2019年12月21日

今週の教訓「70歳まで働く」


いよいよ70歳まで働く時代に


201911207時前.JPG

というか、
「70歳まで働かなきゃならない時代になった」
ということ・・・

その昔、定年は55歳でした。

会社勤務時代、その年に定年を迎えた人たちを集め、
社長をはじめ役員とのランチ会が開催されていました。

なんと、優雅な時代だったことか・・・
ちなみに、仕出し屋さん「八百彦」で高額なお弁当を
頼んで・・・
当時のお局様的な先輩に叱られながら、
お弁当やお茶を出した思い出があります。

さて。

それが57歳定年に延長され、やがて60歳に。
そして70歳か・・・。

企業も対応が難しいと思います。
なんせ「働かないおじさん」に困っている企業も
多いようですし、
若手社員を入社させないと、一般的に言って、
企業の活力が低下する可能性もあります。

もちろん、元気で、しっかり戦力として働き続ける
高齢者も多いと思いますが。

シニア社員のモチベーション維持、コミュニケーション維持が
課題でしょう。

一方、全ての働く人、就活生も含め、
自分は70歳まで働き続けなきゃならないと、
覚悟をしておくことも必要ですね。

同じ会社にずーーと、40年以上もいるのか、
あるいは、リストラなどで中途退職し、
転職をしてキャリアアップしていくのか・・・

いずれにしても、何でもありの世の中です。
ならば、自分が楽しめる仕事をしたいですね。

教訓「70歳まで働くことを前提に、キャリアをデザインしよう。
今から、準備だ!」




posted by suzumura at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186941594

この記事へのトラックバック