2020年01月14日

5つの感謝すること


毎日、感謝できることを5つ書き続けると?

20191218冬雲.JPG

ここに何度も取り上げている肯定心理学で有名な
「タル・ベン・シャハ―」教授の本。

今日も「人生を変える授業@」だいわ文庫2010年11月
からの引用です。


■ 感謝する

二人の心理学者が次のような実験をしたそうです。

被験者を2つのグループにわけ、
一つのグループには
「ちょっとしたことでもいいので、毎日、感謝できることを
5つ書く」。

その結果、
「毎日1〜2分、感謝する時間をとったグループは、
何もしなかったグループに比べて、
人生をもっと肯定的に評価だけるようになっただけでなく、
幸福感が高くなり、ポジティブな気分を味わえるようになった」

というのです。

また「人に対してもっと優しくできるようになり、
手伝いを積極的に申し出るようになった」

すごいですね。

実は、この書籍を読んでから、夜、あるいはあさイチで
「感謝メモ」を書いています。
ほぼ、毎日。
小さなことでいいので・・・。

私は、ほぼ毎日「TODOリスト」を作っていて、
「今日、やるべきこと」と「目標」をノートの左ページに
書きだしています。
右側に、感謝メモを書きます。

たとえば、
今なら、
1.今朝も無事に目覚めることができたこと
・・・もしかして、眠っている間に、とんでもないことが
 起こるかもしれないので。
 年を経ると、眠っている間のことも心配になります。

2.食欲があること
・・・人によっては、食慾がない、食べる気がしないといったことも
 あるでしょう。
 食べたい、飲みたいという気持ちがあること
 嬉しいです。
 が、食べ過ぎ、飲み過ぎは、頭の痛いことですが。

3.元気に早朝ウォーキングに出発できたこと
・・・時には、ウォーキングに行きたくないこともあるので。

などなど・・・

いかがでしょう?

家族に対しても、会社、上司、同僚に対しても、
感謝すること、あるのではないでしょうか?

できるだけ毎日、「感謝すること」を5つ、
書き出してみませんか?

すると、
もっと優しくなり、
もっとハッピーになり、
もっと充実した人生になること、
請け合いです!

posted by suzumura at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187033660

この記事へのトラックバック