2019年01月23日

仕事以外に打ち込めること


仕事以外に打ち込めること、ありますか?

20181225日の出.JPG


先日、もうすぐ「定年=60歳」を迎えるという女性と
打ち合わせをしていたときのことです。

彼女は、定年後、5年間、つまり65歳までは働けると、
喜んでいました。

それは、安心、安心。

でも、
「仕事以外に打ち込めることはないんですよ」
とポツリ。

仕事一筋でやってこられたのでしょうね。


最近、雑誌のPRESIDENTの特集「老後に後悔しない人生設計」
にも、
60歳以上のシニアの方120人が、
40代の生活をふりかえって後悔していることの
生きがい面では、
「仕事以外に打ち込めることがない」という回答が
一番多くがありました。

一方、この記事には、
医師であろうと思われる人の意見があり、
「仕事第一で走り続けてきたから、仕事以外に楽しめるものはない。
でも、命を救ってもらったことの感謝の声を聞いて、
間違っていなかったと思う」と、ありました。

確かに、お医者さんなら仕事一筋でもいいですよね。
いつまでも生きがいを持って、第一線で働けるのですから。

一般のサラリーマンとしては、
人生100年時代を迎え、
定年後や働かなくなった後のことも
想定して、準備しておくことが大事になってきました。

何度も言っていますが、
50代を対象にした「ライフプランセミナー」を担当すると、
2つに分かれることを実感します。

一方は、若い時から打ち込める趣味を持っていて、
定年以降は、ちょこっと働きながら、
多くの時間を趣味に費やしたいと、ワクワクしている人。

あるいは、趣味を仕事にしたいという人も
おられます。

いいですねえ。

もう一方は、
「仕事以外に打ち込めることがない」という人。

ちょっと焦っている感じ。

まあ、50代の方たちは、
今のような世の中、老後になるとは
思いもしなかったのですから、
「仕事一筋」も仕方がないといえるでしょう。

とはいえ、
気がついた今から、なにか打ち込めることを
探しておく方がいいですね。

ちなみに、
私は、仕事も一応がんばりましたが、
仕事以外にも打ち込めることがありました。

「書道」です。
26歳から初めて、ずーーーと続けることができました。
東京転勤で、残念ながら退塾しましたが。

仕事以外の趣味「書道」があった訳ですが、
定年後に、より「書道」に打ち込みたいとか、
「書道」を教えようとは、
まったく思いませんでした。

理由として、
私にとって書は楽しむもので、教えるものではない、
なんていう強い気持ちがあったから。

そして、書道以外のことを挑戦したいという思いも
ありました。

なので、今は、セミナー講師をやっている訳です。


とはいえ、
書の作品制作依頼があったり、
毎年お正月の「ミニ書展」に出展したりと、
ちょこちょこ、楽しんではいます。
書を描くのは好きなので。


いずれにしても、
これからの長い人生、
やはり「仕事以外に打ち込めること」を1つ以上
持つことは、
必要ですね。

あなたは、仕事以外に打ち込めること、
ありますか?

働き方改革も進行しており、
早めに退社できる方も多いと思います。
そんな自由時間を利用しない手はありませんね。