2021年07月31日

今週の教訓「世代交代」


世代交代と、後任選び


20210605朝.JPG


社長とは、就任したときから、後任選びをすることが義務である。

なんて言葉を耳にしたことがあります。

さて。

始まってみれば、大いに盛り上がるオリンピック。
日本全土、熱狂していますね。
一方でコロナ感染拡大が心配ですが。

毎回のオリンピックでは考えさせられることがあります。

それが今週の教訓でもある「世代交代」。

世代交代とは「年をとった人が退き、若い人が活躍の中心になること」

今回で言えば、体操の内村選手と橋本大樹選手。
ソフトボールの上野投手と後藤投手。


世の中には「老害」という言葉があります。

人生100年時代で、
いやがおうでも誰しも生き延びることができる時代になりました。

がんばりたい、活躍したい、成果を出したいという気持ちもわかりますが、
「後進に道を譲る」ことも大切ですね。

そう、「引き際」です。

これまでの成功体験を手放し、後進に道を譲り、自分は新しい方向を目指す。

必要なことだとつくづく思う今日この頃です。

そういえば、今朝のTVでも。
司会の方は引き際を考えているのでしょうが・・・。

後任は私は「反町理」氏が良いと思うのですが。


それにしても、コロナとオリンピック、どうなるのでしょうか?

posted by suzumura at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2021年07月30日

powercard「一歩」


暑くて、動けない日々です。

しかも、コロナ感染が拡大状態。

そんな今、思うのが「無」。

202107無.JPG

何を思うか?
何も考えないのか?

自分にとって「無」とは?

穏やかに過ごしたいです。


posted by suzumura at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | powercard

2021年07月28日

脳疲労


休息に必要な4つのR
十分に休息していますか?


20210717朝顔?.JPG


「疲れた〜」が口癖になっている。

そんな人、多いのではないのでしょうか?

仕事関係の友人も、いつも「疲れた〜」とつぶやいています。
本当に疲れているのでしょうね。

私も、昨日、口走っていました・・・

現代人は脳が疲れている、
つまり「脳疲労」を起こしているといわれています。

いつも大量な情報の同時処理に追われている私たち。

だから、身体の疲労だけではなくて、脳が疲労困憊しているというのです。


■ 脳の元気度チェック

脳が元気な状態かどうかをチェックしてみましょう。
出典:大正製薬のHP
https://brand.taisho.co.jp/contents/tsukare/detail_2.html
参考になる記事満載です。

下記の質問に対し、
ここ2〜3週間のあなたの状態で当てはまる数字を選び、
最後に全ての点数を合計してください。
2=ほぼYES
1=どちらともいえない
0=ほぼNO

@ 自分が楽しむための時間をもてている
A 周囲の草花、風景の変化によく気づく
B 気持ちの切り替えがスムーズ
C 直感が割と当たる
D 体が軽く感じる
E マイナスの感情はあまり浮かばない
F 自分のことが割と好き
G 愛想笑いではなく、本気で笑うことが多い
H 日々の生活や仕事に手ごたえがある
I 今の生活に満足している
J 今の自分にほぼ納得できている
K 「幸せ?」と聞かれたら、もちろん「YES」

★あなたの脳の元気度は?
◆21点以上の人は【脳の元気度90%以上】
脳が元気なあなたは、ストレスに強いタイプ。
ストレスがあっても上手に気分転換ができているようです。
この状態をキープ!

◆10〜20点の人は【脳の元気度50%】
小さなストレスは受け流すことができても、
ストレスが重なったり、大きなストレスがかかったりすると、
立ち直りに時間がかかりそう。

◆9点以下の人は【脳の元気度20%】
脳が疲れ気味で、小さなストレスにも敏感に。

・・・
こうしてチェックしてみると、
脳が疲れている、脳の元気がない、って思いますよね。

ところで、
「脳疲労を取るには寝るだけでは不十分」
といわれています。

「休息に必要な4つのR」をご紹介します。


■ 休息に必要な4つのR

・Relaxation(リラクゼーション)
アロマで心地よい香りを楽しむことや、瞑想などして
リラックスする時間を持つ。

・Rest(レスト)
十分に睡眠をとったりマッサージなどして、身体をしっかり休める。

・Recreation(レクリエーション)
趣味に没頭したり、遊びを心から楽しんだり、笑ったり、
気の許せる人と過ごすことも大切。

・Retreat(リトリート)
日常生活から離れ、自然の中で過ごす。


■ 気持ちの良いことを、どんどん体験することが大事

私たちはどうしても、「感じる」ことよりも、「考える」ことが多く、
それによって大脳皮質は余裕のない状態になりやすくなっていると
いわれています。

大脳皮質に余裕がある状態をつくり出すポイントは、
「自分が気持ち良い」と思う「快」の気分をたくさん得ること。

快眠や快食、さらには自然と触れ合って五感を刺激することも、
脳を元気にする方法としておすすめ。


■ おわりに

きちんと休めていますか?

コロナ禍の混乱で、休んでいるような、休めていないような状態が
続いているかもしれません。

頭でいろいろ考えすぎず、気持ちよいと思えることを日々実践する。

コロナ禍をはじめ頭の痛い問題の多い現代ですが、
意識的に脳疲労を取って
健やかで穏やかな毎日にしたいですね。

ちなみに、今日はどんな気分転換をする?


posted by suzumura at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コロナ期を乗り切る

2021年07月27日

夏バテだあ!


早、夏バテ気味
夏バテ対策は?



