2020年02月25日

六つの帽子で考えてみる



アイデアを出すための六つの思考法

2020224日の出@.JPG

物事に行き詰ったとき(今がそう?)、
参考になるスキルがあります。

有名な「シックスハット法」です。
ご存知の方も多いでしょう。


■ シックスハット法とは?

エドワード・デ・ボーノによって開発された思考法。
著書「Six Thinking Hats」で
「会議が変わる6つの帽子」として紹介されています。

デ・ボーノ博士は水平思考(ラテラルシンキング)の提唱者として
知られており、
シックスハット法も水平思考をベースに考案されています。

水平思考とは、問題解決のために既成の理論や概念にとらわれず
アイデアを生み出す方法。
したがって「水平思考の六つの帽子」ともよばれています。

六つの帽子は、六つの思考方法を表しています。
「白、赤、黒、黄色、緑、青」
それぞれの帽子をかぶって、
一つの問題をさまざまな視点から考えていきます。

それぞれの帽子の解釈はいろいろありますが、
簡単な考え方をご紹介します。


■ 六つの思考法

・白い帽子(事実認識)
白い帽子をかぶったら、客観的に事実を受け入れる。
データをもとに考えるときも、この帽子をかぶる。
事実、数字、情報、ニーズに注目する。

・赤い帽子(直感)
赤い帽子をかぶると「直感」を自由自在に働かせることができる。
ここでは、自分の直感、気持ち、感情に注目する。
事実の裏づけは必要ない。

・黒い帽子(批判・リスク思考)
黒い帽子をかぶったら批判的な見方をしてみる。
考えられるリスクは何だろう?
また、慎重、理性的に判断してみる。

・黄色い帽子(楽観、プラス思考)
事実をプラスの面でとらえてみる。
事実の中から、価値のあるものを見つけ出す。

・緑の帽子(創造的思考)
他の方法や提案、おもしろそうなものを自由に考える。

・青の帽子(全体整合)
全体を俯瞰する。プロセスを総括する。


■ 会議で使う

この「シックスハット法」は、会議で使うことでも有名です。

あるテーマに対し、参加者全員が同じ色の帽子をかぶって、
それぞれの思考方法からアイデアを出したり、判断したりしていきます。


■ おわりに

あえて、六つの帽子をかぶって、それぞれの思考方法で考えてみる。

たとえば、今の「新型コロナウィルス」に関して、
自社、自部門がとるべき対策について
アイデアを出し合ってもいいかもしれませんね。

ちなみに「コーチング」でも、
クライアントの思考を広げるために、この「六つの帽子」を使うこともあります。




posted by suzumura at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスコーチング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187198474

この記事へのトラックバック