2019年08月13日

旅先で、ご近所でリトリートはいかが?


夏休み真っただ中。
というか、はや中盤です。
で、あっという間に終わってしまいます。

私事ですが、
お盆の棚経(お寺様がお盆にお参りくる行事)が終わり、
お墓参りも終わり(ほんと久々でした)、
ゆったりと後半を楽しんでいます。

どこにも行かずにね。

とはいえ、
早朝のウォーキングへはGO!

休祝日は、できるだけお宮参りに行っています。

先日は、氏神様の針名神社へ行きました。

この針名神社には、針名稲荷社があります。

竹林が広がって、すごく神秘的。

2019812針名神社.JPG

で、ここで瞑想をしました。
リトリート気分です。

以下は、私の別ブログからの引用です。


■ リトリート (Retreat)とは?

リトリートとは、退却や後退という意味や
隠れ家、避難所という意味があります。

それが転じて
「非日常の空間で自分と向き合い、心身をリフレッシュさせる」
という意味で使われるようになりました。

仕事場や都会から離れて、
自然豊かな環境で「非日常」を体験する。
山や高原、海岸などに宿泊して過ごす。

リゾートに似ていますが、
こうした場所で瞑想やヨガを行い、
より積極的に、
疲れた心身を養生するのがリトリートです。

最近は、神社やお寺などリトリートを
行う施設が増えているようです。


■ 応用

何日も宿泊するような時間がとれない場合は、
少し遠出をして山登りやハイキングもよいようです。
森の緑や、爽やかな空気を感じながら歩きます。

小鳥のさえずりや風の音、川のせせらぎなどの
音を聞くと、人の神経は休まります。

こうした自然が奏でる音には「ゆらぎ」があり、
ヒーリング効果があるそうです。

海の風や波の音もいいですね。

ということで、
竹林に囲まれた針名稲荷社の一角で、しばし、瞑想。

クマゼミの鳴き声と、
少しの風に癒されました。


ぜひあなたも、
旅先で、
あるいはご近所の静かな場所で、
瞑想、してみませんか?

日頃の疲れた心、癒しましょう!


posted by suzumura at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186416342

この記事へのトラックバック