2020年03月31日

志村けんさん お悔やみ申し上げます


日本の代表的コメディアン「志村けんさん」ご逝去。
心からお悔やみ申し上げます。

2020213冬夕方@.JPG

老若男女問わずファンも多く、知らない人はいない大御所。

その志村さんの訃報を昨日のお昼に知って、ショックでした。
日本国民全員がショックでしょう。

その感染からの経過もおどろきです。

Netによると
3月17日 倦怠感があったため自宅療養。この日が発症日とされています。
(ほぼ2週間という短期間)
3月19日 発熱・呼吸困難
3月20日 自宅から都内病院に入院。重度の肺炎症状
3月23日 新型コロナ陽性判明 
     この日発表された、職業が伏せられた都内在住の70代男性が
     志村さんだったようです
3月24日 保健所の調査により、発症日と濃厚接触者特定
     人口心肺装置のある別の病院に転院
3月25日 所属事務所が感染を公表
3月29日 ご逝去

発症前日の16日に冠番組「志村でナイト」の収録で
東京・台場のフジテレビを訪れていたようです。
自宅で足をくじき、痛みが引かなかったようで
収録は急きょ中止にとなったとのことですが、
少なくとも現場に行けるほどお元気だった。

それがあっという間に重症、重篤になって。
怖いです。コロナ。

そんな昨日は、つい知人2人とそれぞれ電話で
コロナなど近況を話しました。

商売はあがったり。
慣れないPC会議、PCセミナーに四苦八苦の人も。
夜、飲み会も行けずストレスも溜まる。
自宅待機もストレスが溜まる。

結局、
「どうなるのだろうね」と「がんばるしかないね」で電話を切りました。

経済も停滞、状況は悪くなるばかり。
ガマンのしどころ、踏ん張りどころ、
なんとか、乗り越えるしかありません。

それにしても、人間ってあっけない。
いつ最期が訪れるかもしれない生き物。

毎日を、悔いの残らない日々にすることも大事、
と、改めて感じたのでした。



posted by suzumura at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月30日

幸せを構成する5つの要素


こんな時だからこそ、幸福を考えてみる

20200323参道.JPG


世の中、ますます大変な状況に陥っています。
欧米も大変です。
特に、米国、イタリア、スペイン。
そして東京も。

どうなるか?いつまで続くのか・・・?

そんな今だからこそ、幸福を実感してみませんか?

ということで、
ポジティブ心理学の第一人者「マーティン・セリグマン」の提唱した
幸福を構成する5つの要素を紹介します。


■ 幸せを構成する5つの要素

セリグマン先生は5つの要素として
「PERMA(パーマ)」としして提唱しました。
最近、ここにバイアリティを加えた方がいいという議論があるようです。

P=Positive Emotion (ポジティブ感情)
E=Engagement (熱中)
R=Relationship (人間関係)
M=Meaning (意義)
A=Achievement (達成感)
+X=Vitality (身体的活力・健康・生命力)

詳しく見ていきます。

・ポジティブ感情
文字通り、前向きで明るい感情をもつこと。
出来事に対してポジティブ感情を持つことは幸せにつながります。

・熱中
時がたつことを忘れるほど、何かに没頭すること。
熱中することがあると幸せですね。
ちなみに、没頭する状態をフローといいます。

・人間関係(他者との関わり合い)
人は誰かとの結びつきを感じられるとき、幸福感が増大します。
職場に尊敬できる上司や先輩、頼もしい同僚がいてくれれば、勇気づけられます。
親しい友達とおしゃべりをしたり、
恋人と過ごしたりするときは楽しい気分を味わえます。
また、つらい経験をしたときや悩んでいるときは
心の支えとなってくれることでしょう。
大切な家族との結びつきが感じられた時は、安心感に包まれます。

・意義(意義を見い出すこと)
人は嫌なことや何の意味も感じられないことをやり続けていると
ストレスがたまり、
体調を崩してしまうこともあります。
しかしどれほど大変でも、苦しいことでも、
それを上回る意味や意義があれば、幸せを感じることができます。

・達成感
仕事でも趣味でも、目標をもって取り組み、
それをやりとげたとき、大きな達成感が得られます。
やり遂げたことが自信になり、新たなことに挑戦する勇気が湧いてきます。
そして次なる目標に向かって、また挑戦し続けます。
このサイクルを繰り返すことで、
私たちは少しずつ成長することができ、そして幸せを感じることができます。

・身体的活力
健康な状態であり、活力ある生活を送れること。
幸せを感じる基本ですね。


■ おわりに

6つの幸福の要素、どれぐらい満たされていますか?

大変なご時世ですが、そんな中でも幸福を感じられるよう、
6つの要素に意識を向けて見てもいいのではないでしょうか。




posted by suzumura at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年03月29日

セルフコーチング「大切なことは?」


日曜日です。
セルフコーチングの日。

20200326桜.JPG

が、コロナ感染が続いています。
治まるどころか、拡大しています。

会社、職場への影響もより大きくなってきていますね。

そんな今、考えてみたいことのひとつ。

「自分にとって大切なことはなんでしょう?」

家族、両親、そしてリーダーシップ。

今日も穏やかな一日になりますように!



posted by suzumura at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2020年03月28日

今週の教訓「先手必勝」


今週もイロイロありました。

202025落ち着いた夕方.JPG

たとえば、
合唱団。
中高年者の楽しい場が・・・。

他にも、いかに多くの中高年がスポーツジムを利用しているのかと。


そして、若者は街に繰り出す。

だって・・・その気持ち、わかる。

毎日、報道番組ではコロナの専門家、コメンテーター、
タレントさんがコロナについて発言しています。

これまでは、岡田晴恵先生が注目されていましたが、
最近は、愛知医科大学の三鴨廣繁教授が活躍。
バイキングで、ですが。

先日、その彼が言い放ったのが「先手必勝」

おお!確かに!!

特に、非常事には先手必勝が必要です。

ではいま、あなたにとっての「先手」とは?

ちょいと考えてみませんか?



posted by suzumura at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2020年03月27日

隠れパワハラ、しているかも?


大声ではないが威圧的?

20200325桜A.JPG

今日(3月27日)の日経新聞の夕刊。
気をつけたい記事が掲載されていました。

題して「隠れパワハラ」
「パワハラ」といえば、大声で怒鳴りちらす、暴力をふるうなどが代表格です。

ところが最近は「隠れパワハラ」が問題になっているというのです。


■ 隠れパワハラとは?

