2022年08月31日

有名な人の訃報


今日は、有名な人の訃報にせっしました。

まずは、あの京セラ、KDDI、そして日本航空で絶大なリーダーシップを発揮した、
平成のカリスマ経営者「稲盛和夫」氏。

そして、ノーベル平和賞を受賞した、旧ソ連の「ゴルバチョフ元大統領」。

大物、超有名人の訃報。
ああ、いつかは、誰もが最期を迎える。
私も、あなたも。

では、あそこやあそこの国の指導者は?
なんて考えてしまいます。

旧統一教会の問題も、根深くて、大変な問題ですね。
あたしは、絶対、合同結婚式はイヤだし、献金も・・・
ホントに、縁を切れるのか?

明日から9月です。
心機一転(警察庁のように)で、がんばりましょう!



posted by suzumura at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月30日

感謝すべきことは?


8月も残り、2日となりました。

20220809朝陽.JPG


なんと、気温も急に低くなって。
雨も降って、体調管理、大丈夫かしら。

そんな火曜日ですが。

今、感謝すべきことはなんでしょう?

生きづらい昨今ですが、感謝の気持ちを忘れずにすごしたいですね。

posted by suzumura at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2022年08月29日

今日の教訓「自業自得」


自業自得

20220808キンミズヒキ.JPG


最近、自業自得だなあ、と思えることがあります。
多々。

自業自得とは、
自分が行った行為の報いは自分自身が受ける。
とくに悪事を行った者がその報いを受けるのは当然であること。

もちろん、私自身も自業自得を実感する痛い出来事も多々あります。

それにしても、なんだかなア〜。

自業自得の状況になったら、素直に受け入れる姿勢が求められますね。
私は、そうありたいと思っています。




posted by suzumura at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2022年08月28日

セルフコーチング「8月をふりかえる」


8月をふりかえって

2022082お花畑.JPG


8月も今日を入れて4日。
はやいですねえ。いつもながら。
あっという間の8月でした。
そんな今日は日曜日。今日のセルフコーチングのテーマは・・・

8月をふりかえって
1.うまくいったことは?
・・・8月もがんばりましたね!
2.うまくいった理由はなんだと思いますか?
3.では、うまくいかなかったことは?
4.うまくいかなかった原因は?
5.次につまくいくようにするにはどうしたらいいでしょう?

2022年度上期最後の9月がやってきます。
その9月に達成すべきことはなんでしょう?

すでに来期の目標をはじめ、
人事異動や組織変更などが発表されているかもしれませんね。

今できることに、集中することもいいのではないでしょうか。




posted by suzumura at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2022年08月26日

手放す


手放してみよう


20220819太陽.JPG


先日、
電話を発明したグラハム・ベルの名言「一つの扉が閉まったら別の扉が開かれる」
を紹介しました。

例えば、なんらかの理由で、目標や夢への道筋が閉ざされてしまう。
その原因は、環境であることも、他者であることも、
自分自身であることもあるでしょう。

でも、「道が閉ざされた!」と落胆していると、別の道が現れる。
あるいは、全く別の考え方、捉え方が生まれる。
私自身は、別の扉が開かれる、と信じています。

この名言に通じる言葉があります。
「手放す」です。


■ 手放すとは

net辞書によると
・ 手に持っていたものを放す。手元から放す。
・ 所有していたものを人手に渡す。
・目をかけていた部下や子供を手元から放す。
・仕事などを一時中止する。

