2020年05月09日

今週の教訓「若き働き盛りはいい」


若いっていい

20200427日の出.JPG


教訓、という訳でもないけれど、注目していることがあります。

今や日本の共通認識になっている感すらある話題の「大阪モデル」。
吉村洋文知事、44才です。

今日、新聞のTV欄を見ていたら、
「大阪モデル」の文字が見つけられただけで、なんと5件。

すごいですねえ。

こうした非常時、そして長期戦の今、若さは有効ですね。
がんばり、無理が利きますから。
しかも44才ということで、経験も抱負です。

一方、和歌山の仁坂吉伸知事は69才。
落ち着いた物腰に決断力が加わり、非常に安心できます。
年配者の特性が活かされていましたね。

そんなこんなで今回の「新型コロナウィルス」での対応について、
各知事の実力、決断力、発信力が比較されています。

東京都の小池百合子知事。
吉村知事には負けられない、なんて思っているかも。

それにしても年配者の私は、吉村知事、叩かれないように、と思います。
これだけ注目されたら、
週刊誌、スポーツ紙、文春、新潮などに、裏情報が流れているかも・・・。
出すぎると叩かれる昨今ですから。

今週の教訓「働き盛りの若きリーダーはいい」です。

私も40代の頃、がんばっていたなあ・・・
今は???
トホホですう。


posted by suzumura at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187470681

この記事へのトラックバック