記事には、日本産業カウンセラー協会、伊藤とく美さんの
指摘があります。
「被害者がパワハラを受けている自覚が乏しいのが隠れパワハラの特徴」

従来のパワハラとの違いは、暴力や暴言はなく声を荒らげることもない点。

「口調は丁寧だが長時間拘束したり、
具体的な指示がないまま仕事をやらせたりする。
個室や電話など周囲から見えない状況が多い」というのです。

つまり、
大声で怒鳴られることはないけど、じんわりじんわりいじめられる、
無理難題を押し付けられる、ってことかしら。


■ 隠れパワハラの例

記事にはパワハラの例も掲載されています。
(日本産業カウンセラー協会への取材をもとに作成)

・ていねいな口調で長時間詰問する
・言葉尻をとらえて細かに注意する
・発言をひとつひとつ否定する
・会議で発言するたびにせきなどをして邪魔をする
・自分の仕事のやり方を押し付ける

なんだか、身に覚えがある・・・なんて。


■ 隠れパワハラの防止法

関西大学教授の池内裕美さん
「積極的に報告して信頼関係を築くのが第一歩」。

「高すぎる目標、長時間労働が目立つ職場は
ハラスメントが発生しやすい」とも指摘し、
「働き方改革で職場に余裕を持たせることもパワハラ対策になる」
と訴える。


■ おわりに

ストレスフルな職場環境、仕事環境がある今。
だから、イライラして部下に当たってしまうこともあるかも。

注意したいですね。



posted by suzumura at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 働きやすい職場づくり

2020年03月26日

脳疲労をチェック


あなたの「脳」疲れていませんか?

20200323中山神社桜.JPG


「疲れた〜」が口癖・・・?

そんな人、よくいますよね。
ちょいと前までの私もそうでした。
あなたはいかがでしょう?

最近、身体的疲労のみならず、脳の疲労が注目されています。

身体的には疲れていないし、そんなに力仕事をしたわけではない、
けれど、ぐったりと疲労を感じてしまう。
もう、ヘトヘト・・・。

そんなあなたの疲れは、実は「脳疲労」かもしれません。
脳が疲れていても疲労感を感じるものです。

また、脳の疲れは、心の病の原因になるともいわれています。

ということで、自分の「脳疲労」状態をチェックしてみましょう。


■ 脳疲労度チェック
(出典:キャリカレ通信教育「マインドフルネス実践講座」)

次の項目で、自分に当てはまるものにチェックをつけます。
当てはまるものがなければチェックをしなくても大丈夫。
すべて終えたら、チェックのついた点数を合計します。

<食欲>
・好物がおいしくない(2点)
・わざわざ外食しようと思わない(1点)
<睡眠>
・夜中に何度も目が覚めて、寝た気がしない(2点)
・疲れているのに、目覚まし時計よりも早く起きる(1点)
<遊び>
・週末に遊びに行く元気がない(1点)
・何を見ても、まったく興味を感じない(2点)
<仕事>
・ケアレスミスが増えた(1点)
・上司の指示や連絡事項を忘れる(2点)
<気分・感情>
・最近、めっきり笑わなくなった(1点)
・悪いことは自分のせいだと感じてしまう(2点)

いかがでしたか?
当てはまること、いくつありましたか?
チェックのついた点数を合計してみましょう。


■ 診断結果

合計点数が3点以上だと、脳の疲れがたまっているかもしれません。

5点以上は要注意。うつ病予備軍です。
これ以上、疲れをためないように
マインドフルネスに過ごすことを心掛けましょう。


■ マインドフルネスとは

最近注目されている「マインドフルネス」。

諸説ありますが、私が学んだ「通信教育(前出)」では
「ただ目の前のことに集中する状態」とあります。

たとえば、
朝、コーヒーを飲むとき、コーヒーの豊かな香りを味わってみる。
お風呂につかっているとき、
温かなお湯が体に沁み込んでくることを感じる。

このように
「ただ目の前のことに集中する状態」でいられるようになると、
脳の疲れが減って、集中力や創造力、幸福感などが高まることが、
最近の科学的な研究で明らかになってきた。
と、通信教育にはあります。

マインドフルネスな状態でいるためのトレーニングとして
主に「瞑想」が用いられます。


■ おわりに

脳疲労を予防する方法や、脳疲労を解消する方法など、
ネットに色々出ています。

マインドフルネス、たとえば瞑想や深呼吸は役立ちます。

コロナ疲労なる言葉も出てきた昨今、
ストレスフルな日々を送っておられる方も多いことでしょう。

もし、自分が脳疲労だと気がついたら、
すぐに解消する方策をとりましょうね。

ちなみに私は、
2点でした。
現在、ノー天気な生活を満喫している私です。
ありがたいことに・・・


posted by suzumura at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2020年03月25日

伊藤隆敏教授「危機はしばしば革新のきっかけとなる」


人間の知恵は永遠

2020213冬夕方B.JPG

なにやら、さらに雲行きが怪しくなってきました。

米国で、欧州で、そしてインドで封鎖などなど。

こりゃあ、経済、もたんわ。
って、正直思います。

事実、私も、2月とこの3月、支出、減りましたから。

そんな昨日(3月24日)の日経。
ほとんどの面が、コロナ関係の情報です。

「経済教室」ではコロンビア大学の伊藤隆敏教授のコラム。

いろいろな指摘がありますが、これが救いでした。

「危機はしばしば革新のきっかけとなる」

あらゆる場面でのテクノロジーの進化を指摘しています。

世界でもそうですが、日本中で多くの人がこの危機を乗り越えようと
知恵を絞っています。

テクノロジーに関わらず、
あらゆる場面、業界で、
新しいビジネスが生み出されていくでしょう。

それが救いです。





posted by suzumura at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月23日

「報連相」再確認


報連相の基本

20200310夕青空.JPG

3月も後半です。
いよいよ新年度の到来。

新入社員や人事異動で若手が配属される部署もあるでしょう。

新しく入ってくる新人、若手を指導する際、
正しい報連相の仕方を教えるのも手です。

今日は、「報連相」を再確認してみましょう。


■ 報連相(ほうれんそう)とは

報告、連絡、相談を略した言葉。

基本的に、部下が上司に対して行うコミュニケーションスキルの一つです。

ビジネス理論、ビジネススキルのほとんどが米国発祥の中で、
PM理論(三隅二不二によって提唱されたリーダーシップ論)、
知識経営(野中郁次郎)などと並んで、日本発のビジネススキルです。

