2016年09月15日

レヴィンのリーダーシップ類型

ああ、涼しいです。
最近の早朝ウォーキング出発時は、
まだ暗いんですね。
日々の変遷を感じます。
これは、秋の風物「ヤマゴボウ」の実。
2016914.JPG
正式には「ヨウシャヤマゴボウ」とか。
毒があるそうですが、活けたい実です。

さて。
今日は
リーダーシップがテーマ。

リーダーシップについては、
いくつもの理論、見解があります。

その中で、古典的な理論がこれ。

「レヴィンのリーダーシップ類型」
1939年アメリカの心理学者「クルト・レヴィン」は
リーダーシップのタイプを3つのタイプに分類した。

それが、
専制型・放任型・民主型。

そう、聞いたこと、
見たことありありませんか?

私が20年以上前、
初めてリーダーシップ論を耳にしたのが、
これです。

今では様々な理論、見解がありますが、
これ、すごくシンプルでわかりやすいのですね。

簡単に説明すると。

「専制型リーダーシップ」リーダー中心型
・あらゆる決定は、リーダーが行う
・仕事の細部にまで口を出す
・命令がすべてである
・未熟で安定していない集団・メンバーに適応
・緊急に意思決定を下す必要がある状況に適応

「放任型リーダーシップ」メンバー中心型
・あらゆる決定は、メンバー個々に任せられる
・仕事の割り当て・手順などに口出しはしない
・メンバーの行動に関与しない
・リーダーはメンバーの一員として最小限しか参加しない
・研究開発部門など、メンバーや集団のレベルが
 高い専門家集団に適応

「民主型リーダーシップ」リーダー、メンバー参画型
・あらゆる決定は、集団討議によって行われる
・仕事の割り当て・手順などは、
 集団討議やメンバー個々に任される
・リーダーは、メンバーと一員として助言を与える
通常の業務において、最も望ましい類型とされている。

なつかしいなあ。
当時の私は、
研究開発部門やデザイン部門には、放任型が合うなあ、
とか、
やっぱ、民主型がいいけど、
そのためには、メンバーが成長しないとな、
なんて、思いました。

あなたは、今、どんなリーダーシップを
とっていますか?

今日も、
あなたにとって、
幸せな一日となりますように!
posted by suzumura at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176885152

この記事へのトラックバック