2019年11月20日

効果的な質問


自分に気づきを与えてくれる質問

2019814朝焼け.JPG

先日、このブログで、話しやすい人(=上司)として、
「自分に気づきを与えてくれる上司」という
話をしました。

今日は、そんな「気づきを与える質問」を
ご紹介します。


■ 気づきを与える質問

1.状況を明確にする
・現状はどうなっていますか?
・それはいつのことですか? 
・いつからそうなのですか?
・もう少し詳しく話してもらえますか?
・他に何かありますか?
・具体的に言うと?

2.問題点を明確にする
・何が問題だったのでしょう?
・何が背景にあるのでしょう?
・どうしてそのことが起こったのでしょう?
・そもそも、なぜそうなったのでしょう?
・他には?

3.可能性を広げる
・あなたが望む理想の状態とは、どんな状態ですか?
・理想の状態になったら、どんなよいことがありますか?
・誰が一番喜んでくれますか?
・周りの人の反応はどうでしょう?
・1年後どうなっていたら、ハッピーでしょう?

4.解決策を考える
・どうすれば解決できると思いますか?
・誰からアドバイスをもらいますか?
・助けてくれる人は誰でしょう?
・あなたにできることは何でしょう?
・どうすればもっと上手くできると思いますか?

5.優先順位を決める
・今、重要な課題は何ですか?
・最も緊急な課題は何でしょう?
・一番の解決策は何ですか?
・あなたが、まずやるべきコトな何でしょう?

6.行動を促す
・今あなたにできることは、何ですか?
・明日から、何を実行しますか?
・来週一週間で、何をしますか?
・次に何をしますか?


■ おわりに

これらの質問は、部下に対してだけではなく、
自分自身に対しても効果的です。

セルフコーチングですね。

自分で気づくと、
行動に移すことができるようになります。

気づきを与える質問、
効果的に使用してみませんか?



posted by suzumura at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション