2019年04月25日

10連休、どうすごす?


10連休と令和をハッピーにすごそう

2019422黄色.JPG

いよいよ10連休が目の前です。

でも「全員が休める」という訳でもなく、
「この10日間に休みが1日だけ」
といった声も、聞こえてきます。

とはいえ、
新しい「令和」の時代」を迎えます。

新しい時代の到来は、
気分を一新する、
気持ちを切り替える、
新しい目標を立てる、
新しい人生に踏み出す、
そんな人生の転機の節目にすることができます。

ということで、
この10連休、あるいは令和を迎え、
どのように充実させるか、
そのプランを立ててみませんか?

そのプランは楽しいものがいいですよね。

そこで今日は、2つの側面から考えてみませんか。

私が今、勉強しているのが「ポジティブ心理学」です。

「ポジティブ心理学」については、
後日詳しく説明します。


■ ポジティブ心理学の2つの幸せ

ポジティブ心理学では「幸せ」を2つに分けて考えています。
古代ギリシアの哲学から議論されているもので、
「Hedoniaヘドニア」と「Eudaimoniaユーダイモニア」
という考え方です。

<へドニア(快楽・・・心地よい・・・の幸せ)>
・五感を通して得られることが多い幸せ
・ポジティブ感情が高まり、ネガティブ感情が消える
・日々の生活の中で感じやすい
・短い時間で消えてしまうものもある
・「今ここ」を楽しむ幸せ

例:美味しいものをたべる
友人との楽しいおしゃべり
お風呂でくつろぐ
ビールを飲み焼き鳥をほおばる

<ユーダイモニア(生きがいや、やりがいを感じる幸せ)>
・強身を生かし意義あることに打ち込む過程で感じる
・比較的長く幸福感が続く
・苦労は困難を伴う場合もある
・一定期間に打ち込むことで体感しやすい

例:志望校に向け一生懸命勉強する
ボランティア活動に参加する
好きなスポーツに打ち込む
資格取得のために学ぶ


ポジティブ心理学では、
人が幸せに生きていくためには、
「へドニア」と「ユーダイモニア」の両方が必要である
としています。

ということで、
この10連休のプラン、
あるいは「令和」を迎えるためのチャレンジ」
として、
へドニア的な「今ここの幸せを感じるプラン」

ユーダイモニア的な「やりがいや生きがいを感じるプラン」
の2つの面で考えてみませんか。


■ 私的には

「へドニア」(私は「快楽的な幸せ」と考えています)
・ちょっと遠出の神社参拝
・デパートや大型ショッピングセンターなどを楽しむ
・映画を観る
・友人との美味しい食事(飲み会)
・な〜〜にもしない

「ユーダイモニア」(私は「やりがいのあること」と考えています)
・書を描く(習字です。いわゆるパワーカード作成)
・過去に役に立った書籍を読み返す
・思い切って、たまったものの2S(整理整頓)
・草取りや樹木剪定をする


そういえば、ご近所の秋葉山で「令和初日の出会」
なるものが開催されるようです。
5月1日の朝4時45分から、
秋葉山慈眼寺境内で令和元年の初日の出を祝う、
というもの。

あなたのご近所でも、そんな行事があるかも・・・

気が向いたら行きたいですね。


■ おわりに

「プラン」ですが、
立てたものの、実際にはできなかった、
としてもいいでしょう。

計画を立てる、準備をする、
それだけでも、ワクワクするものです。

そして、
自分の何かを変えて、
新しい時代「令和」を迎えるのもいいものですから。

令和の時代も、幸せでありますように



posted by suzumura at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185907753

この記事へのトラックバック