2020年07月02日

セルフコーチング「自分へのアドバイス」


あなたがあなたにアドバイスをするとしたら?

20200620朝青空.JPG

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言。
あのときは「ああ来てしまったか!」と絶望感、憔悴感を抱きましたね。

それが5月25日に全面解除され、なんとなくホッとしたのもつかのま。

最近、東京方面での感染者が増えています。
なんでだろう?
それにしても、油断は禁物。怖いですね。
もはやコロナの危険とともに生きていくしかない。
と思うこの頃です。

コロナ禍の下では、お給料が減ったり、ボーナスがなくなったりと、
これまでの平安感や安心感が吹っ飛ぶような状況になっています。

中には、意図せぬ配置転換、
さらには、仕事を辞めざるを得ない方もいるでしょう。

不安や落胆、虚無感を感じておられる方も多いと思います。

そこで、そのような不運な状況を見直す質問(セルフコーチング)を
ご紹介します。

「今のあなたに、あなたがアドバイスをするとしたら?」

これはコーチングの定番質問のひとつです。

他者からのアドバイスはありがたいもの。
アドバイスをしたがる人も多いですよねえ。
(私もですぅ…トホホ)

とはいっても、多くのアドバイスは
「自分には当てはまらないな」とか、
「いいアドバイスだけど、ピンとこないなあ」なんて思えてしまう。
アルアルですよね。

そこで、自分のアドバイスなら納得感も大きいでしょう。

今のあなたに、あなたがアドバイスをするとしたら、
どんなアドバイスをしますか?

ちょっと考えてみませんか。

ちなみにですが。
今の私へに私がアドバイスするとしたなら、
例えば
「今の状態は、ある意味、いくつもの可能性、多くの選択肢がある
ということだよ。
なんでもアリの時代だから・・・
視野を拡げてみて!」
なんてね。

また、部下が悩んでいるとき、アドバイスばかりをせずに、
このような「質問」を投げかけてもいいと思います。



posted by suzumura at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187655982

この記事へのトラックバック