2019年09月17日

うう、秋バテか!


あなたも秋バテ、してませんか?

201998夜明け (2).JPG

秋だなあ。いいなあ〜。
と思っていたら・・・

昨日、胃がギュッと痛み始めたのです。
久々のこと。

胃も腸も強い方の私です。
胃がキリキリと痛むなんてことは、ほとんどないん。

が、
先週くらいから、なんだか胃に違和感があって、
食欲がないのかあるのか・・・わからんし。

で、とうとう昨日の夜、胃が痛くて、重くて、
胃もたれというのか・・・ちょいとつらい感じ。
なので、好きなお酒もセーブしました。
飲む気になれないのです、これが。
でも、お医者さんに行くほどでもない。

ああ、これ、秋バテかも。

調べてみました。


■ 秋バテとは

夏から秋にかけての気温の変化や
暖かい日中から涼しい夜にかけての温度変化など寒暖の差の繰り返しで、
自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状。

夏の紫外線で頭皮に負担が掛かって起きる「抜け毛」
のような症状も特徴的。
(秋の抜け毛、ありますよねえ!)


■ 「秋バテ」チェック

ではここで、あなたの秋バテをチェックしてみませんか。
3個以上当てはまったら「秋バテ」の可能性あるようです。

・体がだるい、疲れやすい
・朝スッキリ起きられない
・1日中眠い
・食欲がない
・胸やけ、胃もたれ
・肩こり、頭痛
・めまい、立ちくらみ
・やる気が起こらない
・顔色がくすむ
・舌に白いコケ状のもの(舌苔)ぜったいが付く

・・・ちなみに私の場合「胸やけ、胃もたれ」のみ。
今のところですが。
マインドフルネスを意識しているので、
おかげ様で「やる気はある方」で、朝はスッキリ目覚めることが
できます。(ありがたい!)
さらに「食欲」はないどころか、
食べたい!!・・・トホホ


■ 「秋バテ」の原因

人間の体は体温を一定に保とうとしてエネルギーを消費することで、
かなりの負担がかかる。
通常は負担に耐えることができるが、
夏から秋に季節が移り変わるのと同時に
気温の寒暖の差が繰り返し起こることで体が対応しきれず、
様々な症状が現れる。
自律神経のバランスの乱れが原因のひとつ。

<自律神経が乱れる主な原因>
・冷房と冷たい飲食による内臓冷え
猛暑がつづくなかで冷たいものを多く摂取し、
冷房に長時間あたりすぎたことによって、
内臓や体が冷えることが考えられている。

冷房が効いた部屋に長時間いた場合、
熱中症のリスクは軽減できるものの、
今度は"冷房疲れ"による体調不良に見舞われることもある。

また冷たい物ばかりを口にすると胃腸への負担が大きくなり、
それによって起こる消化機能の低下も秋バテの一因。

・・・私、これです!
本当に、冷たい物をイッパイ飲みました。
ビール、日本酒、ワインと・・・おっとお酒ばかり。
さらに、今夏や夜にもエアコンをつけていました。
つまり、一日中エアコン生活!

冷たい物と冷たい部屋。
これじゃあ「内臓冷え」を起こし、消化機能も低下しますよねえ。


・夏の猛暑による「ストレスの蓄積」
近年、猛烈な夏の暑さが観測されるようになり、
外に出るとどうしても体が疲れ、ストレスが溜まるようになってきた。
そうした疲れを毎日の睡眠では回復することができなくなり、
少しずつ蓄積されたストレスが
秋バテの原因となっていることもある。

・外気温と室内気温の差で生じる「冷房冷え」
外気温と冷房の効いた室内気温の差に体がついていけなくなり、
体がだるくなることも考えられる。



■ 「秋バテ」予防と対策

秋バテの改善と予防には十分な休養と栄養補給を行い、
体を休めることが大切である。

食品をバランスよく摂取し、冷えを増長する冷たいものは控えて
暖かいお茶などを飲むようにすると効果的である。

★生活リズムを整えるためのポイント
•37〜39℃のぬるめのお湯にゆっくりと浸かり1日の疲れを癒す
•マッサージやストレッチで体のコリをほぐす
•毎日20〜30分のウォーキングなど有酸素運動を取り入れる
•ビタミン・ミネラルなどの栄養素を積極的に摂る


■ おわりに

いずれにしても、身体の不調は「自分の身体からの警告」と
いえますね。
胃など内臓が悲鳴をあげているのかも。

とすると、楽にしてあげること、労わることを
考えるべきですね。

これまであまり考えていなかった、
というか、まったく考えずに欲のままに生きてきました。

冷たい飲み物(お酒ですが)も抑えて、
おたがいに、快適な秋を過ごしたいですね。



posted by suzumura at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186570077

この記事へのトラックバック