉型」などのウイルスの型が発生している可能性を指摘し、
東京発の感染のさらなる拡大に警鐘を鳴らすものだった。
そして児玉氏は、総力で対策を打たないと、
「来週は大変になる。来月は目を覆うようなことになる」
と危機感をあらわにし、
政府・国会・民間など総力をあげての対策を求めた。

児玉教授の指摘について西村経済再生相は、
東京のエピセンター化への言及は避けつつ、
新宿などでのクラスター対策を徹底していく方針を強調した。


ああ、不安になりますよねえ。

「エピセンター」という言葉。
今後、マスコミはどうとりあげていくのでしょうか?

「不安をあおっている」という指摘もありますが、
昨今の状況は、安穏としておられない感じがします。

そして、私たちはどう暮らしていくのか?

年配者の私は、再度不安になっています・・・


posted by suzumura at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187704457

この記事へのトラックバック