イロイロなものを放す。
もっと言うと捨てるということでしょう。


■ 執着を手放す

例えば、家にある「ガラクタ(?)」を手放すことは大切ですよね。
あるいは、しがらみのある友人関係を、
思い切って手放すことも必要かもしれません。

更に加えたいのが「執着を手放す」です。

執着とは
「一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと」

例えば、権力に執着する、地位に執着する、お金に執着する、
大企業に執着する、地元に執着する、異性に執着する、子供に執着する、
なんてこともあるでしょう。

実は、私がこの「手放す」という言葉が閃いたとき、
私自身があることに「執着」していたことに、ふと気がついたのです。

そこで
「ああ、私、この考え、思い込みがあったんだよな。
だからちょっと苦しかったんだ。
もう手放そう!」と。

手放そうと思ったとたん、すごく気が楽になりました。
これからの人生も、平穏でかつ希望が持てるなあ、と。


■ 手放すと入ってくる

実は、このような説もあります。
「手放すと入ってくる」

たとえば、家のガラクタを手放すと、新しい何かが入ってくる。
それは、新しいモノかもしれませんし、
今までにはなかった、心の安定や、ゆとりある暮らしかもしれません。

これは、「一つの扉が閉まったら、別の扉が開かれる」に似ていますね。


なおnetによると
「一度『執着を手放す』と、堰を切ったように運気の流れが生まれ
、いい運気が流れ込んでくる」
なんていう説もあります。


■ おわりに

今、手放した方がいいこと、ありますか?
思い切って手放しませんか?

手放すことで、新しいモノ、コト、ヒト、人生が引き寄せられるでしょう!

今の私は、
「執着していた考え方」を手放すことで、すごく落ち着いています。
感謝!


2022年08月25日

扉を閉められてしまっても


一つの扉が閉まったら、別の扉が開かれる


20220802朝焼け.JPG


先日、「10月から自分の部署がなくなるらしい」というお話を耳にしました。
長引くコロナ不況やウクライナ侵攻をはじめAIの進化など、
経営環境は激変しています。

企業は生き残るために、様々な手を打たなければならない時代が続いています。
メスを入れるという厳しい方法もあるでしょう。

もし、自分の部署がなくなるというなら、他の部署へ異動するか、
もしくは退職といったことにもなるかもしれません。

このように、「もうおしまいだ!」と思うことは人生にときどき発生します。
また、今、順調なことも、今後、うまくいかなくなるかもしれません。

そんな困難な事態に遭遇したとき、遭遇するかもしれないとき、
思い出すのが、
イギリス、スコットランドの発明家で電話の実用化に成功した
「アレクサンダー・グラハム・ベル」の名言です。
・・・ちなみに、netには他にもスバラシイ名言が載っていますよ。

「一つの扉が閉じるとき、別の扉が開きます。
しかし、我々はしばしば閉じられた扉をあまりにも長く、
後悔しながら見ているので、
我々の前に開かれている扉を見ていない」


いい言葉ですね。

自信をなくしたり、希望が持てなくなったり、万事休すと落胆したりするとき、
「別の扉が必ず開かれる」、
つまり別の道が必ず見つかる、と思うと、
ちょっとずつ前向きになることができます。

そして私たちは、その別の扉に気がついていないかもしれません。

落ち込みを長引かせることなく、前向きに進んでいきたいですね。
希望を持って!



2022年08月24日

3つ目の解


必ず他の解決策がある「3つ目の解」


20220723雑草.JPG


年を経てから信じていることがあります。
「必ず、3つめの解決方法がある」と。

人生、仕事でもプライベートでも、試してみてもうまくいかないことや、
万事休すと思えることありますよね。
そんな時、必ず他の解決方法がある、と確信しています。

たとえば、ビジネスシーンでいうと、
新しく、かつちょっと難しそうな問題解決を任されたとします。

例えば、難しそうな新商品の開発、新事業の立ち上げ、新しい地域への出店。
また、成績不振の出張所への異動や、パワハラなど人間関係がグチャグチャな部署への異動、
あるいは、人材の墓場といわれるようなお荷物社員が集まっている部署への異動。

「自分には無理」「嫌だなあ」と思っても、受けなければならない事情もあるでしょう。

そして、取り組んでみてもなかなかうまくいかない。

それでも、脳に汗をかいて必死で考えてみれば、新しい解決策が見つかる、
というのが私の自論です。

問題解決には、必ず3つ目の解決策がある。

そう信じて考え抜くことで、必ず道は開ける。
私はそう信じ、最近もとある問題を解決することができました。

あなたも、「3つ目の解がある」と信じて、取り組んでみませんか?