20210724青雲.JPG


暑い日が続いています。
誰かと話すと「暑いですねえ」が口癖に。

日中の陽射しもジリジリして外出する気になれない今日この頃。

私事ですが、
すでに夏バテ状態です。
身体がだるく、やる気も出ない状態。
まだ8月、9月と暑い日が続く前なのに。

そこで、夏バテ対策を調べてみました。
私が注目したものだけ抜粋しました。


■ 夏バテとは

夏バテとは、「体がだるい」「食欲がない」「疲れやすい」「寝不足」
といった夏の暑さによる体調不良の総称。

調べてみると、冷房による「冷房バテ」と、
冷たい飲食による「食冷えバテ」があるようです。
その複合も。

・冷房バテ
真夏の室内外の温度差を繰り返し感じることによって、
自律神経の働きが乱れてしまうことから起こる。

自律神経の不調は、体内のさまざまな機能に影響を及ぼすため、
胃腸の疲れや食欲不振、倦怠感など、夏バテの症状が出てくる。

・食冷えバテ
冷たいビールやジュース、アイス、そしてソウメンなどの冷たい食事。
冷房漬けの人たちがこうした食べ物ばかりを口にしていると、
胃腸が冷えすぎて機能が低下し、胃もたれや下痢を起こすことにもなる。

また、発汗による水分やミネラルの不足、寝苦しさによる睡眠不足も、
夏バテの原因になると考えられている。


■ 夏バテの代表的な症状

・カラダが重だるい、全身の倦怠感
・ヤル気が出ない、無気力
・食欲がなくなる
・下痢・便秘
・イライラする
・カラダが熱っぽい・のぼせ
・めまい・立ちくらみ
・頭痛
・むくみ

・・・あてはまること複数ありそうですね


■ 夏バテ対策
それではどうするか?
まとめてみました。

・温度差、体の冷やし過ぎに注意する
室内外の温度差が5度以上になると、
自律神経が乱れやすいと言われている。

冷たい飲み物は胃腸に負担をかけやすく、不調の原因となる。

・生活リズムを整え、質の良い睡眠をとる
規則正しい生活と適度な運動を心がけ、生活のリズムを保つようにする。
質の良い睡眠を十分にとり、疲れを残さないことも大切。

一日のうちで特に重要なのが朝の過ごし方。
起きてすぐに朝日を浴び、朝食を取ることで、体内時計をリセットし、
リズムを整えることができる。
体内時計を整えることが、質の良い睡眠にもつながつ。

・栄養バランスのよい食事、こまめな水分補給
肉や魚、卵、大豆製品などのタンパク質が多い食材と、
ビタミンやミネラルを含む野菜も毎食取り入れる。

消化吸収を助ける「ムチン」という成分を含む、
オクラやナガイモなどのネバネバ食材も積極的に取り入れると良い。

暑い夏でも体のためには、冷えた飲食物は避けたほうがベター。
常温の食べ物や温かい汁物などを取り、内臓を冷やさないようにしよう。

水分補給は、のどの渇きを感じる前、「早め」「こまめ」を意識することが大切。
特に、起床後や入浴後、スポーツ時は、注意して水分を補給しよう。


■ その他の注意事項

・薄着すぎるのは禁物
一日のほとんどを冷房の効いた屋内などですごす場合、
体を冷やしすぎている恐れがある。
すぐに羽織れるカーディガン等を常備する。
寒い室内の場合、服装は、春物、秋物くらいの感じがいい。

・夏でもしっかり湯船に浸かる
夏もしっかり湯船に浸かることが大切。
38℃程度のぬるめの湯に最低10分、
できれば30分くらい浸かると副交感神経が優位になってリラックスできる。
自律神経のバランスが整い、心身が元気になる。

・寝る前は明かりを暗めに
寝る直前まで強い光を浴びていると、自律神経のバランスが崩れてしまう。
寝る前に部屋の明かり暗めにすることで自律神経が整い、
疲れが取れやすくなる。

・味噌汁はパーフェクトドリンク
一日中冷房漬けという人は、夏でもランチには温かい汁物を。
特に味噌汁は、味噌やワカメなどから、
汗で流れがちな塩分やミネラルも取れるパーフェクトドリンク。
アサリやシジミなど貝類が入ったものなら、肝機能を高めるタウリンも豊富。
弱った内臓を元気にしてくれつ。


■おわりに

私事ですが、実は、冷たいものばかりを飲んで胃を壊してから、
温かいものもいただくようにしています。
たとえば、ホットコーヒー、にゅう麺、ぞうすいなどなど。
味噌汁もいいですね。

まだまだ暑い日が続きますが、心身ともに健康で夏を楽しみたいですね。

お大事に・・・



posted by suzumura at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月25日

セルフコーチング「この一週間をふりかえって」を四行日記で


この一週間をふりかえって「四行日記」

20210707雑草美.JPG

日曜日です。
7月の四連休も今日でおわり。
楽しんでいますか?



さて、日曜日は恒例「セルフコーチング」の日です。

今日は定番「この一週間をふりかえって」がテーマです。

この一週間を「四行日記」でふりかえってみましょう。

★「四行日記」とは、
組織心理学者の小林恵智氏が開発したプログラム
「SEP(セップ:Self-Expanding Program)」のノウハウを生かした日記です。

4つのテーマから構成されており、それぞれを1行でまとめます。
1.事実:今日の出来事(事実、経験など)から1件選んで書く
2.気づき:その出来事から気づいたこと、ひらめいたことを書く
3.教訓:その気づきから学んだこと(教訓)書く
4.宣言:それらを総合して、自分のありたい姿を宣言する

ということで。

1.事実=この一週間で印象に残っている出来事は?
2.気づき=その出来事から気づいたことは?
3.教訓=その気づきから学んだことは?
4.宣言=それらを踏まえて、なにをしたい?どうするべき?

基本的に「四行日記」は、毎日書くことがルールです。
が、一週間をふりかえってみてもいいかなと思います。

ぜひとも、考えてみませんか?

posted by suzumura at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2021年07月24日

今週の教訓「終わり良ければすべてよし」


教訓となるか?
「終わり良ければすべてよし」


202106135時.JPG


いろいろありましたが、
昨日(7月23日)「東京五輪」の開会式がありました。

今日のTVも新聞もネットも、開会式と出場選手の話題でもちきりです。
そして、開催される競技もあちこちのTVで中継されますね。

もちろん、心から応援しますし、
否が応でも盛り上がります。

そこで思うのが
「終わり良ければすべてよし」
ということわざ。

「終わり良ければすべてよし」とは、
「物事は最終結末がもっとも大事であり、途中の過程は問題にならない」
という意味。

シェイクスピアの戯曲「All's well that ends well」のタイトルフレーズです。

つまり、ゴタゴタ続きで批判も多かった東京五輪も、
始まってみれば盛り上がって応援するし、
結果的にメダルが多ければ「よかった、よかった」と熱くなる。

すると「五輪を強行した」ことの評価も好転する、
となるのかなあ。

「終わり良ければすべてよし」となるのでしょうか?


