2018年05月07日

サワコの朝「目標や夢がなくとも」


サワコの朝で阿川佐和子さんが語ったこと

201853山口みどり.JPG

毎週日曜日の朝、7時30分からは、
「サワコの朝」が楽しみです。
観られないときは、録画しています。

そんな昨日(5月6日)、
とても興味深い言葉がありました。

昨日のゲストは、今や報道番組でも活躍する
「ホラン千秋」さん。

彼女はオーディションに落ち続けたという
苦労話をしていました。

ところが、本当にやりたいこと、
「何かを人に伝えたいこと」を明確にしたとたん、
オーディションに合格するようになったようです。
発想を変えたり、間口を広げたりすることで、
可能性がひろがったのですね。
いいお話です。

発想を変えてみること、仕事でも人生でも大切です。

さらに、
佐和子さんは「夢や目標は?」と尋ねました。

ホラン千秋さんは「特に・・・」と回答。
思いつかないようでした。

佐和子さんも同じだというのです。
彼女自身も目標とか夢とか思いつかなくて、
他者から質問されると考えこんでいたようです。

そんなとき、
中国の有名な映画監督である「チャン・イーモウ」さんから、
目標や夢がなくてもいいと言われたそうです。

足元の道を、誠意をもってやっていけばいい。
二者択一を自分で選んでいけば、それが結果的に目標につながる。
というようなお話でした。

納得でした。

ビジネスシーンでは、
目標管理が定着し、目標設定が義務付けられています。
組織の目標を自分の目標に落とし込み、
それを期限までに達成するという流れです。
その結果によって評価もされます。

子供のころからも、目標を持つこと、夢を掲げることが
奨励されています。

確かに、子供のころから明確な目標や夢、理想像を掲げる人も
います。

が、そうでない人もいるでしょう。

最近、私自身、目標があった方がいいのか、
ない方が可能性は広がるのではないか、
そんなことを考えています。

とある本には「目標を設定すると、それ以外の道、
選択肢がなくなる」というようなことが
書いてありました。

人生100年時代。

夢や目標が思いつかなくても、
幸せな暮らしができる。

そのためにも、毎日を精一杯、誠意をもって生きていくことですね。

GWが明け、気分も一新。
新たな気持ちで、目の前のことに取り組みましょう。



posted by suzumura at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183172309

この記事へのトラックバック