1982年、
山種証券の山崎富治社長が「ほうれんそうが会社を強くする」という
書籍を発表。ベストセラーになりました。
40年ほど前のことですね。

その後、報連相に関連する様々な説、解釈も生まれており、
最近は、上司が率先して報連相すべきという考え方も出されています。

また、順番が違うとか、報連相の弊害も色々と指摘されています。
報連相を禁止した企業(未来企業さん)もあります。

ともあれ、部下にとって上司や周囲とのよい関係を作るための
コミュニケーションスキルであることは確か。
基本を知っておいて損はないと思います。

基本を踏まえ、自社、自部署用にアレンジするいいですね。

では、「報連相」のそれぞれの基本を押さえておきましょう。


■ 報告とは

上司の指示・命令に対して、
指示を受けた部下が経過(中間報告)や結果、完了したことを
知らせること。

<報告の実践ポイント>
・上司の都合を確認する。
・指示した上司に直接報告する。
・重要な案件、ミスやトラブルはすぐに報告する。
・結論を先に伝え「事実」や「意見・憶測」とは、分けて報告する。
・簡潔に報告する、(事前に報告内容をまとめておく)
・口頭、文書、メールなど、どの手段で報告するのかを選ぶ。


■ 連絡とは

仕事を進めるために必要な情報を、すべての関係者に知らせること。

<連絡の実践ポイント>
・必要な人全員に、必要な情報をもれなく伝える。
・基本的に、自分の意見や憶測は入れない。
・曖昧な言葉は使わない。
「みたいです」「のようです」とは言わないこと。
・迅速に連絡する。
・必要に応じて連絡メモ、メールなども活用する。


■ 相談とは
(仕事上での相談)
自分では解決できない問題が発生したときや、判断に迷うとき、
自分の責任の範疇を超えた事柄が発生したときなどに、
上司にアドバイスを仰ぐこと。

<相談の実践ポイント>
・疑問が生じたら、必ず相談や質問をする。
・事前に相談するポイント、問題点、自分の考えを明確にしておく。
・アイデアを伝えたり、プランを変更しなければならないときも、準備を整えてから臨む。
・最初に相談するのは、直属の上司(先輩)が基本。
・相談する相手の都合を確認する。
・相談の時間を割いてもらった後は、お礼を述べる。
・相談後、該当問題の結果を必ず報告する。


■ まとめ

若手社員は、上司や先輩に「報連相」をためらう場合があります。
特に、上司や先輩が話しにくいタイプとか、
いつも忙しそうであると、
なかなか言い出せないでしょう。

上司や先輩としては、
報連相をしやすい雰囲気をつくることも必要ですね。

おっと、あなた自身は「報連相」できていますか?



posted by suzumura at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 働きやすい職場づくり

2020年03月22日

セルフコーチング「この一週間をふりかえって」


日曜日です。

20200307オオイヌノフグリ.JPG

日曜日はセルフコーチングの日。

今日は定番です。

この一週間をふりかえって
・うまくいったことは?

・うまくいった理由はなんでしょう?

・うまくいかなかったことは?

・うまくいかなかった原因はなんだと思いますか?

・明日からの一週間、達成すべきことはなんでしょう?

年度末です。
コロナの影響もあって大変でしょうが、
なんとか乗り切りましょう!



posted by suzumura at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2020年03月21日

今週の教訓「もっと最悪の事態を想定する」


毎週土曜日は、今週の「教訓」を考える日です。

2020222樹.JPG

今週も、引きづ付いて「新型コロナウィルス」のニュース
ばかりです。

いろいろ考えさせられますね。

一週間前には想像もつかなかった事態に。

これまではパンデミック
(感染症・伝染病の世界的な大流行を表す語句)に注意していたら、
この数日はオーバーシュート(爆発的患者急増)という言葉が
出てきました。

確かに、イタリアなどの欧州でも米国でも、
あっという間に患者さんが急増しています。

最近の私は、巣ごもり状態に飽きてきて外出しました。
久々の繁華街「栄」は、人は少ないのですが、
気分転換にはもってこい。
と、もういい加減、大丈夫なん?と思っていたのですが。

世界的に「オーバシュート」になるかもしれないという、
もっともっと最悪の状態を想定しておく必要があるかも。

たとえば米国ニューヨーク州知事が「自宅待機を義務化」したり、
今朝のTV「ウェーク」では、
「大阪兵庫の往来自粛」の理由を吉村洋文大阪知事が語っていたり。
これは驚き!で、
日本でも「オーバシュート」と「医療崩壊」の危機が迫っているとか。

とならば、さらに巣ごもり状態を継続するのか・・・。

収入減を前提とし、生活環境や生活状況を狭めていって、
それなりの幸福感、充実感を創出するしかないか、
と思う今日この頃です。


posted by suzumura at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2020年03月18日

セレンディピティ 探し物を見つける力


こんな世の中だからこそ、
偶然の発見やひらめきを引き寄せよう!


202003052時青空.JPG

思いもしなかった「新型コロナウィルス」の蔓延。
世界中への拡大。
終息どころか、まだまだ続きそうです。

そんな不安定な今、
ふと「セレンディピティ」なる言葉がひらめきました。

この混乱期、
「セレンディピティ」を意識すると
画期的なビジネスチャンスが発見できるかもしれません。

ということで、ネットで調べてみました。


■ セレンディピティとは

セレンディピティについてはいろいろ解釈があるようです。

私が気に入っているのは、
「自分が探しているものを偶然に見つけ出す能力」

他の解釈としては、
「予想外のものを発見すること」、
「何かを探しているときに探しているものとは別の価値があるものを
偶然見つけること」
「なんでもないようなものによって予想外の発見・ひらめきを得ること」
と、その能力などなど。

「セレンディピティ」は、
1754年にイギリスの政治家であり小説家の
ホレス・ウォルポールがつくった造語であり、
彼が子供の頃に読んだ「セレンディップの三人の王子」
という童話の主人公が持っていた
「幸運を招き寄せる力」から着想を得ているとのことです。

ホレス・ウォルポール自身も、
「自分が探している物を見つけ出す探索能力を
『セレンディピティ』と私が名づけたことも不思議な力によるものだ」
と友人への手紙に書き記しているようです。

「セレンディピティ」は、サイエンス部門でよく使われるそようです。

思い出すのが私の会社勤務時代のこと。
研究開発部門の技術者が様々な研究、試行錯誤を重ねに重ねたあるとき
解決策やアイデアがひらめき、新製品開発に結び付いた、というお話。
何度も耳にしました。
まさに「セレンディピティ」が働いたのですね。

あるいは、
ある課題について集中して考え、練りに練っていると、
ふと打開策がひらめく。

そんな経験をされた方も多いでしょう。


■セレンディピティを起こすためには

では、その「セレンディピティ」をどう開発するか?

