2020年02月10日

アウトサイドイン「笑顔になってみる」


無理にでも笑顔になってみると?

2020124御嶽山.JPG

私事ですが、
いつの頃からか、
「笑顔になる」ことを心掛けています。
無理くりにでも。

そして、無理にでも笑顔になると、なんとなく楽しい気持ちになります。
あるいは、心が晴れてくる、といった感覚でもあります。

この「無理笑顔」は、心理学系の書籍で目にしたことが多々あり、
実践している訳です。

また、髪型がうまくいったり、
お気に入りの洋服などを身につけたりすると、
なんだか嬉しい気持ちになります。

これは「アウトサイドイン」という手法です。


■ インサイドアウト

精神科医の「大野裕」氏が、
以前、日経新聞に載せていたコラムです。

インサイドアウトとは、心の内面(インサイド)が
外見(アウトサイド)に影響するという関係。

楽しい気持ちになるから笑うし、悲しい気持ちになるから泣く。

一方、アウトサイドインというのはその逆で、
笑顔になれば楽しい気持ちになるし、
背筋を伸ばしてしっかりした姿勢をとれば気持ちにも張りが出るという関係。


これは科学的にも証明されているとのことです。

ちなみに、
Wikipediaによると「インサイドアウト」とは衣服などの裏返しの意味。
また、あの有名な「7つの習慣」でも
「周囲を変えるより、まず自分の内面を変える」との概念があります。


■ アウトサイドインを実践してみると

ここ何年か私が実践している方法です。
ポイントは「目覚めたときから笑顔で一日をスタートさせる!」

ベッドで目が覚めたとき、「ああ、なんだか楽しい!幸せいっぱい!」
と感じるときと
「気分よくないなあ」と感じるときがあります。
この年になるとこの「イマイチ気分」の時が方が多いのですが。

私の場合、「気分よくないなあ」「なんだかイマイチ」と感じるときは、
前日に良くないことが起こった朝や、当日、緊張する行事があるとき、
あるいは夢がネガティブで終わるときです。

そんなときは、無理にでも口角をあげて、笑顔になるようにしています。
すると、アラ不思議!なんだか気持ちが楽になってきます。
そして「なんとかなる」とか「大丈夫」と声に出して言っています。

まさに、外側から自分の気持ちを高揚させるワザですね。


■ おわりに

新型コロナウィルスの影響で、世の中、停滞、減速傾向に陥りそうです。
冬型うつ、春型うつの影響もあって、気持ちも冷え込みがち?
そんなときこそ「アウトサイドイン」です。

笑顔になったり、ステキな服を着たり、
お気に入りの時計をはめたりして、気分をあげていきましょう!!

「大丈夫、なんとかなる」とつぶやくのも効果的ですよ!
なんせ、自分の発したポジティブな言葉が、自分の耳に聞こえてきて、
脳に働きかける、まさに「アウトサイドイン」効果ですから。


posted by suzumura at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187142136

この記事へのトラックバック