2019年08月23日

成果重視タイプか、人間関係重視タイプか?


仕事ができて人望もあるリーダーに

2019722夜明け.JPG


自分は成果を追い求めることを重視しているのか?
人間関係がうまくいくことに重点を置いているのか?

「リーダーには2つの機能が求められる」
と言われています。

一つは、課題達成機能。
そして、組織維持機能。

社会心理学者「三隅二不二(みすみ・じゅうじ)」は
1966年にリーダーの行動特性を2つの機能、
つまり「PM理論」として定義しました。

古典的、かつ有名なリーダーシップ理論です。

リーダーとしては組織の目標達成も、
チーム内の人間関係維持も大切、
ということですね。

ご存知の方も多いとおもいますが、
ちょっとおさらいです。


■ PM理論とは

リーダーシップとは、
P=「課題遂行力・目標達成能力」と
M=「集団維持能力・人間関係能力」の
2つの能力要素で構成される。

・P行動=パフォーマンス
課題遂行力や目標達成能力といわれ、
集団や組織の目標達成に向けてリーダーシップをとる。
リーダーの行動は、業績中心、仕事中心である。

・M行動とは=メンテナンス
対人関係力や集団維持力といわれ、
集団や組織の維持、強化に向けてリーダーシップをとる。
リーダーの行動は、人間関係的、個人尊重的である。

では、今のあなたはどうでしょうか?
それを確認できるチェックシートがあります。


出典は、榎本博明(2014)「仕事で使える心理学」
榎本氏は、現在風にアレンジしています。


■ PM機能チェックリスト

あてはまるものに〇をつけてください。

<P機能>
・目標を明確化し、部下に目標をたえず意識させる
・目標達成のための計画を立てる
・部署としての方針を決め、それを徹底させる
・目標達成のための方法を具体化し、
 それを部下にしっかり理解させる
・部下に役割を割り振り、それぞれの役割分担を明確にする
・部下に行動の開始や役割の遂行を促す
・それぞれの部下の仕事の進捗状況を把握している
・目標達成の過程で生じた問題点を明確化し、
 その対処法についてアドバイスを与える
・情報源・アドバイザ―としての役割を果たすべく、
 専門知識や技能の習得に励む
・それぞれの部下の成果を正確に把握し、正当に評価する

<M機能>
・快適かつ友好的な雰囲気の醸成・維持に配慮する
・部下相互の交流を促進する
・部下相互の情報交換を促進する
・少数派にも発言の機会を与えるよう配慮する
・部内でいざこざが生じたときは仲裁する
・集団の和を乱す部下に対しては適切な対処をする
・部下一人ひとりの意見を尊重し、自主性・当事者意識をもたせる
・部下一人ひとりの気持ちに配慮し、不平・不満に耳を傾ける
・悩みや迷いを抱える部下の相談に乗る
・部署の代表として、必要なときは他の部署の人たちとの交渉を行う


■ 集計

・P機能とM機能、それぞれの〇をつけた数を集計する。

・四象限のフレームを描く
縦軸はP機能で、一番下が「ゼロ」一番上は「10」。
横軸はM機能で、一番左が「ゼロ」一番右は「10」。

それぞれ真ん中に縦と横の線を引き、4つの象限をつくる。

・その十文字を「五点」とし、
P機能とM機能の点数が合致したところにプロットする。


■ 4つのタイプ

・右上の象限は「PM型」
仕事もできて、人望もあるリーダー。
職場は「イキイキ職場」となる。
リーダーとして最も有効であるとされている。

・左上の象限は「P型」
P機能のみ強く発揮するリーダー。
成果は上げるが、人望がない。
職場は「ギスギス職場」となる。

・右下の象限は「M型」
人望はあるが仕事には甘いリーダー。
職場は「ホンワカ職場」となる。

・左下の象限は「pm型」
人望もなく、成果も出せないリーダー。
職場は「ダラダラ職場」となる。


■ おわりに

「ビジネス・フレームワーク」(日経文庫)で
著者の「堀公俊」氏は、こんな解説をしています。

PM型は理想のリーダー。
P型リーダーでは、チームは疲弊しがちになり、
M型リーダーでは、仲良しクラブになってしまう。
pm型は、リーダー失格と言わざるを得ない。

今のあなたはどうでしょう?

自分の傾向を確認し、
PM型を目指すよう意識していきたいですね。

ところで。
このチェックリストを部下用にアレンジして
(言い回しを変える)
やってもらったら、また別の結果がでるかも・・・

たとえば
「目標を明確化し、部下に目標をたえず意識させる」

「上司は目標を明確化して、常に自分たちに意識させている」



posted by suzumura at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186461497

この記事へのトラックバック