Netには、セレンディピティを発生させるための3つの要素
「Action(行動)、Awareness(気付き)、Acceptance(受容)」
が挙げられていました。

で、私流に解釈しなおすと・・・

・Action(行動)
偶然が起こる状況を創造するため、
とにかく行動し、数多くの試行錯誤を繰り返すこと。

ある課題に集中することも必要でしょう。

・Awareness(気付き)
Actionを前提として、偶然生じた価値に気づくこと、
見落とさないこと。
あるいは、身の回りで発生するあらゆる出来事、
耳や目に入ってくる情報を見逃さず気づきにつなげること、
ともいえます。
この力はセレンディピティが起こるかどうかの中核をなすとされています。

・Acceptance(受容)
気づいた価値を受け入れること。
発生した事柄はポジティブなものとは限りません。
「ネガティブ」と思える事柄も受け容れることが肝要でしょう。
それがひらめきつながり、成果にもなる、ということです。

Netには、他の方法も紹介されていました。
ご興味のある方は、検索してみてください。


■ 参考「シンクロニシティ」との違いは?

セレンディピティによく似た言葉に「シンクロニシティ」があります。

シンクロニシティとは、
心理学者のカール・ユングが提唱した概念で
「意味のある偶然の一致」という意味。

日本語では「共時性」と訳され、
因果関係のない複数の出来事が関連した意味を持ちながら
同時に起こる現象のことをいいます。

よく言われことが、
「ふと、ある人のことを思っていたらその人から電話がきた」など。

ユングは、精神世界と知覚による現象世界との間にあるものとして
シンクロニシティの概念を説明しました。

・・・私はこの「シンクロニシティ」という現象が気に入っていて、
信じてもいます。

セレンディピティは「偶然の幸運を手に入れる」という意味で
「能力・成果」の意味も含まれます。

これに対し、シンクロニシティは「意味のある偶然の一致」という
「現象」であり、何かをなすことで得られた成果ではないとされています。

両者の意味は異なるというのが一般論です。

つまり「セレンディピティ」は、
何かを得ようとして努力した結果、偶然に発生するひらめき。

「シンクロニシティ」は、特に何かをする訳でもないのに、
自分に意味のある出来事が発生する。

ということでしょうか。


■ おわりに

「セレンディピティは、
棚から牡丹餅(ぼたもち)のように単なる偶然で手に入る幸運ではない」
といわれています。

ノーベル化学賞の受賞者の言葉にも
「何もやらない人にはセレンディピティが起こらない。
一生懸命に真剣に新しいものを見つけようと行動している人には
顔を出す」
というものがあるそうです。

日々の知識や経験の積み重ねや行動することによって、
自分が探しているものを偶然に見つけ出せる力「セレンディピティ」。

この混迷期の今、
まさに自身の「セレンディピティ」を研ぎ澄まし、
探い物を見つけ出すチャンス、
新しい価値を生み出すチャンスかもしれません。


posted by suzumura at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2020年03月17日

「要約力」をつける


要約力をあげて仕事力もアップ!

20200312巣.JPG

先週、とある研修の場で受講者から、次のような声がありました。
「会議の司会進行をしているとき、
参加者の様々な発言をまとめることが苦手」

また別の企業でのベテラン女性社員のお話。
積極的に会議の司会を担当すると買って出たのはいいのですが、
まったくうまくできずに、大失敗でした、と。

リーダーのみならず、ある程度経験年数を重ねると、
会議やミーティングやで進行役、ファシリテーター役を担う機会も
多くなってくるでしょう。

色々な発言、意見をうまくまとめることができれば、
会議もスムーズに進み、参加者も納得し、
自分の評価も高まるというもの。

ということで、今日は「要約力」について考えてみましょう。


■ 要約力とは

要約力とは
「話の要点を瞬時に3〜5つのポイントにまとめるスキル」。

要約力を鍛えなければビジネスの世界では成功できない、
とも言われています。

確かに、会議のみならずビジネスシーンのあらゆる場面で
話をまとめる力が必要です。

要約力が身につけば、相手の話に合わせて瞬時に
「あなたの言いたいことは、こういうことですね」とまとめ、
自分のカードを切る(主張を伝える)こともできます。

会議の場面でも、参加者たちがああだこうだと発言した後に、
「今の議論の要点は3つです。なので・・・」と
さっとまとめられるようになれるでしょう。

相手の話を要約しつつ、自分の意見を述べる力も鍛えるといいですね。


■ 要約力を鍛える方法

色々な方法がありますが、私がお薦めするシンプルな方法をご紹介します。

ただし、要約力は人の話をただ聞くだけでは養うことはできないもの。
やはり日頃のトレーニングが必要なのです。
だから、最初は失敗しても当たり前。
失敗したとしても落ち込まず、日々、訓練に励みましょう。

1.話の内容を押さえるポイントは2つ
文章でも人の話でも、要約のポイントは次の2点です。
テーマ(主旨):何について述べているのか?
結    論 :結局、何を言いたいのか?


このテーマと結論を押さえれば、要約ができます。

ちなみに、人に話す場合でもこの2点を押さえて伝えれば、
わかりやすい話になります。

2.新聞、ネットニュース、ビジネス雑誌で
これらの文章では、
次の点に注目することで要約することができます。
「タイトルや小見出し」「導入部」「太字などで強調している箇所」
「締めくくり部分」
これらをざっと見て、主旨と結論をまとめる訓練をします。

3.書籍で
本を読みながら
「著者がこの項(章)で言いたいことは何か」
「著者がこの本で主張したいことは何か」と、
それぞれ要点を集約していきます。

頭の中で要点をまとめられない場合は、
用紙にポイントやキーワードを書き出していきます。
それらを線でつなぐことで関連性も見えてきます。


■ 「一言で言う」で鍛える

要約力を鍛える方法として「一言で言う」があります。
「一言で言う」ですが、ワンフレーズの場合でも、
主張と理由、主張を内容など、複数のフレーズでもOKです。
ただし、長々とならないように。

日常的に行える要約力を磨くトレーニング方法を紹介します。

1.ニュースを一言でまとめる
新聞やインターネットなどのニュースを一言で要約します。
ここでも「何について述べているのか」+「何を言いたいのか」
に注目します。

また、毎回違うジャンルのニュースを題材にして
要約の練習をすることで、
様々な場面で活きる要約力を磨くことができます。
政治、ビジネス、国際、社会など。
要約力アップのみならず知識も身につきます。

2. 映画や小説を一言でまとめる
映画を見たり、小説を読んだりした時、内容を一言で要約します。
趣味や娯楽の延長線上で実践できるので、
取り組みやすいトレーニングです。
話題作りにも役立ちます。

3.自分の仕事、業績、活動を一言でまとめる
自分が取り組んできたこと、最近、取り組んだことを、
今すぐ紹介できますか?