脳に汗をかくまで、必死で考えていますか?

努力は裏切りません!!


その先には・・・
posted by suzumura at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2022年08月23日

powercard「覚悟」


覚悟しとかなきゃ

長い夏休みもあっという間に過ぎ去り。
夏バテ気味?
でも食欲は旺盛にあり、よく眠れる。
ま、ありがたいことではあります。

そんな夏休み後半のとある日。
ダラダラ気分にも飽きてきて、ふと思いついたのが「覚悟」です。

20220820覚悟.JPG


実は、「覚悟」すべきことに直面していました。
あるいは「明日は我が身」といってもいいでしょう。

7月ころから放映されている、ACジャパンのラップCM、ご存知ですか?
ストーリーは、コンビニのレジでお金をがま口から出そうとしているおばあさん。
なかなか小銭が見つからなくて、時間がかかっています。
後ろには、レジ待ちのお客さんが並び、レジの女性もちょっとイライラ気味。

すると、後ろにいた強面の男の人(人気ラッパーの呂布カルマさんだそうです)が、
足をトントンし始める。

イライラしている様子、キレるのかと思ったら、
持っていたアイスクリームをマイクにして、ラップを歌い出します。
「あんたのペースでいいんだよ」などおばあさんを認める歌詞で。

すると、それに応えておばあさんもペットボトルをマイクに歌います。
「見た目で判断しない。色眼鏡もいらない」と。

最後に今度はレジの女性がレジのスキャナーをマイクにして
「たたくより、たたえあおう!」と上手に歌いあげます。
そしてコンビニ内のお客さんも共感して・・・というもの。

題名はずばり「寛容ラップ」「たたくより、たたえあおう」。
いいCMだなあと思いつつ、アルアルとも。

そのアルアルに数日前に直面しました。
まさにとあるコンビニでレジ待ちしていたときのこと。

やや腰の曲がったおばあさん。
まずマイバッグをカートから取り出す。時間がかかる。
そして財布からお金を出そうとするのですが、やはり時間がかかっている。
いや、財布自体を取り出すことにも時間がかかっている。
気の利いたレジスタッフの女性が商品をマイバックにいれてくれる。
でもお金が見つからない様子。
私の後ろにもペットボトル1本をもって待っているお客さんがいました。

まさに、あのCMと同じ状況。

高齢化社会に入り、こうした状況はあちらこちらで見受けられるのでしょうねえ。

そこで、思ったのが、「明日は我が身」。
人間、誰もが確実に年をとり、体力的、肉体的に衰えてくる。

レジ清算に時間がかかっている老人にイライラしちゃうけど、
いつかは自分も同じ状態になる。

あるいは、今やだれもがコロナに感染するかもしれない時代。
私も感染するかもしれない。
色々な事件や事故に巻き込まれるかもしれない。

なにが起こるか分からない時代です。

それを受け容れ「覚悟」をもって、これからの人生を生きていかねば、
と思った次第です。


posted by suzumura at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | powercard

2022年08月21日

セルフコーチング「今の自分にとって、大切なことは?」


私的には、夏休みも今日でおしまい。

20220809アサガオ.JPG


おっと、すでに仕事を始めている方もいるかもしれませんが・・・。

そんな日曜日。セルフコーチングの日です。

今日はシンプルに。

今の自分にとって大切なことは?

