2017年07月15日

正念場な人


正念場、そして背水の陣へ

正念場のときどうする?
背水の陣になったらはどうする?

2017714夕焼.JPG

最近も、正念場の人のお話、イロイロありますよね。


■ 今、正念場の人トップ2

・ああ、稀勢の里関
昨日(7月14日)の取り組みで、
左足関節靭帯損傷になってしまいました。
結局、休場することに。
ああ、残念です。心配でもあります。
これで、2場所続けて途中休場に。

左上腕部が完全に治っていなかった。
でも楽しみに足を運んで来てくださるお客様のために、
傷を押して土俵に上がろうと決意したのでしょうが。
そのため、左足まで怪我してしまった。

まさしく、正念場。
じっくり傷を治していただきたいと思います。

私なら、ヤバいと感じるときは、
お客様やチームに申し訳ないと心から謝り、
お休みをとるようにするタイプです。
あなたはどう?

・ああ、安倍首相
加計問題やあれやこれやで、支持率急降下の安倍首相。

あんなに国民の信頼を得ていたのに(たぶん)、
今や、街の人が「信用できない」とインタビューに答えるしまつ。
風向きは確実に変わっています。
ポスト安倍の動きも。

まさに正念場であり、背水の陣である安倍首相。
さて、この背水の陣をどう乗り越えるのでしょう?

それにしても、成功、繁栄、人気って、
何かしらのきっかけで一転するものですね。
おごり、慢心があったのかもしれません。

おっと、かく言う私も、慢心だったときが、
一時(一時ですが)ありました・・・。
反省・・・。

あなたは、今、成功の真っ最中?
だとしたら、
最悪の事態を想定しておくことが効果的ですヨ。


■ その他の正念場の人

・稲田朋美防衛大臣
大丈夫?というか、大臣を自ら辞める気はないのかな?
実は、すごくつらいのかも・・・。

・中川俊直議員
破廉恥って感じの人。
お詫びと再起のためのパーティーを開いたとか。
2万円の会費をとって・・・???不思議

・豊田真由子議員
これからどうするのでしょう?
もう、議員さんにはなれないと思うし、
他のお仕事、できるのかな?

ちょっとゴシップ的にですが。
・船越英一郎さん
・ちょっと前の、渡辺謙さん

政治家先生をはじめ、芸能人など有名な人は
プライバシーには充分に気をつけなければなりませんね。


■ おわりに

人間だれしも、良い時と悪いときがありますね。
揺り戻しのように。
まあ、「悪い時ばかりだよ」と
おっしゃる方もおられるかもしれませんが。

人生に何度かは「正念場」を迎えるときがあるでしょう。
会社運営でもそうですね。
会社の正念場は、幾度も発生するものです。

さあそのとき、どう対応するか。

「正念場」はあなたを成長させる絶好の機会だと思いますヨ。
企業も、いくつかの正念場を乗り越えて成長しますから。

さて、稀勢の里関と安倍首相は、どうなる?


posted by suzumura at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180347614

この記事へのトラックバック