自分の業務や活動について、
いつでもどんな人にでも分かりやすく説明できるように、
自分を「要約」してみましょう。

自分にとって最も重要なことがらについて「要約力」を発揮することができます。

・・・転職の面接時にも役立ちます。


■ 会議での要約の仕方

会議でも進んで進行役を買って出ることがトレーニングになります。

方法としては
・他者の発言を自分の言葉で返す
・人の意見や考えを自分なりに解釈し、確認するように相手に返してみる


発言者が「何について発言し、何が言いたいのか」に注目し、
相手の話の内容を自分の言葉で返すします。

このとき、相手の発言内容について自分なりの解釈を加えます。
こうすることで「相手の話を要約する」練習になります。


■ おわりに

ビジネスパーソンにとって必要な「要約力」。
要約力もスキルのひとつなので、
トレーニングによって必ず身につけることができます。

議論が混沌としたとき、進行役であってもそうでなくても、
様々な意見、見解をまとめて伝えると、カッコイイですね!

会議の進行役のみならず、
日常のビジネスシーンでも「要約力」を意識することで、
今までより1つ上の視点から仕事を見渡すことができるようになります。

要約というアウトプットは、仕事力を伸ばしてくれるものでもあるのです。


posted by suzumura at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2020年03月15日

セルフコーチング「残り15日ですべきことは?」


3月15日の日曜日です。
20200307タンポポ.JPG


あっという間に3月。
そしてあっという間に半月過ぎました。

そんな日曜日。
セルフコーチングの日です。

なので、今日はこんな質問はいかが。

年度末の3月 残りの15日なにをすべきか?

新年度への準備は万端ですか?
やり残したこと、ありませんか?
コロナの影響のある今だからこそ、やるべきことはなんですか?

みんなで協力して、この難局を乗り越えましょう!!



posted by suzumura at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2020年03月14日

今週の教訓「対岸の火事」は「明日は我が身」


まったくぅ。明日は我が身である

2020218冬青空.JPG


武漢、中国に対し、「我が国は大丈夫だよ」と言っていた
(高を括っていた)日本。
それがあっという間に日本に到来。

そんな日本の対応、特にダイヤモンドプリンセス号対策を
非難していた米国。
その米国は、今朝の四時半に「国家非常事態宣言」。

ことほどさように、
他国で発生したネガティブ案件を「対岸の火事」だと
高を括っている(=大丈夫だろうと油断する、
大したことはないだろうと侮る)と、
明日は我が身、つまり自国にも波及してくる。

そんな時代です。

地球規模での繋がりが、これほど強まっているのか
と痛感させられます。

ビジネスシーンで考えてみると。

同業他社などで発生した事故や不祥事。
それは決して対岸の火事ではない。
自社でも発生しかねない。

同僚がしでかして失敗。
それは決して対岸の火事ではない。
自分もしでかすかもしれない。

「対岸の火事」と高を括るべからず。
明日は我が身だから。
失敗なら「他山の石」とすべきですね。
(他人の間違いや言動(=他の山のつまらない石)でも
自分のため(=自分の宝石を磨くため)になることもある)

考えさせられますね。

ああ、世界恐慌にならないことを祈ります。
が、それを想定して準備しておくことも知恵ですね。

posted by suzumura at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2020年03月13日

ほどほどなら緊張感もストレスも必要


適度なストレスは仕事の満足度を高める

20200307竹林.JPG

以下はドイツの著名な哲学者「ショーペンハウアー」の名言です。
「船荷のない船は不安定でまっすぐ進めない。
一定量の心配や苦痛は、いつも、誰にでも必要である」

確かに。納得です。

これは、
先日もアップした「鈴木拓著 科学的な適職」で紹介されています。

「この名言は楽すぎる仕事が体に悪い理由の一端を示している。
ストレスは必ずしも悪いものではなく、
私たちが幸福に暮らすためには欠かせない要素だ」
とあります。

アメリカの軍事リサーチを行う「ランド研究所」の
研究結果をあげています。


■ 適度なストレスがもたらす3つのメリット

・仕事の満足度を高める
・会社へのコミットメントを改善する
・離職率を低下させる


・・・ちなみに、「鈴木祐著『科学的な適職』」では、
すべてのテーマについて、大学や研究所などの研究データに
基づいて執筆されているので、納得できます。
よく、調べたなあ・・・

ということで
「ほどほどのストレスであれば何の問題もないどころか、
逆に幸福感を高めてくれる
としています。

そうなんですね。
ほどほどのストレスは人間が幸福に生きるために必要なのですね。
では、この理論を部下への仕事の与え方で考えてみます。


■ 部下への仕事の与え方

「科学的な適職」では
「あまりにも自分の能力を超えた仕事は不安につながり、
健康を損なう。
逆に何の負荷もない仕事は退屈感を生み、やはり幸福度の低下をもたらす」

「いわばストレスが私たちにもたらすメリットとは
バイオリンの弦のようなもの。
弦がピンと張りつめすぎれば甲高い音しか響かず、
ゆるすぎれば濁った音しか鳴らない。
良い音を奏でるには、適度な張りに調整する必要がある」

ここで思い出すのが、
人材開発や組織開発の第一人者である中原淳先生の著書、
「フィードバック」(2017年)PHPビジネス新書です。

ここでは、部下育成のための仕事の与え方について
3つの心理空間を説明しています。


■ 部下の3つの心理的空間

簡単に言うと、
与えられた仕事に対する部下の心理状態には3つのゾーン
「コンフォートゾーン」「パニックゾーン」
「ストレッチゾーン」あるというのです。

・「コンフォートゾーン(快適空間)」
文字通り、何のストレスもない、心理的安全の支配する空間。
この空間にいる部下は未知のものに出会うこともなく、挑戦もない。
裏返して言えば、この空間では「学習」は起こらない。
日常のオペレーションやルーティンがそこを支配し、
生活は、昨日のように今日も流れていくという状態。