夏休みが終わり、2022年上半期の最後の9月を迎えます。
激動の今、下期を見据えることも含め、ちょっと自分に向き合ってみまんか?





posted by suzumura at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2022年08月20日

今週の教訓「油断大敵」


今週の教訓「油断大敵」

20220811朝D.JPG


今週もイロイロありました。
・・・私は夏休みを堪能していましたが。

たとえば、
コロナ禍第7波は高止まり。
ウクライナ侵攻も収まらず。
五輪の汚職・・・晩節を汚したのかも。
大雨で河川の氾濫があちらこちらで発生し被害も甚大。
・・・結局、川の近くには住めないのかも・・・

そんな中、
やはり「信教の自由」と「政教分離」の問題がクローズアップされています。
出るわ出るわ・・・。

イロイロ理由はあるのでしょうが。

きっと、当人たちは、
「先輩がやっていたから」とか、「誰でもやっているから」とし、
「大したことないよ」と高をくくっていた、
最初から見くびっていたのではないか、と考えます。

そこで思い出されるのが、あのうやむやになった「もりかけ桜問題」。
この件も、「大したことない」としていたのでしょう。

つまり、それもこれも「油断していた」のではないのでしょうか。
まさに油断大敵です。

油断大敵とは
「注意を少しでも怠れば、思わぬ失敗を招くから、十分に気をつけるべきであるという戒め」

まさに、油断は大敵ですね。
私自身も、油断していて大失敗すること、あります。

ここで改めて「油断しないようにしないといけない」と戒めにしたいと思いました。


posted by suzumura at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2022年08月19日

夏休み中ですが・・・


夏休み中です。

今朝は気温も低く、気持ちよかったですね。
秋を何となく感じます。

20220810ツユクサ.JPG

そんな中、ふと思ったのが・・・

「今の気持ちの状態は?」です。

な〜〜もやる気がしない日が続いています。

が、
今朝の気持ちの状態は、「がんばろう!」。

とはいえ、早速仕事に取り掛かることはなく。

2S(整理、整頓)やら、おお洗濯やら(限られた晴天日ですので)。

気持ちは前向きになってきました。

さあ、
あなたの、今の気持ちの状態は?

9月に向けて、どうしますか?


・・・しかし、ズブズブの関係なんだなあ。
日本からのお金が韓国を経て、米国に流れている、なんて報道もあり。
でも、真面目に心から信じている人々もいる。
利用している人々もいる。
なんと、複雑な、
令和で明らかになった問題の一つですねえ。
どうなっていくのでしょうか?


posted by suzumura at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2022年08月18日

夏休み 続く


夏休みが続いています。

20220811朝@.JPG
2022/8/18


私事ですが。
夏休みが続いています。

8月の前半は、7月にやり残したことやお盆の準備に追われ。
そんな中、8月末の仕事がコロナ禍感染拡大の影響で、延期になり。

私は、気が抜けた感じになり。

今週は特に、な〜〜んもする気にならない日々が続いています。
なんで、ブログをアップする気にもならず。

で、コロナ禍、熱中症もあって、遠方への外出することもなく、
買い物程度の日々が続き、結局TV三昧の日々。

そんな中、色々な問題がありますね。
コロナ禍感染拡大はもとより、カルト集団と政治家との関わり、そして五輪汚職。
次々と出てきて、TVの報道番組に釘付けです。

ウクライナはどうなるの?
名称変更問題はウヤムヤに?

色々な教訓もありますね。

そんなこんなで、今日も夏休み中の私です。
やっとブログの更新ができた!

