2018年12月18日

その日のことを手帳にメモる


TODOノートを進化させる

20181128.JPG


あなたは、「TODO」手帳、ノート
作成していますか?

「TODOノート」とは、
その日にやるべきこと=TO DO を
ノートや手帳に、日々、記入することです。

その日の朝や、
前日の夜に「やるべきこと」を記入することのメリットは
いっぱいあります。


■ TODOノートのメリット

事前にやるべきことを文字にすることで
・事前準備ができる
・効率よく進められる
・心の準備ができる
・優先順位が確認できる
・忘れ事や、やり残しがない

そして、
ひとつひとつの作業が終わったら、
赤線で消し込んだり、丸をつけたりする。
すると
・達成感を味わえる


自由業になった今も、
毎日この「TODOノート」を作成しています。

特に、仕事がたてこんだ日には、
すべての仕事、作業を落とし込み、書き込むことで、
効率よく進めることができます。

さらにその「TODOノート」を
進化させてみませんか。


■ 嫌なことは書いて気持ちを洗い流す

先日の中日新聞(12月17日)に、
「快調に働くための手帳活用術」が
掲載されていました。

ストレスいっぱいの働く毎日。
嫌なことを手帳に記入することで、
落ちつくことができるようです。

関東学院大非常勤講師の菊原智明さん
が、語っています。

・人から言われて嫌だったことや、反省した自分の行動を
書き留める
・締めくくりは無理にでも前向きな表現にする


「訪問先で売り込みは迷惑だと言われた」
⇒「この訪問の仕方が悪いということが分かってよかった」

・・・これも「ネガポジ=ネガティブをポジティブに変換する」
ですよね。

ということで、
TODOノートに、その日の嫌なことを書き出します。
これも「吐き出し効果」のひとつですね。

しかし最後はポジティブな表現で締めくくる。
これはとても大切なことです。
嫌な気持ちを引きずったままにしないで、
気持ちを前向きにさせることがコツです。


■ 感謝メモも

実は、
私は、「感謝メモ」にしています。
その日にあった感謝したいことすべてを
書き出しています。
どんなに小さなことでも、です。

たとえば
・無事に目覚めることができたこと
・おいしい料理を味わえたこと
などなど。

私的には、
ネガティブなことを書き出すより、
感謝したいポジティブなことを書き出す方が、
性に合っています。

あなたはいかがでしょう?


■ まとめ

TODOノートで、毎日の予定を確認することと、
そして、その日の終わりに、ふりかえることも大事ですね。

あなたなりに「TODOノート」を進化させ、
存分に活用してみませんか?

おっと、
新年からではなく、今から
です。



posted by suzumura at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事で自分を育てる