鈴木祐氏の説によれば、
このコンフォートゾーンにいるとストレスをまったく感じることがなく、
結局、幸福度は低下する、
ということでしょう。

・「パニックゾーン(混乱空間)」
未知のものに出会う頻度や対処の難しさ・複雑さが格段にあがり、
学習者はいわばカオスに投げ込まれたようなものといえる。
高い不確実性、高い不透明性が眼前に広がっている状態。

そこでは「失敗するリスク」が高すぎて「恐怖」が支配し、
とても冷静になることはできず、学ぶこともできない。
あるのは、ただただ「パニック」のみ。

・・・このように本人の能力を大きく超えるような仕事は
パニックを起こさせ、
ストレスも倍増するという訳です。
身体も心ももちませんね。
(今のコロナ状態がそうかも・・・)

・「ストレッチゾーン(背伸び空間)」
学習者が様々な未知のものに出会い、
それへの適応や対処を求められる空間。
「ストレッチ」という言葉の示すとおり、学習者には「挑戦」が求められ、
かつ、失敗するリスクも生まれる。
しかし「挑戦」や「失敗」を裏返して言えば、
そこには「学び」があるということ。

・・・私流に考えれば、部下の満足度や幸福度、成長を考えるなら、
その人に負荷をかけるような仕事、
ちょっと努力が必要な仕事を与えるべき、といえるでしょう。

この空間は、
「Growth Zone(成長空間)」「Learning Zone(学習空間)」とも呼ばれ、
適度なストレスがあれば、仕事への満足度も高まるといえます。

「鈴木祐」氏の、ほどほどのストレスのある仕事、状態ですね。


■ おわりに

部下に仕事を任せるとき、
その部下の能力よりちょっとレベルの高い仕事、
負荷を感じるような業務を与えることで、
部下は成長し、かつ幸福感、満足感を与えることができる、
という訳です。

世の中には「楽な仕事がいい」と主張する人もいますが、
実は幸福感は低下し、かつ成長や向上も望めないといえます。

そんな人、まわりにいませんか?
あなたは大丈夫?

逆に、人手不足の昨今、負荷の多すぎる仕事を任せていませんか?
部下がストレスフルになる前に、イッパイイッパイになる前に、
気づいて手を打つことが必要ですね。

とはいえ、今回の「新型コロナウィルス」で
仕事が激減しているという話をアチコチで耳にします。
このような非常事態でのマ的確なネジメントも必要ですね。



posted by suzumura at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 働きやすい職場づくり

2020年03月11日

3.11鎮魂 そして後悔しない生き方


20011年の東日本大震災から九年。

2020311朝満月.JPG


ああ、もうそんなに経ったのか。

正直、ここ数年は仕事などにかまけてちょっと忘れがちでした。

が、今年はしっかり思い出します。
コロナのせいもあるのかしら?
巣ごもり状態が続いて、落ち着いて過ごしている昨今ですから。

災害に遭われた方々、
改めてご冥福をお祈りいたします。

そして考えます。

いつ何時、何が起こるかわかりません。
そしていつ何時、最期が訪れるかもわかりません。

となるなら、
とにかく後悔しない生き方をしたいなあと。

コロナのこともありますし。

今日は、後悔しない生き方を考えてみます。

あなたにとって後悔しない生き方とは?
考えてみませんか?


posted by suzumura at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月10日

人間は自分の変化すら予測できない


自分や世の中の未来は、予測できない

20200307針名神社.JPG

最近、読んでいる本がすごく興味深いです。
「科学的な適職」
著者はコピーライターの「鈴木祐」氏、
出版はクロスメディアパブリッシングです。

内容を一言でいうと、
「巷にはびこっている職業選択のための様々な考え方や職業診断テストは
当てにならないよ」
というものです。

もちろん「ではどうしたらいいか」という答えも用意されています。

ご興味のある方は、チェックしてみてください。

キャリアや職業選びについて「目からうろこ」の内容が満載ですが、
今日はその中から、
最近の状況から改めて考えさせられるテーマをご紹介します。


■ 私たちは自分の変化すら正しく予測できない

いわく
「専門家の未来予想が当てにならないように、
あなたが自分自身の将来にくだす予測もまた当てにならない」

「私たちは自分自身の変化すら正確に予測できない」
と断言しています。

書籍にはハーバード大学が行ったリサーチ結果が紹介されています。
簡単に言うと
1900人に対し、自分の好きな人のタイプや好きな趣味、
お気に入りの職業などを調べ、
その上で被験者に次の質問をした。

・今後10年であなたの価値観や好みはどこまで変わると思いますか?
・過去10年であなたの価値観や好みはどこまで変わりましたか?

「その結果、ほぼすべての被験者が10年のあいだで自分の身に起こる変化を
過小評価していた」というのです。

・・・確かに。
自分に当てはめて考えてみると、
10年前、今の状態が予測できたか?といえば、
まったく想定外の今があります。

そしてこれから10年後も、自分はどうなるかわからない。

さらに、人生が一変するような出来事も予測できないものです。
3月11日の東日本大震災や数々の自然災害。
そして今の「新型コロナウィルス」。
想定外の惨事、発生するものですね。

考えさせられます。

書籍にはこんなくだりもあります。
「専門家だろうが有望な業界など予測できない」
「人間は自分の個人的な興味の変化も予測できない」

・・・確かに。
ITやAIの進化によって、将来の業界や仕事がどうなるかなどの研究が
発表されています。
が、10年前に今の情報化時代はまったく予測していませんでした。
だから、当てにならないかも。

また、個人的興味も変化しています。
これから10年後、自分が何に興味を持っているか、
予想がつきません。

最後に米国の国防担当「リントン・ウェルズ」の言葉で
締めくくられています。
「未来の状況はわからないが、
少なくともわれわれが想定しているものとはまるで違うことだけは
はっきりしている。
そうして認識に沿って計画を立てるべきだ」と。


■ おわりに

私が担当している研修では
「10年後の理想の自分」をイメージするワークを取り入れています。

自分にとっての理想のライフスタイルをイメージすることで、
今から何かしらの準備をしておこうという
モチベーションの一助にするためです。

確かに、未来の状況、未来の自分はわからないし、
イメージしたところでそうなれるとは限らない。

そもそも自分の興味や嗜好も変わっているだろうし。

となると
「自分の未来はわからない」ということを前提に
できるかぎりの準備をしておく。

もしくは、最近注目されている
「将来のことはわからないから、今を精一杯生きる」
そんな生き方もいいと思います。

人類は、「新型コロナウィルス」から何を学ぶのでしょうか?
将来、映画化されるかもしれませんね。

とにもかくにも、早い終息を願うばかりです。




posted by suzumura at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる

2020年03月08日

セルフコーチング「今の自分にとって・・・」


日曜日です。

2020218冬樹.JPG


セルフコーチングの日です。

今の状況で、考えてみたいことがあります。

今の自分にとって大切なことは?

