2018年03月08日

教訓「実はみんな気づいていた」


ひきも切らず、不祥事が世間をにぎわしています。

政界はもとより、財界も、スポーツ界も。

いままで当たり前のように上司に指示され、
行っていたことが、
実は法律違反だった。
大丈夫かなと感じていた。
いいのかなと同僚を話していた。

熱血指導としてあがめられていた。
大丈夫、この手法が一番だ!
ところが、ある人が「パワハラ」と訴える。
少し感じていた。
仲間と飲み会で愚痴っていた。

昨今の不祥事の種は、ずーーーと前からあったと
思うのです。

そして、関係者はみんな、
それに気づいていた。
うすうす・・・。

政界も財界もスポーツ界も、芸能界も。
関わる人は気づいている。

「何かおかしい」
「あれって、あれじゃない?」
「よくやるよね」
「ちょっと行き過ぎかも」
「最近、ひどくない?」
「あの人、ターゲットにされてるよね」
「よく上が黙認してるよね。上は知らないんだ」
そして
「訴えられなければいいけど」と。

成功していると、ある段階までは賞賛される。
行き過ぎたとしても黙認され、あるいは拍手を浴びる。

ところが、さらに行き過ぎると。

指摘され、非難の的になる。

パワハラと感じる人と、
しっかり指導してくれていると感謝する人がいる。

それを観ている人がいる。

教訓。

常に謙虚に、
日頃の自分をふりかえること、
他者からフィードバックをされること、
それを受け容れる寛容さがあること、
大事だと思う
今日この頃です。

ご用心、ご用心・・・

ところで、安倍さんの今後は?



posted by suzumura at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとひとこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182619876

この記事へのトラックバック