・・・ところで、
私たちの人生も「終わり良ければすべてよし」としたいものですね。



posted by suzumura at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2021年07月23日

今週の教訓「一生背負う」


今週の教訓 結局「一生背負う」ことに

金曜日ですが、「今週の教訓」です。


20210613夕方.JPG


今週もイロイロありました。

びっくりしたのは、やはり「オリンピック」に関わること。
3件。

遠い昔のことだとはいえ、許されないこと、ありますね。
特に有名人になった場合。

意見もイロイロあるようですが、
結果、これで、彼らは「一生背負う」ことになりました。

誰しも間違った行いをすること、あります。
一生涯清廉潔白な人って、いないのではないでしょうか。

もし有名人にならなかったら、そのまま過ぎていくのでしょう。

子供の頃でも、若かりし頃でも、
本当に気をつけて生きていかなければならない時代です。
誠実に生きることが大切ですね。

「一生背負う」。

しかたのないことです。

それにしても、
「鋼のメンタルだなあ」とつくづく思える人もいます。

「開会式」予定通りやるのかな?
複雑な気持ちで、応援することになりそうです。



posted by suzumura at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2021年07月22日

お荷物になっていない?


「お荷物」とは言われないように


20210707赤い花.JPG


ビジネス雑誌「東洋経済」のネット版(2021/7/6)に
興味深い記事がありました。

タイトルは「お
荷物社員」


「ああ、うちにもいるよ」
という方も多いのではないでしょうか?

定年後や50代の社員、それとも20代、30代?
あらゆる階層で、「お荷物社員」に該当する社員がいる、
というのが現実かもしれません。

もしかして、自分も「お荷物社員」と思われているかもしれませんよ。

記事にはお荷物社員には「4つの特徴がある」としています。


■ お荷物社員の4つの特徴


1.能力やパフォーマンスが低いことへの自覚がない
記事には
「仕事ができない社員は、せっかく経験を積んでも、
教育訓練を受けても、能力・スキルがなかなか上がらない。
自分の能力やパフォーマンスが低いという自覚がないから、
そういう残念な状態がずっと続いてしまう」
との声が掲載されていました。

確かに、「自覚がない」ことは問題ですね。
最近、起こっているすべての問題が
この「本人の自覚がない」ことから発生しているようにさえ思えます。
翻って、自分自身はどうだろうか、と思います。

2.自責的に考えることができない  
記事には、
「誰でもミスや失敗があるものだが、
お荷物な社員はミスや失敗を他人のせい、環境のせいにする。
明らかに本人に問題があるというケースでも、
せいぜい『運が悪かった』と思うくらいで、自責的に考えることはない。
問題がわかっていないので、行動も変わらず、
いつまで経っても同じような失敗を繰り返している」とあります。

確かに、自分の問題を理解していない社員っていますよね。
そして、すぐに他責にするクセのある社員も。
自責で考えることは必要です。
それができないとなるとやはり「お荷物」となりますね。

3.自発的に行動しない  
記事には、
「お荷物な社員は、意欲が低いのと、リスクや責任を負いたくない
という気持ちから、とにかく自分から動こうとはしない。
入社3年目くらいまでは許せても、ずっとその調子でいると、
会社にとってはお荷物になる」
とあります。

確かに。自発的に行動しない社員は、いただけません。
がこれは、若い頃の上司や職場の雰囲気にも影響されたケースも
あるのではないでしょうか。
つまり「自発的行動」を許さない組織風土です。
それが続くと「指示待ち」になってしまうことがありますね。
気をつけたいものです。

4.周囲に悪影響をまき散らす  
記事には
「他のメンバーの足を引っ張る問題社員は、意外と悪気はないよう様子。
悪気がないから反省することなく、
いつまでも足を引っ張り続けているので、質が悪い」

確かに。
たとえば、話し好きな社員は度を超すと、悪影響の元となります。
とある研修で、
「自分は雑談が多く、場の雰囲気を盛り上げている」と自慢げに話していた
受講者がいました。
そこで「相手の仕事の邪魔にならない?」と尋ねたところ、
「邪魔になっているけど、大丈夫」との答えでした。
もしかしたら彼は、「お荷物社員」と言われているかもしれませんね。


■ まとめ

記事には
「これらの特徴をひとまとめに論じるのは難しいが、
お荷物な社員は、自分自身としっかり向き合い、態度や行動を変えていく、
ということができていないようである」
とあります。

そして「採用活動にも問題がある」とし、
「せっかく希望に燃えて入社した社員がお荷物扱いされてしまうのも、
せっかく企業が手間とコストを掛けて採用した社員を見放してしまうのも、
ともに不幸なこと。

お荷物な社員に『自分自身を見つめ直せ』と自己変革を促すだけでなく、
経営者も人事部門も自らの思考・行動を改める必要がありそう」
と結んでいます。


■ おわりに

「お荷物社員」とされてきた社員が、あるきっかけで花開く、
というケースもあります。

「腐っていた」社員が、人事異動で能力を発揮する場面もたくさん見てきました。

「お荷物社員」と言われている場合、
本人は「やる気を失っている」こともあるでしょう。

もちろん、なんと言われようと、現状にあぐらをかいている社員もいるでしょうが。

もし、自分が「お荷物社員」と言われているようなら、
人事異動を申し出るとか、転職を考えるのも方法です。

あるいは、部下に「お荷物社員」がいるなら、
思い切って、人事異動や職種変更するような異動もいいかもしれません。

いずれにしても、パレートの法則「2:8:2」のように、
どのような組織であろうと、「お荷物社員」と思われてしまう社員は発生するもの。

リーダーとしては、その社員にもできるだけモチベーションを高くもって、
戦力になってもらえるような指導も必要ですね。




posted by suzumura at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2021年07月21日

セルフコーチング「自分にとっての成長とは?」


成長とは?