生きていく上で、本当に大切なこと、
考えてみませんか?

じっくりと自分に向き合って。

こんな今だからこそ。






posted by suzumura at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング

2020年03月07日

今週の教訓「わかりやすい説明と備蓄」


「新型コロナウィルス」が治まらない、
というか増加しているここ名古屋。

2020213冬夕方樹.JPG

教訓はいろいろありますね。

まずは「わかりやすい説明」です。
今回の「新型コロナウィルス」にまつわる発言、宣言などを聞いていると、
いかにわかりやすい説明が重要であるとわかります。
全国の都道府県でも独自の施策を発表していますが、
わかりやすいかどうかが伝わってきますね。

相手に理解、納得してもらいたいなら、
わかりやすい説明が求められます。

まあ、意図的に概論のみにしている場合もあるでしょうが。
ビジネスシーンでのわかりやすい説明は必須です。

また、「マスク・消毒液・トイレットペーパー・ティッシュペーパー」騒動。
1970年のオイルショック時のトイレットペーパー不足を思い出します。
母親は懇意の薬屋さんから購入していました。

経済危機などを感じると、必須の生活用品「トイレットペーパー」に走るか。

今後、感染症の増加が予想される昨今、
備蓄しておくことが必要な時代かもしれません。

それにしても、経済の停滞が懸念されます。
なんでもかんでも中止で、途方に暮れる人ばかり。

一方、こうした困難時だからこそ新たな策が生まれる機会ともいえます。
教育、企業、イベントなどなどで、新しい取り組みがなされています。

あらゆる場面でのブレイクスルーを期待しています。

いずれにしても、早く終息してほしいですね。


posted by suzumura at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 教訓

2020年03月06日

「未払い残業代」急増?


転職者が増えたことで、未払い残業請求も増える

2020222@.JPG


2020年3月5日の日経新聞に興味深い記事がありました。
「真相深層」の欄です。

タイトルは
「未払い残業代払って」急増
「人手不足で増える転職者」


記事には
「企業が未払いの残業代を請求されるケースが増えている。
人手不足で転職者が増え、
新しい会社に移る前後に残業代の支払いを求める人が増えた」
とあります。

・・・ああ、確かに。
残業代が払ってもらえないことに不満を持っている人は多いですよね。
でも、在籍中に請求すると、角が立つ。
もしくは、いやがらせがあるかもしれない。
だから「退職後に請求する」という訳ですね。
退職したら、もう会社や上司とは縁がなくなりますから。

記事には、
法律事務所に未払い残業代を相談するケースが増えているとしています。


■ 2つの要因

要因について2点挙げています。

・働き方改革の本格化で当局の監視が厳しくなった
労働基準監督署の勧告を受けて残業代支払いに応じた企業数は
2018年度で1768社。5年前に比べて25%増えた。

・・・これまでも残業代が払われないケースは多くありました。
「サービス残業」という言葉があったように、
上司も部下も当たり前のように残業代を請求せず働いていました。
でも、時代が変わったのですね。

・人手不足を一因とする転職者数が増加した
未払い賃金の請求は在職中より退職後に行われることが多い。
仕事をしている間は、
人間関係や処遇が悪くなることを心配する人が多いからだ。
転職を機に働いていた職場の環境に疑問を持ち、
未払い残業代の請求に動く人が増えている。

・・・先にも述べましたが、在職中は角が立つので言いにくい、本音です。
私の経験で、一部の勇気のある社員が請求していたこともありました。
その社員を「要注意」などと言う部長も見ましたが・・・

ちなみに、記事には請求方法も掲載されています。
興味のある方は、日経新聞の電子版などでご確認を。


■ 中小で認識不足

記事には中小企業で生じやすいとしています。

「未払い残業代が生じやすいのは中小企業だ。
経営者が違法と認識しておらず、
社員から訴えられて初めて気づく場合がある。

・・・そうなんです。
世の中の動き、労働環境の変化に疎い社長って多いんですね。

そして、
「未払い分を請求された企業が支払いを拒むケースは少ない。
裁判になり企業側の対応が悪質と判断された場合は、
制裁として未払い分と同額の付加金が課される可能性がある。
『労働者側の主張がおかしくない限り、
一定額を支払って早めに和解することを勧めている』
と専門弁護士のお話も。

さらに
「専門家は4月に施行される予定の法改正の影響で、
残業代請求が急増すると懸念している。
これまでは残業代を含む未払い賃金を企業に請求できる期間(消滅時効)は
労働基準法で2年と定められていた。
これが4月以降は当面、3年になる見込み。
将来的に5年という案も検討されている。」

・・・そうなんですか。
これはこれは・・・
今、請求期限は2年間とされています。がそれが伸びるとなると・・・。
影響、大きいです。


■ 今後

記事には「未払い残業代を巡るトラブルが急増する」
との懸念も載っています。

そこで、企業側の対策をまとめると
・残業させる場合は明確に命令を出す。
・会社の許可を得なければ、設備が使えないなどの制限をとる。

・・・ちなみに「命令」したことが残るうように「書面でやりとり」をする
企業もあるようです。

記事の最後では
「働く社員も企業側も、
それぞれが効率的な働き方と労働時間の管理に向き合わなければならない局面に
さしかかっている」と締めくくっています。


■ まとめ

働き方改革が浸透してきている今でも、
「サービス残業」を黙認、あるいは強いている中小企業もあるようです。

もし、退職社員から、あるいは従業員から請求されたとしたら。
労働基準監督署に訴えたら。
さらに、裁判所に訴えたら。

一人の社員の訴えは、社員全体に浸透していくかもしれません。

最近の社員は、
この風潮をキャッチし「残業時間」の証拠をしっかりとっているようです。

となると、企業側は腹を括って対応する必要があります。
特に中小企業の社長さんの意識改革も必要な時代になりました。



posted by suzumura at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の新聞

2020年03月05日

今の状況から、今後のライフキャリアを再構築する


なんだか緊急事態のような雰囲気が漂い始めています

2020113夜明け.JPG


学校も休校になり、
在宅勤務が奨励され、
不要不急の外出は避ける。

ライブハウス、スポーツクラブ、ヨガスタジオ、サウナ、
そして
マックとか、
名古屋ではスタジオアリスなどでクラスター発生。

イベントもセミナーも講演会も中止。
街には人が少なくなり、
飲み会も中止。

人が集まることがはばかられ、
家に居ることが増えてきている昨今。

今後、様々なデメリットが生じることが予想されます。

だからこそ、
この苦境を逆手にとって考えてみたいことがあります。

自分の今後のライフキャリア、
つまり「働き方」と「生き方」の再構築です。

・働き方として
想定されるのが「経営難」です。
今の勤務先で定年まで安心して働ける保障はないといえます。
最悪、「コロナ」の影響で、経営破綻も・・・
そこまでいかなくても「事業縮小」は考えられ、
その結果「リストラ」になるかもしれません。

となると、新しい働き方を考えておく方がいい。

なんでも有りの時代だからこそ、
確実なキャリアアップの方法や
自分らしい働き方、
自分の環境に合った働き方など、
改めて考えてみませんか?