posted by suzumura at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月12日

今週の教訓「状況が変われば戦略も一変する」


夏休み真っただ中ですね。


20220722朝空.JPG


私事ですが、私もお墓参りや仏壇の清掃や洗車(?)などなど、
夏休みのやるべきことをほとんどこなしてきた今日この頃。

疲れ切ったので今日はな〜〜もしない休養日にしようと思っています。

さて、そんな今日は金曜。
ですが、「今週の教訓」を考えてみたいと思います。

今週の教訓「状況が変われば戦略も一変する」
一変するとはすっかり変わる、という意味です。

先月の衝撃的な事件の後、マスコミは政界の宗教団体とのつながりについて追及しています。
あの「ミヤネ屋」は、追究力が強くて話題になってさえいますね。

このような思いもよらない状況変化において、
一番影響がある政権もウカウカしておられません。
きっとすぐに戦略変更をして、内閣改造となったのでしょう。

ことほどさように、状況が変われば戦略も一変しなければなりません。

しかも、その状況変化は予測できない。
いつ、どんな形でやってくるかわからない。

厄介ですが、それを乗り越えて、存続させたり、目標を達成させなければなりません。
そんな時代です。

ちなみに私事ですが、私にも戦略変更の事態が発生しました。
ま、ちっちゃなことですが・・・。
8月末と9月に予定されていた二泊三日の出張研修が、コロナ禍のため延期になりました。

ということは、これからの8月はほぼお休み状態。
出張に向けて色々な準備を考えていました。
これも戦略、計画。
でそれは延期。

状況が変わった。
ならば戦略も変えなければ。

ということは、ほぼお休みの8月をどのように過ごすか。
せっかくなので楽しみたい。有意義に過ごしたい、などと考えています。

コロナ禍も身近におよんでいますね。
知人の近辺で陽性とか。知人の子供ちゃんが陽性とか。

そんなコロナ禍と熱中症危険の中、有意義の満足のいく夏休みにしたいですね。
ということで「今週の教訓」は、「状況が変われば戦略は一変する」です。

きっとビジネスシーンにおいても、
幾度となく戦略改訂を求められる事態が発生していることでしょう。
そんな危機時にも、戦略を変更し続けて、生き残っていかなければならない時代です。

ともかく、今日を楽しみましょう!


2022年08月10日

学ぼうとする姿勢


どんなことに対しても学ぼうとする意欲、姿勢はあるか?


20220809ムクゲ.JPG


研修講師として、さまざまなお会社にお世話になっています。

最近、特に感じているのは、受講者、参加者皆さんの意欲です。

とあるメーカーのA社様。
対象は中堅クラスで、テーマはリーダーシップやコミュニケーション、
部下育成、チームワークなどです。

私の研修では、
プログラムを進めるごとに、各テーマに対する感想などを発言していただいています。

それは、テーマごとの内容を振り返り、確認していただきたいという目的もありますし、
研修内容についての率直な意見をうかがいたいという思いもあります。

普通、意見として多いのは、「再確認できた」「理解が深まった」
「知らないことがあった」など、受けたことに対する感想がほとんどです。
なかには「ちょっと難しかった」「理想論だ」など、否定的な意見もありますが。

いずれも、講師としては参考になる意見ばかりです。

否定的な意見に対しは、
「このクソ忙しいときに、会社から指示された参加したくもない研修への参加は、
ごめんだ」などの思いはもっともだよなあ、と思います。

ところが、そのA社様は違っていました。

そのA社様は、挙手して発言する参加者は少ないのですが、
指名させていただくと、すべての参加者から前向きな発言がすぐに出てきます。

例えば、
「知らなかった〜〜を知り、職場で実践していきたい」
「〜〜というスキルがあることがわかったので、職場で挑戦してみたい」
「〜〜についてもっと意識して取り組んで、チームづくりに役立てたい」
「相手の立場に立って、物事を見ていきたい」
「これまで〜〜は実践していたが、○○というやり方があることがわかったので、
今度ミーティングでやってみたい」
などなど・・・。

つまり、感想を述べるだけではなく、
それを職場で実践してみたいという、一歩踏み込んだ発言ばかりだったのです。

これらの発言は、「学ぼう」「身につけよう」という意識とともに、
「実践して役立てよう」という「意欲」の表れだと考えます。

素晴らしいと思いませんか?

何事にたいしても、学ぼうという意欲があるかどうか。
もちろん、会社が主催する研修は、参加者にとっては面倒くさく、
できるなら避けたいものかもしれません。

が、そんな面倒くさい時間でも、少なからず自分の学びにつながることがあるものです。

それは講師からの解説のみならず、
参加者同士の話し合いによって得られるものも少なくありません。

与えられた時間を「自主的に自分の学びにつなげる時間」にするか、
「言われたからしかたなくやるといった受け身で消化する時間」にするか、
大きな差が出てくると考えます。

すべての物事は、自分の学びにつながる!

