2019年01月08日

尖った部分を磨けば・・・


あなたの尖った部分は?

2018125A.JPG


「ビリギャル」で一躍有名になった坪田学習塾の塾長、
坪田信貴先生の最近の著書「才能の正体」。

副題は
「才能の“芽”は、必ずあなたの中にある」


この本のタイトルと副題を目にした私は、
日頃から「この年になっても、
新たな才能(潜在能力)引き出せないかなあ・・・」
と思っていて、
冬休みに読書に集中したいとも思っていたので
即、購入しました。

子育てはもとより、
部下指導のコツ、
そして自己啓発と、
とても興味深い内容でした。

お薦めです!

いろいろ参考になった項目から
私が、何かを始める年始めの今にふさわしいと思ったものを紹介します。


■ 尖った部分を磨けば、選択肢は限りなく広がる

いいでしょ。
なんだか、やる気がわいてきたり、希望も持てたりしますね。


坪田先生は、

「自分には才能がない」は、努力をしない人の言い訳です。
すべての人に“才能の芽"はあります。
その“芽"を、どうすれば見つけ、花開かせることができるか?
やるべきは、
今ある状況の「認知」、
目的へ向かうための「動機づけ」、
そして「正しい努力」です。

その結果、
自分自身も、
子どもも変わります!
部下が変わり、
組織がみるみるエネルギーに満ちてきます!


というようなことが、事例を交えながら、
考え方やその方法などが分かりやすく書かれています。

で、
この章では
「もちろん、誰からも目につく場所、
多くの人から注目される有名な場所はあります」

とし、

「自分の中にある“すべての尖り”を、
一つ一つ丁寧に磨いていったら、
その分だけ、選べる仕事や職業ができるはず。

選択肢を広げるのは、自分自身なのです」


そして、
(かいつまんでいうと)
今の仕事がうまくいかなかった人も、
その知識を生かして、新しい分野の仕事で活躍できるはず。

つまり
「どんな人でも“自分の才能で輝ける"ようになる」

明らかにそんな時代になってきましたね。

例えば「リストラされること」について
以前なら「リストラされることは悲劇だ。もうおしまいだ」
などと言われていましたが、

いまや
「リストラされても新しい仕事、職業はすぐに見つかし、
それも、よい待遇だし、
さらに退職金も多くもらうことができるし」
と、ぜんぜん平気ですから。

そういう面では、ありがたい時代ですね。


■ まとめ

誰にでも尖った部分はあり、
その尖った部分を磨けば、なんでもできる。

いいフレーズですね。


そういえば、
「いつもいいことが起こる人の習慣」の著者トマス・レナードも
「自分の欠点を生かし、それを新しいビジネスにつなげ、
楽しく生きることの大切さ」
を書いていました。

ということで、
自分の「尖り」、
あるいは「欠点・弱点」を確認してみませんか?

あなたの新しい事業につながるかも・・・。

この「才能の正体」には、
他にも自己啓発や、部下指導に役立つ内容満載です。

後日、
ご紹介したいと思います。



posted by suzumura at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185349125

この記事へのトラックバック