2017年10月04日

部下は3日で上司を見抜く


福岡市の高校生が先生を蹴った件

大きく取り上げられましたね。
SNSで拡散し、被害届を出し、逮捕。

この件もSNSの動画によって、何回もTV、ネットなどで報道され
注目されることになりました。
たぶん、高校名や生徒名、あるいは写真も出回っているかも。

暴力はよくないことですが、
今後の人生に影響が出ないことを祈ります。

各方面でさまざまな意見が出て、議論もされています。
とはいえ、報道に出ていることがどこまでの事実なのかは
わからないもの。
実は他の理由や事情、事実があるかもしれません。
事件と報道って、そういうものですよね。

当人はともかく、関係者は悪いことを隠そうとし、
報道は大衆に興味をもってもらえる内容を掲載する。
なんだかなぁ・・・。

いずれにしても心配なのは、
当事者ばかりでなく他の生徒、関係者、家族です。
大変でしょうが乗り越えてほしいです。

2017青紅葉.JPG

この件で思い出したことがあります。
「部下は3日で上司を見抜く」という説。


■ 部下は3日で上司を見抜く。では生徒は?

タブレットを返してくれない新人先生に生徒が暴力をふるい、
それを他の生徒ははやし立てるような声をあげ、
誰かがSNSで拡散した。

注目したのは、
新人先生に対するクラスの生徒たちの態度についてです。
生徒たちは新人先生を見抜いていたのではないでしょうか。

たとえば、
大人しくて強く出ない、
気が弱い、自信がなさそう、などなど。

ある報道では、
「当の生徒は、強い先生には大人しい」
という他の生徒からの発言がありました。

他の生徒が笑ったりはやし立てていたりしたのは、
推測にすぎませんが、
新人先生が見くびられていたかもしれません。
軽くあしらわれていた。

生徒は、新人先生の性格や姿勢などを
見抜こうとするものですから。


■ 部下は3日で上司を見抜く

部下は上司のことをよく観ています。
自分のことを管理監督する人に対して、
警戒心もあるでしょうし、
どんな人物か、どんな見解の持ち主か、
うまくやっていけそうか、尊敬できそうかなど、
注意深く観察し、見抜こうとします。
それもできるだけ早く。

だから、この説が出てきたのでしょう。

生徒も同じではないでしょうか。

この先生は、どんな人物か、どんな性格か、
安心できるか、信頼できるか、尊敬できるかなどを
必死で見抜こうとし、見極めようとした。
その結果、今回のような行動に出た。

今回の件、結果的にいろいろな面で、
影響が出ているようです。
みんながこれを機会に、よい方向に成長、向上することを
願うばかりです。

この件、
他山の石としたいですね。

あなたは部下にどう見られているでしょうか?
どう見抜かれているでしょう。



posted by suzumura at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181177945

この記事へのトラックバック