そんな気持ちで生きていきたいものですね。


posted by suzumura at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2022年08月08日

優れたリーダーの行動特性


優れたリーダーには共通した行動特性がある


202206285時50分.JPG


PCを整理していたら、興味深い記述を発見!
やや古い資料(2015年)ですが、現代にも通ずると思います。
参考にしてみてはいかがでしょう?


■ 優れたリーダーに共通する8つの行動特性

1.戦略志向
 広範囲で複雑、しかも分析的かつ概念的な考え方をしている。
2.市場に対する洞察力
 市場を深く理解しており、それが事業にどのような影響を及ぼすか、
 きちんと把握している。
3.結果志向
 事業目標を目に見える形で達成する、という固い意思がある。
4.顧客への影響力
 顧客サービスに情熱を持って取り組んでいる。
5.コラボレーションと巻き込み力
 自分の指揮系
 統の外にいる人々まで含め、仕事仲間やパートナーと上手に共同作業ができる。
6.人材育成
 トップレベルの人材を育てるなど、自社の実力を高める能力がある。
7.チーム・リーダーシップ
 それぞれのチームに目を配り、目標を与え、
 仕事のできるチームに育てることができる。
8.チェンジ・リーダーシップ
 組織を変革し、新しい目標に舵を切り直させる能力がある。

設問1・・・上記の中で今の自分が持っている行動特性はなんですか?
設問2・・・足りないと思われる行動特性はなんでしょう?
設問3・・・今後どのような行動特性、つまり能力を高めたいと思いますか?


■ おわりに

リーダー論もリーダーシップ論も、百花繚乱。
そして時代の変遷に応じて、解釈のしかたも変わっていきます。
とはいえ、
今の自分に必要だと思われる能力を確認しつつ、
身につけていく姿勢、必要ですね。


posted by suzumura at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ

2022年08月07日

セルフコーチング「この一週間をふりかえって」


8月もはや一週間過ぎました。
はやいなあ・・・。

20220723あさがお青.JPG


さて、日曜日の今日はセルフコーチングの日。
今日は定番でいきます。

この一週間をふりかえって
1.うまくいったことは?
2.うまくいった理由は?
がんばりましたね。

3.ではうまくいかなかったことは?
4.うまくいかなかった原因は?
5.明日からの一週間、やりとげたいことはなんでしょう?

猛暑、コロナ禍、そして記録的大雨・・・
がんばって乗り切りましょう!



posted by suzumura at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2022年08月06日

今週の教訓「必ず理由がある」


今週の教訓「言動には必ず理由がある」


20220723雑草と空.JPG


今週もイロイロありました。
豪雨災害もひどかったですね。
ここ名古屋は猛暑だったり、雨も少なかったのに、反対側では多くの川が氾濫。
毎年日本のどこかしこで起こってる感じがします。
一刻も早い復興を祈ります。

ちなみに松尾芭蕉の句に有名な
「五月雨を集めてはやし最上川」があります。
今回甚大な被害が発生した最上川ですね。

実はこの句の初案は「集めて涼し」で、
涼しい風を運んでくる最上川の豊かさやさしさを表現したというのです。

しかし、松尾芭蕉は急流の最上川下りを体験し、
「涼し」を「早し」に改め、最上川の豪壮さ、激しさを表記したといいます。
TV情報から調べてみました。

これも教訓ですよね。でも、住人たちは堤防を造らなかった。なぜ?
また、ペロシ米下院議長が25年ぶりに台湾を訪問しました。今、なぜ?

