2017年10月13日

サークルKが・・・


セブン・イレブンが一人勝ちの中で

先日早朝ウォーキングで、久々に通った道。
すると、
時々利用している「サークルK」が・・・閉店?

2017サークルK閉店.JPG

ビックリしました。
なんか、もの悲しいたたずまいです。

近くでゴミ出しをしている人がいたので、
「あのサークルK、閉店ですか?」と尋ねると。
「ええ、半月くらい前から」
(そんな前から?)
「ファミマになるのかしら?」
「いいえ、完全撤退のようよ」

ユニーがファミマに合併されて、
近くの「サークルK」がどんどん「ファミマ」になっています。
「開店!+特売」のチラシも入ってきます。

「そうか、がんばってるな。品揃えも期待できるかも」
と思っていたら、
昨日(10月12日)、664店閉店の記事。

例えば中日新聞。
「ユニー・ファミリーマートホールディングス」は、
2018年2月期にコンビニのサークルKとサンクスの
計664店を閉店する。


日経には、
「ユニファミマ、8%増益」との見出しで、
「看板一本化が効果」としています。

サークルKの看板をファミマに一本化して、
集客力が高まっているため、
だそうです。
さもありなん。

その一方で、
「サークルKとサンクスの不採算店舗の閉店規模は
期初に予定していた369店から295積み増し、
計664店にすると発表した」


そりゃそうかも。
不採算店は閉店するしかないものね。

私の近くではコンビニが出店して20年以上たちます。
多くのコンビニが閉店し、デンタルクリニックになったり、
工務店になったり、コインランドリーになっていますから。

だからちょっと不便に。

一方で、
小売業の雄、「セブン&ホールディングス」は、
コンビニの好調が報道されています。
今日(10月13日)の日経には、
「おにぎりや麺類を刷新し、独自企画商品の
『セブン・プレミアム』は野菜や精肉といった生鮮食料品を充実させた」

などで、2年ぶりに過去最高益を更新したそうですよ。

すごいなあ。

一消費者としてみると、
正直、セブン・イレブンはいい。
おにぎりもサンドウィッチも独自のお菓子もおいしいし、
品揃えもいいですね。
ドーナッツはイマイチのようですが。

商品企画力がなんといってもすごいと感嘆しています。

コンビニは、ご夫婦で運営されている場合が多いようですが、
お客様が入らないと大変ですね。
脱サラしてオーナーに!などのフレーズで、
参加を募集しています。
実態は厳しいと思えるのですが。

そういえば、やや遠くの駐車場だったところが整地され、
ローソンになるとの看板がありましたが。
先日通ったら、店舗や駐車場は整備されていても、
看板もなにもない。
ま、いろいろ事情があるのでしょうが。

その通り沿いにはセブン・イレブンがあり、
さらに行くと、ローソンがあり、
さらに行くと、ファミマがある。

競争の激しさが想像できます。
その道を通るドライバーは、
やはり自分のお気に入りのコンビニしか利用しないでしょうから。
大変でしょうが、がんばりどころですね。

近くには、歴史ある「サークルK」がありますが、
ファミマになるのかしら?

消費者としては、
コンビニ生活を楽しみながら、
各店の品揃えや接客対応に注目していきたいと思います。


posted by suzumura at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181268881

この記事へのトラックバック