2017年11月07日

青学が3位で


先日の全日本大学駅伝でも1位になれなかった青山学院大学。

先の出雲駅伝も2位でしたね。

20171018➁.JPG

東海大学はよく頑張りました。

が、毎年選手が入れ替わるのが大学駅伝なので、
勝敗はわからないのかも。
他校も優勝を狙うために必死に努力するでしょうから。

まあ、こうなると世間は冷たい?

先の小池都知事ではありませんが、
おごりなどと言われてしまうのではないでしょうか。

現に、報道によると、
今回優勝した神奈川大学の大後栄治監督は
選手からの胴上げの申し出を断ったというのです。

その理由として
「ここで(選手を)褒めると天狗になってしまうので
しっかり準備したい」とのこと。

まるで。
原監督の「ほめて育てる」方法を否定するかのよう。

TVなどでは報道されていませんが、
関係者は、陰口を言っているかも。

あれだけテレビに出て、あれだけ本を出し、
あれだけ講演会に登場していれば、
いろんなことを言う人がいてもおかしくありませんね。

また報道によると、
青学の選手たちへのマスコミのインタビューは
シャットアウトだったとか。

優勝とそうでない場合の差って、大きいですね。

一般人として思うのは、
箱根駅伝で初優勝した3年前は、
選手たちがとてもニコニコして「楽しかった」などと
発言していました。
いいなあ。こういう育成方法もあるのだなと
感じました。

でも今年は・・・。

試合を楽しんでいるとは思えないような、
厳しい表情が印象的でした。

やはり優勝を続けたことで何かが変わったのか・・・?

私は専門家ではないのでよくわかりません。

でも選手たちはどう思っているのかなあと、
ブレーキになった選手のことも
ちょっと心配。

今回の件をバネに、気持ちを切り替えてほしいと思います。


そして、お正月の箱根駅伝はいかに。

ワクワクドキドキしながらの観戦です。



posted by suzumura at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181503071

この記事へのトラックバック