20210531夕焼け.JPG

今日(2021年7月21日)、powercard「成長」をアップしました。

そこで、ふと思ったのが、
というか閃いたのが、「私にとっての『成長』ってなんだろう?」です。

ということで、セルフコーチングのテーマにしました。

人によって、「成長」の定義は異なるでしょう。
また、状況や役割の変化に応じて、
「成長」の意味も変わってくるものです。

成長には「身体的な成長」、「精神的な成長」、「能力的な成長」
などが考えられます。

そこで、次の質問です。

1.自分にとっての成長とは? 
2.最近、自分が成長したなと思えたことは? 
3.今後、成長したいことは?



「身体的な成長」
@体力アップ ➁筋力アップ ➂BMI22維持

「精神的な成長」
@怒鳴らなくなった ➁ほめることができるようになった 
➂苦手な人とうまくつきあえるようになった 
C人の話をさえぎらなくなった D悪口を言わなくなった

「能力的な成長」
@部下をリーダーとして育てられるようになった 
➁プレゼンがうまくできるようになった 
➂○○知識、○○スキルを獲得した 
C判断力、決断力が向上した 
Dレジリエンス(回復力、すぐに立ち直る力)が強くなった

いかがでしょう?

もちろん私も自問しました。
気づきもありましたよ!!



posted by suzumura at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

powercard「成長」


成長、してる?

久々に筆をとって、
浮かんだ言葉は「成長」でした。

202107成長.JPG


「いくつになっても成長を続けたい」。
これが私の軸になっていることのひとつです。

では、今、私は成長しているのだろうか?
と自問してみると・・・

身体的には後退しているのは確実。

精神的には?

山あり谷ありの日々だけれど、
成長を実感するときもあります。

成長とは、人によって解釈が異なるでしょう。

「人間的に成長した」と思える日々、
思える人生でありたいと思います。




posted by suzumura at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | powercard

2021年07月19日

無視


やっぱり無視されるのはつらい

20210612 草@.JPG


ご近所のドラッグストアでは、
いつもいつもスタッフさんが笑顔で応対してくれます。

品出しをしているときも、
「おはようございます」など明るくあいさつをしていただき、
なんだか嬉しい気持ちで買い物もできます。

イロイロなお店があるなかで、
不機嫌そう、不愛想なスタッフさんのいるところもあります。
きっと機嫌が悪くなるような原因、背景があるのでしょうね。

職場においても、明るい笑顔の同僚、部下、上司には
こちらも自然と笑顔で接するようになります。
笑顔は職場が明るくなる要因の一つです。

時と場合にもよりますが、
笑顔の対応はビジネスパーソンにとって、最低限のマナーといえるでしょう。

私が会社員時代、不機嫌を通り越して、無表情な先輩がいました。
こちらが笑顔で対応しても、表情は変わらず、
ビジネスライクな対応のみでした。
私に落ち度があるのか、と悩んだものです。

人間、生活する中で、他の人と接する機会は多く、
相手の対応しだいで嬉しくなったり、やる気が出たり、反省したり、
あるいは落ち込んでしまうこともシバシバあります。

人と人との対応については、「ストローク」という概念があり、紹介します。


■ ストロークとは  

ストロークとは
「相手(あるいは自分)の存在や価値、あるいはその行動を“認めている”
ということを伝える、何らかの行動や働きかけ」。

TA(交流分析)で有名な心理学者「エリック・バーン博士」は
「人間はストロークを求め、得るために生きている」
という言葉を残しています。

確かに、他者との関わりって人生に不可欠ですよね。

ストロークには2つの種類があります。


■ 肯定的(プラス)ストローク

「うなずく、認める、ほめる、励ます、感謝する」
など自分の存在や価値を、肯定的に受け入れてくれるストロークを
“肯定的(プラス)ストローク”といいます。
今の大谷翔平選手は、まさに肯定的ストローク満載ですね。


■ 否定的(マイナス)ストローク

「叱る、注意する、とがめる」などの、
自分の存在や価値を、否定するようなストロークを
“否定的(マイナス)ストローク”といいます。
昨今のTV報道などで、
否定的ストロークオンパレードの場面では辟易しちゃいますね。

ただし、悪いことや間違ったことを、しっかりと教える過程では、
否定的ストロークも不可欠とされています。


■ ディスカウント

対人関係では2つのストロークのほかに、
「ディスカウント」という概念があります。

「ディスカウント」の意味は、まさに“値引き”です。
何を値引くかというと、“相手(自分)の存在、価値、
あるいはその行為”についての値引きです。
つまり、それらを、“軽視したり、無視したり、あるいは、全く否定したり、
排除したり、抹殺しようとするような
“見方、感じ方、態度、行動”などの心のメカニズムとその現れです。

「ディスカウント」は実は、職場などで起こりやすいと言われています。
学校でも。
特定人物にストロークを与えない行為です。

たとえば
・心理的行動:仲間はずれにする、噂話を流す、嘲笑する、目をそらす
・心理的言語:口をきかない、陰口を言う

ディスカウントは、「いじめ」にも通じます。

知らず知らずのうちに、
誰かに「ディスカウント」をしているかもしれません。

ディスカウントは、その対象人物を深く傷つけることになります。


■ おわりに

否定的ストロークばかりでは人間、疲弊してしまいますが、
ディスカウントはさらなるダメージをもたらします。

自分が常日頃取っている言動、行動、態度をふりかえってみませんか?
プラスかマイナスか、あるいはディスカウントか?

・・・リーダーならぜひとも「ディスカウント」だけはしないように…



posted by suzumura at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 働きやすい職場づくり

2021年07月18日

セルフコーチング「大切なことは?」


今、自分にとって大切なこととは?

