2022年08月03日

あれは、統一教会だった?


あれは、旧統一教会だったのか・・・?

20220617樹.JPG


暑い日が続いています。
猛暑が続いています。
だるい。
コロナも怖いし、熱中症も怖い。
だから、イロイロな予定をキャンセル、延期しています。

一方、仕事の方は一段落し、後仕事もないので。とホットしていたら、違う仕事が入りました。
・・・ありがたいことです。

今週はこの猛暑でグダグダ状態を許していますが、
8月末までに2件、対処せねば。
ウカウカもできない猛暑の8月ですう。

ところで、
またまた私事ですが。

旧統一教会と政治家のつながりなど次々と報道されています。
これ、ズブズブと言われてもしかたないかも・・・。
これも因果か。
哀しい出来事から、不都合な事実が明るみに出る事態になっています。

そこで、ふと思い出したことがあります。

あれは、確か20代後半のこと。
仲良くしていた他部署の2年後輩女性Aさんに誘われました。
「とてもいい占いがあるよ」とか。
「ふう〜〜ん」彼女が言うなら行ってみるか。

と、なんの疑いもなく、好奇心で、都心部のとある神社の会館に連れて行ってもらいました。
入場したときとか、待ち受けていた人々の対応はまったく忘れてしまいました。
が、本とか、おお壺とかが飾られていましたっけ。
お話・講和を聴いのか、手相を見てもらったのか?・・・内容は全く覚えていません。
個別面談となりました。

そこで、確か「悩みとか困っていることは?」と優しく尋ねられ、当時、気になっていたことを伝えました。
すると、その問題を解決し幸せになるために、全財産を投げだすことができますか?みたいなことを言われました。
「全財産」という言葉が残っています。
そこで「?」と思って、結局「帰ります」となりました。
すると後輩Aさんが「心配だから一緒に帰る」と言うのです。
たぶん、私の話を聴いた年配女性とAさんが連絡し合っていたのでしょうねえ。
「大丈夫だよ。帰って」といっても地下鉄にも一緒に乗ってきて・・・。
別に何を言うでもなく、離れた席に座り、ついてきました。
やっと、下車する駅で、別れました。
帰宅して、母に一部始終を話しました。
母に話しながら、「ああ、これって、おかしいなあ」と思いました。

壺、全財産、となると、やはり旧統一教会だったのでしょうか。

なぜ、Aさんは私を誘ったのか?
私以外にも多くの同僚を誘っていたのか?
そして、Aさんはそのとき本当に幸せだったのか?

しばらくして、Aさんは退職しました。
私とは、音信普通状態でした。

あのとき私が、
幸せになりたい、救済されたいと思っているのなら・・・
家族を幸せにするといわれたなら・・・

結局、そもそも「ケチ」な私は、自分のお金を、それも多額を納めることは納得できないタイプです。
それが、功を奏しているのでしょうか・・・。

信教の自由とカルト。
今思うのは、実態解明。
これからどうなるのか、注視していきたいと思います。

事実が明らかになってくると、結局、自業自得かも・・・。


posted by suzumura at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング