2019年06月11日

OJTのメリット


OJTのメリットを浸透させよう

20175ピンクバラ.JPG

先日から、OJT指導について簡単な解説をしています。

OJTを職場で実践する場合、
大切なことがあります。

それは、OJTのメリットを浸透させることです。

OJT指導者に対しても、
つまり、部下をOJT指導者に指名するときも、
OJT対象者に対しても、
つまり、新人にOJT指導を受けさせるときも、
そのメリットをしっかり説明したほうが、
双方、スムーズに取り組めます。

人間、誰しも自分にとってメリットがあると納得できれば、
自発的に取り組むものですから。

ということで
今日はOJTのメリットをご紹介します。
そのメリットは、対象者と指導者ばかりでなく、
チームにもあるのです。
確認しておきたいですね。
 

■ OJT対象者にとってのメリット

・仕事に必要な知識やスキルが計画的、段階的に身につく。
・自分に合わせた指導を受けられる。
・組織風土や文化も教えてもらえる。
・マンツーマンの支援により、安心して仕事に取り組める。
・新しい職場に早くなじめるようになる。
・不安や悩みを安心して聴いてもらえる。
・新入社員なら社会人としての常識(態度やマナーなど)が
 早く身につく。


■ OJT指導者にとってのメリット

・OJTの準備(業務の棚卸など)によって、
 業務の全体の流れや体系が再確認できる。
・改善点が発見できる。
・業務知識やスキルがより高まる。
・指導力が身につき、成長できる。
・後輩を育てる経験ができ、自信につながる。
・OJT対象者との信頼関係を築くことができる。


■ チームにとってのメリット

・OJT対象者を早期に戦力化できる。
・必要なスキルを重点的に身につけてもらえる。
・新人なら一日でも早く、職場になじんでもらえる。
・新人の不安や悩みを吸収できる。
・OJT指導者の自覚を促し、
 リーダーとして育てることができる。
・チーム全体として、業務向上や業務改善にむすびつく。
・知識や技能が伝承できる。


■ おわりに

このようなメリットを確認すると、
部下・後輩育成の基本は、「OJT」である
といえますね。

各メリットも自職場用にアレンジし、
チーム内で共有するとしいですね。

人材育成の盛んなチームに育てることのメリットは
はかり知れません。







posted by suzumura at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 働きやすい職場づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186123196

この記事へのトラックバック