20210604夕焼けB.JPG


日々、様々なことが刻々と変わっていきます。

自分を取り巻く状況も環境も、
そして自分自身も精神的にも身体的にも変化し続けている。

誰にとってもこれが実感ではないでしょうか。

そんな今、自分にとって大切なこととは、何でしょう?

自分にとって大切なことも刻々と変化していきます。
その都度、立ち止まって考えてみることも大切ではないでしょうか?

もしかしたら、
大切なことを見逃しているかもしれませんから。

また、「今の自分にとって大切なこと」を
手帳などに書き留めておくことも効果的です。

書くという作業によって、より明確になり、
自分の中で確立もされます。

更に、この作業を重ねることによって、
これまでの自分をふりかえることもできます。


posted by suzumura at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2021年07月17日

今週の教訓「自業自得」


今週の教訓「自業自得」


20210714夕方.JPG


私事ですが、今週「すごく痛い目」にあいました。

それに及んだのは、「私自身の悪い行いの報いなのだ」
とつくづく思いました。

ということで今週の教訓は「自業自得」


「自業自得」とは、
「自ら行った行為の報いは自分自身が受ける」という意味。
一般には悪い報いを受ける場合に用います。

ですから、私の悪い行いによって、私が悪い報いを受けた、
ということ。

その悪い報いに直面したとき、
「ああ、これって自業自得だよねあ」とつくづく思いました。

ということは、「悪い行い」とわかっているなら、
その「悪い行い」をカイゼン、修正すればいい、
ということですねえ。

わかっちゃいるけど、やめられない、ってのが人のサガでしょうか。


ところで世間的な「自業自得」といえば、
直近では、政府のコロナ対策が思い浮かびます。
支持率低下は「自業自得」といえるかもしれませんね。

一生懸命がんばっておられるとは思いますが。

ちなみに、この「自業自得」。
仏教では、
「悪い場合に限らず、良いのも悪いのも例外なく、
すべての運命が自業自得と教えられている。

悪い結果を受けるのは本人の悪い行いが原因だが、
良い結果を受けるのも本人の良い行いが原因」
だそうな。

確かに、何かがうまくいった場合、
本人の努力などの良い行いから生まれるものですね。

おおそう、あの大谷翔平選手も、
日ごろの良い行いが、今の素晴らしい結果につながっています。
これも良い意味の「自業自得」ってことなのでしょうね。

一般的な悪い意味での「自業自得」状態になったときは、
反省し、課題をみつけ、カイゼンする。

それは「自業自得」から学びを得て、
成長や向上につなげる、ということです。

なんて、「自業自得」を
良いサイクルに結びつけることも妙案ですね!!



posted by suzumura at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2021年07月16日

「コロナ夏」在宅勤務のコツ



在宅勤務のコロナの夏、健康ですごそう!


20210628ムクゲ.JPG


梅雨も、もうすぐ明ける模様。
特に今年は蒸し暑かったり、長雨、ゲリラ豪雨と、
変化の激しい梅雨が続いています。

やがて、暑い暑い夏がやってきます。

コロナ禍の今、
さらに出勤と在宅勤務が混ざり合い、夏バテもさらに重症化しそう。

そんな中、
日経新聞(2021年7月13日)に、参考になる記事がありました。

タイトルは「コロナ夏で体調を崩さず在宅勤務のコツ」です。


■ 在宅勤務「6つのポイント」

・出勤日と同じ時刻に自宅を出て散歩
・・・確かに、散歩は健康にとても有益。
しかも出勤日と同じ時間に出発すれば生活リズムが保たれますよね。
また「体内時計をリセットする効果がある日光を浴びる」とあり、
一石二鳥ですね。

・昼食で自律神経の疲れを抑える「イミダペプチド」を摂取
・・・イミダペプチドは、鶏の胸肉やかつおだしに含まれているとのこと。
「サラダチキン」が推奨されています。
サラダチキンはダイエットにも適していて味付けも美味しく、アレンジも抱負。
イロイロ試したいですね。

・エアコンの冷気で集中力アップ
記事には「エアコンのユニークな使い方」が紹介されています。
「疲れた脳を冷気でリフレッシュできる方法で、
30分に1回くらいの頻度でエアコンのすぐ下に立ち、
送風口から出てくる冷気を鼻から吸う」。

効果は
「疲労の抑制と集中力の向上につながる」のだそう。
・・・しかし、エアコンの送風口から出てくる冷気って、清潔なんだろうか???なんてね

また
「夏の在宅勤務では暑くてもむやみにエアコンの設定温度を下げず、
扇風機などを使ってエアコンの冷気を循環させる工夫をしたい」
ともありました。
・・・我が家には扇風機がありません。
この際、買った方がいいのかいな。

・午後の早い時間帯に、座った姿勢で20〜30分の昼寝
記事には
「仕事中の昼寝は座ったままで机に伏せたり、
椅子の背もたれを倒したりするのが基本。
首の交感神経がほどよく刺激され、気持ちよく20〜30分の仮眠がとれる」
とあります。

・・・確かに、短時間のお昼寝はずいぶん昔から、その効果が謳われています。
ちなみに私も、昨日の午後ちょっと眠くなったので、
「だったら昼寝しよう」とウトウトしたら、シャキッとなりました。
やはり10分〜20分程度のお昼寝は効果的のようです。
ぜひ、お試しを。

・1日3〜4杯のコーヒー
記事には
「昼寝の前にコーヒー、紅茶などカフェインが含まれるものを飲むと
30分ほどで覚醒効果が表れて楽に目覚めることができる。
コーヒーには自律神経を整える働きもあるとされる」
とあります。
・・・コーヒーっていいですね。でも飲み過ぎにはご注意を。

・飲酒は就寝3時間前までに
記事には
「通勤時間がないのが在宅勤務の大きなメリットだが、
酒量が増えやすいのが落とし穴だ。
晩酌をするならキュウリやトマトなど水分の多いものをおつまみにしたり、
お酒の前に水を飲んだりすると二日酔いになりにくい。
質のよい睡眠をとるためアルコール類は就寝3時間前までに切り上げたい」
・・・夕食時の晩酌以後は飲まないってことですね。お酒もほどほどに。


■ おわりに

すでに「夏バテ」を感じている人もいるかも。
私も最近そんな感じです。

暑い夏の出勤も大変で疲れますが、メリハリもあります。
一方、自宅にこもっていると生活も乱れ、息が詰まる感じも。
さらに出勤と在宅の混合の会社勤務は、ストレスも溜まります。

そこで、イロイロ工夫して、リフレッシュすることが必要。
自分に合ったリフレッシュ方法で、この夏とコロナと乗り越えたいですね。


posted by suzumura at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の新聞

2021年07月15日

大谷翔平選手に学ぶこと



大谷翔平選手から学ぼう!!


202106171青空と雲.JPG


メジャーリーグでの活躍。
昨日のMLBオールスター戦に二刀流で出場。

このところ野球には縁のない私も、
ワクワクドキドキ、楽しませてもらいました。

ほんと大谷翔平選手って、すばらしい!

いや、「すばらしい」だけに治まらず、
彼から「学ぶこと」もいっぱいあります。

netにも彼に学ぶことがいっぱい出ていました。
あなたが学ぶことは?

ご参考までに私が思いつくことをピックアップしてみました。

・目標設定・・・明確な目標を立てる
・具体的方策・・・目標達成のための方法を具体的なものにする
・・・これらは、あの有名な「大谷翔平の目標達成シート」からも学べますね。
  Netにもたくさんアップされています。
   さらに、彼の具体策からも学べます。
   一度、ご覧あれ。
・行動力・・・目標達成のための具体策を実行しつづける
・努力・・・見えないところで努力をしているようです
・挑戦・・・新しいことに挑戦しつづける
・あきらめない・・・ケガや手術のため時間がかかってもあきらめない
・他者への感謝、思いやり
・自分の好きなことに没頭する

さて、私が一番学んだことは・・・
「楽しむ」
です。

試合中でも、楽しんでいることがうかがえます。
すばらしいことですね。
さらに「オールスター戦」での感想を問われたときも
「楽しめた」との答えがありました。

苦しいと思える場面での楽しんでいるからこそ、
他者への配慮もできるのでしょう。

大変でも、楽しんでいるからこそ乗り越えられる。
余裕や平穏も生まれて、よい結果に結びつく・・・
っていうことでしょうか。

「楽しむこと」は、今の私たちにとって
とても大切なことではないでしょうか。

苦難のときも、その時間を楽しむ。
楽しむ方法を考える。
改めて「楽しむ」ことの大切さを学びました。

さあ、あなたは大谷選手から何を学びましたか?
ところで、再度「目標設定シート=マンダラチャート」やってみませんか?



posted by suzumura at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月13日

発見「先崎彰容教授」はおもしろい!


わかりやすい論客発見「先崎彰容教授」


20210704ヨシ・アシ.JPG


BSフジ「プライムニュース」は、
ほとんど毎日、新聞の番組表をチェックし、
「興味あるテーマ」や「面白そうなゲスト」の場合、観ています。
録画もありますが。

キャスター「反町理」さんのとりまわし、突っ込みも非常におもしろいです。

そんな昨日(7月12日)、
テーマは「危機下における政治」。

ゲストは、あの今TVに出まくって過激発言をして、
聴衆を惹いている(賛否両論)「橋下徹」氏です。

もうひとりは「先崎彰容 日本大学危機管理学部教授」。
恥ずかしながらまったく存じ上げませんでした。

昨日は、危急のテーマ「コロナ禍における政治」に関することイロイロ。
オリンピック、ワクチンなどなどの問題山積という危機下のなかで、
政治、あるいは政治家はどうあるべきか、という議論でした。

橋下氏のいつもながらの過激発言はさておき。
まあ、単純に面白いと思ってしまう私がいます。
だから、TVに出まくっているのでしょうね・・・。

一方、先崎先生の学者から観た解説は、
すごくわかりやすく興味深いものでした。
橋下氏の過激発言に配慮しながらも、自論を展開していました。
自分の専門領域からの問題提起や、解説などなど。
久々に、納得できる論客に出会いました。

ちなみに、橋下氏の発言に反町さんがイロイロ突っ込んでいるのも
おもしろかったのですよ。

例の「なるほどグッド(上向き矢印)」という相づちが気になっていますが。

本人の著書では「なるほどのリズムで話を引きずり出す」とあります。
議論を進めたり、ゲストの本音を出したり、
ゲストたちの意見を調整、整理したりと、キャスターとしての腕、
ありますよね。

ところで、先崎先生は「Wikipedia」によると「せんざき あきなか」と読み、
「1975年7月15日」生まれで45歳、
著書も多く発表していらっしゃいます。TV出演も多いようですよ。

報道番組、バラエティー番組などで
コメンテーターの単なる自論で終わる論議ではなく、
知識や理解が深く、本質をついて、かつわかりやすく
自論を展開する人たちの討議を聴くのはほんと、勉強になりますよね。

特に、相手の発言を否定することなく、やんわりと受け止めて、
異なる視点の見解を示すという展開も見やすいですね。

今回のコロナ禍でも、いろんな人が色んな発言をし、
状況の変化によって変遷していき、
ちょっと振り回されてしまっていると思っている人も多いのではないのでしょうか?

私もその一人。

知識抱負な「先崎先生」のお話、もっと聞きたいな
と思っている今日この頃です。

おっと書籍の方は?
私にはちょいと難しいかも・・・。




posted by suzumura at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

コロナワクチン接種で



コロナワクチン接種の副反応かしら?

20210501夕方.JPG


私事ですが。

実は「コロナワクチン」2回接種を済ませました。
まあ、よかったのですが。
私の仕事も、「ワクチンパスポート」が必要になるかもしれない、
と感じています。


噂通り、1回目は、その後2日間ほど、接種部の方の痛みを感じました。
発熱はしませんでした。

「2回目は、もっと副反応がひどい」とのうわさで持ち切り。
接する人との雑談、会話は、ワクチン系ばかり。

そんなこんなで、緊張感の中での2回目接種。
なんとなく、ドキドキ・・・。

翌日は、どうしても外せない外出仕事があったので、
念のためにと「解熱剤」をいただきました。

翌朝、やはり肩の接種部に痛みと腫れ、熱を感じました。
発熱はありません。
いつもから、低体温系の私です。

緊張感をもって、無事に終えますようにと祈り、仕事場に出かけました。
無事に仕事を終え、早々に帰宅。
ホッとしたのでした。

翌日、その緊張感から解放されたからか、どっと疲れた。
いわゆる「疲労感」です。
もちろん「肩の痛み、腫れ、熱っぽさ」は継続。
発熱はありません。

その後も、なんだか疲れ気味、不調気味で、やる気も出ない。
イマイチ、スカッとしない。
もちろん集中力もない。
なんにもしたくない。
ずーーっとそんな日が続いたのです。

やっとこさ今日は、ちょっと回復傾向にありますが。
どうでしょうか?

つまり、2回目は接種から2週間程度、「副反応」が出る、ってこと?

いやあ、もしかして、ワクチンのせいではないかもしれませんが・・・

それにしても、ここにきて、
あれだけ推奨されていたワクチン接種も、
一転「不足」となり、延期、中止とか。

お酒の販売に関しても。

関係各所の混乱ぶり、想像できます。
振り回されてますよね。

さらに、2回接種をしたからといって決して安全ではないという。

通常の会社勤めの方、コロナワクチン接種の翌日、翌々日には
あらかじめご注意を。

そして、コロナ禍が収束したら、どうする?

posted by suzumura at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年07月11日

セルフコーチング「この一週間をふりかえって」


日曜日です。
セルフコーチングの日、
ということで、

20210620.JPG

恒例「この一週間をふりかえって」

1. うまくいったことは?
2. うまくいった理由は?
3. うまくいかなかったことは?
4. うまくいかなかった原因は?
5. うまくいくようするにはどうする?


土石流、コロナ、などなどイロイロ考えさせられた一週間でした。
私的には、なーーんもできない一週間。
そんな日もあると、


posted by suzumura at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2021年07月06日

ああ、人生100年時代


人生100年時代 お金にまつわる誤算あり


20200716エノコログサ.JPG


土曜日発行の「日経プラス1」には興味深い記事満載。
「何でもランキング」も楽しみにしています。


7月5日は「人生100年時代、お金の誤算」です。

確かに、最近になって人生100年時代と言われるようになり、
長生きすることが当たり前になってきました。

ほんの5〜6年前には、思いもしなかったこと。
80歳まで生きられるのかなあなんてぼんやり思っていましたが、
いやいやそれから20年も長生きすることになるとは。

確かに「誤算」ですね。

記事には「専門家が選ぶ10の注意点」がランキングされています。
専門家とは、お金のスペシャリスト
「ファイナンシャルプランナー」の先生方です。

ちょいと長くなりましすが、
対策も載っていますので、参考になると思いますよ。


■ お金にまつわる誤算ランキング

1位 介護費用の負担が重い
⇒お金の準備でパニック防ぐ

記事には
「介護はある日、突然やってくる。
ある種の『危機管理』と考え、お金の準備をしないとパニックになる」
「介護が始まると、資産が減るスピードが速くなる」とあります。
・・・確かにそうかもしれません。預金などを残しておく必要がありそうです。

2位 老後も支出が減らない
⇒生活水準下げる選択も

記事には
「老後に『交際費』が大幅増になる世帯は多い」
「退職金で気が大きくなり、浪費に気づかない人もいる」
・・・これもアルアルです。
私も会社を辞めた時、退職金が入ってなんだか気が大きくなりました。
さらに「これまでがんばってきたご褒美」などと自分に言い聞かせ、
結構散財していました。
ご注意を。

3位 住居費がかさむ
⇒家の「老い」にも対策

記事には
「戸建ては自ら屋根や外壁の定期修繕の費用を工面しないといけない。
マンションも古くなると、修繕積立金の値上げが現実味を帯びる」
「古くなると給湯器やトイレなども壊れ、交換・修理費が家計を圧迫する」
・・・これもアルアルです。
ほんとアチコチガタがきて、修繕しなきゃならないし、
家電製品も買い替えの時期です。ああ・・・

4位 住宅ローン問題
⇒「退職金で返済」は慎重に

記事には
「晩婚化などで住宅購入が後ろ倒しになり、
定年直前でも多額の住宅ローンが残る世帯がある」
「退職金で完済を目指す例が多いが、
実行すると貯蓄がほぼ残らない人も。これでは老後の家計が行き詰まる」
・・・住宅ローンの問題は以前からも指摘されていました。

対策としては
「まだ比較的若い世帯なら、早い段階で計画的に繰り上げ返済する」か、
「定年後もできるだけ働いて返済を続ける」そうな

5位 預貯金が足りない
⇒長生きを念頭に計画

記事には
「しっかり老後の計画を立てたつもりでも寿命が延び
資金が不足する例は多い」

そして
「男性はなぜか『75歳で亡くなる』と思い込む人が非常に多い」そうで
「長寿が誤算のタネとならないように計画を練ること」
・・・やはり貯金ですかねえ。

6位 年金が想定より少ない
⇒高年収者ほど注意

記事には
「現役時代に高収入だった人ほど年金額が思ったより少ないという人は多い」
そうです。

対策としては、
「ねんきん定期便などで正確な年金額をつかむことだ。
早めに把握できれば、長く働きつつ(月単位で受給額が増える)
繰り下げ受給を選ぶなど対策はいくらでもある」
とのこと。

7位 高齢者狙う金融商品で失敗
⇒運用丸投げは禁物

記事には
「退職金が入って資産運用が必要かと焦り出すと、
そこを狙い澄まして金融機関のセールスが入る」。

対策としては
「自分で仕組みがわからない商品に手を出さない。
金融機関に丸投げせず、運用は自分で考える姿勢が必要だ」
とのことです。

8位 認知症問題
⇒「自分事」として備える

記事には
「認知症で意思を示す能力がなくなると、
預貯金の引き出しも自宅売却もできなくなることがまだわかっていない人は
多い」
「自分に限って大丈夫と思い込むことが問題を深刻化させる」
とあります。

そこで「できるだけ具体的な準備をしておきたい」とし、
「私は認知症になったら入居する介護施設を決めてあり、
その具体名と費用の工面法まで娘に伝えている」という専門家もいた」
とのことです。

・・・確かに、私も「私はまだ大丈夫」なんて思っちゃっていました。
が、ある日突然、あるいはジョジョにやってくるかも。
この準備も大切ですね。

9位 リタイアできない
⇒働き方、再検討を

記事には
「定年退職後は悠々自適の生活を送りたいと思っていても、
現実には、年金や退職金を全く調べていなかったため、
いざ定年となってもお金が足りず、やむなく働き続ける人が少なくない」
とあります。
そこで
「何歳までどう働くか、真剣な検討が欠かせない」ようです。

10位 保険がムダに
⇒家族と情報を共有
 
記事には、
「生命保険や医療保険にしっかりと加入しているだけで安心と思い込むと、
落とし穴がある。
まず、加入した本人でも(特約などの)保障内容が理解できておらず、
請求し忘れて保険金を手にできないケースがある」

そこで
「帰省などで親子が顔を合わせた時には保険も含めて、
お金のことをしっかり話し合う場を設けたい」とあります。


■ おわりに

身体の健康や心の安定や幸福感など、100年生きつづけるには必要です。

が、そもそも「お金」があってこそなのですね。

改めて、お金にまつわる誤算に気づかされました。
やはり、節約と準備ということでしょうか。

あなたはいかが?


posted by suzumura at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | シニア

2021年07月05日

パワーカード「平穏」


久しぶりに、筆を持ちました。

今、自分が求めていることの一つがこれです。

20210704平穏.JPG

「平穏(へいおん)」とは、
変わったこともなく、おだやかなこと。
しずかでおだやかなこと。
おだやかで無事なこと。

年を経て、この年になって、
穏やかな日々って、すごくうれしいし、ありがたい。

今年、私に影響を与えた書籍の一つ
「心を磨く11のレッスン」河合克仁他著 サンガ
には次のようにあります。

美しい心の状態とは、
「幸福感」「喜び」「感謝の心」が生まれる平穏な心の状態のこと。


激動の時代であり、コロナ禍であり、
平穏な心でいることは難しいときもあるでしょう。

それでも、平穏であるといいなと思います。
どんな困難がこようと、平穏である自分。
そんな強い自分になりたいなと、思います。

あなたは、いかが?



posted by suzumura at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | powercard

2021年07月04日

セルフコーチング「アップデートすべきことは?」


日曜日です。
雨だったり、晴天だったり、豪雨だったり、
変化の激しい7月の始まりです。

20210604夕焼け➁.JPG


そんな日曜日の今日、セルフコーチングの日です。

今日のテーマは、
「アップデートすべきことは?」



先日、あるセミナーを受講しました。
講師は高名な先生。

が、テキストが。

旧態依然としたもの、と映ってしまいました。

お話、つまりエピソードもテキストもなんだか古臭いみたいな。

もちろん「原理原則は変わらない」という鉄則もありますが。

古いと思ってしまう私がいます。

そこで思うのです。私たちは常にアップデートすべきだ、と。

アップデートとは「より新しいものに書き換えること」。

今日のセルフコーチングは、
「今の自分でより新しいものに書き替えるべきことはなに?」
です。

知識であれ、スキルであれ、
日々、アップデートすることが必要な今ですね。



posted by suzumura at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2021年07月02日

今週の教訓「すべての言動には理由がある」


今週の教訓
「不可解な言動には正当な理由、原因、背景がある」


20210608.JPG


「今週の教訓」は、基本的に毎週土曜日にアップしています。

が今日はどうしても伝えたいと思いました。
私の体験です。


仕事上で、要求し続ける人、いわゆる「ゴネる人」と出会いました。
ある案件で、
要求される側には明らかな落ち度があり、
要求する側の主張に、ある程度納得はできました。

しかし話合いが続く中、要求する側は歩み寄ることはなく、
自己の主張を頑なに続けました。

その主張には正当性はあるものの、
私的には
「あなたの気持ちはよくわかるけど、少しは譲歩したら?」とか
「そこまで要求しつづけるのはどうかな?」と思い、
主張しすぎることのデメリットを伝えました。

そんなこんなで、結果的には折り合いがついたのでした。

すると最後に、
要求する側から「長々と話を聴いてもらいありがとうございました」
とありました。

それを聞いて私は、
「ああ、そうか。
要求する側はわかっていてゴネていたんだ」と悟ったのでした。

つまり、ゴネるというネガティブな行動でも、
実は本人にとって正当な理由があったということです。

ことほどさように、一見不可解と思える言動。
多くは、そんなネガティブ、理不尽な言動をする相手に対し、
否定したり、無視したり、あるいは叱責したり、責めたりといった
否定的な対応をとってしまうこと、
多いのではないでしょうか。

ビジネスシーンでも、プライベートでも。

でも、そんな言動にも、実は当人にとって正当な理由や原因、
あるいは背景がある。

だから、不可解な面、あるいは表面のみ捉えて判断するのではなく、
その奥にあるものを類推する、あるいは確認する必要があるのです。

コーチをしている私は、
そうした言動の背景にあるものに焦点を当てる、
あるいは掘り起こす、そして理解する、共感するといった姿勢が必要です。

そのことに気づかないで、
ゴネて要求する側に否定的な気持ちを持ったことを反省しました。

職場において、あるいは家庭、家族でも、
相手の言動に対し、その理由、背景を推し量ること、確認すること
必要ですね。

事件でも、事故でも、
そして国政でも・・・



posted by suzumura at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