2019年08月19日

戦略的リーダー診断


戦略的な思考している?

2015566青空.JPG

夏休みも終わり、
今日からお仕事再開です。

今日は、こんなセルフチェックしてみませんか?

この激動の時代を乗り切る「戦略的リーダーシップ」セルフチェック
です。


■ 戦略的リーダーに必要な6つのスキル

やや古い出典ですが。

出典:Harvard・Business・Review(2015年5月号)
ポール.シュメーカー他著

ペンシルベニア大学ウォートンスクールと
コンサルタント会社
「ディシジョン・ストラテジー・インターナショナル」は、
経営幹部2万人以上に調査を実施し、
6つのリーダーシップスキルを特定した。

リーダーがこれらを習得して活用すると、
戦略的に考え、未知の状況を巧みにかじ取りできるようになる。

順応力のある戦略的なリーダーとは、
強い意志と柔軟性を兼ね備え、難局で粘り強さを発揮する一方で、
環境変化にも戦略的に対応できる。

彼らは以下の6つのスキルすべてを同時に使う術を
身につけているのだ。

日頃の戦略策定、問題解決、意思決定に関連して、
この1年間で自分がどのように行動したか、
まずは最も弱い部分から取り組んでみよう。


■ セルフチェック

以下の各設問について、
ほぼ日常的に行っている「7」からほとんど行っていない「1」まで
7段階で評価してみましょう。

1.先を見通す力
(1)業界や部門の内外の専門家や情報源など
幅広いネットワークから情報収集している。
(2)競合企業がどう動くか、新しい取り組みや
製品に対しどう反応するのかを予測している。

2.疑問を投げかける力
(1)根本原因を理解すべく複数の視点から
問題をとらえなおすようにしている。
(2)問題を多面的にとらえるため、多様な意見を求めている。

3.読み解く力
(1)好奇心とオープンな姿勢を示している。
(2)結論を下す前に複数の仮説を他者とともに反証している。

4.意思決定力
(1)組織の成長のための長期的投資と、
結果を出すための短期的プレッシャーとのバランスを
取るようにしている。
(2)意思決定の際に、顧客など利害関係者にとっての
トレードオフ、リスク、意図せぬ結果を明確にしている。

5.一つの方向にまとめる力
(1)利害関係者の忍耐力と変化を求める動機を
見極めようとしている。
(2)利害関係者の利害の対立を突き止め、対処するようにしている。

6.学習する力
(1)成功や結果の話を共有し組織学習を促している。
(2)意思決定を行った後でも、反証に基づいて
軌道修正している。


■ おわりに

結果はいかがでしたか?

中には、自分の業界に関係のない項目も
あったかもしれません。

とはいえ、今後の自分のキャリア開発のためにも、
これらの能力を磨いておいても無駄ではないでしょう。

「3点」以下の項目を磨くチャンスは、
今の仕事でもできるでしょう。

意図して戦略的リーダーシップ、磨いてみませんか?



posted by suzumura at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186440985

この記事へのトラックバック