2017年10月12日

20代「仕事に求めること」


第1位はプライベートを大切に、第2位は人間関係

2017913青空.JPG

少し前の9月29日。
採用や就職、転職などの専門企業「エン・ジャパン」が運営する
「エン・転職」が行ったアンケート結果が発表されました。

テーマは「20代が仕事に求めること」
8月に「エン転職」を利用している20代の男女2,287名に調査したそうです。

報道を読まれた方もいらっしゃるかもしれませんね。

最近の若者はどんなことを考えているのか?
何を求めているのか?
部下、後輩指導に役立つのではないでしょうか。

エン・ジャパンのHPでもアンケート結果が掲載されています。
詳しくは『エン転職』( https://employment.en-japan.com/ )を
ご覧ください。

ではそのHPの調査結果の一部をご紹介しましょう。


■ 「仕事に求めること」ベスト3

第1位 プライベートを大切に働けること(59%)、
第2位 人間関係の良い職場環境で働くこと(55%)、
第3位 自分らしい生活ができること(40%)



・・・数年前から社員のプライベート志向がとりざたされています。
特に若者は顕著だとか。
政府の「働き方改革」の動き、過重労働の悲劇もあり、
「プライベート」が最優先という意見は多いですね。

加えて3位は「自分らしい生活」。
ひと昔なら「自分らしい生活」っていう言葉さえ、なかったような。
ところで、自分らしい生活って、なに?

2位は人間関係。
だれでも、よりよい人間関係の職場で働きたいもの。
とはいえ、職場は十人十色の人々の集まりです。
3年も離れていれば、価値観も考え方も見ている方向も違う時代です。
気が合う、気が合わない、苦手な人は必ず存在し、
気が合っていた人でも何らかのきっかけでギクシャクすることも
茶飯事ですね。

組織で働く人は、
さまざまな仕事を経験することによって成長します。
さらに、複雑な人間関係を乗り越えることで、
人間としても成長できると思います。

私もそうでしたから。


■ 「仕事でやりがいを感じること」ベスト3

第1位スキルアップや自分の成長を実感すること(53%)
第2位 興味のある分野で仕事をすること(40%)
第3位 自分の提供した仕事に対して顧客が満足すること(39%)


・・・トップは「スキルアップと成長」なのですね。
この回答は王道というか、既定路線という感じがしないわけでもない。
就活面接で面接官に「仕事でやりがいを感じることは何ですか?」と
質問されたら、
こう答えるようにマニュアル化されていることもありますし。

とはいえ将来像が見えにくい時代です。
若いうちからスキルアップ(特にポータブルスキル)と、
確実な成長を目指すことはとてもいいと思います。

2位の「(自分の)興味ある分野」って把握できているのかな?
学生時代研究したことやアルバイトで経験したこと、
あるいは入社後担当した業務などから、
「自分の興味がある分野」は明確にはなっているかもしれません。
が企業には、もっともっといろんな分野、可能性があります。
長い企業勤務の中で、
初めて経験した分野が「興味ある分野」になることも
多々あります。
さらには「興味ない分野」でも担当しているうちに、
その面白さを実感できるようになる場合もあるのです。

私もそうでしたから。

最初からあまり絞らない方がいいかなと思うのですが。

3位は「顧客満足」。
自分ががんばって担当した仕事に対し、
顧客に喜んでもらえたら、すごく嬉しいものです。
やりがいにつながるでしょう。

たぶん最近の若手は、顧客のみならず自分の仕事が関係するすべての人々から、
きちんと承認されることを望んでいるのではないでしょうか。

これら、アンケート結果は若手社員の育成に
参考にしてもいいのではないでしょうか。
とはいえ、違う考えの若手も多いものですが。


■ おわりに

働き方改革で、残業減や残業なしなどの企業方針が出されています。
心身の健康維持は大切なことです。
一方で、定時勤務を続けると結局本人の成長、向上につながらない、
業績にも悪影響があるという発言もあります。

上司としては、メリハリをつけた働き方を指示し、
見守ることも大事ですね。


ところで・・・

今回の突然の衆議院解散と政党再編の中、
どれだけの企業、組織の社員が徹夜をして準備をしたのだろうか?

日産や神鋼の企業不祥事で、
どれだけの社員、関連企業の社員が徹夜、休出して
対応に追われているのだろうか?

そんなことを思わざるをえない日々が続いています。



posted by suzumura at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとひとこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181259644

この記事へのトラックバック