2020年03月06日

「未払い残業代」急増?


転職者が増えたことで、未払い残業請求も増える

2020222@.JPG


2020年3月5日の日経新聞に興味深い記事がありました。
「真相深層」の欄です。

タイトルは
「未払い残業代払って」急増
「人手不足で増える転職者」


記事には
「企業が未払いの残業代を請求されるケースが増えている。
人手不足で転職者が増え、
新しい会社に移る前後に残業代の支払いを求める人が増えた」
とあります。

・・・ああ、確かに。
残業代が払ってもらえないことに不満を持っている人は多いですよね。
でも、在籍中に請求すると、角が立つ。
もしくは、いやがらせがあるかもしれない。
だから「退職後に請求する」という訳ですね。
退職したら、もう会社や上司とは縁がなくなりますから。

記事には、
法律事務所に未払い残業代を相談するケースが増えているとしています。


■ 2つの要因

要因について2点挙げています。

・働き方改革の本格化で当局の監視が厳しくなった
労働基準監督署の勧告を受けて残業代支払いに応じた企業数は
2018年度で1768社。5年前に比べて25%増えた。

・・・これまでも残業代が払われないケースは多くありました。
「サービス残業」という言葉があったように、
上司も部下も当たり前のように残業代を請求せず働いていました。
でも、時代が変わったのですね。

・人手不足を一因とする転職者数が増加した
未払い賃金の請求は在職中より退職後に行われることが多い。
仕事をしている間は、
人間関係や処遇が悪くなることを心配する人が多いからだ。
転職を機に働いていた職場の環境に疑問を持ち、
未払い残業代の請求に動く人が増えている。

・・・先にも述べましたが、在職中は角が立つので言いにくい、本音です。
私の経験で、一部の勇気のある社員が請求していたこともありました。
その社員を「要注意」などと言う部長も見ましたが・・・

ちなみに、記事には請求方法も掲載されています。
興味のある方は、日経新聞の電子版などでご確認を。


■ 中小で認識不足

記事には中小企業で生じやすいとしています。

「未払い残業代が生じやすいのは中小企業だ。
経営者が違法と認識しておらず、
社員から訴えられて初めて気づく場合がある。

・・・そうなんです。
世の中の動き、労働環境の変化に疎い社長って多いんですね。

そして、
「未払い分を請求された企業が支払いを拒むケースは少ない。
裁判になり企業側の対応が悪質と判断された場合は、
制裁として未払い分と同額の付加金が課される可能性がある。
『労働者側の主張がおかしくない限り、
一定額を支払って早めに和解することを勧めている』
と専門弁護士のお話も。

さらに
「専門家は4月に施行される予定の法改正の影響で、
残業代請求が急増すると懸念している。
これまでは残業代を含む未払い賃金を企業に請求できる期間(消滅時効)は
労働基準法で2年と定められていた。
これが4月以降は当面、3年になる見込み。
将来的に5年という案も検討されている。」

・・・そうなんですか。
これはこれは・・・
今、請求期限は2年間とされています。がそれが伸びるとなると・・・。
影響、大きいです。


■ 今後

記事には「未払い残業代を巡るトラブルが急増する」
との懸念も載っています。

そこで、企業側の対策をまとめると
・残業させる場合は明確に命令を出す。
・会社の許可を得なければ、設備が使えないなどの制限をとる。

・・・ちなみに「命令」したことが残るうように「書面でやりとり」をする
企業もあるようです。

記事の最後では
「働く社員も企業側も、
それぞれが効率的な働き方と労働時間の管理に向き合わなければならない局面に
さしかかっている」と締めくくっています。


■ まとめ

働き方改革が浸透してきている今でも、
「サービス残業」を黙認、あるいは強いている中小企業もあるようです。

もし、退職社員から、あるいは従業員から請求されたとしたら。
労働基準監督署に訴えたら。
さらに、裁判所に訴えたら。

一人の社員の訴えは、社員全体に浸透していくかもしれません。

最近の社員は、
この風潮をキャッチし「残業時間」の証拠をしっかりとっているようです。

となると、企業側は腹を括って対応する必要があります。
特に中小企業の社長さんの意識改革も必要な時代になりました。



posted by suzumura at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の新聞
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187236484

この記事へのトラックバック