私事ですが、ちょいと納得できない依頼をしてくる人がいました。
なんで?と思っていたら、実はそうしなければならない理由があったことが判明しました。
で、納得。

ことほどさように、すべての発言、行動には、必ず理由がある。
これが今週の教訓です。

だから、理不尽のように思われる発言や行動にも、その人なりの理由がある、背景がある。
このことを理解しようとするなら、衝突や後悔を避けることができたり、
第三の解決策も見つかるのではないか、
と考える今日この頃です。

posted by suzumura at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2022年08月04日

今、感謝すべきことは?


大変な8月です。

20220723エノコログサ.JPG


コロナ第7波で、世界一感染者が多い日本。
ほぼ毎日、感染者の最大値を更新しています。

そして、猛暑が続いて熱中症も。

更には、線状降水帯があちこちで発生し、災害も発生しています。

そんな混沌とした時代。

思うのが、「今、感謝すべきことは?」

改めて、感謝すべきこと、認識してみませんか?

小さなことでも、感謝すべきこと、ありますよね。


posted by suzumura at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2022年08月03日

あれは、統一教会だった?


あれは、旧統一教会だったのか・・・?

20220617樹.JPG


暑い日が続いています。
猛暑が続いています。
だるい。
コロナも怖いし、熱中症も怖い。
だから、イロイロな予定をキャンセル、延期しています。

一方、仕事の方は一段落し、後仕事もないので。とホットしていたら、違う仕事が入りました。
・・・ありがたいことです。

今週はこの猛暑でグダグダ状態を許していますが、
8月末までに2件、対処せねば。
ウカウカもできない猛暑の8月ですう。

ところで、
またまた私事ですが。

旧統一教会と政治家のつながりなど次々と報道されています。
これ、ズブズブと言われてもしかたないかも・・・。
これも因果か。
哀しい出来事から、不都合な事実が明るみに出る事態になっています。

そこで、ふと思い出したことがあります。

あれは、確か20代後半のこと。
仲良くしていた他部署の2年後輩女性Aさんに誘われました。
「とてもいい占いがあるよ」とか。
「ふう〜〜ん」彼女が言うなら行ってみるか。

と、なんの疑いもなく、好奇心で、都心部のとある神社の会館に連れて行ってもらいました。
入場したときとか、待ち受けていた人々の対応はまったく忘れてしまいました。
が、本とか、おお壺とかが飾られていましたっけ。
お話・講和を聴いのか、手相を見てもらったのか?・・・内容は全く覚えていません。
個別面談となりました。

そこで、確か「悩みとか困っていることは?」と優しく尋ねられ、当時、気になっていたことを伝えました。
すると、その問題を解決し幸せになるために、全財産を投げだすことができますか?みたいなことを言われました。
「全財産」という言葉が残っています。
そこで「?」と思って、結局「帰ります」となりました。
すると後輩Aさんが「心配だから一緒に帰る」と言うのです。
たぶん、私の話を聴いた年配女性とAさんが連絡し合っていたのでしょうねえ。
「大丈夫だよ。帰って」といっても地下鉄にも一緒に乗ってきて・・・。
別に何を言うでもなく、離れた席に座り、ついてきました。
やっと、下車する駅で、別れました。
帰宅して、母に一部始終を話しました。
母に話しながら、「ああ、これって、おかしいなあ」と思いました。

壺、全財産、となると、やはり旧統一教会だったのでしょうか。

なぜ、Aさんは私を誘ったのか?
私以外にも多くの同僚を誘っていたのか?
そして、Aさんはそのとき本当に幸せだったのか?

しばらくして、Aさんは退職しました。
私とは、音信普通状態でした。

あのとき私が、
幸せになりたい、救済されたいと思っているのなら・・・
家族を幸せにするといわれたなら・・・

結局、そもそも「ケチ」な私は、自分のお金を、それも多額を納めることは納得できないタイプです。
それが、功を奏しているのでしょうか・・・。

信教の自由とカルト。
今思うのは、実態解明。
これからどうなるのか、注視していきたいと思います。

事実が明らかになってくると、結局、自業自得かも・・・。


posted by suzumura at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング