2020年04月15日

コロナ期を乗り切る「通信教育」という手もある


今日は4月15日。4月も半分すぎてしまいました。
あっという間です。

20200408朝中山神社.JPG


緊急事態宣言、営業自粛、自宅待機、外出自粛、院内感染、
そしていよいよ医療崩壊・・・どうなるのでしょう?
状況は日々悪化しています。

そんな中、ビジネスパーソンの多くの方は、
たぶん5月の連休明けまで自宅待機、自宅勤務が続くと思います。

そんな日々の有効な過ごし方として「通信教育」を受ける、
という手があります。


■ 通信教育とは

基本的に、自宅において、個人でテキストで学習するというもの。

勤務先から「自己啓発」の一環として、
通信教育講座を提供される方も多いでしょう。

通信教育の期間は、2カ月、3カ月〜6カ月ほどです。

自分が希望する講座に申込み、送られてきたテキストやDVDなどで学び、
ほぼ毎月、添削問題を提出します。
その結果は2週間ほどで到着します。
ネットでの対応をしている講座もあります。

全ての添削問題を終了し一定の得点が得られると、
資格取得にチャレンジもできます。

最近は、資格取得へのニーズが増え(流行り?)、
自宅に居ながらにして資格を得られるので、いいかもしれません。

勤務先から提供された通信教育もいいですが
(受講料を会社が負担してくれるケースが多いと思います)
ちょっと面白みに欠けるとも思います。

なので、一般的な通信教育業者もお薦め。
競い合ってタイムリーな講座を提供してくれているので、
興味のある資格に挑戦してもいいでしょう。

野菜ソムリエとか、カラーセラピーなど、業務に関係のない講座も
豊富です。

Netには、通信教育のランキングも出ていますので、参考になるでしょう。


■ 私のお薦め講座

すべて心理系です。
研修講師やコーチという仕事にも、
プライベートでもすごく役立っています。

・ポジティブ心理実践インストラクター講座
・マインドフルネススペシャリスト講座
・アンガーコントロールスペシャリスト講座

実は、いずれも「キャリカレ」さんの講座です。
実は、2回目から価格が割引になったり、
2つ同時に申し込むと割引になったりしてお得です。

業者さんも大変ですね。
ありがたいですが。

ちなみに、上記4つの資格は取得しました。
が、実際に開業するとなると、もっともっと勉強が必要だというのが
実感です。


■ おわりに

月収の2割は自己啓発に使うべき、という考え方があります。

私は、確定申告で還付されたお金を自己啓発に使っています。
ビジネス書、ビジネス雑誌購入にも充てています。

先行きが見通せない昨今ですが、ピンチはチャンス。

コロナ後の自分のために、今投資してみてはいかがでしょう。


posted by suzumura at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | コロナ期を乗り切る