2019年11月27日

人生はその人の考えをそのまま映し出している


自分が本当に望んでいることは?

20191115朝日.JPG


先日「健康で長生きする人の特性」をアップしました。

これは「潜在意識をとことん使いこなす」
C・ジェームス・ジェンセン著 サンマーク出版
からの引用です。

この書籍には他にも、
色々と気づかされるテーマがあります。

今日は、特に今の私の心に刺さったテーマをご紹介します。


■ 人の人生はその人の考えをそのまま映し出している

私たちは何に特別に注目し、関心を持つかを自分で決めている。
人が人生で経験することは、
その人が何に注目し、どんな考えを持ち、何を期待し、
どうしたいたいかと思うかによって決まる。



・・・つまり、
今の自分というものは、これまでの自分の選択の結果である。

これまで自分は何を得たいと思って生きてきたのか。

もし今の自分に満足していなければ、それは誰のせいでもない、
これまでの自分の一つひとつの判断や選択の結果なのだ。

あなたは、今の自分に満足していますか?

実は私は、今の自分に満足していません。
「何か足りない」とか「何か違う」「できていない」と考える
今日この頃です。

ということは、
結局、今の自分を創ったのは、自分自身なのですねえ。
ああ・・・確かに・・・そうだ

例えば
・「力を発揮して上司から認められ地位を確保したい」
と思ってきたのではなく
本当は「忙しいからとにかく目の前の仕事をこなせばいい」と
思ってきた。

・「部下のモチベーションをあげ活性化したチームにしたい」
と思ってきたのではなく
本当は「めんどくさいことはしたくない。煩わしい」と
思ってきた。


■ 自分は本当に何を望んでいるのか?

もし今の自分に満足していないのなら、
「自分が何を望むか、どうありたいか」を明確することが必要なのです。

もっというと「自分は、本当は何を望んでいるのか」
を再構築する必要があります。

自分が本当に望んでいることを常にしっかりと意識することで、
自分の得たい情報や経験を得ることができるようになる、
ということですね。

そしてその結果、望んでいることを得られる。
望んでいる自分になることができる。
と。


■ おわりに

今の自分の人生は、自分そのものである。

今の自分に納得していないなら、
自分が本当に望んでいる姿を明確にしてみませんか?

私も、再構築の時期のようです。



posted by suzumura at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方