・生き方として
まずは「家族との関係」です。
配偶者、子供、そして両親、親族。
つながり、助け合いなどを含め、
関係を再構築するときではないでしょうか?

「生活の見直し」も必須ですね。
ライフスタイル、健康、趣味、自宅学習など。
収入減を想定して、見直すべきかもしれません。
年金受給についても暗雲が立ち込めていますから。

そんなこんなをじっくり考え、
家族とトコトン話し合ってもいいのではないでしょうか。


■ おわりに

今の状況が、
「働き方」にしろ「生き方」にしろ、
これまでの価値観を一変させる契機になるような気がするのは、
私だけでしょうか?

これまでの「働き方」、そして「生き方」を
再構築する良い機会かもしれません。

最悪の事態を想定しておくこと、
そして準備がなによりですから。


posted by suzumura at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方

2020年03月03日

ノンバーバルコミュニケーション


最近、TVでの発表者や解説者を観て思うこと

2020218スイセン.JPG

「新型コロナウィルス」の件で、
多くの人たちの発言、発表を観ます。

で、
なんとなく危機感薄いな、とか、
やつれたな、
不機嫌そうだな、
反抗的だな、
熱いな、
わかっていないな、
知らないんだ、
弱いな、
などなど、感じます。

こうした印象は発言内容のみならず、
その人の表情や声の調子、声の大きさ、態度、表情などから
感じとれるものです。

これを
ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)といいます。

ちなみに、ここで何度もアップしている「人は見た目が9割」。
話す内容より、
その人から発せられる視覚情報や聴覚情報から受ける印象の方が大きい、
というもの。

ということで、ノンバーバルコミュニケーションを考えてみます。


■ ノンバーバルコミュニケーション

ノンバーバルコミュニケーションとは、
言語以外の情報、つまり視覚情報と聴覚情報のことをいいます。

・視覚情報
目から得られる情報。
ずばり、見た目です。

まずは、相手やTPOに合わせた「身だしなみ」が大切ですね。
ビジネスシーンでは、一般的に「きちんと感」を与えること。
とはいえ「おしゃれ感」や「個性的」なみだしなみの方が
効果的な職種もあります。
デザイナー系、アパレル系などでは個性的な方がいいようです。

「表情」も相手に与える印象を大きく左右します。
穏やかな表情、笑顔は、一般的に好印象を与えます。
とはいえ、謝罪や訴える場面、主張したい場面では真剣な表情が
効果的です。

「視線」も大事ですね。
アイコンタクトです。
適度に相手や相手の目の付近を見ること。
特に、強く伝えたい時はしっかり目を見て話す。
目を見ないで話したり、聞いたりすると、
無視しているといった印象を持たれやすいものです。

「姿勢・態度」
腕を組む、足を組むといった姿勢は考えもの。
特に日本では、えらそうに見えてしまいます。
ま、意図してこうした姿勢をとる場合もあるでしょうが。

相手を尊重しているといった態度も大事ですね。

・聴覚情報
耳から入る情報も印象を左右します。

「声の質や大きさ」
小さな声でボソボソ話すと、自信がないように映ります。
一方、大きな声は威圧感を与えてしまう場合があります。
声の質や大きさも状況に合わせるといいでしょう。

「テンポ」
早口すぎると相手に伝わりにくい。
と同時に、自信がない、焦っているという印象を持たれます。
逆にゆっくり話すと伝わりやすいのですが、
ときには相手に苛立ちを与えてしまうかもしれません。


■ おわりに

話す内容も大事です。
わかりやすいことが第一ですね。

とはいえ、ノンバーバルコミュニケーションとして
知らず知らずのうちに、
相手にどんな印象をあたえているかもしれません。

日頃の自分のノンバーバルコミュニケーション、
ふりかえってみませんか?

人は相手をよーーーく見ています。
特に部下は、上司をしっかりと観察していますから。

また、相手にどのような印象を与えたいかも、
考えてみるのもいいかもしれません。

与えたい印象をもとに、ノンバーバルコミュニケーションを
戦略的に意識する。
ビジネスパーソンとしては大切です。


posted by suzumura at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション

2020年03月02日

大迫 半端ない!!


なんだか曇りがちの日本。

そんな中、元気づけられるような話題です。

202019青空.JPG


見てましたよ。
昨日(3月1日)。

駅伝、マラソン好きの私です。

いやあ。

まさに「大迫 半端ない!」ですね。

カッコイイ!!

徐々に遅れていったのに、32キロくらいから
ギアチェンジ!

カッコイイ。
つい、声を出して応援していました。

沿道からの多くの声援も聞こえていました。

そして、もらい泣きでした。

ありがとう!
元気もらいました。

今日から学校が休校。
子供たちもがんばって!




posted by suzumura at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月01日

二月をふりかえって


3月に入りました。

2020213樹.JPG

世の中、「新型コロナウィルス」で大変ですが、
ビジネスパーソンとしては
年度末の様々な業務でお忙しいと思います。

そんな日曜日。
セルフコーチングの日です。

今日は、定番の質問です。

1.2月をふりかえって
うまくいったことは?

2.うまくいった理由はなんだと思いますか?
・・・2月もがんばりましたね!

3.では、うまくいかなかったことは?

4.うまくいかなかった原因はなんでしょう?

5.3月に成し遂げたいことはなんですか?

「新型コロナウィルス」3月中も影響があるのでしょうか?
早く治まってほしいですね。

とはいえ、今回の問題で新たな方法、考え方、もののとらえ方も
生まれると思います。

ピンチをチャンスに!
ですね。



posted by suzumura at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフコーチング