2019年07月25日

強い職場とは?


あなたの職場は強い職場?

2019624.JPG


PC資料を整理していたら、
こんな質問リストが。

実は、何度もこのブログにアップしているのですが。

まあ、何度も何度も確認するのもいいでしょう。

出典は
谷益美著2014「リーダーのためのファシリテーションスキル」
すばる社

そもそもこのリストは
有名なマーカス・バッキンガム氏の共著
「まず、ルールを破れ 優れたマネジャーはここが違う」
(日本経済新聞社)
から引用されたものだそうです。

米国最大手の調査会社ギャラップ社が
25年をかけて編み出した強い職場を作るためのリストとのこと。

では、セルフチェックしてみましょう!


■ 強い職場を作る12の質問リスト

次の質問について、
日頃の自分にあてはまるならYES、
そうでないならNO記入してください。

Q1 仕事の上で、自分が何をすべきか、
   何を要求されているか、かわっている。
Q2 自分の仕事を適切に遂行するために必要な、
   材料や道具類はそろっている。
Q3 毎日最高の仕事ができるような機会に恵まれている。
Q4 最近一週間で、仕事の成果を認められたり、
   ほめられたりしたことがある。
Q5 上司や仕事仲間は、
   自分を一人の人間として認めて接してくれている。
Q6 仕事上で自分の成長を後押ししてくれている人がいる。
Q7 職場では自分の意見が尊重されている。
Q8 会社のミッションや目的のために、
   自分の仕事は重要だと感じられる。
Q9 仕事仲間は責任感を持って、
   精一杯クオリティの高い仕事をしている。
Q10仕事仲間に最高の友達がいる。
Q11最近半年で、
   自分の進歩や成長について誰かと話し合ったことがある。
Q12職場では、自分が学び、
   成長できる機会が与えられている。


■ リストのポイント

・このリストの特徴
「最初のほうの質問ほど重要度が高い」ということ。
もしQ1にYESと答えられないなら、
自分は会社で一体何をしているのか、
ということになってしまう。

・このリストのYESの数と、ビジネスの成果は比例するという
結果が出ている。


「上司としては、最初の質問から一つずつ、
メンバーみんながYESと答えられる状況を整えていくことで、
チーム力向上が期待できる」
と結んであります。


■ おわりに

もしかして、以前のブログでチェックしたあなた、
以前よりYESの数が増えましたか?

経営環境が厳しいので、
ままならない、かもしれませんが。


どの質問も、職場の活性化や風通しの良い職場、
あるいは、成果を挙げている職場、
働きやすい職場として当てはまることばかりですね。

「NO」という答えなら、
その点は上司ならカイゼンすべきですね。

ちなみに、
あなたのチームメンバーは、
YES、NOどちらの答えを返すと思いますか?



posted by suzumura at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 働きやすい職場づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186326252

この記事へのトラックバック