2018年10月12日

強いチーム


この激動の経営環境の下、
リーダーとしては自分のチームの力を向上させ、
チーム目標を達成し続けたいものですね。

<a href="http://officesuzumura.sakura.ne.jp/sblo_files/officesuzumura/image/2018EFBC9919E380806E69982.JPG" target="_blank">2018919 6時.JPG


そこで、
今日は、こんなセルフチェックはいかがでしょう。

参考:谷益美著2014
「リーダーのためのファシリテーションスキル」すばる社



■ 強い職場を作る12の質問リスト

米国最大手の調査会社ギャラップ社は、
25年をかけて強い職場を作るためのリストを編み出しました。

あなたの部下は、YES・NOのどちらの答えを返すと思いますか?

Q1 仕事の上で、自分が何をすべきか、
   何を要求されているか、かわっている。
Q2 自分の仕事を適切に遂行するために必要な、
   材料や道具類はそろっている。
Q3 毎日最高の仕事ができるような機会に恵まれている。
Q4 最近一週間で、仕事の成果を認められたり、
   ほめられたりしたことがある。
Q5 上司や仕事仲間は、
   自分を一人の人間として認めて接してくれている。
Q6 仕事上で自分の成長を後押ししてくれている人がいる。
Q7 職場では自分の意見が尊重されている。
Q8 会社のミッション/目的のために、
   自分の仕事は重要だと感じられる。
Q9 仕事仲間は責任感を持って、
   精一杯クオリティの高い仕事をしている。
Q10 仕事仲間に最高の友達がいる。
Q11 最近半年で、自分の進歩や成長について
   誰かと話し合ったことがある。
Q12 職場では、自分が学び、成長できる機会が
   与えられている。

・・・どれも今のチーム作りには大事なことばかりです。


■ 説明

書籍では、次のような説明が続きます。

このリストの特徴は、
“最初のほうの質問ほど重要度が高い”ということです。

もしQ1に「YES」と答えられない
メンバーがいたとしたら
「その人は会社で一体何をしているのか?」
ということになってしまいます。

このリストの「YES」の数と
ビジネスの成果は比例する」という調査結果が出ています。

この質問は、「あなたの部下はどう答えるか」という前提ですが、
あなた自身が「自分は部下に〜〜をしているか」と
自問してみてもいいでしょう。

そして、
最初の質問からひとつずつ、
メンバー全員が「YES」と答えられる状況を整えていくことで、
チーム力の向上が期待できるとしています。


■ まとめ

あなたのチームは強いですか?
強いチームといえますか?

強いチームをめざし、
できることから進めていきましょう。


posted by suzumura at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 働きやすい職場づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184664165

この記事へのトラックバック