2020年01月30日

上司が信頼する部下とは?


あなたは上司に頼りにされている?

2020124冬参道.JPG

先日、上司との良い関係を戦略的に取り組むことを提案しました。
これはいわゆる「ボス・マネジメント」と呼ばれる考え方です。
上司から管理されるばかりでなく、
部下の自分も上司を管理しよう、なんていう考え方です。

では、あなたは上司に頼りにされているでしょうか?
もちろん、あなたは一生懸命がんばって、
仕事に取り組んでいますよねえ。

でも、上司から見たらどうでしょうか?

ということで、上司が信頼する部下についてご紹介します。


■ 「使える部下」か「使えない部下」

上司から見て「こいつ使えるな」と思えると、頼りにするし、
信頼もする、というもの。

信頼する部下の基本は「使える部下かどうか」といえるでしょう。

そこで「使える部下」の代表格を5つ挙げてみました。

1.安定した結果を出すことができる部下
優秀なんだけど、結果にバラツキがある。
あるいは、仕事によって好き嫌いが激しい。

このような部下には、安心して仕事を任せることはできないでしょう。

変化の激しい事業環境ではありますが、
どんな状況においても、
できるだけ安定した結果を出している部下は、使える部下といえます。

2.期待以上の仕事をする部下
上司の期待する以上の仕事をする部下。
いいですねえ。
常にとは言いませんが、
できるだけ「期待以上の仕事」をしようと心掛けている部下も
「使える部下」といえるでしょう。

3.色々なことに気がつき、率先して動く部下
上司から指示されなくても、率先して動く部下。
仕事はもとより、仕事以外の職場内の雑事についても
率先して動いてくれる部下は、使える部下です。

4.上司の考え方の流れや次の行動をイメージでき、それをフォローする部下
上司の思考や行動の傾向を把握し、
自ら次の手を打ってくる部下っていますよね。
ずばり「使える部下」です。信頼感も増します。

5.報連相がきちんとできる部下
ことあるごとに簡潔に「報連相」をしてくる部下は、
使える部下です。

逆に「何をしているかわからない部下」
あるいは「何を考えているかわからない部下」・・・
そんな部下には困ってしまいます。

あるいは、積極的に上司にコミュニケーションをとってくる部下も、
使える部下といえるでしょう。

以上の5項目は、仕事の基本といえます。
とはいえ、一つでも当てはまらない場合もあります。
たとえば「報連相」。
上司を苦手と思うと、
「報連相」や「コミュニケーション」がおろそかになってしまう場合が
ありますから。

気をつけたいですね。


■ その他「上司が考える良い部下」
1.自分の顔をつぶさない部下
2.手が回らないところを補ってくれる部下
3.反応力が高い部下
4.自分を信頼しようとしている部下
5.自己開示をしてくる部下


■ おわりに

どんな良い上司といえども、上司への不満はつきもの。

では、自分自身は上司にとって「使える部下」か「良い部下か」?

ときどき、そんなことを考えてみてもいいのではないでしょうか。


posted by suzumura at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187101040

この記事へのトラックバック